コマーシャルを上位表示するのは難しい

Googleは良質なコンテンツを評価すると宣言しています

コマーシャルはコンテンツでは無いので評価されません

ホームページを運営する企業側とすれば、企業が扱う商品を上位表示させたいと考えるでしょう。しかし、商品そのものを売り込むページはコンテンツでは無くコマーシャルです。

コマーシャルページはGoogleが評価しないので、SEO施策を行ってもなかなか上位に表示させることは出来ません。WEB担当者はコマーシャルよりもコンテンツを公開することにより、SEOをより簡単にすることが出来ます。

ただ、企業はこれまで、商品を売り込むコマーシャルしか考えて来なかったので、コンテンツを公開することにとまどいを感じることもあるでしょう。

コンテンツとはユーザーにとって嬉しい情報で、検索窓へ入れる質問に対する回答です。企業は商品を売ることを考えていますが、その商品をお買い上げいただければ、必ずユーザーに喜んでもらえる商品であると自信を持っているからです。

つまり、企業で行っている活動は全てユーザーに喜んでもらうための活動のはずで、コマーシャルも視点を変えてユーザー目線で公開するとコンテンツになる可能性があります。

コンテンツ

企業目線からユーザー目線に変える

これまでは「商品を売り込む」と言う言葉があったように、pushで、ユーザーが望んでもいない情報を無理やり見せることが主流でしたが、ユーザーにとって価値ある情報を公開して、コンテンツを読んでもらったユーザーに企業や商品のファンになってもらうのは、pullです。

ひたすら商品を押し込むコマーシャルはネット上の有益な情報では無いとGoogleは判断しています。これ以上コマーシャルが氾濫するようになり、検索結果の上位をコマーシャルが埋め尽くすようになると、検索エンジンの利用者が減ってしまい、Googleのビジネスモデルが崩壊してしまう可能性もあり、コンテンツ重視を打ち出したのです。

ユーザーが求めている情報を公開して、コンテンツを読んだユーザーが嬉しいと思える情報が多くなると、検索で上位に表示するのが簡単になります。

コマーシャルをひたすら公開し続けて、SEOを難しくするよりも、良質なコンテンツを多数公開して、Googleからの評価を高めるとSEOは比較的簡単に出来るようになります。

これまでのコマーシャル中心の情報公開から考えを転換する必要はありますが、企業の中にはユーザーにとって価値があり、知ると嬉しい情報がたくさんあるはずです。

無料サイト診断

後ろめたいことの無い正々堂々としたSEO対策を行う

検索エンジンを欺くようなことは行わない

検索エンジンのためだけに行うようなことをしない

SEO対策で重要なことは、Googleに見つからなければ、どんなことでもして順位を上げようと言う考えを持たないことです。Googleを欺いて順位を上げようとすることは、Googleが悪質と判断した場合は最悪の場合データベースのインデックス削除される可能性もあります。

Googleのウェブマスー向けガイドラインには

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

と基本方針に書かれています。

つまり、Googleのことでは無く、ユーザーのことを最優先に考えてWEBサイトの作成を行うことです。Googleの順位を操作しようとして行う対策では無く、ユーザーにとって、最も良いと思うサイト運営と情報発信を行うことが最優先です。

Googleはユーザーファーストで一貫しています

Googleはユーザーが検索窓に行う質問に対する最も良いサイトを回答として返そうとしています。このGoogleの考え方に合わせて、自社のサイトもユーザーにとって最も価値のある情報を掲載することに徹することが重要です。

ユーザーのことを最優先に考えたサイト運営に徹していれば、Googleは評価してくれるはずです。

ただ、Googleも発展途上であり、Google自身も検索における最新の品質向上についてでフィードバックできるようになりました。このようにGoogleはユーザーにとってより良い検索結果を提供できるように日々改善を続けています。

情報を公開する側もユーザーにとってより良い情報を公開できるように日々努力を続けて行きたいものです。ユーザーにとって最も良い情報を公開し続けることが最良のSEOです。さらに、ユーザーが求める情報に辿り付きやすいようなリンクを設置する内部対策も重要です。テクニックに走るよりも、ユーザーのことを最優先にしたサイト運営が重要です。

無料サイト診断

不自然な外部リンクは何故Googleからペナルティを受けるのか

不自然な外部リンクはページランクを狂わせる

不自然な外部リンクは、Googleのリンクプログラムに該当するリンクで、質の低いディレクトリや有料リンクやフッターなどのテンプレートからのリンク、相互リンクページからのリンクなどでこのような被リンクはGoogleからペナルティを受けます。

ペーナルティを受けるのは、そのようなリンクがページランクを狂わせるGoogleにとっては都合の悪いリンクだからです。

ページランクとは

Googleはホームページのランキングを決定する要素としてページランクと言うアルゴリズムを持っています、この特許は元々スタンフォード大学に帰属していましたが、Googleはスタンフォード大学から特許の権利を独占的にライセンスされています。

  1. 学術論文の重要性を測る指標としては、被引用数がよく使われる。重要な論文はたくさんの人によって引用されるので、被引用数が多くなると考えられる。同様に、注目に値する重要なウェブページはたくさんのページからリンクされると考えられる。
  2. さらに、被引用数を用いる考え方に加えて、「被引用数の多い論文から引用されている論文は、重要度が高い」とする考え方が以前から存在した。ウェブページの場合も同様に、重要なページからのリンクは価値が高いと考えられる。
  3. ただし、乱発されたリンクにはあまり価値がないと考えられる。リンク集のように、とにかくたくさんリンクすることを目的としている場合には、リンク先のウェブページに強く注目しているとは言い難い。

