SEOと言っても検索エンジンのためにすることはほとんどありません

SEOとは検索エンジン最適化です

検索エンジンのためにあえてすることはありません

SEO対策と言っても、検索エンジンから評価を上げるために検索エンジンだけに向けてする対策はありません。ユーザーにとって最も良いコンテンツを公開することに心がけていれば良いのですが、SEO対策について知っていない人がミスしがちなことは、titleタグとdescriptionにキーワードを含めずに企業名だけのtitleでホームページを作ってしまうことです。

そもそも、ターゲットキーワードを設定していないのではないかと思われるサイトも見受けます。ターゲットキーワードはGoogle・Adwordsのキーワードプランナーで自社のホームページを検索して欲しいキーワードの検索ボリュームを調べて、ある程度の検索ボリュームのあるキーワードをtitleタグとdescriptionタグに含めます。

titleタグに企業名だけで作ってしまうと、平易なキーワードで検索結果の上位に表示される可能性は限りなく低くなってしまいます。titleタグに検索ボリュームのあるキーワードを含めていないとSEOは失敗してしまいます。

SEO対策ですることはこのtitleタグとdescriptionにキーワードを含めることだけで、あとはユーザー視点でページを作成すれば大丈夫です。

SEO

ターゲットキーワードの選定は慎重におこなって下さい

ターゲットキーワードは平易なキーワードを選定する必要がありますが、あまり検索ボリュームの大きいビッグキーワードを選定してしまうと、なかなか上位に表示されないことになり、コンテンツを増やしても増やしても成果が出ない可能性があります。

また、ビッグキーワードで上位表示できたとしても、ビッグキーワードで訪れるユーザーは自社の商品のターゲットと一致しない可能性があります。検索ボリュームが少なくても、自社の商品のターゲットにピッタリのキーワードを選んで、出来るだけ濃いユーザーを獲得するようにしましょう。

さらに下層ページのtitleタグに入れるキーワードはもっと検索ボリュームの少ないロングテールキーワードを選定しましょう。トップページよりも下層ページの方が同じキーワードの場合に上に表示されにくいのですが、下層ページのターゲットキーワードをロングテールキーワードにすると、下層のページも上位に表示されやすくなります。トップページも下層ページもSEO対策の対象ページにして、ほぼ全てのページからアクセスを稼げるようにすることがSEOでは大切です。

たまに見かける全てのページのtitleタグが企業名になっているサイトでは、全てのページがアクセスを獲得出来ないWEBサイトになってしまいますので、そのようなサイトを作成するホームページ制作会社に発注するのは避けましょう。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

ユーザーを価値ある情報に導く内部リンクを設置する

外部リンクはSEOに大きな効果があります

内部リンクも外部リンクほどではありませんがSEOの効果があります

自然発生の外部リンクを獲得できるとSEO対策にはとても大きな効果があります。しかし、リンクの購入や自作自演リンクを設置すると、Googleの手動対策の対象になり、大きな検索順位の下落の可能性があります。

内部リンクが外部リンクほど大きな効果はありませんが、SEOの効果は確かにあります。SEOの効果があるからと検索順位を上げるためのリンクの設置をしてはいけません。あくまでもユーザーにとって価値ある情報へ誘導するリンクの設置に努めましょう。IP分散の外部リンクの購入や自作自演リンクのリスクがとても高くなっているので、ホームページの内部対策はとても重要になっています。

Googleのウェブマスター向けガイドラインに「検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください」と言う項目があります。設置するリンクが検索エンジンが無くても同じリンクを設置するかどうかを自分自身に問いながらリンクを設置します。

リンク

ユーザーにとって価値あるコンテンツにリンクを設置する

ユーザーにとって価値ある情報や嬉しい情報は良質なWEBコンテンツです。良質なコンテンツはGoogleから品質の高いページとして評価されます。さらに内部リンクがコンテンツを記載したページに集中するように設置すると、内部リンクの評価も高まります。

