MEO対策で重要な「富山 商品又はサービス」で検索されるキーワード

2021年9月6日

MEO対策をすべきかどうかの見極め

MEOはGoogleマイビジネスから情報を登録出来ます。通常は企業名で検索すれば、検索結果の右側に企業の情報が表示されます。

Googleマイビジネスの情報は検索結果の広告の次に表示され、自然検索よりも上段に表示されます。ただ、Googleマイビジネスの情報が表示されるのはキーワードによって異なります。

MEOを行うかどうかを判断するには、自分の企業や店舗が検索結果で表示されたいキーワードで検索した時に、検索窓の下のタブの並び順で判断します。

一番左側は常に「すべて」です。次に来るタブはキーワードのよって変動します。次に来るタブが「地図」の場合は、キーワードで検索したユーザーが地図情報を見ている証拠なので、MEOを行うのが有効です。「市町村名 商品又はサービス名」だけでは無く「ラーメン」や「居酒屋」などの飲食店や「美容院」や「歯医者」などの業種で市町村名を入れた複合キーワードでは無くても地図が2番目のタブになっているキーワードはMEOの対象です。「地図」のタブが4番目や5番目に表示される場合は、MEOを行ってもユーザーは地図情報を見ていないので効果はありません。自社のキーワードで検索した時に検索窓の下のタブが「地図」になっていたらMEOで上位表示されると高い効果が期待出来ますのでおすすめのキーワードと言えます。

地図と関連したキーワードで検索された際に上位3つの企業が検索結果に表示されます。この3社に入るかどうかによって、訪問や来店するユーザー数など、売上は大きく変わって来ますので、上位表示はとても重要です。

検索するデバイスの位置によって表示順位は大きく変わる

Googleマイビジネスの情報は、検索するデバイスの位置情報によって大きく変わります。検索キーワードによって、そのエリアで関連が高く、近いお店を上位に表示しますので、店内で検索すると、自分のお店が1位に表示されます。正しい順位を知るためには、デバイスの位置情報をoffにして検索してみると分かります。

MEOを行う方法

MEO対策を行う具体的な方法をご紹介して行きます。企業名で検索した時に画像のような情報が検索結果の右枠に表示されたら、「このビジネスのオーナーですか?」をクリックしてオーナー登録を行います。

所在地を確認したら、確認コードを受け取ってオーナーとして登録します。

確認コードを受け取る方法を電話か郵送かを選択します。電話で確認すると、Googleから電話が掛かって来て、自動音声で数字を読み上げるので、その数字を入力するとオーナー登録の設定が完了します。

地域に限定した会社は、web集客を行う上でGoogleマップでお店の情報を上位表示したいと考えると思います。

まずは、オーナー登録しないと、Googleマップの情報を充実させることが出来ません。オーナー登録すると様々な情報を掲載出来るようになり、充実した情報をGoogleマイビジネスに記載出来ます。

GoogleマイビジネスはSEOと同様に企業のビジネスの内容を可能な限り詳細に正しく記載することで、Googleからもユーザーからも高い評価を受けるようになり、上位に表示されるようになります。

出来る限り詳しく情報を掲載する

情報登録

Googleマイビジネスのホーム画面から住所や営業時間など記載出来る情報を出来るだけ詳しくユーザーに向けて記載します。ここに記載される情報がユーザーの検索キーワードと合えばGoogleMAPの検索結果に表示されます。Googleマイビジネスで提供されている機能を完全に使用して、的確な情報の掲載や解説がMEOの成功に繋がります。

ユーザーが検索するキーワードと関連性の高い情報を丁寧に記載することで、メインキーワード以外の多様なキーワードでヒットするようになります。

MEOで上位に表示するポイント

高評価のレビューを多く集める

MEOで上位表示する大きなポイントは、高評価で文字数の多い口コミを得ることです。口コミ投稿の中にもキーワードが含まれているて、200文字以上のレビューだと、MEOで上位に表示されやすくなります。口コミを獲得しようと、口コミに対して商品やサービスの割引などの特典を付けることきGoogleマイビジネスのガイドラインに違反します。

また、ビジネス名にキーワードを詰め込むこともガイドライン違反になりますので、注意しましょう。

口コミには必ず返信して、返信でもキーワードを記載するようにしましょう。口コミにコメントが無くても返信してキーワードを含めるようにしましょう。

高評価の口コミを多く集めるように接客や商品、サービスを改善しましょう。口コミの投稿を獲得するのはなかなか難しいですが、お客様に口コミを記載していただくようにお願いしましょう。

マイビジネス内に記載する情報にユーザーが検索しているキーワードを含める

Googleマイビジネスのウェブサイトや投稿や商品やサービスにメインキーワード以外のサジェストキーワード(メインキーワード 複合キーワード)も含めて作成し、出来るだけ多くのキーワードでヒットしてGoogleMAPに表示されるようにしましょう。

