短期決戦ならブラックハットSEO 長期戦ならホワイトハットSEO

ブラックハットSEOは短期的には確実に効果がある

ブラックハットSEOの効果と顛末の投稿を見ていただければ分かりますが、将来、ペナルティを受ける不自然なリンクを大量に設置しても、一定の期間は目覚ましいSEO効果があります。しかも、リンクを設置してから短期間で効果が表れます。

Googleは設置されたリンクの質を評価する前に、設置されたリンクの本数を評価しています。大量の被リンクを獲得したサイトは様々なキーワードで検索順位が上昇して、アクセス数も急増します。

SEOに即効性を求めるのであれば、ブラックハットSEOはかなり有効です。問題は、いつペナルティを受けるのかと言うことです。

これは確実に定まった期間があるのでは無く、数ヶ月でペナルティを受ける場合もありますし、数年後にペナルティを受けるサイトもあります。

ペナルティを受ける時期は明確に定まっていませんが、いつかは必ずペナルティを受けます。ペナルティを受けるまでの短期決戦で瞬間的に大きな売上げを獲得して、その後はペナルティを受けてサイトを捨てても良いような、極めて短い期間の流行の商品を販売する場合は、ブラックハットSEOを利用することは最大限の効果を得ることが可能です。

短期間に売上げを獲得した後、サイトを捨てても良いと割り切れるのであればブラックハットSEOは利用する価値があると思います。

極めて短い期間に爆発的な流行があって、それが過ぎると誰も見向きもしないような商品や短期的な一発勝負ならブラックハットSEOは有効です。

長期的にサイトを育てるホワイトハットSEO

これに対してホワイトハットSEOは短期的にアクセスが急増するような爆発的な効果はほとんどありません。

地道に良質なコンテンツを継続して掲載して、サイトボリュームを大きくして、コンテンツを読んだユーザーの中からリンクを設置してくれるユーザーが表れることをひたすら待ちます。

コンテンツそのものの評価によって得られるSEO効果は限定的で、しかもコンテンツの評価には時間が必要です。

良質なコンテンツの掲載を継続してSEO効果が出るのには年単位の取り組みが必要です。

永続するSEO効果を得られるような対策を行う場合はホワイトハットSEOです。

ペナルティを受けるような施策を行っていなければ、Googleのコアアルゴリズム更新などがあっても順位が大きく落ちるようなことは無く、長期的に安定した順位の獲得が可能です。

リアルの営業マンを教育して強い営業部隊を作るような気の遠くなるような地道で長期的な取り組みです。しかし、一度作り上げた強力な営業部隊は長期的に企業に利益をもたらしてくれるように、ホワイトハットSEOで良質なコンテンツを積み上げたサイトはGoogleからもユーザーからも評価されて、利益を生み出し続けます。

一度自動ペナルティを受けるとリンク否認で不自然なリンクを完全に無くすのは極めて難しい

リンクを辿るGooglebotの巡回はとても遅い

不自然なリンクで自動ペナルティを受けると、そのリンクをSearch consoleからリンク否認を行います。

Googlebotはページを巡回するbotとリンクを辿るbotは別々で、ページは頻繁にクロールされますが、リンクのクロールはなかなか進みません。

リンクがある程度クロールされてリンク否認が成立すると、検索順位も上がり、ペナルティが解除されたかのような状態になりますが、実際には、数件のリンクは否認されずに残っていることが多くあります。

そして、この数件のリンクが残っていることで、検索結果の上位に表示されても、時々圏外に飛んだり、10位前後からなかなか順位が上がらない状態が続きます。

最後に残ったリンクは数年間放置される

そして、リンク否認されず、残った最後の1、2件のリンクは何年経ってもクロールされず、検索順位への悪影響も数年間残ります。

実際に4年以上もクロールされていないリンクも存在します。

残ったリンクの影響が軽微な場合はさほど問題ありませんが、ビッグキーワードで上位を狙っているとか、自然発生リンクをほとんど持っていないサイトや、リンク元が重大なペナルティを受けていいたりする場合は、かなり深刻な問題になります。

