無料SEOサイト診断

このページに記載されている「目次」

サイト診断しなと分からない自サイトの状態

サイト診断

webサイトを運営している会社は、その商品やサービスの専門家なので、商品やサービスに対する知識が豊富です。 ウェブサイトを運営している人は、自社のホームページを読んでも、基礎知識があるので、掲載されている情報で十分に理解できると思いますが、商品知識の無い一般のユーザーにとっては、書かれている記事が何を説明しているのか理解できないことも多くあります。業界の内部の人にとっては常識のことでも、一般のお客様には分からないことばかりなのです。しかし、サイトに不足している情報について教えてくれる人はいません。そのため、運営しているwebサイトがSEO対策上、どの位置に置かれているかをチェックし分析することはとても重要です。

Googleは「検索エンジン用にサイトを最適化する」の中で、完全な情報を提供する: 必要事項をすべて記載してください。Google では、ページ内容を推測することはできません。と記載しています。素人が読んでも理解できる完全な情報が記載されていないと、コンテンツSEOが十分では無く、Googleでの検索順位の上位表示は出来ません。Googleはもちろん業界の専門家ではありません。Googleにページの内部を理解してもらうためには、素人でも理解できるような内容にする必要があります。自分では十分な情報が記載されていると思っているwebページでも、仕事のことをあまり知らない友人などにも読んでもらってチェックすることをおすすめします。意外なことで意味が通じないことが多くあります。WEBマーケティングの上でも、顧客の立場に立った検索意図に合ったコンテンツの掲載を続けていれば、Google検索の順位を上げることが出来ます。

ホームページのアクセスが少ないことは分かっていても、webサイトのどこから改善に手を付けて良いのかわからないなど、ご自身で判断や分析が出来ない方も多いのではないかと思います。

また、Yahoo!もYahoo!用にカスタマイズはされていますが、基本的にはGoogleと同じものです。Googleで評価されるコンテンツを作ることが出来れば、yahooでも検索順位が上位に表示されるようになります。 コンテンツはbingでも評価していますので、良質なコンテンツを掲載すれば、bingでも検索順位を上位に表示することが出来ます。

自社のビジネスにコアコンピタンスを持っていても、それが新しい技術であることの記載のみでユーザーの抱える問題をどのように解決できるのか記載されていないホームページもあります。技術の新規性があっても、その独自の技術がユーザーにとって有益であることが記載されていなければ、ユーザーは問い合わせや注文などのアクションは起こしません。

プロでないと分からない情報しか記載されていないと、Googleがインデックスしても、webページの評価の段階で、記載内容が理解できないので、当然、Googleの検索順位が上位になることはどれだけ時を重ねても無いので、新規の顧客を獲得することは出来ません。

このような経営側の自己満足になっているサイトも多いことを知る必要があります。自己満足のサイトを運営しているサイトオーナーに限って、良質なコンテンツを公開しているのに、Googleが適正な評価をしてくれていないと思っています。

Googleが検索順位を決定するアルゴリズムは200種類以上あり、Googleの社員でもなぜその順位なのか説明できないくらい複雑になっていますが、Googleが検索順位を決定する大きな要素は、自然発生リンクと良質なコンテンツです。

ホームページ制作会社に依頼してサイト構築を行うに際して、自社の商品やサービスに対するユーザーの疑問や質問について十分に考えてコンテンツを記載している企業がどれほどあるでしょうか?

多くの企業が、企業イメージを高めることを中心に考えて、アクセスするユーザーがどんな情報を求めているのかあまり考えられていないのではないでしょうか?

画像で埋め尽くされたページは評価されません

スタイリッシュなホームページにしたいという気持ちは分かりますが、スタイリッシュなホームページはデザイン優先で、企業イメージを伝えることは出来ますが、ユーザーの疑問や質問に対する具体的な回答は記載されないので、Googleからは評価されませんし、ユーザーを獲得することも出来ません。

そもそも現在の時点では、Googleは画像を評価しません。どんなに美しい画像でも、Googleの検索順位を上げることはできないのです。Googleから評価されるホームページにするには、テキストが必要です。そして、設定したターゲットキーワードがある程度の出現率でないと狙っているキーワードで検索順位の上位に表示することはできません。

