無料WEBサイト診断サービス

このページに記載されている「目次」

サイト診断しなと分からない自サイトの状態

サイト診断

webサイトを運営している会社は、その商品やサービスの専門家なので、商品やサービスに対する知識が豊富です。 ウェブサイトを運営している人は、自社のホームページを読んでも、基礎知識があるので、掲載されている情報で十分に理解できると思いますが、商品知識の無い一般のユーザーにとっては、書かれている記事が何を説明しているのか理解できないことも多くあります。業界の内部の人にとっては常識のことでも、一般のお客様には分からないことばかりなのです。しかし、サイトに不足している情報について教えてくれる人はいません。そのため、運営しているwebサイトがSEO対策上、どの位置に置かれているかをチェックし分析するサイト診断はとても重要です。

Googleは「検索エンジン用にサイトを最適化する」の中で、完全な情報を提供する: 必要事項をすべて記載してください。Google では、ページ内容を推測することはできません。と記載しています。素人が読んでも理解できる完全な情報が記載されていないと、コンテンツSEOが十分では無く、Googleでの検索順位の上位表示は出来ません。Googleはもちろん業界の専門家ではありません。Googleにページの内部を理解してもらうためには、素人でも理解できるような内容にする必要があります。自分では十分な情報が記載されていると思っているwebページでも、仕事のことをあまり知らない友人などにも読んでもらってページに記載されている内容をチェックすることをおすすめします。意外なことで意味が通じないことが多くあります。WEBマーケティングの上でも、顧客の立場に立った検索意図に合ったコンテンツの掲載を続けていれば、Google検索の順位を上げることが出来ます。

ホームページのアクセスが少ないことは分かっていても、webサイトのどこから改善に手を付けて良いのかわからないなど、ご自身で判断や分析が出来ない方も多いのではないかと思います。

また、Yahoo!もYahoo!用にカスタマイズはされていますが、基本的にはGoogleと同じものです。Googleで評価されるコンテンツを作ることが出来れば、yahooでも検索順位が上位に表示されるようになります。 コンテンツはbingでも評価していますので、良質なコンテンツを掲載すれば、bingでも検索順位を上位に表示することが出来ます。

自社のビジネスにコアコンピタンスを持っていても、それが新しい技術であることの記載のみでユーザーの抱える問題をどのように解決できるのか記載されていないホームページもあります。技術の新規性があっても、その独自の技術がユーザーにとって有益であることが記載されていなければ、ユーザーは問い合わせや注文などのアクションは起こしません。

プロでないと分からない情報しか記載されていないと、Googleがインデックスしても、webページの評価の段階で、記載内容が理解できないので、当然、Googleの検索順位が上位になることはどれだけ時を重ねても無いので、新規の顧客を獲得することは出来ません。

このような経営側の自己満足になっているサイトも多いことを知る必要があります。自己満足のサイトを運営しているサイトオーナーに限って、良質なコンテンツを公開しているのに、Googleが適正な評価をしてくれていないと思っています。

Googleが検索順位を決定するアルゴリズムは200種類以上あり、Googleの社員でもなぜその順位なのか説明できないくらい複雑になっていますが、Googleが検索順位を決定する大きな要素は、自然発生リンクと良質なコンテンツです。

ホームページ制作会社に依頼してサイト構築を行うに際して、自社の商品やサービスに対するユーザーの疑問や質問について十分に考えてコンテンツを記載している企業がどれほどあるでしょうか?

ユーザーが検索窓に入れるキーワードはユーザーが解決したいと思っている問題が疑問で、探しているのは、その解答となるページです。このようなユーザーの回答を高い専門性が伝わる信頼性の高いコンテンツの記載が必要です。

多くの企業が、企業イメージを高めることを中心に考えて、アクセスするユーザーがどんな情報を求めているのかあまり考えられていないのではないでしょうか?

画像で埋め尽くされたページは評価されません

スタイリッシュなホームページにしたいという気持ちは分かりますが、スタイリッシュなホームページはデザイン優先で、企業イメージを伝えることは出来ますが、ユーザーの疑問や質問に対する具体的な回答は記載されないので、Googleからは評価されませんし、ユーザーを獲得することも出来ません。

そもそも現在の時点では、Googleは画像を評価しません。どんなに美しい画像でも、Googleの検索順位を上げることはできないのです。Googleから評価されるホームページにするには、テキストが必要です。そして、設定したターゲットキーワードがある程度の出現率でないと狙っているキーワードで検索順位の上位に表示することはできません。

画像だけで制作されたページはGoogleの検索結果には表示されません。画像はコンテンツを補完するものとしての使い方であれば評価されます。

ただ、十分なコンテンツがあってそのコンテンツを補足する目的で掲載される画像や動画などのメディアはユーザーに対して親切にコンテンツを伝えていると評価されるので、良質なコンテンツに画像などを含めることは有効です。

外部リンクもチェックします

外部リンクはGoogleのランキングに大きく影響します。Googleはウェブページの重要度を決定するアルゴリズムとして、ページランク理論を採用しています。これは、「注目に値する重要なウェブページはたくさんのページからリンクされる」と考えるものです。

良質な外部リンクが多く張られているページはGoogleのランキングに大きなプラスになりますが、リンクプログラムに該当するリンクが多数設置されていると、Googleからペナルティを受けて、検索順位が大きく落ちるか、圏外に飛ばされるか、ひどい場合にはGoogleのデータベースから削除されます。Googleからペナルティを受けると、ホームページは期待以下の結果しか生み出しません。自然発生リンクはwebサイトの評価に大きくプラスに働きますが、不自然なリンクはとても危険で、webサイトに大きな悪影響を及ぼします。

不自然な外部リンクがあると、ホームページの事業計画などどれだけ希望的な数値を掲げていても、いつになっても希望は達成されません。

このように良くも悪くも作用するリンクがどのようになっているのかも含めてサイト診断で調査し、スパムスコアも分析・チェックしレポートします。

本来の外部リンクはwebサイトのコンテンツを読んだユーザーが自分のサイトで記載したコンテンツの出典や補足情報を紹介する目的で設置するものです。このような設置されたリンクに必然性が無いリンクは疑わしいリンクで、リンクプログラムに違反するリンクの導入はおすすめしません。