外部リンクのリンク元へのGooglebotの巡回をコントロールすることは不可能なので、ただひたすら待つしかありません。

このように不自然なリンクを設置してしまうと、完全にそのリンクから解放されることはほぼ無いと考えた方が良いと思います。

くれぐれもリンクの購入などしないことです。

重複コンテンツでペナルティを受けてしまうのはsitemap.xmlを送信しているから

sitemap.xmlは生成された全てのページを送信する

SEOに有効だと思われているsitemap.xmlですが、sitemap.xmlが必ずしもSEOに有効とは言えません。sitemap.xmlは生成されたページ全てを検索エンジンに送信してしまいます。Search consoleのカバレッジで「重複しています」が大量に指摘された場合に、身に覚えの無いページが大量に重複と指摘される場合があります。

sitemap.xmlを送信していなければ、Googlebotはリンクを辿ってページを収集するので、リンクが貼られていないarchivesやfeedなどは収集しないので、重複は基本的に発生しません。

大量の重複コンテンツでGoogleからペナルティを受けてしまうのは、sitemap.xmlを送信しているからとも言えます。

重複を指摘されたページはsitemap.xmlから削除して送信する

Search consoleに大量の重複を指摘されてペナルティを受けた場合は、sitemap.xmlの中から重複しているURLを削除して送信します。sitemap.xmlに従ってGooglebotがページを収集すると、重複は解消されます。

重複が解消したら、sitemap.xmlを削除してしまいましょう。

Googleは必ずしもsitemap.xmlの送信を推奨していません

GoogleのSearch consoleのヘルプでも「サイトの各ページが適切にリンクされていれば、Google は通常、サイトのほとんどのページを検出できます。」と記載されています。ページが完全にリンクされていて、大規模なサイトで無い限り、sitemap.xmlの送信は必要ありません。

重複ページが大量に検出されてペナルティが発生するのは、sitemap.xmlの功罪とも言えます。

サイトを開設したらsitemap.xmlの送信を妄信するのは、むしろ危険だとも言えます。Search consoleに登録すれば、sitemap.xmlを送信しなくてもGooglebotがサイトをクロールしてくれますし、リンクされていないページをインデックスしないので、無用なページをインデックスする心配もありません。

 

SEOでは絶対避けたいgoogleの誤認による被リンクのペナルティを未然に防ぐ方法は無い

Googleは完璧ではないので、誤認によるペナルティが発生します

良質な自然発生リンクは検索ランキングを向上させる大きな要素で、自然発生リンクが得られるように、常に良質なコンテンツの掲載を続けるのが王道のSEOです。

自分で、検索ランキングを操作しようとして設置したリンクでは無く、全く自分が関与していないリンクでも、Googleからペナルティを受けることがあります。Googleのアルゴリズム更新でも無く、全く予期せぬタイミングでサイト全体のランキングが低下する要因として、自然発生リンクのリンク元が低品質なコンテンツである場合には、Googleはリンク元では無く、リンク先であるサイトに対してペナルティを課します。

リンク元に対して、ことらからリンクの設置を依頼した訳では無くても、低品質なページやペナルティを受けているサイトからのリンクが貼られると、ランキングに悪影響が出ます。

運営期間が長く、良質な自然発生リンクを大量に持っているサイトの場合は、多少の低品質なリンクが貼られても大きな問題にはなりませんが、運営期間が短く、良質な自然発生リンクをあまり持っていないサイトの場合は、悪影響が直撃します。

悪影響を未然に防いだり、Googleに異議申し立ては出来ません

このような、自然発生リンクでランキングに悪影響が出るのは、全く予想も出来ず、未然に防ぐことは出来ません。

また、Googleに対して異議申し立てをする窓口も無く、対応はリンク否認のみしかありません。

しかし、リンク否認を行っても、そのリンクをGooglebotが巡回してくれないと、リンク否認は成立せず、通常しても長期間を要します。

警察によって誤認逮捕された場合や、冤罪で懲役判決を受けた場合は、その後の無罪判決で、賠償金を受け取ることも出来ますが、Googleはそのような補償はしてくれません。