画像だけで制作されたページはGoogleの検索結果には表示されません。画像はコンテンツを補完するものとしての使い方であれば評価されます。

外部リンクもチェックします

外部リンクはGoogleのランキングに大きく影響します。Googleはウェブページの重要度を決定するアルゴリズムとして、ページランク理論を採用しています。これは、「注目に値する重要なウェブページはたくさんのページからリンクされる」と考えるものです。

良質な外部リンクが多く張られているページはGoogleのランキングに大きなプラスになりますが、リンクプログラムに該当するリンクが多数設置されていると、Googleからペナルティを受けて、検索順位が大きく落ちるか、圏外に飛ばされるか、ひどい場合にはGoogleのデータベースから削除されます。Googleからペナルティを受けると、ホームページは期待以下の結果しか生み出しません。自然発生リンクはwebサイトの評価に大きくプラスに働きますが、不自然なリンクはとても危険で、webサイトに大きな悪影響を及ぼします。

このように良くも悪くも作用するリンクがどのようになっているのかも含めてSEO調査し、スパムスコアも分析・チェックしレポートします。

本来の外部リンクはwebサイトのコンテンツを読んだユーザーが自分のサイトで記載したコンテンツの出典や補足情報を紹介する目的で設置するものです。このような設置されたリンクに必然性が無いリンクは疑わしいリンクで、リンクプログラムに違反するリンクの導入はおすすめしません。

Googleに評価されるサイト

Googleのガイドライン違反もチェックいたします

企業のサイトだけに限らず、個人のブログなども診断実施いたします。数多くのサイトの検索順位を改善したりコンサルティングをしてきたノウハウを活用して、Googleでの検索順位の上昇など明らかな成果の上がるチェックを無料で行います。webサイト内のことは特に重点的にチェックし分析します。

webサイトは運営者の自己満足ではなく、ユーザーにとって価値ある情報を丁寧に掲載する必要があります。また、掲載されているコンテンツは競合サイトよりも丁寧で詳しい情報を記載することが内部対策の上で大切です

通常、ホームページ制作会社は、受注した企業から提供されるコンテンツをそのまま掲載するだけです。どんなユーザー向けのコンテンツで、どんな情報が不足しているかなどはチェックしませんし、Googleの検索結果で順位を上位に表示できる方法の提案などもまずしません。なので、ユーザーにとっては理解しにくい情報のまま公開されているwebサイトも多いです。
webサイトの現状を正しく把握出来ないと、次にどんな手を打って良いのか分かりません。闇雲に素人考えでいろんなことをすると、Googleのガイドライン違反を知らず知らずのうちに犯していることもあります。アクセスアップに繋がるだろうとリンク集などに登録すると逆効果になり、Googleからペナルティを受けることもあります。Googleからペナルティを受けてしまうと、順位が大きく落ちてアクセスが激減したり、メインキーワードでも検索結果に表示されたり消えたりと乱高下し、順位が不安定になります。一度Googleからペナルティを受けると解除されるのにかなりの時間を要することが多く、長期間検索順位が下位に下がったままとなり、サイト運営にも大きなダメージになりますので、早めのチェックをおすすめします。

SEOに関するサイト診断をツールによるチェックだけでは無く、専門家として、内部、外部共丁寧に確認、チェックしてSEOの状況のレポートを作成いたします。
WEB上にある上位サイトと比較して、不足しているキーワードやタグなど複数の項目に渡って内部の診断を行い、Googleの検索順位を上げる手助けをするものです。今後のサイト運営に必ず役立つ重要なポイントのチェックを無料で提供いたします。

Googleはユーザーファーストを提唱しています。Googleのaiより劣るツールによるサイト診断だけでは、サイトの本当の問題は抽出出来ません。ネット上に公開されている診断ツールを使った診断で得られる診断結果は、サイトの問題点のごく一部だけを指摘するツールです。Googleのai以上の人間の目でサイトの内容を確認して、ユーザーファーストのWEBサイトになっているのかどうかチェックして情報提供が必要と考えます。

分析

ホームページに求める機能

ホームページを持つことで企業が期待する機能は、企業の知名度を上げる。実店舗へ集客する。ホームページで商品やサービスを販売するなどです。これらの機能を実現するためには、Googleの検索順位を上げアクセスを向上させることが最も効果的な対策です。