このように、多くのリンクを集めるページは注目に値する重要なページだとするのがGoogleのランキングを決定する重要な要素です。

しかし、この特許の元となった論文は、大学の研究者たちが発表するものなので、ページランク理論は自然に成立します。

重要なページからのリンクは価値が高いはネット上でも成立しますが、注目に値する重要なウェブページはたくさんのページからリンクされる。が悪用されるようになったのです。

それは、web上では、本当にそのページが良いコンテンツだからリンクが設置される場合もありますが、ランキングを操作しようと悪意を持ってリンクを設置することは簡単に出来てしまいます。

このような悪意のあるリンクが横行してしまえば、Googleのランキングを決定するアルゴリズムは正しく機能しなくなります。

これを悪用したのが、ブラックハットSEO業者が設置する大量の有料リンクです。

不自然リンクはページ本来の価値に下駄を履かせるものです

リンクプログラムに違反するリンクは、ページ本来の価値を高める努力はせずに、簡単に、検索順位を上げようとするもので、検索エンジンの公益性を害するものです。

このように、ページ本来の価値を不当に高めようとするリンクによって、Googleのランキングを操作されるのを放置してしまうと、全く価値の無いページが検索結果の上位に表示されて、Googleのビジネスモデルが崩壊してしまう恐れもあります。

このようなGoogleのビジネスモデルへの挑戦に対して、Googleは強いペナルティを課すのです。

不自然なリンクを設置して、ランキングの操作をしようとする試みを行うと、強い打撃を受けて、長期間アクセスがほぼ無いような状態が続いたりすることで、サイトオーナーが二度と同じ過ちを繰り返さないように、取り締まる目的でペナルティを課すのです。

しかし、不自然リンクを大量に設置すると、一時的に順位が上昇するなど、短期的には効果があることもあるので、ブラックハットSEOはなかなか絶滅しないのが実際です。

ブラックハットSEO業者が良質なリンクを設置できないわけ

良質なリンクには手間がかかる

ブラックハットSEO業者が大量に設置するリンクは、ほとんどがゴミのようなページからのリンクで、リンクが設置されているページにはコンテンツなどありません。

ほとんどは、リンクが羅列されているようなページか、ワードサラダのような日本語になっていないような文章にリンクが挿入されているか、Yomi-Searchのような無料で登録できるリンク集です。

外部リンクを設置するSEO業者は大量のリンクを設置して、SEO効果を出そうとします。

そもそも、良質なリンクはそのキーワードで長期間運営されていて、良質なコンテンツのあるサイトで、そこそこアクセスを稼いでいるサイトからのリンクです。

しかし、そのようなリンクを大量に設置しようとすると、大量のサーバーを用意して、ホームページを作成して、その分野に強いライターと契約して、良質なコンテンツをほぼ毎日のように追加し続けないと良質なリンクになりません。

実際にこのようなサイトを大量に作ってリンクを設置しようとすると、大変なコストがかかって誰も契約してくれる人がいないでしょう。それだけ丁寧なサイト作成が出来て、コストも合うのであれば、自分ですれば良いことです。

ブラックハットSEO業者も、本来はこのような丁寧なサイトを作ってリンクを設置するのが正しい方法だと分かっているとは思いますが、そんなことをするとコストが合わないのです。だから、簡単に大量にリンクが設置できる既存のリンク集のようなページやワードサラダのようなページを大量に作って、とても安いコストでリンクを設置するのです。

このような低品質なリンクを大量に設置すると、短期間の効果はありますが、すぐにGoogleにバレてペナルティを受けてしまいます。

良質なリンクを短期間に大量に設置するなどと言うことは物理的にも無理なことです。業者は、自分が設置するリンクはペナルティを受けないと言いますが、低品質なリンクは必ずGoogleにバレます。

低品質なリンクでも良いから大量にリンクを設置したいのであれば、業者に発注しなくても、Yomi-Searchで検索して、手当たり次第に登録すれば業者に費用を払わなくて済みます。しかし、この方法で設置したリンクもペナルティを受けます。

ペナルティを受けないリンクは、別のサーバーでメインのサイトと近いサブテーマで独立したサイトとして十分な品質のサイトを作って、関連の高いページから関連の高いページへリンクを設置するのであれば安全ですが、そのリンクがSEOの効果を発揮ほどのリンクになるのは、大量のサイトを運営しないといけないので、とても大変です。

それだけの労力をかけるのであれば、メインサイトに集中して、良質なコンテンツを大量に有した深みのあるサイトにする方が効果があります。

ユーザーのことを最大限に考えることが一番有効なSEO対策です

Googleの隙を突いてどうやって上位表示するかが、これまでのSEO対策でした

これからはGoogleのことよりもユーザーのことを最優先することが最大のSEO対策です

Googleで検索上位を実現することを優先したSEO対策は、ユーザーのことよりもGoogleのことを考えていることになります。しかし、Googleはユーザーにとって最も良い検索結果を返すことを目的にしています。

Googleのことだけを考えているSEO対策は、ユーザーのことを優先して考えていないので、いつかGoogleの目的とズレが生じます。Google優先の考えはユーザーファーストでは無く、結果的にGoogleから評価されないことになります。

以前から言われてきたSEO対策はどれも効果が無くなりつつあり、ユーザーのことを最優先したページを作成し、ユーザーを優先したことが結果として表れないと評価されません。

CTRや直帰率が評価されます

Googleはanalyticsのデータを検索順位に利用しないと言っていますが、analyticsやSearch Consoleのデータを使わなくてもアルゴリズムに含めることはできるはずです。

検索結果からクリックされる率であるCTRを高めるために、検索結果に表示される説明文(スニペット)の改善や、説明文を読んでクリックしたユーザーの期待通りの内容が記載されているホームページを作成してホームページを訪れてユーザーがブラウザの戻るボタンを押してGoogleに戻ってしまわないようにするように改善を続けることが重要です。