また、情報を見たユーザーに自社の商品やサービスを分かり易く説明するために写真で多く掲載しましょう。

サジェストキーワードで検索してみて競合のMAPが表示されれば、そのキーワードも含めてマイビジネス内に記載します。サジェストキーワードで検索しても競合がヒットしていないキーワードはブルーオーシャンなので、絶対にそのキーワードをマイビジネス内に記載しましょう。

競合が掲載していないキーワードで表示して、ウェブサイトへのアクセスやお店の場所までのルート経路案内を出来るだけ多く利用してもらうようにすることが重要です。

ウェブサイトや投稿などマイビジネスの機能を最大限に活用する

Googleマイビジネス内の機能を出来る限り使用して、多くのキーワードを盛り込む。ウェブサイトや投稿、イベント投稿。質問など使えるものは上限まで最適化する。

また、Googleマイビジネスからリンクされているウェブサイトが自社サイトの場合は、ホームページ制作の段階で、ユーザーが検索するキーワードを極力含めるように徹底してサイトを制作したり、ホームページの更新でキーワードを追加するようにしましょう。

投稿はブログのような内容で良いので、豊富な情報を記載して、ユーザーがお店を選ぶ上で参考になる情報や専門的な情報を記載するようにしましょう。

ビジネス名にキーワードが含まれていればベストですが、会社名や屋号以外のキーワードを含めることはガイドライン違反なので、キーワードを含めた屋号に変更するなどかなり大胆な対策が必要です。

MEOはSEOとも関連します

MEOはGoogleマイビジネスのユーザーレビューやウェブサイトや投稿などの情報だけでは無く、自社のホームページの検索結果とも関連します。

MEOの最適化を行ってもホームページの検索結果が低いとMEOの効果もなかなか上がりません。検索エンジンの自然検索の表示順位もMEOには関連しますので、SEOもしっかり行うことが重要です。ホームページにもサジェストキーワードを含んだ多様なキーワードのコンテンツを記載することも重要ですし、Googleからペナルティを受けるような施策を行わないこと、ユーザーの疑問や質問に対する良質な回答を掲載することも重要です。さらにSNSでの言及数もランキングに影響しますので、出来るだけ良い情報が拡散されるようにしましょう。

どんなキーワードで表示されたのか分かる

ホーム画面で「インサイトを表示」をクリックすると、どのデバイスからのアクセスか、どんなキーワードで表示されたか、などの情報を見ることができます。

Google検索の最初の画面では上位3位までしか表示されないので、できるだけ順位を上げる努力をする必要があります。

ツールで提供される情報で、どんなキーワードでヒットしているのかが分かりますので、集客出来ていないキーワードがあれば、マイビジネス内にキーワードを含んだ記載を追加しましょう。

検索した方法

直接はショップ名や企業名で検索。間接は商品やサービスやカテゴリで検索したユーザー。ブランド名は企業や店舗のブランドで検索したユーザーです。

ユーザーがビジネスを見つけたサービス

検索での表示は検索を使用してビジネスを見つけたユーザー。マップでの表示は、Googleマップを使用してビジネスを見つけたユーザー数です。

デバイスとハーワード

ユーザーが利用したデバイスや検索キーワードが表示されます。これらのデータを活用してMEO対策として何を強化するのかを検討して対策を行い成果を上げるようにします。

とても悪いレビューが投稿された後にレビュー削除する業者から連絡があったら自作自演です

店舗を酷評するようなネガティブなレビューが投稿されて、困ったなと思っていたら、業者から電話が掛かって来て、レビューを削除すると言って、金額を請求するのは、悪徳業者です。

Google MAPのレビューを削除出来るのは、レビューを投稿した本人しか出来ません。口コミの削除をリクエストすることは可能ですが、削除されるのは、Googleのポリシーに違反している口コミのみです。

MEOが有効な業種

富山県内でもMEOが有効な業種は、美容院、飲食店、歯科医、クリニック、サロン、介護施設、マッサージ、ヘアサロン、不動産会社、ジム、病院、ホテル、弁当屋、旅館、旅行業、カフェ、喫茶店、ネイルサロン、書店、弁護士、弁理士、司法書士、薬局、税理士、行政書士、社会保険労務士、民宿、ケーキ屋、バー、割烹、学習塾、動物病院、鍼灸院、カイロプラクティック、整体、パン屋、駐車場、デリバリーなど、様々な業種が対象になります。

MEOはローカルビジネスには重要ですが、実際には難しい

MEOはローカルビジネスを行っている企業にとってはとても重要で、上位表示を達成すれば、利用客も増え、売上げ向上に繋がり、マーケティングにも貢献しますが、実際には、高評価のレビューを集めたり、多様なキーワードでヒットするようにしてウェブサイトへアクセスしてもらったり、経路案内をクリックしてもらう必要があるので、簡単に上位に表示することは出来ず、時間のかかる対策ですが売り上げに直結しますので、しっかり対策を行いましょう。

弊社でもご要望があれば、MEOのサポートも行います。MEOはSEOとも密接に関連しますので、MEOの費用はSEOの料金に含めて対応いたします。お気軽にご相談下さい。