Googleに評価されるサイト

Googleのガイドライン違反もチェックいたします

企業のサイトだけに限らず、個人のブログなどもサイト診断を実施いたします。数多くのサイトの検索順位を改善したりコンサルティングをしてきたノウハウを活用して、Googleでの検索順位の上昇など明らかな成果の上がるサイト診断を無料で行います。webサイト内のことは特に重点的にチェックし分析します。

webサイトは運営者の自己満足ではなく、ユーザーにとって価値ある情報を丁寧に掲載する必要があります。また、掲載されているコンテンツは競合サイトよりも丁寧で詳しい情報を記載することが内部対策の上で大切です

通常、ホームページ制作会社は、受注した企業から提供されるコンテンツをそのまま掲載するだけです。どんなユーザー向けのコンテンツで、どんな情報が不足しているかなどはチェックしませんし、Googleの検索結果で順位を上位に表示できる方法の提案などもまずしません。なので、ユーザーにとっては理解しにくい情報のまま公開されているwebサイトも多いです。
webサイトの現状を正しく把握出来ないと、次にどんな手を打って良いのか分かりません。闇雲に素人考えでいろんなことをすると、Googleのガイドライン違反を知らず知らずのうちに犯していることもあります。アクセスアップに繋がるだろうとリンク集などに登録すると逆効果になり、Googleからペナルティを受けることもあります。Googleからペナルティを受けてしまうと、順位が大きく落ちてアクセスが激減したり、メインキーワードでも検索結果に表示されたり消えたりと乱高下し、順位が不安定になります。一度Googleからペナルティを受けると解除されるのにかなりの時間を要することが多く、長期間検索順位が下位に下がったままとなり、サイト運営にも大きなダメージになりますので、早めのサイト診断をおすすめします。

SEOに関するサイト診断をツールによるチェックだけでは無く、専門家として、内部、外部共丁寧に確認してサイト診断を行いSEOの状況のレポートを作成いたします。
WEB上にある上位サイトと比較して、不足しているキーワードやタグなど複数の項目に渡って内部の診断を行い、Googleの検索順位を上げる手助けをするものです。今後のサイト運営に必ず役立つ重要なポイントのサイト診断を無料で提供いたします。

Googleはユーザーファーストを提唱しています。Googleのaiより劣るツールによるシステム的なサイト診断だけでは、サイトの本当の問題は抽出出来ません。ネット上に公開されている診断ツールを使った診断で得られる診断結果は、サイトの問題点のごく一部だけを指摘するツールです。Googleのai以上の人間の目でサイトの内容を確認して、ユーザーファーストのWEBサイトになっているのかどうかサイト診断して情報提供が必要と考えます。

分析

ホームページに求める機能

ホームページを持つことで企業が期待する機能は、企業の知名度を上げる。実店舗へ集客する。ホームページで商品やサービスを販売するなどです。これらの機能を実現するためには、Googleの検索順位を上げアクセスを向上させることが最も効果的な対策です。

ところが、検索順位を上位に表示するための内部対策や外部対策に大きな問題があるまま運用されている例が多くあって、 Googleで検索順位を上げることが出来ないために期待した成果が達成できないホームページも多くあります。これらの問題を分析し指摘するサイト診断いたします。

無料サイト診断の内容

無料サイト診断で調べる内容は、診断対象ドメインのtitle、h1や、初心者には分かり難い、Googleのガイドライン違反の有無など基本的なチェックに加え、通信を暗号化し、盗聴などを防ぎ、ユーザーの安全を守るSSL化が有効か、スマホ対応が十分か、PC版のページとモバイルページが同じか、サイトの表示スピードなどのデータを取得し、Googleにインデックスされているページ数や対象ページの文字数が競合に比較して少なくないかや、関連キーワードの使用率等。文章がユーザーの疑問や問題の解決になっているか、企業の持っている強みであるコアコンピタンスがユーザーに伝わるようにコンテンツが書かれているか、コンテンツが閲覧したユーザーから信頼性を獲得できる詳しい内容になっているか、Googleの最新のアルゴリズムで、ターゲットキーワードに対して、テキストの中に不足しているキーワードが無いかなど各種内部対策の状況をあわせて各項目を詳しく徹底して解析し、診断内容を提案いたします。狙っているワードで検索意図に合ったコンテンツになっているかも診断いたします。検索意図に合った、ユーザーが抱えている疑問や質問の回答が記載されているかもチェックします。ユーザーにとって分かりやすい記載になっているかもチェックします。良質なコンテンツが掲載されていると、Googleから高い評価を受けることが出来ます。またGoogleからペナルティを受ける要因として最も可能性が高く、特に自動ペナルティの場合はGoogleから通知が届かないので、大きな順位の低下の理由が分からない方も多く、注意が必要な外部リンクに不自然なリンクが無いかも合わせて項目ごとに全体をチェックいたしますので、さまざまな角度からチェックした診断内容を総合的に判断し、活用して、ランキング上位を目指して対応ください。

Googleのウェブマスター向けガイドライン違反の修正以外で、SEO対策として行うことは、ユーザーの疑問や質問に対する回答を記載すると言う、とてもシンプルなことです。シンプルなことを突き詰めていくことを継続して行くことです。

コンテンツについては、これまで蓄積した豊富な経営の経験から改善箇所をお知らせします。単なるSEOオタクからは得られない情報を提供いたします。

電話や問い合わせがほとんど無いとか、狙っているキーワードでGoogleの検索順位の上位に表示出来ない。サイトリニューアルを考えているけど、今のサイトの問題点は何なのか分からない。参考書などを見て自分なりに頑張りましたが限界です…。など、悩みは様々だと思います。対策キーワードでGoogleの順位が何位なのかなどもお知らせいただければ詳細に分析出来ます。