良質なコンテンツと良質なコンテンツを持ったサテライトサイトで武装する

このような誤認によって受けるランキングへの悪影響を少しでも回避するために出来ることは、良質なコンテンツを継続して投稿することと、もう一つは、メインサイトと関連のあるテーマで、サテライトサイトを開設して、良質なコンテンツを掲載して、関連したページへリンクを設置することです。

このサテライトサイトは自作自演リンクですが、運営元の記載やSearch consoleにも登録して、同じ運営元であることをGoogleに知らせましょう。

同じ運営者のサイトからのリンクの価値は、別の人が運営するサイトからのリンクよりも価値は低下しますが、全く外部リンクが無い状態よりもマシです。

メインサイトとテーマが近いけれども、同じサイトでは記載出来ないようなコンテンツを掲載したサイトを運営することはSEOの効果が期待出来ます。

ただし、サテライトサイトを新規ドメインで公開した場合には、ドメインの評価やコンテンツの評価に時間が必要なので、リンクが効果を発揮するのにも時間を要します。

Googleの誤認によってランキングに悪影響が出てから、良質なコンテンツを掲載したサテライトサイトを公開しても、効果が出るまで時間がかかります。Googleの誤認によってランキングに悪影響が出る前にサテライトサイトを公開して、誤認による悪影響を回避できるように備えておきましょう。

Googleのスパム通報は期待するほど迅速な対応をしてくれない

Googleはアルゴリズムでスパムに対応しようとしている

有料リンクや隠しテキストなど、Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反するウェブページを発見した時には、スパムレポートを送信することをGoogleも推奨しています。

スパムレポートを送信する立場としては、明らかな不正を行っているサイトを厳重に取り締まって欲しいと思ってスパムレポートを送信しています。しかし、その取り締まりは期待する程のスピードでは対応されず、送信したことが無駄だってのではないかと思うこともある程です。

Googleとしては、ユーザーに被害が及ぶようなスパム行為に対しては、手動ですみやかに対応しているようですが、急を要しないようなガイドライン違反については、多く寄せられるスパム通報で、これまでのアルゴリズムで対応出来ていないものについて、共通していることや法則のようなものを見抜いて、アルゴリズムで自動的に対応できるようにしようとしています。

アルゴリズムで対応することで、これまで対応出来なかった不正を一網打尽にすることが出来ると考えているようです。

スパム通報を行ってもなかなか対応されないことに不満を感じる人もいると思いますが、Googleでは対応を試行錯誤しているはずなので、辛抱強く待ちましょう。

ペナルティでは無く、スパム行為を無効化されることも

スパム通報を行った行為に対して、Googleは必ずペナルティを課すとは限らず、通報したスパム行為を無効化することもあります。スパム行為を無効化することで、サイトのコンテンツを適正に評価したことで、そのサイトのアクセスが増える場合もあります。

対応が遅くても、スパムサイトを見つけたら通報しよう

Googleにスパム通報しても、なかなか対応してもらえないと感じて、通報しないようになる人もいるかも知れませんが、Googleに送信したスパム通報については、Googleの社員が全てに目を通しているそうです。

通報した案件に対して、Googleがアルゴリズムで対応するまで待つ必要がありますが、必ず何らかの対応はされるはずです。

スパム通報してもGoogleに無視されたと考えずに、新たなスパムサイトを発見したら、スパム通報を行いましょう。

不自然なリンクによる検索ランキングの低下を未然に防ぐ方法は無い

不自然なリンクが発見された時点ですでに手遅れです

Googleが発見した時点で評価が開始されます

自身が運営しているサイトがどこから外部リンクが設置されているかはGoogleのSearch consoleの最新のリンクをダウンロードするか、外部リンクをチェックするツールを使って調査します。外部リンクが設置された時に通知が届くような機能があれば、すぐにリンクを精査して、不自然なリンクをGoogleがインデックスする前に否認が行えますが、そのような機能は現在のところ無く、Search consoleの最新のリンクのデータに頼るしかありません。