ところが、検索順位を上位に表示するための内部対策や外部対策に大きな問題があるまま運用されている例が多くあって、 Googleで検索順位を上げることが出来ないために期待した成果が達成できないホームページも多くあります。これらの問題を分析し指摘する診断及びチェックいたします。

無料サイト診断の内容

無料サイト診断で調べる内容は、診断対象ドメインのtitle、h1や、初心者には分かり難い、Googleのガイドライン違反の有無など基本的なチェックに加え、通信を暗号化し、盗聴などを防ぎ、ユーザーの安全を守るSSL化が有効か、スマホ対応が十分か、PC版のページとモバイルページが同じか、サイトの表示スピードなどのデータを取得し、Googleにインデックスされているページ数や対象ページの文字数が競合に比較して少なくないかや、関連キーワードの使用率等。文章がユーザーの疑問や問題の解決になっているか、企業の持っているコアコンピタンスがユーザーに伝わるようにコンテンツが記載されているか、Googleの最新のアルゴリズムで、ターゲットキーワードに対して、テキストの中に不足しているキーワードが無いかなど各種内部対策の状況をあわせて詳しく解析し、診断内容を提案いたします。狙っているワードで検索意図に合ったコンテンツになっているかも診断いたします。検索意図に合った、ユーザーが抱えている疑問や質問の回答が記載されているかもチェックします。ユーザーにとって分かりやすい記載になっているかもチェックします。良質なコンテンツが掲載されていると、Googleから高い評価を受けることが出来ます。またGoogleからペナルティを受ける要因として最も可能性が高く、特に自動ペナルティの場合はGoogleから通知が届かないので、大きな順位の低下の理由が分からない方も多く、注意が必要な外部リンクに不自然なリンクが無いかも合わせて項目ごとに全体をチェックいたしますので、さまざまな角度からチェックした診断内容を総合的に判断し、活用して、ランキング上位を目指して対応ください。

Googleのウェブマスター向けガイドライン違反の修正以外で、SEO対策として行うことは、ユーザーの疑問や質問に対する回答を記載すると言う、とてもシンプルなことです。シンプルなことを突き詰めていくことを継続して行くことです。

コンテンツについては、これまで蓄積した豊富な経営の経験から改善箇所をお知らせします。単なるSEOオタクからは得られない情報を提供いたします。

電話や問い合わせがほとんど無いとか、狙っているキーワードでGoogleの検索順位の上位に表示出来ない。サイトリニューアルを考えているけど、今のサイトの問題点は何なのか分からない。参考書などを見て自分なりに頑張りましたが限界です…。など、悩みは様々だと思います。対策キーワードでGoogleの順位が何位なのかなどもお知らせいただければ詳細に分析出来ます。

以前はGoogleの1ページ目に記載されていたキーワードが圏外に落ちてしまったとご相談を受けることも良くありますが、多少の順位変動は毎日起こりますが、このように大きく順位が下落するのは、ほとんどの場合、知らず知らずに重大なGoogleのガイドライン違反をしていることが多いです。
ウェブマスターが原因を理解出来ず、順位が大きく落ちている原因で圧倒的に多いのが、不自然な外部リンクによる自動ペナルティです。

過去にどのように施策を行ったかなどの履歴が分かる資料があれば、Googleからのアクセスが減少している原因や検索順位下落の原因の特定がしやすいです。

サイト診断で実際に改善した結果

改善したSEOの結果

恐らく重複コンテンツでほとんど検索結果に表示されない状態になり困っている者です。
お忙しいところ恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。

との相談で、サーチコンソールのデータも共有させていただいて、問題点を診断いたしました。まだ、完全にGoogleから適正に評価されている訳ではありませんが、かなり大きな改善が出来ました。

診断にあたって、Search consoleのデータも共有できると、外部リンクの一覧がダウンロードできるので、不自然な被リンクによるペナルティの有無も調査できます。

現時点で、Search consoleをご利用で無い場合は、Search consoleのデータが無い状態で診断いたします。

Google Analyticsなどのアクセス解析ツールのデータもあるとさらに詳しいチェックが可能ですが、 共有が難しい場合はデータが無い状態でチェックと分析いたします。