そうすると、コンテンツとリンクの両方の評価が高まり、SEOの効果が大きく働きます。ユーザーにとって価値あるコンテンツは情報発信している企業としてもユーザーに読んでもらいたい情報なので、自然にコンテンツへ向けてリンクが張られるはずです。

コンテンツに記載されている情報を求めて検索するユーザーは、自分自身が抱えている問題や疑問を解決するために情報を求めています。ユーザーが求めている情報について検索した時に検索上位に表示されて、訪れるユーザーは、ユーザーのためになる詳しいコンテンツを読むと感動したり共感したりします。

さらに、継続して公開されるコンテンツに触れることで、企業のファンになってくれます。そうなると、固定客として、定期的に商品を購入してくれるユーザーになって行きます。

このようにコンテンツへ向けた内部リンクは企業が持っている高い専門性や強みをユーザーに伝えることが出来るので、コンテンツのページに対してSEOを行うことはとても重要です。

コンテンツを訪れるユーザーは今すぐ商品が欲しい顕在顧客ではありませんが、現在使っている商品に対して漠然とした不満を持っている潜在顧客です。潜在顧客は近い将来、商品を購入するユーザーなので、このユーザーに対してコンテンツを読んでもらうことは企業に対する肯定的なイメージを持ってもらえるので、とても重要です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

良質なWEBコンテンツを掲載する

良質なWEBコンテンツ=SEOです

外部リンクを設置するSEOはブラックハットです

2012年に実施されたペンギンアップデートによって、外部リンクを設置するSEO対策は軒並み検索順位を下げられ、自然発生リンク以外の不自然なリンクは自動対策や手動対策などのペナルティの対象になってしまいました。

ペンギンアップデート以前は、外部リンクの設置が最大のSEO対策でした。いろんなSEO業者から「IP分散リンクを設置する」と言う電話やメールがたくさん来ましたが、現在ではそのような対策は全く効果が無く、むしろ検索順位を落とす結果になってしまいました。

外部リンクの獲得は良質なコンテンツを公開して自然に設置されるリンクを待つしかありません。自作自演リンクもコンテンツに関連性があり、自然なリンクが数本ある程度なら大丈夫ですが、関連があってもグローバルナビなどから大量にリンクを張るのは検索順位を落とす結果になります。

SEO対策として、外部リンクを操作することは「百害あって一利なし」なのです。

コンテンツ

今出来る最大のSEO対策は良質なコンテンツの公開です

不自然な外部リンクを設置することがペナルティになってしまうと、SEO対策として出来る事は限られてしまいます。

WEB制作側で出来る最大のSEO対策は、良質なコンテンツの公開と内部対策だけです。

コンテンツはユーザーにとって価値ある情報を公開することです。Googleは一貫してユーザーファーストを貫いています。ホームページを制作する側もGoogleと同様にユーザーにとって価値ある情報を掲載することに徹することです。

ユーザーが本当に求めているコンテンツ。自社が取り扱う商品カテゴリについてユーザーが感じている不満や問題についての解決策など、プロとしての専門性の高いコンテンツはユーザーから信頼されます。ユーザーが自ら求めている情報は、出来る限り詳しく説明する必要があります。

コマーシャルのように求めてもいないのに一方的に送りつけられる情報は、キャッチーなコピーでユーザーを惹き付ける必要がありますが、ユーザーが自ら求めている情報は、長文になっても、出来るだけ具体的な説明をすることがユーザーの求めていることに対して応えることになります。

ユーザーが感じている問題に対してより具体的で納得できる説明のあるコンテンツを掲載している会社のホームページをユーザーは信頼します。ユーザーが求めている情報に対して最大限の回答を掲載するようにしましょう。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

商品カタログ程度のコンテンツで他社に勝つことはありえません

競合他社を上回るコンテンツの質と量が無ければ上位表示はできません

例えば、ここに地域のグルメガイドのフリーペーパーが2種類あったとします。どちらか一方だけ持ち帰って良いとしたら、あなたはどちらを持って帰りますか?