GoogleはRankBrainでユーザーから支持されているページを上位に表示するように人工知能を活用しようとしているのです。

ユーザー満足度

ユーザーに支持されるホームページを作ることが第一

Googleのことを考えてホームページを作るよりも、ユーザーが知りたい情報を掲載することが、結果的にGoogleから評価されることになります。

ユーザーが商品や企業について知りたいと思っている情報が全て記載されているのかをしっかりと考えるようにしましょう。

ユーザーが知りたい情報を掲載することが、ユーザーにとって良いホームページになりますので、Googleの目的と一致します。ホームページに記載されている情報が企業側からの都合の良い情報だけになっていないか、ユーザーにとって分かりにくい不親切な情報になっていないか、記載されているヒンテンツをユーザー目線で読み直してみると良いでしょう。

ユーザーが検索窓に入れるキーワードは、ユーザーが解決したい問題や疑問です。そして、Googleはその疑問や問題を解決出来る情報を掲載しているページを上位に表示できるようにアルゴリズムの改善に取り組んでいます。検索結果の上位に表示するためには、ユーザーの疑問や問題に対する具体的な解決策を記載する必要があります。

Googleのアルゴリズムがどう変わったとか、順位変動に敏感になるよりも、どんな順位変動があっても、一貫してユーザーにとって価値あるコンテンツの掲載を続けて行くことが、最も有効なSEO対策です。

無料サイト診断

コンテンツは広告と違ってどんどん積み上がります

広告は費用の支払いを停止すれば全ての効果が失われます

広告はコンバーションも一定のリピート顧客も何も保証してくれません

広告は、高いクリック単価を選択すれば、競合他社より上位に表示されて確実にアクセスを確保出来ます。短期的に効果を得たい場合にはリスティング広告に投資するのは良いことです。

しかし、広告をクリックして訪問してくれたユーザーがリピート顧客になってくれる保証は無く、一定のアクセスを維持するためには、広告の掲載を続けるしかありません。広告の掲載を止めてしまうと、とたんにアクセスが減少してしまいます。ECサイトにとって広告費の負担は非常に重いものになって来ていて、ECサイトを運営している企業が次第に疲弊するようになって来ました。

広告の掲載は、ECサイトの将来を保証してくれるものではなく、その時のアクセスだけが約束された結果で、コンバーションも一定のリピート顧客も何も保証してくれません。アクセスと引き換えに費用が発生するだけなのです。

コンテンツ

コンテンツはファンやリピート顧客をどんどん生み出します

コンテンツは制作コストはかかりますが、公開を継続するために掛る費用ばごく僅かです。そして、一つのコンテンツを公開することで、コンテンツに共感したり感動したりしたユーザーが、新たなコンテンツを求めて何度も訪問してくれるようになります。

企業側も、コンテンツをどんどん公開することで、新たな潜在顧客を獲得することが出来るようになります。一度作ったコンテンツは半永久的に顧客を獲得し続けてくれます。

広告は費用でしかありませんが、コンテンツはユーザーにとっても企業にとっても価値あるものとなり、コンテンツはサーバーの契約を終了しない限り残り続け、コンテンツの公開を継続して続けて行けば、コンテンツはどんどん積みあがり、多くのユーザーを獲得してくれるようになります。

コンテンツを公開するには、WEB担当者の強いエネルギーが必要ですが、コンテンツを公開してしまえば永久的にユーザーを獲得してくれるものなので、長期的な視野に立ってコンテンツを公開する体制を作って下さい。

無料サイト診断

コンテンツSEOとは?検索意図に対する回答の手順と効果を解説

コンテンツSEOについての「目次」

SEOに効果のある良質なコンテンツ

SEOで重要なことは、良質なコンテンツと自然発生リンクです

コンテンツSEOと言うことを言われてからかなりの時間が経過しましたが、Googleはユーザーの質問に対する明確な回答を掲載した良質なコンテンツを掲載しているページを上位に表示するように、常にアルゴリズムを改善しています。Googleを欺いたり、小手先のテクニックのような安易な方法で上位表示を目指すのでは無く、本当にユーザーにとって価値あるコンテンツを掲載して検索順位やアクセスの上昇を目指すものがコンテンツSEOです。

また、良質なコンテンツを読んだユーザーが自身のブログからリンクを設置されると、そのリンクも評価されてランキングが上昇します。Googleは「そのページへ向けて張られたリンクをそのページへの支持票とみなす」と言うのがあり、自然発生リンクはランキングに効果があります。

これまではブラックハットSEOで上位表示が出来た

ブラックハットSEO

これまで、SEO(検索エンジン最適化)は、キーワードを詰め込んでページのキーワードの出現比率を高めたり、IP分散したサーバーから外部リンクや、質の低いディレクトリなどのリンク集からリンクを送る手法のことでした。Googleのアルゴリズムの隙を突いて低品質なページでも検索順位を無理やり上げる行為が横行し、低品質なサイトがネット上に溢れるようになりました。そのため検索品質の低下を招き、SEOイコール検索エンジンを騙し、低品質なサイトを無理やり上位に表示するテクニックのように理解されるようになってしまいました。実際にGoogleの性能が今より劣っていた時代には、上記のような小手先の施策で上位に表示も出来ていたので、ユーザーのことは考えず、テクニックだけで検索順位を上げるサービスが主流になっていました。このようにブラックハットSEOの影響で、低品質なページが上位に表示されるような状況になり、SEO=低品質なページを無理やり上位に表示するものと多くの人が感じるようになってしまいました。

Googleがaiを導入する前までは、文章を理解できなかったので、ページに含めるキーワードの出現率やtitleやhタグへキーワードを記載したりするのが内部対策でした。