改善したサイトのGoogleからのアクセス状況

看護師転職SEO対策
アメリカビザ申請SEO対策
相続司法書士SEO対策
ホメオパシーSEO対策

どのサイトも何らかのGoogleからのペナルティを受けていました。評価を落とす要因を取り除き、ユーザーの検索意図に合うコンテンツの掲載を行ってアクセス数を大幅に改善いたしました。

Yahoo!もGoogleと同じデータベースとアルゴリズムを使用していて、Googleからペナルティを受けると、Yahoo!でも圏外に落ちたり検索順位が大幅に落ちてしまいます。Yahoo!とGoogleを合わせると国内の検索エンジンのシェアの95%にも達しますので、Googleからペナルティを受けてしまうと、検索エンジン経由のアクセスが限りなく0に近づいてしまいますので、ペナルティを受けている場合は、出来る限り早いリカバリが必要です。

ペナルティの原因を突き止めるのは、SEOに精通していないと難しく、簡単には解決しません。無料診断でも大まかな問題は高い確率でわかるので、是非ご相談下さい。

ホームページのアクセスのほとんどを広告に依存していると、アクセスを稼ぐためには広告費の支払を続けなければいけません。アクセスを広告に依存することは、ホームページの事業自体がとても高コストとなってしまい、マネタイズ出来なくなってしまいます。

URLとターゲットキーワードをフォームに記載して、お気軽にお申込みいただければチェックを開始いたします。 順位が落ちたなどの問題がある場合は、何位程度から何位程度に落ちたのかもお知らせいただければ、詳しくチェック出来ます。無料診断であなたのサイトを分析し改善策を可視化して提示してサポートいたします。

分かりやすく診断した内容の解説に基づいた方向性に従って、ホームページの改善や課題の解決を行うようにしていただければ、Googleから評価され、アクセスを増やし、ネットビジネスを成功に導くように支援し、必ず良い結果になると思います。

下記無料診断フォームから必要事項を入力いただき、お気軽にお申し込み下さい。

SEO対策無料サイト診断フォーム

不自然な外部リンクを判定してくれる無料サイト診断ツール

重大なペナルティを引き起こす外部リンクの判定は難しい

不自然な外部リンクでペナルティを受けるとGoogleの検索順位に大きな悪影響が出て、Googleからの検索流入が大幅に落ちて、致命的な状態になってしまいます。

さらに、外部リンクでペナルティを受けてしまうと、不自然なリンクを否認しても、否認したリンクを1本1本Googlebotが辿らないとリンクが否認されません。

Search consoleのリンクの最新のリンクをダウンロードで外部リンクの一覧をダウンロードしても、どのリンクが不自然なのか、どのリンクが自然なリンクでランキングにプラスになっているのか、一般の方はなかなか判断出来ません。

そのような悩みを解消してくれるのがMOZです。ユーザー登録すれば、一か月に利用できる回数などの制限や、表示してくれるリンクの件数に制限はありますが、無料で使うことが出来ます。

調査したいURLを入れて「analyze」をクリックして、左側のメニューの「Spam Score」をクリックすると、外部リンクのスパムスコアをグラフで表示してくれて、リンクの一覧もスパムスコアの高い順に表示してくれます。

上記の画像は、SEO業者からリンクを購入していたサイトのスパムスコアです。スパムスコアの高いリンクは危険なリンクです。

グラフで黄色いリンクも危険なリンクと判断して否認するのが無難です。

実際にSearch consoleの最新のリンクをダウンロードして調べたリンクの評価とは違う場合もありますが、おおまかなサイトの状態は判断できますし、明らかに危険なリンクは否認することが出来ますので、活用されることをおすすめします。

コピーや類似コンテンツの判定をしてくれる無料サイト診断ツール

サイト内の類似コンテンツはペナルティになります

GoogleはSearch consoleのヘルプで「重複コンテンツの作成を避ける」で、 Google でのランキングの操作やユーザーへの偽装を意図した類似コンテンツや重複コンテンツに対しては、ランキングが低下するか、インデックスから完全に削除されて検索結果に表示されなくなると情報を公開しています。

ネット上にはある程度の重複コンテンツが存在することをGoogleも容認しており、悪意が無く、サイト内でも僅かに存在する重複コンテンツはランキングに大きな悪影響はありませんが、重複コンテンツが大量にあったり、ランキングを操作する目的で作成された類似コンテンツはランキングに悪影響があります。