1、簡単な説明だけ記載された総ページ数10ページのグルメガイド。

2、とても詳細な情報まで記載されていて、実際の味や調理している様子やお店の雰囲気が十分伝わる総ページ数100ページのグルメガイド。

持って帰る時の重量の負担を考慮しないのであれば、ほぼ全ての人が2を選ぶと思います。そして、2のフリーペーパーが定期的に更新されて発刊されれば、利用するユーザーはどんどん増えて行くはずです。これはホームページでも同じことで、とても詳しい情報が多くのページに渡って記載されているホームページをユーザーもGoogleも評価します。

SEO対策で競合他社よりもターゲットキーワードで上位に表示したければ、競合他社よりもコンテンツの質も量も圧倒的に上回ることです。

Googleはただページ数が多いだけでは評価をしませんが、良質なコンテンツが多いホームページは高く評価します。競合他社を圧倒的に凌駕できるコンテンツの質と量を確保するために、良質なコンテンツを継続して公開し続けることが重要です。

良質なコンテンツと言うのは、ユーザーが商品に対して漠然と感じている問題や不満に対する明快な回答を出来る限り具体的に詳細に記載することです。その情報は商品を取り扱っているプロでなければ分からないような深い情報で、一般の人が読むと驚くような情報です。

このような情報を多数公開するには、ホームページ制作会社に依頼した時点で十分な情報を掲載する事は出来ません。ホームページ納品後にWEB担当者がどんどん公開して行く必要があります。

圧倒的

社内にあるコンテンツを見つけ出す

コンテンツを継続して公開し続けるのはなかなか大変なことです。最初のうちは、何件かのコンテンツの公開は可能だと思いますが、しばらく公開を続けていると、コンテンツが枯渇してしまいます。

コンテンツを生み出し続ける方法としては、KJ法を利用して、ブレーンストーミングを行い、情報をグルーピングして、コンテンツを見つける方法があります。さらには、マンダラートを使って、正方形のマスを9つ作り、中心に「社内にあるユーザーが嬉しい情報」と書いて、周囲に回答を書き出して行く方法。さらにマインドマップを使ってコンテンツを見つけ出す方法などがあります。

他には、Google・adwordsのキーワードプランナーを使ってユーザーが検索しているキーワードの中から質問や問題点の解決策を求めているキーワードからコンテンツを作り出す方法などがあります。

コンテンツを公開し続けるのは大変なことですが、企業活動は全てユーザーに喜んでもらうための活動です。ユーザーファーストで行っている社内の活動はユーザーにとって嬉しい行為なので、社内で行っていることは全てコンテンツになるはずです。

ユーザーにとって価値ある情報を定期的に公開するのは、価値あるフリーペーパーを継続して発行するのと同じことです。価値ある情報を継続して公開し続けるとユーザーはホームページに定期的に訪問するようになります。

訪問する度に価値ある情報に触れると、そのホームページをかけがえのないホームページだと感じるようになります。その情報をとても貴重なものと感じて、ホームページを運営している会社に対して、プロとしての高い専門性を感じて信頼するようになります。

プロとしての高い専門性に信頼感を持つようになると、「この商品分野だったらこのプロが勧める商品なら間違いない!」と思うようになり、ファンになります。良質なコンテンツの公開を続ければ続けるほど、ファンが増えて底堅い売り上げを確保出来るようになるのです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

「ほどほど」ではなく、「徹底」したコンテンツの公開を!

「ほどほど」で中途半端な情報なら公開してもしなくても一緒です

他社と同程度で満足してはいけません

コンテンツの公開は、競合他社が公開している情報を見て、その情報と同程度の「ほどほど」の情報を公開して満足してはいけません。Googleは「一つのことをとことん極める」ことを理念の一つとしています。

「ほどほど」の情報を公開することは、「一つのことをとことん極める」とはかなりの違いがあります。

愛を語るときに「ほどほど」で気持ちを伝えることは無いと思います。自分の気持ちを相手に伝えるために、自分が表現できる最大限の表現をするはずです。相手に自分の気持ちを伝えると言うのは、そういうことです。