昔のSEOは大量の外部リンクを設置すること

昔は検索順位を上げる上で、何より効果があったのは、外部リンクを大量に設置することいっても過言ではありませんでした。この外部リンクの効果はとても大きく、外部リンクさえ設置されていれば、他にはタイトルにキーワードを含める以外は何もしなくても、低品質なページでもたやすく検索結果を上げることが可能で、このことがブラックハットSEOが広がるポイントで、これでWEBマーケティングが成立していました。

このような検索品質の低下はGoogleのビジネスモデルの崩壊につながる重大な事態なので、Googleも取り締まりを強化し、検索品質の向上に努めました。

SEOを行う上で、 「検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。」とウェブマスター向けガイドラインにも記載されているように、姑息な手段では無く、堂々と説明できる対策を行うことがSEOに取り組む基本姿勢だと思います。

外部リンクはSEOにとても大きな効果がありますが、効果があるのはあくまでも自然発生リンクです。使い方を間違えて、自作自演リンクや有料リンクなどを設置すると平均掲載順位が大きく下がり期待以下の成果しか生み出さないので、注意が必要です。

外部リンクが原因で検索順位が下がっている可能性が思い当たる場合は、Search consoleから最新のリンクをダウンロードして全てのリンクをチェックして、不自然なリンクを否認して、ペナルティを解消する必要があります。

RankBrain のaiでコンテンツを理解するようになった

ペンギンアップデート

しかし、ペンギンアップデートで不自然な外部リンクに対するペナルティが強化されるようになり、自動ペナルティで圏外に飛ばされるサイトが非常に多くなりました。2018年の1年間でも日本では、不自然リンクによるペナルティの件数は前年より増えているとの報告もありますが、外部リンクを販売するSEO業者は成果を上げることが出来なくなりました。さらに、Googleが RankBrain でaiを導入するようになって、Googleの機能が向上し、文章の内容を理解するようになると、ページに記載されているコンテンツを評価出来るようになって来たのです。

こうなると、小手先のテクニックは通用しなくなり、ブラックハットSEO業者を利用すると、検索順位を上げることは勿論、サイトに大きなダメージを受けるようになりました。本当にユーザーにとって価値ある記事を掲載しているサイトが評価されるようになったので、良質なコンテンツを掲載することがSEOで重視されるようにになって来て、コンテンツSEOと言われるようになったのです。

検索窓に入れられるキーワードはユーザーの疑問や現在抱えている問題です。この疑問や問題に対する解答となる良質なコンテンツを掲載して、SEOの効果になるようにするのが、コンテンツSEOの施策です。WEBマーケティングとしても質の高いコンテンツはとても重要なものになったのです。

キーワード

コンテンツを直訳すると「中身」ですが、Googleの言うコンテンツの定義自体は明確に定められていません。

コンテンツSEOを始める手順は、まずターゲットキーワードを活用して選定します。ターゲットキーワードを選定する場合は、キーワードプランナーで月間検索ボリュームを調査し、ある程度の検索されているキーワードを選びます。そして、常に狙ったキーワードで、ユーザーの検索意図を考えるようにしましょう。キーワードでユーザーが求めている回答は何かを考えることです。そして、ユーザーの質問の意味を理解し、求めている情報を把握して、質問に対する回答を出来る限り詳しく徹底的にこだわり解説したり、事例を含めて解説し発信することで、Googleからの評価が高まります。ユーザーに対して詳しく具体的な回答を掲載しようとすると、コンテンツの文字数は500文字程度では済まなくなります。Googleからある程度評価されるコンテンツにするためには2000文字以上は必要と言われています。文字数は多い方がSEO対策に有利になりやすく、上位表示の可能性は高くなります。数は力です。コンテンツは十分な文字数になるようにしましょう。

ユーザーが求めている情報は出来る限り詳しく記載する

ユーザーは長文を読まないと考えている方もいますが、ユーザーにとって興味の無い情報であるコマーシャルはキャッチコピーのような短い言葉で、ユーザーに印象付ける必要があり、長文は拒否されますが、ユーザー自身が能動的に情報を求めて検索窓にキーワードを入れて、疑問や問題を解決したいと思っているユーザーは、疑問を解決できる、可能な限り詳しい情報を求めており、長文でも良質なコンテンツであれば最後まで読みます。ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツであれば長文でも十分に読まれると言う側面があります。

GoogleのSearch consoleヘルプの「検索エンジン用にサイトを最適化する」の中でも、わかりやすい説明を記載することや、完全な情報を提供することや、テキストを使用することなどが作り方のポイントです。

また、ターゲットキーワードと当時に使用される共起語をページに使用することも重要です。共起語検索ツールなどでリサーチすることが可能です。共起語ツールで解析された上位サイトで共通して使われているキーワードを、コンテンツに含めると効果的です。ただし、共起語を全て網羅すると過剰SEOと判断されて、順位が下がることがあるので、適正な量にとどめて共起語を含むようにしてライティングするようにしましょう。共起語と共に記載したら良いキーワードはサジェストキーワードです。サジェストキーワードはあるキーワードで検索すると、関連したキーワードが検索窓の下に表示されるキーワードです。このキーワードは、検索窓に入れたキーワードと共に絞り込み検索で使われるキーワードなので、含めることが出来るキーワードは含めるようにしましょう。

疑問

ユーザーの質問に対する回答は、それぞれの企業によって、強みが違うので、それぞれの企業によって違う回答になるはずです。自社で提供できるユーザーに対する回答を掲載することを強くおすすめします。

安易に上位に表示されている競合サイトを分析して、同様のコンテンツを記載しても、類似コンテンツや重複コンテンツは上位に表示されませんので、あくまでもオリジナルのコンテンツをユーザーに届けるようにしましょう。良質なコンテンツは社内にあります。競合他社との違いを明確に打ち出しましょう。

コンテンツの書き方として注意することは、あくまでもユーザーの疑問に回答することに最重点を置くことで、Googleから評価されることに意識を向けないことです。キーワードに関連性の高いコンテンツをユーザーに向けて記載することがポイントです。

