SEO対策はホームページ制作では当然です

LINEで送る
Pocket

SEO対策がされていなければ、ホームページは存在しないのと同じです

ユーザーに平易なキーワードで見つけてもらえなければ新規顧客の獲得は出来ません

SEO対策(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化と言い、ホームページを検索エンジンに適正に評価してもらい、適正な検索順位に表示するようにするものです。

せっかく作ったホームページが検索エンジンに適正に評価されず、検索結果に表示されないと、新規顧客の開拓は出来ないことになってしまい、ホームページを制作する目的は全く果たすことが出来なくなります。SEO対策はホームページ制作では当然の作業です

SEO対策は、ホームページを背伸びさせて検索エンジンに評価させて不当に高い評価を得ようとするものではありません。ホームページに記載されているコンテンツを検索エンジンに正しく伝え、適正に評価してもらい、適正な順位に表示してもらうものです。

ブラックハットSEOは行いません

ブラックハットSEOとは、Googleが定めるガイドラインに反し、アルゴリズムの穴を突いて検索順位を不正に引き上げるものです。

SEO

プラックハットSEOの具体的な手法

1、有料リンク・自作自演リンク

業者が持っているIP分散した多くのサーバーからのリンクを購入して、被リンクを獲得する方法です。

Googleは「他のサイトから張られたリンクはそのページに対する人気投票とみなす」と言う考えがあります。よって、被リンクが多い程価値があるサイトと判断されることを悪用して、リンクを購入したり、自分で多くのサイトを運営して、リンクを張ったりする行為が横行しました。

現在も、被リンクは検索順位を決定する重要な要素となっていますが、リンクの購入や自作自演リンクに対してはペナルティが強化されており、とてもリスクの高い手法となっていて、ひどい場合はGoogleのデータベースから削除される場合もあります。

2、相互リンク集(リンクファーム)

自社のホームページを登録し、自社からもリンクを張るものです。自サイトの評価向上を狙って、以前は広く普及していました。また、自サイトのリンク集などとの相互リンクもリンクファームとなりペナルティの対象になることがあります。現在でもリンク集を設置しているサイトを見かけますが、一つのページに大量にリンクがあるページを作るのはとても危険です。

3、隠しテキスト

背景と同色にしてテキストを打ったり、フォントサイズを極小にして、ユーザーは読めない文章を検索エンジンに読ませるものです。以前は、キーワードの出現率を高めることがSEOに有利だった時代もあり、ユーザーに読んでもらう文章では、キーワードの出現率が高くならなかったので、隠しテキストをする人もいました。

これは、古典的な手法で、今このような対策をする人はいないと思いますし、Googleもガイドラインで禁止しています。

ホワイトハットSEOのみ実施します

Googleからペナルティを受けるようなブラックハットSEOは行いません。実施することは、titleタグに適正にキーワードを含める。descriptionに適正にキーワードを含める。見出しタグにもキーワードを含める。本文にも適正にキーワードを含める。

内部リンクを適正に設置し、重要なページをGoogleに知らせます。外部リンクがSEOに大きな効果がありますが、外部リンクほどではありませんが、内部リンクもSEOに効果があります。xmlサイトマップを検索エンジンに送信して、ページを収集してもらうようにします。パンくずリストを設置します。予期せず重複コンテンツが作られることがありますので、その場合は、重複を解消するように対応します。SEOはtitleとdescriptionと内部対策とコンテンツしかありません。

制作済みで運用中のホームページのSEO対策も実施します

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です