「ほどほど」の情報を公開しても、閲覧者にはほとんど何も伝わりません。「ほどほど」の情報で閲覧者の気持ちを全く動かさない情報であれば、ホームページが存在している以上の価値はありません。

ホームページは閲覧したユーザーの行動に影響を与えなければ、公開している意味は無く、目的を達成することは出来ません。

ホームページでユーザーの行動に変化を与えたいと思うのであれば、生半可な情報では、変化を与えることは出来ません。企業として公開する情報の一つ一つについて、「とことん極めている」かを問い続けて下さい。

コンテンツがユーザーの判断基準になると、より深いコンテンツを公開しているホームページを探し出し、深い情報を掲載しているホームページのファンになり、そのホームページをブックマークします。

完了

ユーザーにとってより良い情報を公開することに徹する

企業が情報を公開すると言うのは、インターネット以前はコマーシャルしかありませんでした。コマーシャルは放送時間や印刷面積の制限などで、企業が掲載したい情報を全て掲載することは出来ず、削りに削った情報をキャッチコピーのようにユーザーの目を引きやすい形で公開しました。そのコマーシャルは単価の安い商品を除いて、ほぼ来店を促すだけの目的で、クロージングは営業マンの役割でした。

ホームページはクロージングする営業マンの役割も備えていないといけません。営業マンは見込み客に色んなことを話します。営業マンが話している内容の中にもコンテンツがあるかも知れません。

ホームページで商談成立になるほどの情報を掲載していないと、コンバージョンには繋がりません。それは、個々の営業マンによって色んな話しをしているはずで、その全てを網羅するコンテンツを公開する必要があります。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

コマーシャルを上位表示するのは難しい

Googleは良質なコンテンツを評価すると宣言しています

コマーシャルはコンテンツでは無いので評価されません

ホームページを運営する企業側とすれば、企業が扱う商品を上位表示させたいと考えるでしょう。しかし、商品そのものを売り込むページはコンテンツでは無くコマーシャルです。

コマーシャルページはGoogleが評価しないので、SEO施策を行ってもなかなか上位に表示させることは出来ません。WEB担当者はコマーシャルよりもコンテンツを公開することにより、SEOをより簡単にすることが出来ます。

ただ、企業はこれまで、商品を売り込むコマーシャルしか考えて来なかったので、コンテンツを公開することにとまどいを感じることもあるでしょう。

コンテンツとはユーザーにとって嬉しい情報で、検索窓へ入れる質問に対する回答です。企業は商品を売ることを考えていますが、その商品をお買い上げいただければ、必ずユーザーに喜んでもらえる商品であると自信を持っているからです。

つまり、企業で行っている活動は全てユーザーに喜んでもらうための活動のはずで、コマーシャルも視点を変えてユーザー目線で公開するとコンテンツになる可能性があります。

コンテンツ

企業目線からユーザー目線に変える

これまでは「商品を売り込む」と言う言葉があったように、pushで、ユーザーが望んでもいない情報を無理やり見せることが主流でしたが、ユーザーにとって価値ある情報を公開して、コンテンツを読んでもらったユーザーに企業や商品のファンになってもらうのは、pullです。

ひたすら商品を押し込むコマーシャルはネット上の有益な情報では無いとGoogleは判断しています。これ以上コマーシャルが氾濫するようになり、検索結果の上位をコマーシャルが埋め尽くすようになると、検索エンジンの利用者が減ってしまい、Googleのビジネスモデルが崩壊してしまう可能性もあり、コンテンツ重視を打ち出したのです。

ユーザーが求めている情報を公開して、コンテンツを読んだユーザーが嬉しいと思える情報が多くなると、検索で上位に表示するのが簡単になります。

コマーシャルをひたすら公開し続けて、SEOを難しくするよりも、良質なコンテンツを多数公開して、Googleからの評価を高めるとSEOは比較的簡単に出来るようになります。

これまでのコマーシャル中心の情報公開から考えを転換する必要はありますが、企業の中にはユーザーにとって価値があり、知ると嬉しい情報がたくさんあるはずです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