以前はGoogleの1ページ目に記載されていたキーワードが圏外に落ちてしまったとご相談を受けることも良くありますが、多少の順位変動は毎日起こりますが、このように大きく順位が下落するのは、ほとんどの場合、知らず知らずに重大なGoogleのガイドライン違反をしていることが多いです。
ウェブマスターが原因を理解出来ず、順位が大きく落ちている原因で圧倒的に多いのが、不自然な外部リンクによる自動ペナルティです。

過去にどのように施策を行ったかなどの履歴が分かる資料があれば、Googleからのアクセスが減少している原因や検索順位下落の原因の特定がしやすいです。

サイト診断で実際に改善した結果

改善したSEOの結果

恐らく重複コンテンツでほとんど検索結果に表示されない状態になり困っている者です。
お忙しいところ恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。

との相談で、サーチコンソールのデータも共有させていただいて、問題点を診断いたしました。まだ、完全にGoogleから適正に評価されている訳ではありませんが、かなり大きな改善が出来ました。

診断にあたって、Search consoleのデータも共有できると、外部リンクの一覧がダウンロードできるので、不自然な被リンクによるペナルティの有無も調査できます。

現時点で、Search consoleをご利用で無い場合は、Search consoleのデータが無い状態で診断いたします。

Google Analyticsなどのアクセス解析ツールのデータもあるとさらに詳しいサイト診断が可能ですが、 共有が難しい場合はデータが無い状態でチェックと分析いたします。

改善したサイトのGoogleからのアクセス状況

看護師転職SEO対策
アメリカビザ申請SEO対策
相続司法書士SEO対策
ホメオパシーSEO対策

どのサイトも何らかのGoogleからのペナルティを受けていました。評価を落とす要因を取り除き、ユーザーの検索意図に合うコンテンツの掲載を行ってアクセス数を大幅に改善いたしました。

Yahoo!もGoogleと同じデータベースとアルゴリズムを使用していて、Googleからペナルティを受けると、Yahoo!でも圏外に落ちたり検索順位が大幅に落ちてしまいます。Yahoo!とGoogleを合わせると国内の検索エンジンのシェアの95%にも達しますので、Googleからペナルティを受けてしまうと、検索エンジン経由のアクセスが限りなく0に近づいてしまいますので、ペナルティを受けている場合は、出来る限り早いリカバリが必要です。

ペナルティの原因を突き止めるのは、SEOに精通していないと難しく、簡単には解決しません。無料診断でも大まかな問題は高い確率でわかるので、是非ご相談下さい。

ホームページのアクセスのほとんどを広告に依存していると、アクセスを稼ぐためには広告費の支払を続けなければいけません。アクセスを広告に依存することは、ホームページの事業自体がとても高コストとなってしまい、マネタイズ出来なくなってしまいます。

URLとターゲットキーワードをフォームに記載して、お気軽にお申込みいただければチェックを開始いたします。 順位が落ちたなどの問題がある場合は、何位程度から何位程度に落ちたのかもお知らせいただければ、詳しくチェック出来ます。無料診断であなたのサイトを分析し改善策を可視化して提示してサポートいたします。

分かりやすく診断した内容の解説に基づいた方向性に従って、ホームページの改善や課題の解決を行うようにしていただければ、Googleから評価され、アクセスが増え、ネットビジネスを成功に導くように支援し、必ず良い結果になると思います。

下記無料診断フォームから必要事項を入力いただき、お気軽にお申し込み下さい。

SEO対策無料サイト診断フォーム

不自然な外部リンクを判定してくれる無料サイト診断ツール

重大なペナルティを引き起こす外部リンクの判定は難しい

不自然な外部リンクでペナルティを受けるとGoogleの検索順位に大きな悪影響が出て、Googleからの検索流入が大幅に落ちて、致命的な状態になってしまいます。

さらに、外部リンクでペナルティを受けてしまうと、不自然なリンクを否認しても、否認したリンクを1本1本Googlebotが辿らないとリンクが否認されません。

Search consoleのリンクの最新のリンクをダウンロードで外部リンクの一覧をダウンロードしても、どのリンクが不自然なのか、どのリンクが自然なリンクでランキングにプラスになっているのか、一般の方はなかなか判断出来ません。

そのような悩みを解消してくれるのがMOZです。ユーザー登録すれば、一か月に利用できる回数などの制限や、表示してくれるリンクの件数に制限はありますが、無料で使うことが出来ます。

調査したいURLを入れて「analyze」をクリックして、左側のメニューの「Spam Score」をクリックすると、外部リンクのスパムスコアをグラフで表示してくれて、リンクの一覧もスパムスコアの高い順に表示してくれます。

上記の画像は、SEO業者からリンクを購入していたサイトのスパムスコアです。スパムスコアの高いリンクは危険なリンクです。

グラフで黄色いリンクも危険なリンクと判断して否認するのが無難です。

実際にSearch consoleの最新のリンクをダウンロードして調べたリンクの評価とは違う場合もありますが、おおまかなサイトの状態は判断できますし、明らかに危険なリンクは否認することが出来ますので、活用されることをおすすめします。

コピーや類似コンテンツの判定をしてくれる無料サイト診断ツール

サイト内の類似コンテンツはペナルティになります

GoogleはSearch consoleのヘルプで「重複コンテンツの作成を避ける」で、 Google でのランキングの操作やユーザーへの偽装を意図した類似コンテンツや重複コンテンツに対しては、ランキングが低下するか、インデックスから完全に削除されて検索結果に表示されなくなると情報を公開しています。

ネット上にはある程度の重複コンテンツが存在することをGoogleも容認しており、悪意が無く、サイト内でも僅かに存在する重複コンテンツはランキングに大きな悪影響はありませんが、重複コンテンツが大量にあったり、ランキングを操作する目的で作成された類似コンテンツはランキングに悪影響があります。

大量に発生する重複はパラメータなどで自動的に生成されるページなどで発生することがあります。また、類似コンテンツには営業範囲の市町村別のページがあります。

営業範囲の市町村別のページは「それぞれの市町村名+サービス名」で検索結果の上位に表示する目的で作られるページで、ランキングを操作する悪意のあるページで、アルゴリズムで順位が低下するように設定されています。

