リンク集には登録しないこと

リンクだけのページに掲載されるとペナルティになります

相互リンク集も危険です

企業や個人がホームページを公開し始めた頃は、リンク集のページを持っていることは当たり前でした。ネット上で知り合った人や企業同士で、知り合った個人や企業を紹介する目的でリンクを張っていました。

しかし、コンテンツが無く、リンクだけが集まったページからリンクをしたりされたりすることはペナルティの対象になってしまいます。それは、検索順位を操作する目的で設置したものではなくても、ペナルティになります。

リンクを設置する場合は、その企業や個人の紹介をするコンテンツを十分記載してリンクを設置するようにしましょう。リンクされる場合も同様で、自分に対する紹介文を十分な文字数で記載した上でリンクしてもらうようにしましょう。

ペナルティ

リンク集がペナルティになるようになったのは、被リンクがSEOに効果があると言うことで、検索順位を上げるために相互リンクや自動登録型検索サイトなどに登録することが増えたからです。

被リンクは、リンク元のページが持っている価値の一部をリンク先のページへ渡すのですが、そのリンク元のページから一つの発リンクであれば、渡す価値を全て一つのページへ渡すことになりますが、リンク元のページから100ページへリンクされると1ページへ渡る価値は1/100になってしまいますので、ペナルティにならなかったとしても、リンク集からの被リンクはあまりSEOの効果はありません。

ただ、Googleのアルゴリズムは日々進化していますので、今後、良いサイトを紹介しようと言う意思で設置された悪意の無いリンク集に対するペナルティは無くなるかも知れません。要は、検索順位を操作しようとしているかどうかをGoogleが判断できるようになるかどうかです。

無料サイト診断

リンクの設置にはとても神経質になっている

リンク集はペナルティになる可能性大

Googleのペナルティを恐れてリンクが設置しにくい状況です

Googleがペンギンアップデートを行ってから、悪意の無いリンクでも、リンクを設置することにはどのWEBマスターも慎重になっています。

それまで、普通に設置されていたリンク集なども、リンクされる必然性や業種など何らかの統一性が無いとペナルティの対象になってしまいました。一つのページから大量の発リンクがあるとリンク先に渡されるリンクジュースも薄まるので、SEOの効果もほとんど無いのですが、そのようなリンクを設置すること自体がペナルティになってしまいます。

一つのページのコンテンツに関連したリンクを数件程度設置する場合は大丈夫なのですが、多くのWEBマスターは外部リンクを設置すること自体を不安に感じています。

良いページにはリンクを設置して、他の人にも知ってもらおうとするのが普通ですが、それを1ページにまとめてしまうと、ペナルティになってしまいます。

理想的なリンクは発リンクを設置するページに十分良質なコンテンツがあって、さらに違った見方の良質なページを案内するリンクを設置するような場合は、自然発生の良質なリンクです。

このリンクはどちらのページもあるキーワードについて、とても詳しい人が記載したページで、ユーザーにとっては、どちらの解決策も有効と思われるページへのリンクです。

リンク

被リンクも場合によってはペナルティになります

自分から登録していなくても、他のページの相互リンク集やお気に入りリンク集に掲載されていると、ペナルティになる恐れがあります。

市町村や商工会議所などのリンク集などもリンクの設置の仕方によってはペナルティになるので、企業名と、リンクがただ並んでいるようなページからのリンクだったら設置してもらわない方が無難です。

被リンクを調べる方法はSearch Consoleの検索トラフィック→サイトへのリンクの詳細→最新のリンクをダウンロードするで、被リンクのデータをダウンロードします。その中に不自然と思われるリンクがあれば、リンク元を確認して、リンク集などになっている場合は、サイトオーナーにリンクの削除かrel=”nofollow”にしてもらいましょう。