チコちゃんに叱られるの「何で?」でコンテンツを見つけ出す

自社独自のコンテンツを見つけ出すには、NHKの「チコちゃんに叱られる」がとても参考になります。チコちゃんの「何で?」を会社の中で行っていることに質問してみると、コンテンツのネタが見つかります。普段、当たり前に行っていることに「何で〇〇なの?」と質問してみると、業界では当たり前でも、ライバルが公開していないコンテンツや、自社独自の他社と差別化できるユーザーの不便を解決できることかも知れません。

このような視点で「何で〇〇なの?」と質問してみると、社内で行っている全てのことがコンテンツになりうるものかも知れません。常に「何で?」と気にしながら社内を見ているとコンテンツの材料が見つけやすくなります。社内で行っているコンテンツは専門用語には解説を含めて一般のユーザーにもわかるように、例なども併記して、高い専門性や豊富な経験を記載しましょう。

コンテンツが見つかったら、h1やh2などの見出しタグにはキーワードを含めて設定することも重要です。

そして、ホームページ制作会社が制作した後に、サイト全体を良質なコンテンツに作り込むことで、サイト全体の価値が高まりSEOに有利に働くようになります。ユーザーがページを訪問しコンテンツを読み「これこそ求めていたコンテンツだ!」と思うような、ユーザーが興味を持つ質の高いコンテンツが書けるようになると、検索順位を上げる強い効果が出て来ます。

ユーザーの疑問に対する回答を記載する

事実やデータを掲載することはまず最初にしなければいけないことです。事実とは、スペックや法律の条文などです。事実を掲載したら、次にユーザーが実際にどんな問題に直面しているのか想像します。

例えば、相続の問題で、代襲相続で検索しているユーザーは、代襲相続の相続人かも知れません。この人は、本来の相続人である親の兄弟が、代襲相続人である自分の権利を不当に低く評価するような主張をしてくるかもしれないと心配して検索しているかも知れません。また、本来の相続人の妻が、住み慣れた家を手放して、出て行かないといけないと感じて悩んでいるかも知れません。

このように、実際にユーザーが悩んでいるであろう問題に対する回答を記載することで、ユーザーの問題解決になったり、解決のヒントになり、回答を記載しているホームページの運営者に対して、高い専門性を確認できて、相談してみようと思うのです。

さらに実際に経験した事例などを掲載すると、さらに経験豊富な専門家であることをユーザーに伝えることが出来ます。

ユーザーファーストでコンテンツを追加して行けば、サイトテーマもどんどん強化されて、サイトテーマに関連した色んなキーワードで検索上位に表示出来るようになります。企業側が発信したい情報では無く、ユーザーが何を求めているのか、どんな疑問や問題があるのかを考え、常に公開しているコンテンツをチェックしていただくことが重要です。

会社概要やお問合せページを除く全てのページが良質なコンテンツにならなければ、1位とは言わなくても上位は獲得できないと言う気概で良質なコンテンツの掲載を続けて下さい。サイトにあるほとんどのページで多様なキーワードで良質なコンテンツを掲載して多様なキーワードで集客できるように戦略を持ってコンテンツマーケティングを行うようにして下さい。コンテンツの掲載を続けても順位が下がるような場合は、コンテンツの質が悪いと判断出来ます。

戦略的にコンテンツSEOを行うためには、自社で作れそうなコンテンツをブレーンストーミングで制限なく出して、そのキーワードをキーワードプランナーで調べて検索ボリュームを確認して、ホームページに記載すべきコンテンツの一覧を作って、検索ボリュームの少ないキーワードから順にコンテンツを作成して行くことです。

ロングテールキーワードから確実に成果を作り出す

検索ボリュームの小さいコンテンツから順にコンテンツを作成するのは、検索ボリュームが小さいロングテールキーワードの方が検索結果の上位に表示しやすく、コンテンツを記載した効果の確認が早く出来、アクセスを集めることが出来るので、初期の段階で小さな成功事例が出来ると、モチベーションを維持しながら、スピード感を持って次のコンテンツの作成に移って行けるからです。検索ボリュームの小さいキーワードからコンテンツSEOの実施を設計して行くと継続してコンテンツの作成が可能になると思います。

ロングテールキーワードで確実に上位に表示できるようになったら、徐々に検索ボリュームの大きいキーワードを狙うようにして行きます。

順位が下がる場合は、掲載しているコンテンツがユーザーの質問の回答になっているかを再度検討しましょう。ユーザーの検索意図に沿った回答を中心に書けば必ず評価されるはずです。ユーザーが検索キーワードを入れている時にはどんな気持ちなのかを推し量って、ユーザーの気持ちに応えるコンテンツを記載しましょう。

WEBデザインに偏ったテキストの少ししか書かれていないページはGoogleからもユーザーからも評価されないと理解しましょう。

コンテンツSEOはユーザーファーストの情報発信に徹すること

ユーザー

Googleは創業以来、ユーザーファーストに徹して来ました。これは検索順位を決定するアルゴリズムにも適用されていて、企業側の都合の良い情報を一方的に売り込むコマーシャルでは上位に表示出来なくなりました。

ユーザーの疑問や抱えている問題を解決できる情報を企業の持っている知識を全てつぎ込んで掲載することで、プロとしての高い専門性をユーザーに伝えることが出来、そのコンテンツを読んだユーザーはそのサイトのファンになってくれます。コンテンツを掲載することが、すぐに商品が売れるとは期待できず、すぐに売上げに繋がらないかも知れませんが、ファンになってくれたユーザーが増えると、長期的に売上げアップに繋がります。

ユーザーから評価されるコンテンツを掲載することが、Googleからも高く評価されることになりWEBマーケティングにも有利になります。ユーザーファーストはGoogleが一貫して行っていますが、私たちもユーザーファーストの視点を持ってサイトを改善することが確実に成果を出し、検索流入を増やすアクセスアップの基本でもありコツでもあります。