大量に発生する重複はパラメータなどで自動的に生成されるページなどで発生することがあります。また、類似コンテンツには営業範囲の市町村別のページがあります。

営業範囲の市町村別のページは「それぞれの市町村名+サービス名」で検索結果の上位に表示する目的で作られるページで、ランキングを操作する悪意のあるページで、アルゴリズムで順位が低下するように設定されています。

このようなページは作成者は十分に類似コンテンツと認識しているはずで、市町村別のページでそれぞれの市町村名で上位に表示させようとしますが、実際には、そのような効果は期待出来ません。類似コンテンツがランキングに悪影響があることを知っていれば決して行わないものです。

類似ページと判断されると、どれか一つが検索結果に表示され、複数ある他のページの順位は大きく下げられることが多いです。検索結果に類似コンテンツを表示することはユーザーの利便性を損ない、Googleの検索品質の低下を招くので、類似ページのランキングを下げる対応が取られるのです。

このような類似ページや重複ページの無料診断が出来るサイトがsujiko.jpです。類似コンテンツを確認する方法としては有効で、判定する上で何かツールが必要です。sujiko.jpを使用すれば、サイト内部の簡単に類似コンテンツを見つけることが出来ます。

sujiko.jp

類似コンテンツを疑われる対象ページのそれぞれのURLを入れて「判定」をクリックすると類似度の判定が可能です。類似コンテンツも低品質なコンテンツとGoogleは判断します。類似と判定されたページは異なる内容にリライトするか、削除するか、正規化を行います。

類似ページの正規化は、どれか一つを残して、残りのページをnoindexにするか、どれか一つのページへ向けてheadにcanonicalタグを設置して、正規化を行うか、301リダイレクトで正規ページへ転送するのが良いのですが、悪意を持って検索結果に表示したいと思って類似ページを作って運営している場合は、このような処置は取らないでしょう。

この判定結果は営業範囲の市町村別のページの類似度を判定した結果です。「激似」と判定されて、「検索エンジンからペナルティと判定される可能性が高いです」と記載されています。

営業範囲の市町村別のページを作っても、市町村が違うことでサービス内容が変わる仕事など無く、ページを作れば、市町村名以外の部分は同じ記事のページになります。

営業範囲の市町村別のページを作らなくても、ホームページに記載されている所在地と、検索ユーザーの位置情報によって、近いサイトを表示してくれます。

また、どうしても営業範囲の市町村名とサービス名でヒットさせたい場合は、お客様の声のページに〇〇市△△様と記載してお客様の声を掲載すれば、営業範囲の市町村名でヒットするようになります。

検索エンジンのためにページを作るようなことはせず、ユーザーに対して適切なwebサイトを作るようにしましょう。

その他の診断ツール

sujiko.jp以外にも類誌コンテンツをチェックしてくれるツールがあります。Similar Page Checkerです。

類似チェック

類似を疑うURLをそれぞれに記載してsubmitをクリックして調査します。

類似結果

sujiko.jpで類似を調べたURLと同じですが、こちらは97%類似と表示されました。

どちらのツールを使ってもかなりの類似度であることが分かります。sujiko.jpのデータもSimilar Page Checkerのデータもペナルティに該当する可能性はかなり高いことが分かります。

類似は人間の目ではなかなか判断出来ないので、このようなツールを活用することをおすすめします。

ドメインをまたいだ類似コンテンツは著作権にも抵触する恐れがあります

別のドメインからの類似コンテンツやコピーコンテンツは、無断転載の場合は、著作権法に違反する法的な問題もあります。

コピーコンテンツを掲載する場合は、コピー元に対して、掲載の許可を得るようにしましょう。

ホームページには基本的にオリジナルな文章をユーザーに提供することが重要です。

コンテンツSEO無料チェックツール「高評価」

どこに問題があるかレーダーチャートで示してくれる

ホームページのコンテンツSEOの状況を無料診断してくれる「高評価」。無料のツールなので、診断できる範囲は限られていますが、ある程度の問題点は分かります。

高評価

評価したいコンテンツのURLとキーワードを入れてチェックをクリックすると結果が表示されます。

「高評価」の調査結果

調査結果の「代替テキスト」は全て記載されていても、低い結果になります。キーワードと関連した代替テキストを記載していないと評価が下がるのでしょうか。

基本情報のGoogle Analyticsはタグマネージャーを使用しているので、×になっています。titleとdescriptionは△になっていますが、何を修正すれば良いのか明確な指示はありません。descriptionは「ホームページ」が1回しか使用されていないことが問題なのかも知れません。