サイトオーナーと連絡が取れない場合は、リンクの否認をします。

このように発リンクも被リンクも設置の仕方によってはペナルティになる可能性がありますので、注意して設置するようにしましょう。ただ、普通にコンテンツ内からリンクを張るのは、全く問題ありません。

コンテンツ内からのリンクはページ本文からリンクされるので、当然関連したコンテンツへリンクが設置されるので、かなり低品質なページへリンクを設置しない限り、不自然なリンクにはなりません。

無料サイト診断

検索流入に大打撃のペナルティとその対処法

過剰SEOがペナルティの元凶です

Googleから一度ペナルティを受けてしまうと、突然の順位低下や、圏外へ飛ばされてアクセスの激減となり、WEB上にホームページが存在しないのと同じことになり、ホームページ経由の売上比率の高い企業にとっては死活問題になるような重大事態です。

ペナルティになるのは、Googleのガイドライン違反が原因ですが、ガイドライン違反は過剰SEOです。

SEO

このページに記載している「目次」

Googleペナルティとは

Googleペナルティとは、Googleのウェブマスター向けガイドラインに反して、検索エンジンを欺いて上位表示しようとする行為に対して行われるもので、ペナルティを受けると、突然の検索順位の大幅な下落やデータベースからの削除などの措置が取られます。

ペナルティが軽い場合は、特定のキーワードでだけ順位が下がったり、スモールキーワードやロングテールキーワードのような検索ボリュームが小さく、競合サイトの少ないキーワードの場合は、ほとんど順位が下がらず、検索結果に表示されたり圏外に飛ばされたりを繰り返す場合もあります。

Googleからペナルティを受ける原因は過剰SEOです。つまりSEOのやり過ぎなのです。Googleのランキングを操作して、本来の順位よりも検索結果の上位に上げようとする施策は、過剰SEOで、悪質な場合は、スパム行為としてペナルティの判断が下されます。

ウェブマスター向けガイドラインの内容は

ガイドラインはランキングを不正に操作するものです

上記で記されている項目は、検索順位を不正に操作しようとするものか、検索結果に表示する価値の無いページを大量に公開するか、ページを閲覧したユーザーに悪意のある動作をさせるページで、いずれも検索上位に表示してはいけないものです。下記に記載しているようなガイドライン違反になるような運用をしないように気を付けましょう。

特に多いペナルティの原因

リンクプログラム

ペナルティを受ける原因として最も多いのは、リンクプログラム違反です。 不自然な外部リンクに対するペナルティはペンギンアップデートの実施以降、かなり精度が高くなり、不自然な被リンクを付けられたサイトは高い確率でペナルティを受けるようになりました。 外部リンクはGoogleのランキングに大きな影響がありますが、Googleが評価するリンクは自然発生リンクです。しかし、ランキングを操作しようと、ブラックハットSEO業者が設置するリンクやYomi-Searchなどの質の低いディレクトリからのリンクなどが原因でペナルティを受けるサイトがとても多いです。

また、ブラックハットSEO業者に発注しなくても、ウェブマスターが少しでもアクセスアップになればと考えてリンク集などに登録してペナルティを受けることもあります。

さらに、系列企業同士がサイドバーやフッターなどのテンプレートからリンクを設置したのが原因でペナルティになることもかなり多い確率であります。

他にも、広告や求人サイトからのリンクも大手のサイトはnofollowが付与されていて、Googlebotがリンクを辿らないようになっていますが、小規模な企業や個人が広告掲載しているサイトはnofollowになっておらず、ペナルティになる例があります。

リンクプログラムでペナルティを受けると、ペナルティから回復する対応をしても、Googlebotがリンク元を1本1本辿って、不自然なリンクがほぼ無くならないとペナルティが解除さけないので、ペナルティからの復旧にはとても長期間かかります。