コンテンツSEOは、Googleのことを考えるよりも、ユーザーのことを考えることを優先して実施することが重要です。Googleから評価されるコンテンツを作ろうと考えると、過去のSEOのテクニックのような情報が頭をかすめ、キーワードの出現率など、余計なことを考えて不自然なコンテンツを作成してしまうことになりがちです。

ユーザーが求める情報は何なのか?ユーザーに喜んでもらえる情報が何なのかなど、ユーザーが知りたいを最優先に考慮してコンテンツを書くことが、結果的にSEOに繋がると言う視点に立つことが大切です。Googleを向いてページを作成するのでは無く、ユーザー向けのコンテンツの作成をしようとする意識が重要です。検索順位を上げるのは、テクニックでは無く、ユーザーファーストのコンテンツです

企業が発信したい情報とユーザーが知りたい情報には大きな違いがあることが多くあります。

Googleは基本的には、テキストの内容を評価してランキングに反映しています。画像や動画の内容までは判断しませんが、ページに全く画像が無いと評価されなかったり、動画などのメディアを掲載すると評価が高まったりもします。いずれも、ユーザーに分かりやすく具体的に説明するための最善の方法を選んで掲載するようにしましょう。デザインやユーザビリティなども、あくまでユーザーの立場になって作成するようにしましょう。

成功事例を掛け算する

コンテンツの作成で一つの成功事例が出来れば、同じような目線で、ユーザーの疑問に回答するコンテンツを作り続ける仕組みを確立して、検索順位を上げ、安定したアクセスをどんどん増やして行くことができるようになります。

企業が行っていることは全てコンテンツに出来る可能性があります。例えば、商品の仕分け作業の中に、主婦が行う家事の中の問題を解決できるヒントがあったりもします。企業の中で行っていることに目を向けて、コンテンツに出来ないか考えましょう。

すでに公開しているコンテンツにさらに情報を追加して、良質なコンテンツになるようリライトするのは、効果があります。リライトする際には、共起語も含めるようにしたり、上位のページが使用している単語を含めるようにして更新作業を行い、コンテンツの質を上げることを意識しながらコンテンツを作ると、よりSEO対策に効果的で、上位表示しやすくなり、検索流入を増加させることが出来、webマーケティングを成功に導くことが出来ます。共起語をほとんど含まないページはtitleで記載されているキーワードと関連が低いページと判断される場合があります。

サイトにある全てのページをユーザーの質問や疑問にたいしての解決策として提案できるコンテンツになるように社内でユーザーに提示できるコンテンツを挙げ、サイトの改善のプランニングをして、リライトして下さい。

サーチ・コンソールのカバレッジの除外の中の「クロール済み-インデックス未登録」に大量のページが記載されていたら、Googlebotがクロールしたけれど、インデックスする価値が無いページが大量にあると言うことです。この状態を放置すると、サイト全体が低品質と判断されて、サイト全体のランキングが大きく下がりますので、注意が必要です。

コンテンツの効果は長期間維持できます

コンテンツ

リスティング広告などの集客を獲得するには、常にお金を払い続けないといけません。お金の支払を止めた途端に、集客はストップしてしまいます。リスティング広告での集客は、とても大きなコストがかかり、ビジネスには大きな負担になることを理解しておきましょう。また、小手先のブラックハットSEOは効果が一時的で、Googleに見破られると一旦上げることが出来た順位が圏外に飛ばされたりして、とてもリスクが高い対策ですが、コンテンツSEOは一度良質なコンテンツを掲載できれば、安定した検索順位を得ることが出来、長期間ユーザーを獲得することが可能になります。

コンテンツが評価されて検索順位が上がるまでには時間も必要ですし、労力もかなり要します。コンテンツは一度で良質なものにするのは難しく、段階を踏んでリライトを繰り返して、良質なコンテンツを作る必要があります。しかし、一度作ったコンテンツは広告の効果のように支払いを止めると無くなるものでは無く、掲載している限り効果は長く継続出来るので、質の高いコンテンツを作成することに注力することは、とても有効な集客対策になりWEBサイトが長期間、優良顧客を獲得してくれるメリットがあります。コンテンツSEOは長期的に見るとコストの安いSEO手法と言えます。良質なコンテンツを積み上げることで、長期間顧客の獲得を継続維持出来るコンテンツSEOをマーケティング手法としておすすめする理由です。

企業内のWEB担当者にも、良質なコンテンツが掲載できるように、情報を教えたり、コンテンツについて聞かれたら、一緒になって考えたり、また、十分にコンテンツを試行錯誤し、実践する時間を与えるように支援して下さい。

アルゴリズム

ただし、Googleのアルゴリズムは常に変化しており、ユーザーに対して、適切なページを上位に表示出来るように改善を続けています。Googleがランキングを決定するアルゴリズムの要素は200種類以上あると言われており、とても複雑です。アルゴリズムが変化していると言うことは、現在、上位に表示されているページも、長い期間運用を続けていると、少しずつ評価が変わって順位が落ちることがあるので注意が必要です。

この場合はGoogleが評価するコンテンツになるように、ユーザーにとって有益な情報を追記して、リライトする必要があります。リライトする時に、上位に表示されているページを参考にすることは良くあることですが、単純なコピーコンテンツを作成してしまうと、全く上位に表示されなくなります。上位に表示されているページとは、企業としての強みも違うはずなので、企業としての個性を前面に出した競合とは違う、充実したオリジナルのコンテンツを掲載するようにしましょう。

企業側が発信したい情報では無く、ユーザーが検索窓に入れているキーワードは質問や疑問です。この疑問や質問に対する回答をユーザーの立場に立ってコンテンツを記載する上で基礎となる重要なことです。企業側の都合よりも、ユーザーにとってメリットがある情報が重要です。