このようなページは作成者は十分に類似コンテンツと認識しているはずで、市町村別のページでそれぞれの市町村名で上位に表示させようとしますが、実際には、そのような効果は期待出来ません。類似コンテンツがランキングに悪影響があることを知っていれば決して行わないものです。市町村別のコンテンツをユーザーに伝えたいのであれば、市町村別にオリジナルなコンテンツを掲載しないといけません。しかし、市町村によってサービス内容が違うようなビジネスは存在せず、市町村別のページを作れば類似コンテンツになるのは必至です。

類似ページと判断されると、どれか一つが検索結果に表示され、複数ある他のページの順位は大きく下げられることが多いです。検索結果に類似コンテンツを表示することはユーザーの利便性を損ない、Googleの検索品質の低下を招くので、類似ページのランキングを下げる対応が取られるのです。

このような類似ページや重複ページの無料診断が出来るサイトがsujiko.jpです。類似コンテンツを確認する方法としては有効で、判定する上で何かツールが必要です。sujiko.jpを使用すれば、サイト内部の簡単に類似コンテンツを見つけることが出来ます。

sujiko.jp

類似コンテンツを疑われる対象ページのそれぞれのURLを入れて「判定」をクリックすると類似度の判定が可能です。類似コンテンツも低品質なコンテンツとGoogleは判断します。類似と判定されたページは異なる内容にリライトするか、削除するか、正規化を行います。

類似ページの正規化は、どれか一つを残して、残りのページをnoindexにするか、どれか一つのページへ向けてheadにcanonicalタグを設置して、正規化を行うか、301リダイレクトで正規ページへ転送するのが良いのですが、悪意を持って検索結果に表示したいと思って類似ページを作って運営している場合は、このような処置は取らないでしょう。

この判定結果は営業範囲の市町村別のページの類似度を判定した結果です。「激似」と判定されて、「検索エンジンからペナルティと判定される可能性が高いです」と記載されています。

営業範囲の市町村別のページを作っても、市町村が違うことでサービス内容が変わる仕事など無く、ページを作れば、市町村名以外の部分は同じ記事のページになります。

営業範囲の市町村別のページを作らなくても、ホームページに記載されている所在地と、検索ユーザーの位置情報によって、近いサイトを表示してくれます。

また、どうしても営業範囲の市町村名とサービス名でヒットさせたい場合は、お客様の声のページに〇〇市△△様と記載してお客様の声を掲載すれば、営業範囲の市町村名でヒットするようになります。

検索エンジンのためにページを作るようなことはせず、ユーザーに対して適切なwebサイトを作るようにしましょう。

その他の診断ツール

sujiko.jp以外にも類誌コンテンツをチェックしてくれるツールがあります。Similar Page Checkerです。

類似チェック

類似を疑うURLをそれぞれに記載してsubmitをクリックして調査します。

類似結果

sujiko.jpで類似を調べたURLと同じですが、こちらは97%類似と表示されました。

どちらのツールを使ってもかなりの類似度であることが分かります。sujiko.jpのデータもSimilar Page Checkerのデータもペナルティに該当する可能性はかなり高いことが分かります。

このような似ているページは人間の目ではなかなか判断出来ないので、このようなツールを活用することをおすすめします。

ドメインをまたいだ類似コンテンツは著作権にも抵触する恐れがあります

別のドメインからの類似コンテンツや複製やコピーコンテンツは、無断転載の場合は、著作権法に違反する法的な問題もあります。

コピーコンテンツを掲載する場合は、コピー元に対して、掲載の許可を得るようにしましょう。

ホームページには基本的にオリジナルで独自の文章や説明を詳細にユーザーに提供することが重要です。

サイト内の多くの類似コンテンツやコピーコンテンツはランキングに悪影響がありますので、注意して管理しましょう。

コンテンツSEO無料チェックツール「高評価」

どこに問題があるかレーダーチャートで示してくれる

ホームページのコンテンツSEOの状況を無料診断してくれる「高評価」。無料のツールなので、診断できる範囲は限られていますが、ある程度の問題点は分かります。

高評価

評価したいコンテンツのURLとキーワードを入れてチェックをクリックすると結果が表示されます。

「高評価」の調査結果

調査結果の「代替テキスト」は全て記載されていても、低い結果になります。キーワードと関連した代替テキストを記載していないと評価が下がるのでしょうか。

基本情報のGoogle Analyticsはタグマネージャーを使用しているので、×になっています。titleとdescriptionは△になっていますが、何を修正すれば良いのか明確な指示はありません。descriptionは「ホームページ」が1回しか使用されていないことが問題なのかも知れません。

「高評価」主題・文字数・単語数

主題では、キーワードの出現率が表示されます。ターゲットキーワードが上位3位までに入っていることが、SEO上、評価されるページの傾向と記載されています。この項目は問題ないと評価されているようです。

単語数はさらに増やす必要があるとの評価でしょうか。

「高評価」見出し情報

見出しタグの一覧が表示されます。見出しタグにキーワードの記載が少ないことが評価を下げているとと考えられます。

代替テキストの評価が低いのは代替テキストにキーワードを記載する必要があると言うことでしょうか?ただ、実際の画像とは関係なく、キーワードを記載することはあまり良くないと思うので、少しだけキーワードの追加をしてみます。

競合サイトとの比較で活用できると思います

無料の診断ツールなので、多機能ではありませんし、具体的なコンテンツの修正については何も分かりませんし、明確に何を修正すれば良いのか分からないこともありますが、競合サイトとの比較を行って改善点を見つけるには良いツールだと思います。

実際にページを修正して、検索順位が改善するのか調べてみたいと思います。

診断に従いページを修正しました

「高評価」酒精

評価に従ってページを修正しました。基本情報のtitleやdescriptionの影響は大きいと思いますが、修正方法が思いつかなかったので、少しの修正にとどまっていますが、これで順位がどのように変化するのか調べてみたいと思います。