後ろめたいことの無い正々堂々としたSEO対策を行う

検索エンジンを欺くようなことは行わない

検索エンジンのためだけに行うようなことをしない

SEO対策で重要なことは、Googleに見つからなければ、どんなことでもして順位を上げようと言う考えを持たないことです。Googleを欺いて順位を上げようとすることは、Googleが悪質と判断した場合は最悪の場合データベースのインデックス削除される可能性もあります。

Googleのウェブマスー向けガイドラインには

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

と基本方針に書かれています。

つまり、Googleのことでは無く、ユーザーのことを最優先に考えてWEBサイトの作成を行うことです。Googleの順位を操作しようとして行う対策では無く、ユーザーにとって、最も良いと思うサイト運営と情報発信を行うことが最優先です。

Googleはユーザーファーストで一貫しています

Googleはユーザーが検索窓に行う質問に対する最も良いサイトを回答として返そうとしています。このGoogleの考え方に合わせて、自社のサイトもユーザーにとって最も価値のある情報を掲載することに徹することが重要です。

ユーザーのことを最優先に考えたサイト運営に徹していれば、Googleは評価してくれるはずです。

ただ、Googleも発展途上であり、Google自身も検索における最新の品質向上についてでフィードバックできるようになりました。このようにGoogleはユーザーにとってより良い検索結果を提供できるように日々改善を続けています。

情報を公開する側もユーザーにとってより良い情報を公開できるように日々努力を続けて行きたいものです。ユーザーにとって最も良い情報を公開し続けることが最良のSEOです。さらに、ユーザーが求める情報に辿り付きやすいようなリンクを設置する内部対策も重要です。テクニックに走るよりも、ユーザーのことを最優先にしたサイト運営が重要です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

ユーザーのことを最大限に考えることが一番有効なSEO対策です

Googleの隙を突いてどうやって上位表示するかが、これまでのSEO対策でした

これからはGoogleのことよりもユーザーのことを最優先することが最大のSEO対策です

Googleで検索上位を実現することを優先したSEO対策は、ユーザーのことよりもGoogleのことを考えていることになります。しかし、Googleはユーザーにとって最も良い検索結果を返すことを目的にしています。

Googleのことだけを考えているSEO対策は、ユーザーのことを優先して考えていないので、いつかGoogleの目的とズレが生じます。Google優先の考えはユーザーファーストでは無く、結果的にGoogleから評価されないことになります。

以前から言われてきたSEO対策はどれも効果が無くなりつつあり、ユーザーのことを最優先したページを作成し、ユーザーを優先したことが結果として表れないと評価されません。

CTRや直帰率が評価されます

Googleはanalyticsのデータを検索順位に利用しないと言っていますが、analyticsやSearch Consoleのデータを使わなくてもアルゴリズムに含めることはできるはずです。

検索結果からクリックされる率であるCTRを高めるために、検索結果に表示される説明文(スニペット)の改善や、説明文を読んでクリックしたユーザーの期待通りの内容が記載されているホームページを作成してホームページを訪れてユーザーがブラウザの戻るボタンを押してGoogleに戻ってしまわないようにするように改善を続けることが重要です。

GoogleはRankBrainでユーザーから支持されているページを上位に表示するように人工知能を活用しようとしているのです。

ユーザー満足度

ユーザーに支持されるホームページを作ることが第一

Googleのことを考えてホームページを作るよりも、ユーザーが知りたい情報を掲載することが、結果的にGoogleから評価されることになります。

ユーザーが商品や企業について知りたいと思っている情報が全て記載されているのかをしっかりと考えるようにしましょう。

ユーザーが知りたい情報を掲載することが、ユーザーにとって良いホームページになりますので、Googleの目的と一致します。ホームページに記載されている情報が企業側からの都合の良い情報だけになっていないか、ユーザーにとって分かりにくい不親切な情報になっていないか、記載されているヒンテンツをユーザー目線で読み直してみると良いでしょう。