Search consoleの最新のリンクをダウンロードで不自然なリンクを発見して、慌てて否認を行っても、すでにGoogleはリンクの評価を開始していて、Googleの評価を待つしかありません。リンクの否認を行っても、否認したURLを再度Googlebotが巡回するまで、否認は認められず、Googlebotが巡回するまでは、ランキングが低下します。なので、不自然なリンクを発見した時点ですでに手遅れなのです。

Googleがスパムリンクと判断して無効化してくれれば問題ありませんが、不自然なリンクとして判断した場合は、ランキングに悪影響が出ます。

一方的に貼られる不自然なリンクでランキングが下がるのは不本意です

自分でブラックハットSEO業者に発注したリンクでペナルティを受けるのは自業自得で、Googleの判断を受け入れるしかありませんが、自分から依頼した訳でもない、リンク元から不自然なリンクを設置されて、それが原因で、ランキングに悪影響が出るのは、とても不本意です。

多少の不自然なリンクを設置されてもビクともしない程、良質なリンクを大量に持っているサイトなら何も問題ありませんが、自然発生リンクが少ないサイトには、1つのドメインから不自然なリンクを設置されただけでも、ランキングに悪影響が出ます。

Googlebotのリンクの巡回にはとても長い時間がかかる

不自然な外部リンクを発見して、すぐにリンクの否認を行っても、Googlebotのリンクの巡回にはとても長い時間がかかります。ページを巡回するbotとリンクを巡回するbotは違うらしく、ページは頻繁に巡回されていてもリンクはなかなか巡回されません。

酷い場合は、1年以上も巡回されないこともあります。

ページランクアルゴリズムは欠陥があるのでは?

Googleのリンクをランキングの評価に含めるページランクアルゴリズムはブラックハットSEOなどで悪用されたり、ネガティブSEOで競合の検索順位を落としたり、いろいろ悪用されています。

これだけ問題のある行為を生むアルゴリズムは欠陥があるのでは無いかと思います。

SEOのことが分かる人は、不自然な外部リンクの問題でランキングが下がることが分かりますが、SEOのことが分からない人は、何の疑いも無く、アクセスアップになると思って質の低いディレクトリに登録して、ペナルティを受けたりします。

そして、原因が分からないまま、ホームページでアクセスを稼ぐことは無理だと決めつけて、更新もしなくなるのです。

以前にもあったブラウザのブックマークをランキングの要素にするとか

外部リンクをランキングの要素にすると、不正が行われたりGoogleの誤認によって、スパムリンクでペナルティを受けたり様々な問題があります。

真面目に運営していても、ペナルティを受けるような悲しい事態を招かないようなアルゴリズムを採用して欲しいと切に願います。ページランクアルゴリズムがGoogleにライセンスされている特許であったとしても、これだけ不正が横行するようなアルゴリズムを採用し続けるのは決して良いことでは無いと思います。

別のアルゴリズムを採用すれば、またそのアルゴリズムを逆手に取ったスパム行為が出て来るのかも知れませんが、以前もあったブラウザのブックマークをランキングの評価にするなど、違う方法も検討して欲しいと思います。

ただ、ブラウザのブックマークだと大企業が所有するパソコンのブラウザに自社のホームページをブックマークするのどの対策が可能で、やはりスパム行為は可能です。

2020年5月4日のGoogleコアアルゴリズムアップデートでリンクの評価が厳しくなった?

ジャンルの統一されたリンク集からのリンクの評価が下がった?

2020年5月4日から開始されたGoogleのコアアルゴリズムアップデートで、これまであまり問題にならなかったジャンルの統一されたリンク集からのリンクの評価が厳しくなり、ランキングに悪影響が出ているようです。

これまでは、ジャンルが統一されていないリンク集のページからのリンクはペナルティを受ける可能性がありましたが、今回のアップデートで順位が下がったサイトのいくつかで共通しているのが、ジャンルの統一されたリンク集からのリンクがあるサイトでした。

アルゴリズムアップデートはこんなに単純なものでは無いと思いますが、一つの要素として、リンク集はどんな形態でもペナルティと評価されるようになったのでは無いかと思います。