「高評価」主題・文字数・単語数

主題では、キーワードの出現率が表示されます。ターゲットキーワードが上位3位までに入っていることが、SEO上、評価されるページの傾向と記載されています。この項目は問題ないと評価されているようです。

単語数はさらに増やす必要があるとの評価でしょうか。

「高評価」見出し情報

見出しタグの一覧が表示されます。見出しタグにキーワードの記載が少ないことが評価を下げているとと考えられます。

代替テキストの評価が低いのは代替テキストにキーワードを記載する必要があると言うことでしょうか?ただ、実際の画像とは関係なく、キーワードを記載することはあまり良くないと思うので、少しだけキーワードの追加をしてみます。

競合サイトとの比較で活用できると思います

無料の診断ツールなので、多機能ではありませんし、具体的なコンテンツの修正については何も分かりませんし、明確に何を修正すれば良いのか分からないこともありますが、競合サイトとの比較を行って改善点を見つけるには良いツールだと思います。

実際にページを修正して、検索順位が改善するのか調べてみたいと思います。

診断に従いページを修正しました

「高評価」酒精

評価に従ってページを修正しました。基本情報のtitleやdescriptionの影響は大きいと思いますが、修正方法が思いつかなかったので、少しの修正にとどまっていますが、これで順位がどのように変化するのか調べてみたいと思います。

無料で詳細な診断が可能なTACT SEO

フリープランで無料サイト診断が可能

無料サイト診断としてはかなり詳しい診断を出してくれるTACT SEO。有料では月額30,000円~150,000円まで設定のある機能のほぼ全てを利用できます。無料のフリープランの場合、診断できるサイトし1サイトで、月間調査回数などの制限はありますが、一般のユーザーとしてWEBマスターが利用するには十分な機能があります。

キーワード登録

キーワード登録で順位チェックも可能です

新規登録(無料)で登録が完了すると、すぐに診断が可能になります。サイトのURLを登録して、キーワード登録すると、順位チェックを自動でしてくれます。さらにアナリティクス連携の機能もあります。このページでは、サイト診断についてのみ記載するので、上記については省略いたします。

流入キーワード調査でユーザーを獲得しているキーワードを調査

流入キーワード

このデータからSEO対策キーワードを選定します。ただ、ここで表示されているデータはSearch consoleの検索アナリティクスのデータとはかなり違うので、Search consoleを利用している人はSearch consoleのデータを元に判断した方が良さそうです。4位~30位のキーワードを選定するのが有効との説明がされています。今回は「ホームページ 更新」をキーワードとして選定して対策を行います。

サイト診断

サイト診断では下記の情報が表示されます。このほかにサイドバーのリンクから、ページステータス、内部リンク(被リンク)、内部リンク(発リンク)の項目があります。

サイト診断

記載されている内容からすれば、特に問題は無さそうです。

上位表示分析

調査したいURLとキーワードを入れて「調査を開始する」で結果が表示されますが、結果が表示されるまでかなりの時間がかかります。リモートで調査しているので、例えば、夕方調査を開始して、パソコンを落としても、翌朝には調査が完了しています。

上位表示分析

■ページの課題・内部対策の詳細をクリックすると下記の情報が表示されます。

全てを表示のラジオボタンを選択すると、対応済みの情報も表示されます。ページを含むテーマをの+をクリックすると詳細が表示されます。この場合、上位10位のページが共通に使用しているキーワードのうち未使用のキーワードは1つと表示されています。

ページごとの関連キーワード含有状況を確認する

この表からすると、上位10位までのページが記載していて、調査URLのページで記載していないキーワードは「ホームページ更新確認」です。このデータを元にページに不自然にならないようにキーワードをとコンテンツの追記を行います。

その他の項目についても、サイトの診断結果に基づいて、改善できる部分は出来るだけ修正するようにします。

現在「ホームページ 更新」のキーワードは圏外ですが、修正後順位がどのように変化するのか調べてみたいと思います。