隠しテキスト

隠しテキストはGooglebotとユーザーに違う内容を見せるもので、特にh1タグが隠されていることが多いです。h1タグはそのまま記載するとフォントサイズが大きく、デザイン上邪魔になると考えるデザイナーが隠してしまうことが多いです。ホームページ制作会社のデザイナーがウェブマスター向けガイドラインを知らずに、悪意も無くやってしまうことが問題で、納品された企業には、何が悪くて検索順位が上がらないのか分かりません。

誘導ページ

アクセスを集めたいページよりも簡潔な内容を記載した無料ブログなどからリンクを設置すると、誘導ページになります。SNSから同様のリンクを設置しても、リンクにはnofollowが付与されるので、Googlebotはリンクを辿らないので、SNSからのリンクが原因でペナルティを受けることはありませんが、別ドメインのブログから簡潔な内容を記載したページからのリンクは誘導ページです。

サイト内でも、例えば色んな案件に登録している企業がエントリーするサイトを運営していて、新着案件を1つだけ簡潔に記載したページが案件の数だけあって、そのページから案件一覧のページへリンクを設置すると誘導ページになります。

Googleペナルティの種類

ペナルティ

手動ペナルティ

手動ペナルティはGoogleの社員が実際のページを確認して、ペナルティを課します。手動ペナルティはインデックス削除など厳しいペナルティになることが多いです。

手動ペナルティの場合は、Search consoleの「セキュリティと手動による対策」の「手動による対策」に警告のメッセージが届くので、Search consoleに登録していれば直ぐに分かります。

しかし、現在ではGoogleがaiを搭載するようになり、性能が格段に向上したので、手動ペナルティはかなり減っています。

手動ペナルティの場合は、指摘されている問題を修正して、二度と同様のことをしないことを記載して、サーチ・コンソールから再審査リクエストを送信します。

自動ペナルティ

自動ペナルティはGoogleのアルゴリズムで自動的に与えられるペナルティで何の通知も無く突然、順位の低下やアクセスの激減が起こります。Googleのaiの進歩で手動ペナルティは大きく減り、自動ペナルティが非常に多い傾向になっています。

Googleペナルティの確認方法

手動ペナルティはSearch consoleに通知が届くので分かり易いですが、自動ペナルティは判別が難しく、ペナルティだと思ってリカバリしていても、途中でペナルティではないことが判明することもあります。自動ペナルティの確認方法は、

1、site:yourdomain.comで検索した時にトップページが1位に表示されない。
2、WEBサイト名で検索しても1位に表示されない。
3、検索順位が極端に不安定で、表示されたり圏外に飛んだりする。

などが確認方法ですが、確実に自動ペナルティを確認する手段はありません。突然順位が大きく落ちた時などはペナルティを疑ってみるのが良いでしょう。

Googleのアルゴリズムは常に変動していますが、ペナルティを受けている場合は、どんなことをしても順位が回復することはありません。

Googleペナルティの解除方法

不自然な外部リンクを見つける

リンク

最近はGoogleの性能が向上して、手動ペナルティは大幅に減少しているので、自動ペナルティの解除方法について記載します。

不自然なリンクを見つけるには、Search consoleの「リンク」→「外部リンクをエクスポート」→「最新のリンク」→ファイルの形式を選択でGoogleが把握している外部リンクをダウンロード出来ます。このファイルで表示されるリンクを一つ一つ分析します。

外国語のページに日本語のアンカーテキストのみのリンク

アンカーテキスト

英語のページの中に、アンカーテキストのみのリンクが羅列されていて、リンク先に対する説明などが一切無く、リンクを設置する必然性が全くありません。このような、ジャンルが統一されておらず、リンク先のページをユーザーに勧める説明の記載が全く無いリンクはとても不自然です。

英語のページの中に、日本語のリンクが突然出て来るのも不自然です。このページはリンクを設置する目的で作られたページと思われます。ブラックハットSEO業者にSEOを依頼すると、このようなリンクに必然性の無いリンクが大量に設置されます。このリンクは確実にペナルティを誘発するリンクでとても危険です。