無料で詳細な診断が可能なTACT SEO

フリープランで無料サイト診断が可能

無料サイト診断としてはかなり詳しい診断を出してくれるTACT SEO。有料では月額30,000円~150,000円まで設定のある機能のほぼ全てを利用できます。無料のフリープランの場合、診断できるサイトし1サイトで、月間調査回数などの制限はありますが、一般のユーザーとしてWEBマスターが利用するには十分な機能があります。

キーワード登録

キーワード登録で順位チェックも可能です

新規登録(無料)で登録が完了すると、すぐに診断が可能になります。サイトのURLを登録して、キーワード登録すると、順位チェックを自動でしてくれます。さらにアナリティクス連携の機能もあります。このページでは、サイト診断についてのみ記載するので、上記については省略いたします。

流入キーワード調査でユーザーを獲得しているキーワードを調査

流入キーワード

このデータからSEO対策キーワードを選定します。ただ、ここで表示されているデータはSearch consoleの検索アナリティクスのデータとはかなり違うので、Search consoleを利用している人はSearch consoleのデータを元に判断した方が良さそうです。4位~30位のキーワードを選定するのが有効との説明がされています。今回は「ホームページ 更新」をキーワードとして選定して対策を行います。

サイト診断

サイト診断では下記の情報が表示されます。このほかにサイドバーのリンクから、ページステータス、内部リンク(被リンク)、内部リンク(発リンク)の項目があります。

サイト診断

記載されている内容からすれば、特に問題は無さそうです。

上位表示分析

調査したいURLとキーワードを入れて「調査を開始する」で結果が表示されますが、結果が表示されるまでかなりの時間がかかります。リモートで調査しているので、例えば、夕方調査を開始して、パソコンを落としても、翌朝には調査が完了しています。

上位表示分析

■ページの課題・内部対策の詳細をクリックすると下記の情報が表示されます。

全てを表示のラジオボタンを選択すると、対応済みの情報も表示されます。ページを含むテーマをの+をクリックすると詳細が表示されます。この場合、上位10位のページが共通に使用しているキーワードのうち未使用のキーワードは1つと表示されています。

ページごとの関連キーワード含有状況を確認する

この表からすると、上位10位までのページが記載していて、調査URLのページで記載していないキーワードは「ホームページ更新確認」です。このデータを元にページに不自然にならないようにキーワードをとコンテンツの追記を行います。

その他の項目についても、サイトの診断結果に基づいて、改善できる部分は出来るだけ修正するようにします。

現在「ホームページ 更新」のキーワードは圏外ですが、修正後順位がどのように変化するのか調べてみたいと思います。

今は調べられないページランクに代わる指標

Googleの重要なページランクは現在では調べられない

以前は、ブラウザにGoogleツールバーを入れれば、ページランクが横棒で示されて、表示しているサイトのページランクを知ることが出来ましたが、現在では廃止されて、Googleが捉えているページランクは誰も知ることが出来なくなりました。

ページランクに代わる指標を示してくれるパワーランク

パワーランク

Googleのページランクは調べることが出来ませんが、Googleのページランクと同様にドメインエイジや被リンクの数や被リンクの質を元に独自の評価を行うパワーランクと言う指標があります。

ドメインを入れて、チェックをクリックするとパワーランクが表示されます。パワーランクの評価は0.0~100.0の間で評価されます。

MOZのDomain Authorityもページランクに代わる指標です。

MOZ

MOZの「root domain」のフォームにドメインを記載してAnalyzeをクリックして表示されるDomain Authorityに表示される数字もページランクに代わる指標として判断出来ます。

このDomain Authorityも0~100の数値で表示されます。

コンテンツは負けていないのに上位に表示されない場合は調査してみましょう

コンテンツは上位ページよりも充実しているのに検索結果の上位に表示されないなどの問題がある場合は、このパワーランクを調べて、ドメインパワーの違いを確認すると言いでしょう。

上位ページと比較する比較ツールのタブもありますので、そちらを利用して比較しましょう。

ドメインエイジはどうにもなりませんが、被リンクを獲得する努力をしてみるのも一つの手です。

ただし、自社のサイトと関連の無いサイトからリンクをもらうようなことはしないようにして、関連が高く、リンクに必然性のあるリンクを設置してもらうようにしましょう。設置の仕方によってはペナルティの恐れもあるので気を付けて設置する必要があります。

最も安全なリンクは自然発生リンクを待つことです。ランキングを操作する目的でリンクを設置することはとても危険性が高いので、良質なコンテンツを掲載して、自然発生リンクを待つのが最も安全で確実な方法です。

富山県のような地方企業だからこそ出来るSEO対策

地域限定サービスはMEOで

富山県は1%市場と言われていて、人口も全国の1%で市場規模も1%です。1%の市場で地域限定のサービスを行う業種の場合、例えば飲食店や美容院などの場合、企業のホームページよりも「食べログ」や「ホットペッパービューティー」が上位に表示されます。

これは、企業が公開しているコマーシャルよりもユーザーの口コミをコンテンツとしてGoogleが評価しているためで、このような口コミサイトに掲載されるユーザーの声の方が、企業の売り込みより評価され、ユーザーからも信頼されるので、口コミサイトを上回ることは難しいです。

このような地域限定サービスを展開する企業の場合は、ホームページであまりSEO対策を意識する必要は無く、口コミで高評価が得られるように常にお客様対応などに意識を向けてお店を営業していることが重要です。

MEO

上記の画像のように自然検索よりも地図検索の情報が上位に表示されますので、この情報に確実に表示するようにした方が効果が高いです。このようなGoogle MAPの対策は最近注目されて、MEOを行う業者も増えて来ています。ただし、その業者の多くは、スパム行為を行うものです。店名にキーワードを大量に盛り込むような行為はスパムと判定されて最悪の場合はGoogle MAPの情報から削除されますので、悪質な業者に依頼しないように注意しましょう。

地域限定サービスの場合はSEO対策よりもMEO対策のほうがより効果的です。

MEOはGoogleのローカル検索結果の掲載順位を改善するに従って対策を行うことが重要です。この記載に従わずに、店舗名にキーワードを詰め込むなどのスパム行為を行うと、ガイドライン違反を行ったホームページと同様、ペナルティを受けて、表示されなくなったりしますので、注意しましょう。