良質なコンテンツは長期的にファンを作りブランディングにも役立ちます。良質なコンテンツに納得したユーザーはサイトの名前を憶えてくれて、何度も訪れて多くのコンテンツに触れると、サイトを運営している人に対するリスペクトとなった最終的には、その信頼できるサイト運営者から商品やサービスを購入しようと思います。

良質なコンテンツは自然発生リンクを生みます

ユーザーが読んで、納得できるコンテンツを掲載すると、コンテンツを見たユーザーが自身のブログで紹介する形で、リンクを設置してくれることがあります。良質な自然発生リンクはページランクアルゴリズムとして、ページの評価を高めてくれます。

ただ、良質なコンテンツを掲載すれば、すぐにリンクが獲得できて、Googleからの評価が高まると言うほど簡単ではありません。むしろ、リンクの獲得はとても難しいもので、難しいから、ブラックハットSEO業者を利用する人がいるのです。自然発生リンクをもらうくらいまでコンテンツの質が高まれば、次第にリンクが増えて、サイトの評価は確固としたものとなります。

良質でユーザーの役に立つコンテンツを長期間、継続的に掲載を続けていれば、少しずつですが、ユーザーから注目されて、ランキングに重要性が高い自然発生リンクを得られるようになります。最初は少なくても、自然発生リンクが得られるとGoogleからしっかりとした評価をもらえるので、上位表示が容易になります。

さらに自然に発生する、よいリンクを多く獲得出来るようになると多様なキーワードで上位表示出来るようになり、爆発的なアクセスを稼げるようになります。そして、競合がネガティブSEOを仕掛けて、不自然なリンクが張られてもビクともしない強いサイトになって行きます。

コンテンツSEOについてのまとめ

Googleの性能が向上する以前は、量産した低品質な外部サイトから大量のリンクを設置することで、簡単に上位表示が可能な側面がありました。大量に外部リンクを受けるとサイト全てのページの価値が高まって、色んなキーワードで上位表示が可能でした。しかし、ペンギンアップデートで不自然な被リンクに次々にペナルティを課しました。それによってブラックハットSEO会社は壊滅的なダメージを受け、さらにGoogleが RankBrain の導入でaiを搭載したことで、文章を理解するようになり、ページに記載しているコンテンツが重視されるようになりました。コンテンツを記載せずにGoogleからの集客を期待するのは困難だといっても言い過ぎではありません。

ユーザーが検索窓に入れるキーワードは、ユーザーが抱えている疑問や質問です。Googleはその質問や疑問や課題に対して、ユーザーに役立つ詳しい回答を掲載しているページを上位に表示するようになりました。良質なコンテンツを掲載して、ユーザーの疑問に対応することで、検索順位を上げるのを目指すのがコンテンツSEOです。

ユーザーが検索窓に入れる疑問や質問は同じキーワードだから同じ質問とは限りません。一つのキーワードでも違う回答を探していることもあるので、一つのコンテンツで全てのお客様が満足する回答になるとは限りません。ユーザーの疑問の色んな側面を考えて複数のコンテンツを用意しておくのが有効です。

ホームページは経営者の意向で、スタイリッシュなデザインのテキストの少ないものに、ついなりがちですが、経営者がホームページで企業イメージを高めたいと思っていることと、ユーザーがホームページに求めている事は根本的に違うのです。デザインだけで訪問者を満足さられると思っているとすれば、それは大きな間違いと言えるでしょう。

企業の自己満足では無く、ユーザーの疑問や問題を解決できる、ユーザーにとって価値あるコンテンツやユーザビリティも含めたwebデザインにしましょう。

1つのコンテンツで満足せず、良質なコンテンツの掲載を継続して行うことがSEOに有効です。ブログなどで、幅広いキーワードで多くの種類のコンテンツを増やすことを定期的に継続し、サイトの規模を段階的に大きくして、競合と比較して良質なコンテンツが大量に掲載されているサイトに育てることがサイト全体の評価を高め、検索順位を上げる可能性を高めることに有効です。Googleにインデックスされているコンテンツが多いサイトは、多様なキーワードでGoogleの検索結果にヒットし、予想もしないキーワードでの流入が期待できるメリットがあります。

これからコンテンツSEOを実行する場合は、事前にユーザーの疑問や質問などの悩みを深く理解して、専門用語もユーザーに分かりやすく記載して、適切な回答を具体的に詳しく掲載することで、企業側が理解できる内容では無く、ユーザーが分かる内容を掲載して、競合他社を圧倒的に超える質と量を記載して、ユーザーのニーズや期待に応えることを徹底して、良質なコンテンツを大量に抱えているサイトに育てて、長い期間検索上位を維持できて、コンバージョンも獲得できるサイトにして事業の重要な柱になるホームページを目指して下さい。

簡易的なコンテンツSEOツールもあります。

ezorisu-seo.jp

ko-hyo-ka.com

上記のツールなら無料で、コンテンツに含めるキーワードやページの現状を表示してくれるので、コンテンツSEOの参考にするのも良いでしょう。あくまでも簡易ツールなので、全ての条件を網羅している訳ではありませんが、初心者が、コンテンツSEOを始めて、あまり成果が上げることができないない場合は、このようなツールを使ってコンテンツを書いてみるのもひとつのやり方でしょう。

無料SEOサイト診断

Googleのランキングを操作する目的でSEO施策を行ってはいけない

SEOはユーザーが主役

SEOは検索エンジンの表示順位を上げるものですが、この施策はあくまでもユーザーのために行ったことがGoogleから評価されて、結果的に検索順位が上昇するもので、ランキングを操作する目的で行われるSEO施策はペナルティになる可能性がとても高いです。