ジャンルが統一されておらず、登録にあたって審査が無いリンク

このリンクもジャンルがバラバラで、リンク先の説明もとても短く、ユーザーをリンク先に導く必然性がありません。このリンクは自分自身で登録出来、審査も無く登録される質の低いディレクトリに該当するリンクです。このような手法はGoogleの性能が低かった昔は通用しましたが、現在では危険しかありません。

リンクと言うのは、そのページに記載されているコンテンツを補強する目的のページへリンクを設置するとか、コンテンツに記載している内容の根拠になる情報へリンクするなど、リンクに必然性があり、強い関連があるリンクが自然なリンクです。

昔多くあった、リンク集のページからのリンクもほとんどが低品質な被リンクで、ペナルティの対象になります。

サイドバーやフッターからのリンク

善意のリンクであっても、サイドバーやフッターなどのテンプレートから大量に配布されるリンクもペナルティの対象です。

系列会社のリンクをサイドバーやフッターに設置することもありますが、このリンクのせいで、系列会社のwebサイト全てがペナルティを受けてしまうこともあります。

リンクの削除または否認を行う

発見した不自然なリンクは削除依頼が出来るリンクは削除します。しかし、設置した業者と連絡が取れず、削除できない場合は、リンク否認を行います。

リンク否認用のファイルはtxt形式で、ファイル名は何でも良いので、自分で分かり易いファイル名を付けます。否認したいページごとにURLを記載することも出来ますが、ドメイン単位で大量のページからリンクがある場合もあり、URL単位で否認すると、後から新しい不自然リンクが発見されて、再びペナルティを受ける可能性があるので、ドメイン単位で否認するのが安全です。

その場合は、domain:hinindomain.comと否認したいドメインを一行ずつ記載して保存します。

リンク否認手順1

リンク否認をしたいサイトのURLを選択します。

リンク否認手順2

リンク否認をクリックします。

リンク否認手順3

否認するドメインを記載したファイルを選択して、送信して、送信結果に不備が無ければ、完了をクリックすれば否認ファイルの送信は終了です。

リンクプログラム違反は、問題を修正したり、リンク否認を行っても、ペナルティの解除には、1件1件のリンク元をGooglebotが辿り、ほぼ全てのリンクの否認が成立しないとペナルティの解除には至りません。リンクプログラム違反の場合は、ペナルティの解除には、とても長い期間を要し、マーケティング上、大ダメージを受けてしまいます。

隠しテキストを発見し修正する

内部対策てで多いペナルティは隠しテキストとキーワードの乱用です。隠しテキストはhtmlソースを見て、ソースに記載されているテキストがブラウザ上にあるかどうかを確認します。隠しテキストで多いのはh1タグなので、h1タグを特に注意して確認します。

htmlソースを確認する方法は、Google ChromeやFirefoxの場合は、ブラウザ上で右クリックして、「ページのソースを表示」で確認出来ます。Edgeの場合は右上の・・・をクリックして「その他のツール」→「開発者ツール」で確認出来ます。

ソースを表示したら「Ctrl+F」でページの検索窓を表示して「h1」と入れてページに記載されているh1タグを見つけます。h1タグが画像のalt属性で記載されていて、alt=”h1タグのテキスト”となっている場合は問題ありません。h1がaltでは無い場合はテキストとしてブラウザにも表示されているはずです。h1タグで囲われている文字列をコピーして、ブラウザでページを表示して 「Ctrl+F」でページの検索窓を表示して「h1の文字列」を入れてページに記載されているテキストが選択されれば問題ありません。

h1の文字列がブラウザ上に無い場合は、表示するように変更します。 通常、h1タグが隠しテキストとなっている場合は<h1 class=”id 〇〇>のような記載があるので、class以降を消去すればh1タグは表示されるはずです。

誘導ページを発見し修正する

誘導ページはほとんどの場合、ウェブマスターが設置するものです。ページに記載されている情報を簡潔に記載したページからのリンクが設置されている場合は、そのページを削除するかリンクのnofollowにします。