MEOはホームページのコンテンツなど、SEOと関係する内容とは無関係です。制作した会社から納品されたホームページへのリンクだけ設置すれば十分です。

MEOではビジネス名にキーワードを詰め込むことはスパム行為と判断されて簡単にペナルティを受けます。さらにユーザーレビューが上位表示に効果があるのですが、ユーザーに投稿に対して特典を与えたりして、ユーザーレビューを獲得することもスパム行為となります。

位置情報を元に近くの良質なコンテンツがあるお店が上位に表示されます

2019年現在では、「食べログ」などの口コミサイトが店名で検索した場合に上位に表示されます。

これは、ユーザーの声を良質なコンテンツとGoogleが判断しているからです。しかし、口コミサイトの意図的な投稿などの問題や、広告掲載店舗のランキングが上昇しているのでは無いかとの疑惑など、様々な問題が指摘されています。

今後、口コミサイトの評価がどうなって行くか分かりません。

地域密着の飲食店などでも、長年の店舗経営の経験から生まれる、良質なコンテンツの掲載を続けていれば、他社を圧倒出来るサイトに成長させることが出来ます。

位置情報

富山県のような地方では、マスメディアをSEO対策に利用する

富山県では地域経済の紙面を埋める情報が少ない

富山県のような地方の場合、東京や大阪などの大都市と比べて圧倒的に有利なことがあります。それは、新聞や放送局などのマスメディアがコンテンツとして掲載する企業の情報が圧倒的に少ないことです。

東京や大阪などの大都市の場合、地域経済の紙面を満たす情報はどれだけでもあり、新聞記者は情報に困りません。毎日の紙面を満たす情報はどれだけでもあるので、溢れる情報から、より話題性のある情報を選択して掲載すれば良いのですが、富山県などの地域経済の紙面は東京や大阪の新聞と同じ紙面なのに対して、企業の情報が圧倒的に少ないので情報を探すのが大変なのです。

なので、富山県の新聞記者は紙面を埋めるための情報を血眼になって探しています。この記者たちに新たなサービスを開始したとか、新たな技術を開発したなどの情報を提供すると、思っている以上に、とても高い確率で紙面に掲載してくれます。

一度情報が掲載されると、記者が情報に困ると、電話が掛ってきて「何か良い情報は無いですか?」と聞かれるようになります。こうやって記者と良好な関係が出来ると、どんどん情報を掲載してくれるようになります。

そして、紙面に掲載された情報は新聞社のホームページにも掲載されて、リンクをもらえることがあります。新聞社や放送局は地域の情報源なので、オーソリティーサイトとして、元々Googleから高い評価を受けていますので、そのサイトからの自社のホームページへ向けられたリンクは高いSEOになるのが、富山などの地方が有利な理由です。新聞社からのリンクがもらえると、検索上位の目標はかなり高い確率で達成出来ます。

同じサービスや技術開発をしても、東京や大阪のマスコミは見向きもしてくれないことでも、富山県のマスコミなら取り上げてくれます。

放送局も地上デジタル放送の開始に伴って一定量の自主制作番組を作らないといけなくなり、地域の目新しい情報を常に探しています。番組に取り上げられると、放送した内容をホームページに掲載して、リンクをもらえる可能性があり、とても高いSEO対策の効果が期待出来ます。

マスコミのホームページには必ず情報受付のページがありますので、そこから情報を送信すれば、担当者からメールなどで返信があります。電話が掛ってきて、詳しい話しを取材したいと言われることもありますので、その際は丁寧に対応しましょう。

これは、都会と同じ紙面や放送枠を埋めるための情報源が少ない地方ならではのメリットなので、是非活用しましょう。

マスコミ

富山県の経営支援課も活用しましょう

富山県庁の商工労働部・経営支援課では、富山県内の中小企業の支援施策をいろいろと実施しています。

県庁と言うと敷居が高いと感じる方も多いかと思いますが、経営支援課の担当者も、経済産業省や中小企業庁から付いた予算を消化し切れなくて困っていることもあります。

自社が今後取り組もうとしていることに対する支援が無いかを問い合わせてみると、意外なことが支援対象になることもあります。また、今後取り組もうとしていることが、支援内容と合わない場合は、「ここをこんなふうに取り組んでいただければ支援対象になります」といったアドバイスももらえます。

県庁が敷居が高いと感じる方は、富山県新世紀産業機構の中小企業支援センターでは、県の支援や中小企業団体中央会などの組合を対象にしている支援制度などもまとめてワンストップで相談に乗ってくれます。

このような支援制度に認定されると、県庁のホームページからリンクを得られることもあります。県庁のホームページはGoogleからの信頼度も高く、そのサイトからのリンクは一般の企業からのリンクとは比較にならない程高い評価を得られます。

支援制度に認定されるには、計画書の作成や報告書の作成など、それなりの手間がかかりますが、支援制度で得られる助成金は返済しなくても良い純利益です。その純利益を得るために必要な売上げや営業活動を考えれば決して手間では無いと思います。

経営にもプラスになり、SEO対策としても大きなプラスになるので、是非問い合わせしてみましょう。

富山県新世紀産業機構を活用する

専門家派遣を活用する

富山県新世紀産業機構は中小企業に対するいろんな省庁からの支援策について総合的にワンストップでアドバイスしてくれる機関でで、創業・ベンチャー、経営革新、技術開発、販路・流通拡大等、企業経営や事業展開のなかで直面するさまざまな課題に対して、ワンストップで支援する総合支援機関です。

サイトを運営していて、いろんな疑問や問題に直面することがあると思います。問題解決の情報をネットで検索したりしていろいろと試行錯誤している企業も多いかと思いますが、富山県新世紀産業機構では、専門家派遣事業を行っています。

登録されている専門家もいろんな分野にわたっていて、SEO対策やWEBマーケティングの専門家やweb制作の専門家も登録されています。派遣を受ける企業側は費用の1/3の負担なので、企業の負担も低く抑えて専門家から指導をしてもらえます。