ランキング

ランキングの操作で最も多いのは不自然な外部リンク

Googleはページランクアルゴリズムで外部リンクをランキングの評価に含めていますが、評価されるのは自然発生リンクのみで、ランキングを操作かる目的で設置された低品質なページからのリンクは、評価されないどころかペナルティを受ける恐れがあります。

低品質なページを大量に作って大量のリンクを獲得すると、短期間には検索順位を上げることが出来ますが、長期的には悪影響しかありません。

このリンク元になる低品質なページはネット上に存在する価値も無く、ゴミのようなページばかりです。

また、このような行為でランキングを操作しようとするのは、検索エンジンの公益性を害する行為なので、自分のサイトの検索順位を上げたいと思う気持ちは分かりますが、絶対に自制して欲しいものです。

キーワードを詰め込んでランキングを操作する

日本語として不自然なほどに、キーワードを詰め込んでランキングを操作しようとする行為は、Googleの性能が低かった時代には効果がありましたが、現在のGoogleは文章を理解しているので、キーワードの比率を高めてもSEOの効果は全くありません。

人間が読んでも不自然な文章を記載することは、訪問したユーザーにも失礼な行為で、ユーザー本位でサイト運営していれば、絶対に行わないことです。

テキストを隠してランキングを操作する

これもGoogleの性能が低かった時代に、キーワードの比率を高めるために、文章に記載するキーワードの他に、背景と同じ色でキーワードを記載したり、CSSでブラウザの外にテキストを移動しキーワードの出現率を高めてランキングを操作しようとするものです。

この行為は、ユーザーにとって迷惑な行為ではありませんが、検索エンジンが無ければ行わない行為で、ユーザーのことを考えてサイト運営していれば、行われない行為です。

どんなに強烈な個性の芸能人でも必ずファンはいます

キモい芸人にもファンはいます

嫌いと思う人がいても、少数の強いファンがいれば差別化です

昔の芸能人はほとんどが美男美女でしたが、今ではとても多様化して、気持ち悪いと思うような芸人も出てくるようになりました。これは、他人と同じように個性を表現して、上位から5番目の芸能人になるよりも、同じ個性の芸能人がいない分野で1番になることを目指しているのです。

企業も同様で、大企業と同じような製品を作って、性能も品質も劣る商品を販売しても、売れることはありません。他社には無い技術やサービスで他社の商品との違いをアピールすることで、ファンを作ることが出来ます。そして、そのファンは中小企業の場合、ユーザーのほとんどをファンにする必要は無く、ごく一部の人がファンになってくれれば、十分に経営は成り立ちます。

ファン

ホームページも同じで、日本国民のほとんどをファンにしようとすると、誰にでも受け入れてもらえる情報発信をしようとしてしまい、アンチは出来ないけれど、強いファンも生まれないホームページになってしまいます。

中小企業のホームページは、ごく一部の人がファンになってくれれば良いと割り切って、強い個性を表出するホームページにしましょう。他社が公開している情報を真似て、同様の情報を出して満足してはいけません。

それは自社のホームページが同業他社のホームページに埋もれてしまうことを指します。

他社が出していない情報をあえて公開するようにしましょう。強い個性のホームページで特定の分野でキラッと光る情報を発信しているホームページを目指しましょう。

他社と同質で埋もれてしまうホームページでは、公開する意味がありません。ホームページが営業ツールである以上、狭いカテゴリで一番になる情報発信をして、ごく一部の人がファンなってくれる情報発信を心がけましょう。

無料サイト診断

キーワード選定を間違えるとコンバージョンに繋がりません

ターゲットユーザーのキーワードを厳密に選定する

ビッグキーワードを狙う必要はありません

SEO対策で重要なことはターゲットユーザーが検索するキーワードをしっかりと見極めて選定することです。ターゲットと合わないキーワードを選定してしまうと、アクセスを獲得できても、コンバージョンはとても低くなってしまいます。

また、多くのアクセスを集めようとビッグキーワードを選定すると、ユーザーが強いニーズを持って来店するわけでは無いので、これもコンバージョンが低くなります。ビッグキーワードでSEO対策を行うのは、労力もかなり必要なので、労力の割には成果が上がらないことになります。

SEO対策は1ページ1キーワードが基本ですので、ユーザーのニーズが強いロングテールキーワードを複数集めて、1キーワードで集客できる数は少なくても、複数のキーワードで多くのアクセスを集めるようにすることが効果的です。

ロングテールキーワードを選定すると、競合も少なく、SEO対策の効果はすぐに表れます。あまり労力を掛けずに効果が出て、しかも濃厚なユーザーを獲得できるので、検索数が少ないキーワードを複数選定するのが最も良い方法です。

ユーザーは疑問や問題を解決したいと思って検索します。解決したいと思う問題が具体的で明確な程、複合キーワードでどんどん絞り込んだキーワードで検索します。そのようなユーザーのニーズはとても強く、直面している問題も切実なものです。その切実なキーワードで、解決策となるコンテンツを掲載していると、そのコンテンツに辿り着いたユーザーは、解決策に感謝の気持ちを持つようになります。

キーワード

企業のロケーションや技術により最適なキーワードを選定する

企業が持っている強みの技術を求めているユーザーが検索するキーワードをターゲットキーワードにすることが、濃厚でコンバージョンの高いユーザーを獲得することになります。

それは、技術そのものがキーワードの場合もありますが、技術が生み出す製品の「呼称」かもしれません。

ロングテールキーワードはユーザーの疑問や問題を解決できる情報を求めています。その技術や商品を開発する背景にあった考えや発想で、ユーザーが探し求めているものなので、キーワードにピッタリのホームページがヒットするだけで、ユーザーは嬉しく感じます。そのユーザーがホームページに訪れると、コンバージョンに繋がる確率はとても高く、優良顧客になります。

無料サイト診断