Googleペナルティを受けないためにやってはいけないこと

リンクの購入やリンクの登録をしない

ブラックハットSEO業者が外部リンクを設置して検索結果の上位に表示するとの営業電話があって、その業者は自分たちが設置するリンクはGoogleからペナルティを受けないとセールストークしても、そのリンクはいつか必ずGoogleにバレてペナルティを受けるので、外部リンクを設置するようなサービスは絶対に購入しないようにしましょう。

また、自分で設置出来るリンクを安易に設置しないことです。リンクプログラムに記載されている質の低いディレクトリの質の低いの定義は、登録にあたって審査が無いこととです。審査も無く、登録申請すれば全てのサイトが登録されれば、必然的に質は低下します。そのようなリンク集には絶対に登録しないようにしましょう。

さらに、系列会社同士をサイドバーやフッターなどのテンプレートからリンクを設置しないことも注意しましょう。サイドバーやフッターからリンクしても良いのは、.comや.jpなどのトップレベルドメインだけが違っていて、その前のドメインが同じ場合のみ大丈夫です。

WEB制作会社に隠しテキストをしないように依頼する

隠しテキストは通常にホームページを更新している企業側が行うことは稀です。ほとんどの場合がWEB制作会社のデザイナーがガイドラインを知らずに行ってしまうものです。

ホームページの制作を依頼する時に、隠しテキストをしないように依頼することが重要です。

誘導ページになるような安易なリンクを設置しない

誘導ページは本来アクセスを増やしたいページへの導線を確保するために設置されます。少しでもアクセスを増やしたいと思うウェブマスターの思いは理解できますが、安易なリンクの設置はペナルティを誘発するので、安易に無料ブログなどを利用してリンクを設置せずに、コンテンツの充実に力を注ぎましょう。

良質なコンテンツがあるとペナルティは軽減されます

Googleのガイドライン違反があって、ペナルティを受けていても、良質なコンテンツの記事が大量にある場合は、本来の検索順位や表示回数には及びませんが、多様なキーワードで検索流入があります。

Googleは良質なコンテンツが掲載されていて、ユーザーにとって価値あるページを上位に表示しようとしていますので、ペナルティを受けていても、品質の高いwebサイトの検索流入はある程度確保出来ます。

不自然なリンクで重大なペナルティを受けている場合でも、良質なコンテンツの掲載を続けていればコンテンツの効果は確認できると思います。不自然なリンクで検索流入が激減しても、webマーケティングの一貫として、良質なコンテンツの掲載を継続して続けていくと、アクセスは少しずつ増えて行きます。そして、ペナルティが解除された時には、大きな効果となって表れますので、ユーザーの疑問や質問に対する回答となる良質なコンテンツの提供を続けましょう。

まとめ

Googleのガイドライン違反によるペナルティを受けやすい事例と対処方法について解説しました。

ペナルティとして最も多く、さらに重篤なペナルティになるのが不自然な外部リンクによるペナルティです。また、Googleのジョン・ミューラー氏が「自動アルゴリズムによるリンクペナルティの解除には時間がかかる」と発言しているように、不自然な外部リンクによって自動ペナルティを受けてしまうと、リンクの削除や否認を行っても、ペナルティの解除にはとても長い時間を要します。

ペナルティが解除されるまでの期間の損失を考えると、不自然なリンクを設置することがいかに合わない行為か理解いただけると思います。

意図せずにペナルティを受けてしまうのは、ある程度仕方のないことですが、ペナルティを受ける可能性があると分かっていながらリンクの購入や設置をするのは、自殺行為と言えますので、絶対に行わないことが大切です。

また、ガイドラインの違反が無いかは定期的にチェックすることが必要です。Googleウェブマスター向け公式ブログなどでGoogleの最新情報をチェックするようにしておきましょう。