もしも、登録されている専門家とは別の人を派遣して欲しい場合は、その人に専門家登録してもらって派遣することも可能です。

SEOやwebマーケティングの専門家からコンサルディングを受けることも出来ますし、デザインの専門家やパソコンの社内ネットワークの専門家も派遣してもらえます。

計画書や報告書の提出が必要にはなりますが、専門家を低いコストで派遣してもらえるので、抱えている問題解決に役立ちます。是非、活用してみて下さい。

専門家

インターネット活用研究会に参加する

富山県新世紀産業機構では、インターネット活用研究会でネットビジネス支援を行っています。サイト運営していて、問題に直面した時に、ネットに掲載されている情報だけでは、掲載されている情報が玉石混交で、何が正しい情報が判断できないこともあります。

また、掲載されている情報が正しくても、受け手側の解釈によって、間違った方向に行ってしまうこともあります。

私も色んなサイトを見てきて、「これまで自分なりにSEO対策を行った」とおっしゃるクライアントもかなり間違ったことをしている場合が多くあります。

このように一人でネットの情報だけを頼りにしていると、いつの間にか間違った方向に進んでしまうことがあります。

このようなことにならないようにするためにも、先端で活躍している講師の生の話しを聞いて、webサイトの改善や修正を行うことはとても有効で、成果に結びつくセミナーが多いのでおすすめです。

インターネット活用研究会で開催されるセミナーに参加して、検索エンジンの上位表示の方法を学ぶことも有効なので、開催されるセミナーをチェックするようにしましょう。

本気でねっとに参加する

新世紀産業機構のインターネット活用研究会のメンバーの中から、さらに詳しく勉強したいメンバーが集まって、本気でねっとと言う会が運営されています。

本気でネットに入会すると、メンバー同士の情報交換や、インターネット活用研究会で開催されるセミナー終了後にメンバーと講師だけの特別セミナーや講師との懇親会が開催されたりします。

特別セミナーや懇親会で、セミナーでは語られなかった濃厚な情報に触れたり、サイト運営で悩んでいるメンバー同士でいろんな情報交換が出来ますので、一人で悶々と悩むことが無くなります。

セミナーに参加することはとても有効です

セミナー

ネット上には、SEO対策についても色んな情報が公開されています。しかし、ネットの情報だけだと、知らず知らずのうちに間違った方向に進んでしまっていることがあります。このような時の軌道修正にも、セミナーの講師の話しを聞くのはとても有効です。セミナーでは、事例なども紹介しながら分かりやすく説明してもらえます。さらに疑問が残った場合は、勇気を出して質問すれば、気軽に回答してもらえます。

富山にいて、東京や大阪で開催されるセミナーに参加するのは、時間的にも金銭的にも大きな負担ですが、富山で最先端の講師の話しを聞く機会がありますので、是非積極的に参加しましょう。

富山の優位性をコンテンツにする

富山の地域性や資源など、富山から情報発信することの優位性を意識してコンテンツを作ることも重要です。

ユーザーの質問の回答となるコンテンツはウェブマスターや企業のプロとしての高い専門性から生まれるものですが、それが生み出される背景となる富山のことを記載することで、ウェブマスターや企業のプロ意識を育んだ富山のことを記載することで、コンテンツの裏づけとなる場合があります。

富山県の県民性として、勤勉なことが良く言われますが、この勤勉さから生まれるコンテンツは他の都道府県の人たちには、とても説得力があるコンテンツになるはずです。そこそこ納得するまで突き詰める勤勉さを是非コンテンツに生かして下さい。ユーザーにとって価値あるコンテンツを目指し追加を続け、コンテンツを増やすことを継続すれば、SEOにとても効果があります。

富山を意識してSEO対策を行うことで、他の地域よりも優位にサイト運営を行うことが可能になり、検索順位にも良い結果が生まれWEBマーケティングが成り立つようになります。

市町村や商工会議所、商工会からリンクをもらう

商工会議所

市町村や商工会議所、商工会のホームページは権威のあるサイトなので、リンクを設置してもらえるとSEOでは有利に働きます。

ただ、リンクの設置の仕方によっては、ペナルティになることもあります。それぞれの担当者がSEOに対しての理解が無いのは当たり前で、どんなリンクが有効で、どんなリンクがペナルティになるかなど全く考えていません。リンクさえ設置すれば、リンク先の企業のためになると真面目に考えてページを管理し、リンクを設置しています。

しかし、以下のようなリンクはGoogleのガイドライン違反のリンクでブラックハットSEOの手法です。

企業ガイドとして掲載されているリンクですが、 Googleの品質に関するガイドラインのリンクプログラムに記載されている、質の低いディレクトリやブックマーク サイトのリンク。 に該当するリンクで、このリンクが原因でペナルティを受ける可能性があります。

リンク集のようなページからのリンクは危険です。企業別のページからリンクが設置されていれば、問題ありませんので、リンクの設置を依頼する場合は、どのようなページからリンクされるのか確認しましょう。

SEO無料サイト診断

SEO対策の料金

料金

基本料金

30,000円(税抜き)/月~ 最低6ヶ月間継続お願いいたします。

キーワードの検索ボリュームにより料金は変動いたします。

不自然な外部リンクによるペナルティを受けている場合は、被リンクの本数などにより別途お見積もりとさせていただきます。

富山県内の企業なら専門家派遣事業で1回の指導を1万円で実施可能

富山県新世紀産業機構の専門家派遣事業の専門家登録しています。富山県内の企業さんであれば、SEOに強いサイト作りの指導を1回の派遣指導を1万円と交通費の1/3のご負担で行うことも可能です。

WEB担当者の方が上位表示に強いサイト作りのノウハウを身に付けることができれば、企業として競合に対して大きな武器を手にすることができます。ターゲットキーワードが増える度にSEO業者に発注するよりも、上位表示のノウハウを社内に持つことの方が、企業としての強みとなり、安定したWEBからの集客を実現できます。

