コンテンツSEO無料チェックツール「高評価」


どこに問題があるかレーダーチャートで示してくれる

ホームページのコンテンツSEOの状況を無料診断してくれる「高評価」。無料のツールなので、診断できる範囲は限られていますが、ある程度の問題点は分かります。

高評価

評価したいコンテンツのURLとキーワードを入れてチェックをクリックすると結果が表示されます。

「高評価」の調査結果

調査結果の「代替テキスト」は全て記載されていても、低い結果になります。キーワードと関連した代替テキストを記載していないと評価が下がるのでしょうか。

基本情報のGoogle Analyticsはタグマネージャーを使用しているので、×になっています。titleとdescriptionは△になっていますが、何を修正すれば良いのか明確な指示はありません。descriptionは「ホームページ」が1回しか使用されていないことが問題なのかも知れません。

「高評価」主題・文字数・単語数

主題では、キーワードの出現率が表示されます。ターゲットキーワードが上位3位までに入っていることが、SEO上、評価されるページの傾向と記載されています。この項目は問題ないと評価されているようです。

単語数はさらに増やす必要があるとの評価でしょうか。

「高評価」見出し情報

見出しタグの一覧が表示されます。見出しタグにキーワードの記載が少ないことが評価を下げているとと考えられます。

代替テキストの評価が低いのは代替テキストにキーワードを記載する必要があると言うことでしょうか?ただ、実際の画像とは関係なく、キーワードを記載することはあまり良くないと思うので、少しだけキーワードの追加をしてみます。

競合サイトとの比較で活用できると思います

無料の診断ツールなので、多機能ではありませんし、具体的なコンテンツの修正については何も分かりませんし、明確に何を修正すれば良いのか分からないこともありますが、競合サイトとの比較を行って改善点を見つけるには良いツールだと思います。

実際にページを修正して、検索順位が改善するのか調べてみたいと思います。

診断に従いページを修正しました

「高評価」酒精

評価に従ってページを修正しました。基本情報のtitleやdescriptionの影響は大きいと思いますが、修正方法が思いつかなかったので、少しの修正にとどまっていますが、これで順位がどのように変化するのか調べてみたいと思います。