Googleが評価するリンク

Googleが評価するリンクはページランクアルゴリズムの基本となっている論文の引用のように本文の中に設置されるリンクが基本で、本文の中のテキストからより詳しい記載のあるページへリンクが設置されていれば、評価されますが、リンク集の形態で、リンクと僅かな説明のみのページからのリンクは評価しないようになったのではないかと思います。

リンクにはリンクでユーザーを別ページへ誘導する必然性が無ければ、どんなリンクも価値は無く、本文を読んだユーザーがキーワードについてさらに詳しい説明が必要な場合にリンクを設置して補足説明に利用するような場合にリンクを設置するのが自然なリンクで、リンク集に設置されているリンクもリンク集のページでは無く、ページ本文からリンクの設置が可能と考えます。

このように、リンクに必然性があって、リンク先ページを紹介しないと、ユーザーにコンテンツの全容を理解してもらえないような場合に設置するのが正しいリンクだと考えます。

良質なリンクが無いと僅かな不自然なリンクで悪影響が出る

自然発生リンクを大量に持っているサイトは安定する

サイトの運営歴が長く、良質なコンテンツを継続して掲載しているサイトは、自然発生リンクを大量に持っていて、順位もアクセスも安定しています。長期間運営していれば、サイトボリュームも大きく、多くのコンテンツの公開を続けていると、注目されるコンテンツもあり、自然発生リンクを獲得しているコンテンツがいくつもあります。
また、長期間運営しているサイトは良質なリンクも得られますが、不自然なリンクも張られます。それでも良質なリンクが多ければ、不自然なリンクが1本や2本あってもほとんど影響しません。自然発生リンクを大量に獲得していれば、不自然なリンクを10本や20本張られても大丈夫でしょう。

自然発生リンクが無いサイトに1本でも不自然なリンクが張られると順位に悪影響が

これに対して、運営歴が短く、サイトボリュームもあまり大きくないサイトは、良質なコンテンツの掲載を続けていても、注目されるコンテンツは少なく、自然発生リンクの獲得もほとんど出来ません。

自然発生リンクがほとんど無いサイトに不自然なリンクを1本でも付けられると、モロに打撃を受けてしまい順位に悪影響が出ます。

リンクの評価は「自然発生リンク-不自然なリンク」です

自然発生リンクが0で不自然なリンクが1本付くと、-1になって、ペナルティを受けます。自然発生リンクが2本あって、不自然なリンクが1本付くと、+2から+1になるので、検索順位が下がります。

自分からリンクを依頼していなくても、勝手に張られる不自然なリンクやペナルティを受けているサイトからリンクを張られることがあり、順位に悪影響を与えることがあります。

+-

リンク否認と良質なコンテンツの追加を続けるしかありません

予期しない、不自然なリンクを張られて、順位が下がった場合は、不自然なリンクを否認して、そのリンクをGoogleがクロールするのを待ちながら、良質なコンテンツの掲載を辛抱強く続けるしかありません。

自分が購入したり、依頼したリンクでは無くても、Googleから否定的な評価をされる場合もあります。Googleも完璧では無いので、スパムリンクをスパムと判断してくれず、サイトの評価を下げられるのは不運ですが、Googleに完璧を求めても、今はまだ無理です。

自分が設置したリンクでは無いのに、サイトの評価を下げられると、モチベーションが下がってしまいますが、試練を与えられて、自分を試されていると思って、前向きにサイト運営を続けましょう。

不自然なリンクの否認の効果が出るまでには時間がかかるかも知れませんが、ふて腐れることなく、気持ちを前向きにして、いつか正当な評価がされる日を待ちながら頑張りましょう。