富山県の企業が営業ツールとしてホームページを十分に活用できるように富山県のSEO業者としてサポートさせていただきたいと思っております。

詳しくは、富山県新世紀産業機構へお問い合わせ下さい。

SEO無料サイト診断

SEO対策とホームページの制作実績

Find contentのSEO実績

看護師転職SEO対策

ビザ申請SEO対策

相続司法書士SEO対策

tsugeno

webcreation

ホメオパシーSEO対策

上記で紹介している事例の会社の実績のほとんどはまだペナルティ解除中のサイトですが、不自然なリンクは否認して、それぞれ良質なコンテンツの追加の内部対策をしていただき、ほとんどのサイトは自社のサービスのメインキーワードで上位に表示されて、集客数も増え、業界内でも確固たる地位を獲得しつつあります。また、日を追って順位が上昇しアクセス数が増加して、ECサイトの売上も向上する成果が出ています。

Googleのガイドライン違反が無いか様々な角度から分析し、ユーザーの疑問や質問に対する回答を記載したコンテンツを掲載する施策を行っています。

リンクの否認もコンテンツの掲載も徹底的に妥協無く行っています。コンテンツの掲載に対しては、具体的にユーザーが感じている疑問や質問を考えて、コンテンツ作成の方向付けを提案しました。

検索エンジンからの流入を大きく改善して、マーケティングに大きく貢献いたしております。

Googleから不自然な外部リンクでペナルティを受けると解除にはとても長期間を要します。通常、数ヶ月から1年以上かかる場合もあります。上位表示が実現して結果が出る頃には、サイトオーナーはほぼ諦める程のタイミングで、それほどの時間が経過してからペナルティが解除されます。

一度請け負った案件は契約した金額で、成果が出るまで対策を継続しています。必ず成果を出していますので、お客様からも喜んでいただいています。

SEOを請け負っている期間には、様々な相談に応じて、コンサルティングの支援も行っています。ホームページのアクセスアップのことなら私たちにお任せ下さい。

【お客様の声】

多くの気づきを得ることができたのは、清水さんがウェブアドバイザーというだけでなく経営者の経験もあるが故の事だと感謝しています。

知識の量が半端ありません!
メール対応も早くて素晴らしい方です

【検索順位実績一覧】
良質なWEBコンテンツ 412,000ページ中 1位
WEBコンテンツとは  7,400,000ページ中 10位
服 品質 見分け方   509,000ページ中 1位
企業 WEBコンテンツ 5,510,000ページ中 9位
ホームページ制作 富山県 813,000ページ中 2位
SEO対策 富山県    258,000ページ中 1位
ホームページ制作会社 SEO 3,420,000ページ中 4位
SEO対策 富山     313,000ページ中 1位
南砺市 旅館      226,000ページ中 5位
雪かき体験       414,000ページ中 1位
薬剤師 独立 名古屋 1,870,000ページ中 1位
薬局 開業 名古屋   556,000ページ中 1位
バイマ コンサル   1,320,000ページ中 5位
野菜 卸       6,530,000ページ中 1位
業務用野菜     146,000,000ページ中 1位

Find contentの制作実績

縫製工場のバーチャル企業団地【縫製屋ドットネット】ブランド立ち上げには、自分にとって最良のパートナーになる縫製工場を見つけることがとても重要です。どんなに良い企画があっても、サンプルを含めた商品を作ってくれる工場が見つからなければブランドを立ち上げることは出来ません。このサイトには、色んな商品分野の工場が登録しており、無料で工場を探すことが出来ます。ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

アパレルブランド立ち上げをサポートする縫製工場のバーチャル企業団地

縫製工場とブランドを立ち上げたい人を無料でつなぎます

縫製工場とブランドを立ち上げたい人を無料でつなぎます

小ロットを引き受けてくれ工場を見つけ出すことがブランド立ち上げのポイントです

どれだけデザインが出来上がっていても、どれだけ素晴しい企画でも、アパレルブランドを新規に立ち上げようとする時の最大の問題は、パターンやサンプルも含めた小ロットのオーダーを引き受けてくれる縫製工場が見つからないことです。小ロットで、しかもアパレルさんのような整った規格書も無く、打ち合わせにも時間のかかるブランドの新規立ち上げ案件は、工場にとっても難しい案件ではあります。

規格書まで、自分で作成しようとすると、使用するミシンの種類や、規格寸法に対する専門用語についての知識も無いと難しいので、規格書は専門家に任せましょう。

アパレルブランド立ち上げ案件は工場にとっても手間のかかるもので、特に規模の大きな工場にとっては取り組みにくいものではありますが、新規立ち上げのブランドが育てば、複雑な流通過程を経ないブランドなので、将来の事業の柱になる可能性もありますから、積極的に取り組もうとする工場もあります。また、サンプル専門縫製工場もありますので、そのようなところにサンプル制作と規格書の作成もお願いすると、量産の発注がとてもスムーズに進みます。通常、サンプル専門の縫製工場に発注すると、サンプル生産費用が請求されますが、量産発注する縫製工場のサンプル費用は量産の費用に含まれています。

そのような小ロットで規格書などが整備されていない案件でも積極的に受注してくれる工場と出会うことが、自分自身のアパレルブランド立ち上げの成功のポイントと言っても過言ではありません。

このサイトはかなり運営期間の長いサイトです。運営初期段階では、マスコミからの取材も多く、リンクも多く集めて「縫製工場」のキーワードでも上位に表示されていましたが、ダラダラと順位を下げ、ついに圏外まで順位を下げてしまいました。

当初は、不自然なリンクによるものかと思い、リンクの精査を続けていましたが、一向に順位が上昇せず、途方に暮れていましたが、適切なキーワードを含めてコンテンツのリライトをすることで、再び上位に表示することが出来ました。

過去に、上位に表示していたサイトは、順位が下がっても、コンテンツを大幅に書き換える勇気が無く、微調整程度になりがちですが、ガイドライン違反も無いのに、順位がダラダラと下がるのは、コンテンツが検索意図に合っていないからで、そのような症状の場合は、コンテンツを一から作り直す気持ちで再チャレンジしましょう。

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