Googleのアルゴリズムがどう変わったとか、順位変動に敏感になるよりも、どんな順位変動があっても、一貫してユーザーにとって価値あるコンテンツの掲載を続けて行くことが、最も有効なSEO対策です。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

コンテンツは広告と違ってどんどん積み上がります

広告は費用の支払いを停止すれば全ての効果が失われます

広告はコンバーションも一定のリピート顧客も何も保証してくれません

広告は、高いクリック単価を選択すれば、競合他社より上位に表示されて確実にアクセスを確保出来ます。短期的に効果を得たい場合にはリスティング広告に投資するのは良いことです。

しかし、広告をクリックして訪問してくれたユーザーがリピート顧客になってくれる保証は無く、一定のアクセスを維持するためには、広告の掲載を続けるしかありません。広告の掲載を止めてしまうと、とたんにアクセスが減少してしまいます。ECサイトにとって広告費の負担は非常に重いものになって来ていて、ECサイトを運営している企業が次第に疲弊するようになって来ました。

広告の掲載は、ECサイトの将来を保証してくれるものではなく、その時のアクセスだけが約束された結果で、コンバーションも一定のリピート顧客も何も保証してくれません。アクセスと引き換えに費用が発生するだけなのです。

コンテンツ

コンテンツはファンやリピート顧客をどんどん生み出します

コンテンツは制作コストはかかりますが、公開を継続するために掛る費用ばごく僅かです。そして、一つのコンテンツを公開することで、コンテンツに共感したり感動したりしたユーザーが、新たなコンテンツを求めて何度も訪問してくれるようになります。

企業側も、コンテンツをどんどん公開することで、新たな潜在顧客を獲得することが出来るようになります。一度作ったコンテンツは半永久的に顧客を獲得し続けてくれます。

広告は費用でしかありませんが、コンテンツはユーザーにとっても企業にとっても価値あるものとなり、コンテンツはサーバーの契約を終了しない限り残り続け、コンテンツの公開を継続して続けて行けば、コンテンツはどんどん積みあがり、多くのユーザーを獲得してくれるようになります。

コンテンツを公開するには、WEB担当者の強いエネルギーが必要ですが、コンテンツを公開してしまえば永久的にユーザーを獲得してくれるものなので、長期的な視野に立ってコンテンツを公開する体制を作って下さい。
ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

どんなに強烈な個性の芸能人でも必ずファンはいます

キモい芸人にもファンはいます

嫌いと思う人がいても、少数の強いファンがいれば差別化です

昔の芸能人はほとんどが美男美女でしたが、今ではとても多様化して、気持ち悪いと思うような芸人も出てくるようになりました。これは、他人と同じように個性を表現して、上位から5番目の芸能人になるよりも、同じ個性の芸能人がいない分野で1番になることを目指しているのです。

企業も同様で、大企業と同じような製品を作って、性能も品質も劣る商品を販売しても、売れることはありません。他社には無い技術やサービスで他社の商品との違いをアピールすることで、ファンを作ることが出来ます。そして、そのファンは中小企業の場合、ユーザーのほとんどをファンにする必要は無く、ごく一部の人がファンになってくれれば、十分に経営は成り立ちます。

ファン

ホームページも同じで、日本国民のほとんどをファンにしようとすると、誰にでも受け入れてもらえる情報発信をしようとしてしまい、アンチは出来ないけれど、強いファンも生まれないホームページになってしまいます。

中小企業のホームページは、ごく一部の人がファンになってくれれば良いと割り切って、強い個性を表出するホームページにしましょう。他社が公開している情報を真似て、同様の情報を出して満足してはいけません。

それは自社のホームページが同業他社のホームページに埋もれてしまうことを指します。

他社が出していない情報をあえて公開するようにしましょう。強い個性のホームページで特定の分野でキラッと光る情報を発信しているホームページを目指しましょう。

他社と同質で埋もれてしまうホームページでは、公開する意味がありません。ホームページが営業ツールである以上、狭いカテゴリで一番になる情報発信をして、ごく一部の人がファンなってくれる情報発信を心がけましょう。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