新規ドメインがGoogleに評価されるのに必要な期間

新規ドメインがGoogleから評価されるのには3ヶ月~1年程度必要と言われます

新規ドメインで新しいサイトを開設した場合、コンテンツや外部リンクの有無によっても適正に評価される期間は違います。

公開直後から適正に評価されてアクセスが集まると言うことは無く、公開してしばらくは、ほとんどアクセスが無い状態が続きます。

公開してしばらくは、アクセスが無くても、コンテンツの追加や公開済みのページのリライトを続けないと、ほとんどアクセスが無い状態が続いてしまいます。

アクセスが増加するまで、7ヶ月かかった事例

Googleから評価されるまでの期間

このサイトは公開直後から継続して、専門性の高いコンテンツの追加を継続していて、元々運営していたメインサイトからもリンクをもらっていました。

コンテンツの追加は今も継続しているので、これからもアクセスは伸びて行くと思います。まだ、狙っているキーワードでは1ページ目には表示されておらず、さらにコンテンツの追加やページのリライトでサイトの評価が高まって順位も上がって、アクセスも増えて行くと思います。

ただ、実際のところ公開開始から6ヶ月経過してもほとんどアクセスが増えず、増加の兆しも見えなかったので、公開したサイトが本当に良かったのかなど、色々迷いも出ました。

6ヶ月を過ぎたあたりから、少しだけアクセスが増えるようになりましたが、それでも大きなアクセスの伸びでは無く、微増でした。

公開してからある程度の期間は、何をしてもアクセスが全く伸びないので、サイトを公開したことが失敗だったのではないかと思うことは良くあると思います。しかし、アクセスはある日突然伸びるので、諦めずに更新を続けましょう。

隠しテキストや隠しリンクや低品質なコンテンツや不自然なリンクなど、Googleのガイドラインに違反するような行為をしていなければ、時期が来れば、必ずアクセスが伸びるので、辛抱強く待ちましょう。

ブラックハットSEOの効果と顛末

不自然な外部リンクを大量に設置されたサイトのアクセス数の推移

ブラックハットSEO

検索エンジンを欺いて、検索順位を操作しようとするブラックハットSEO。実際に大量の外部リンクを設置したサイトの情報がありますので、紹介して記事として共有します。マーケティングにどのような影響があるのか徹底して検証したいと思います。ブラックハットSEOとは対極にあるホワイトハットSEOはとても多く労力と時間を要するので、短期間の効果を得るのは難しいので、短期間に効果を発揮するブラックハットSEOのサービスを利用する人もいるのです。

企業の担当者も上司から上位表示を強く迫られて、やむなくブラックハットSEO業者に依頼してしまうこともあるでしょう。ブラックハットSEO業者は検索エンジン最適化の手法として、有益なリンクを設置するので、自社の施策は安全だと説明するかも知れません。

しかし、ブラックハットSEOはとても安易に大量の外部リンクを設置するもので、とてもリスクの高い危険な方法です。今後の推移も含め解説します。

Googleのガイドラインに違反する不自然な外部リンクの設置が始まったのが2020年4月13日。それからどんどんリンクを増やして行きました。

リンク元のページは英語で記載されているページに突然日本語のアンカーテキストのリンクが表示されるスパム的なページがほとんどです。

このwebサイトは元々、全く内容の関係の無い友人のサイトのサイドバーからのリンクがあり、Googleからペナルティを受けていました。リンク否認はしていましたが、リンク数が3,700本もあり、なかなかペナルティが解除されず、待ち切れなくなったのでしょう。

このような明らかに不自然で価値の無い外部リンクを設置する手法をすることをSEO業者は説明しなかったのでしょうか。このリンクを見れば、SEOの知識が無くとも不自然なリンクであることは理解できると思います。

ほとんどはブログからのリンクですが、このリンクを見れば、普通なら初心者でも不自然な被リンクだと分かると思いますが・・・・。

不自然なリンク

不自然なリンク

このような英語の文章の中に日本語のリンクが大量に記載されているページや英語のページの中に1ページだけに向けたリンクが表示されるページで、ユーザーをページへ誘導するためのリンクでは無く、Googleからの評価を上げる目的だけに設置されたリンクであることは明らかです。

ページに記載されている情報に一貫性が無く、いろんな業種へのリンクが混在していたり、本文とは全く関連の無いリンクがあるのが特徴です。

設置されたリンクはSearch consoleの最新のリンクをダウンロードで確認しただけで133本です。実際にはもっと多いはずです。

不自然なリンクが設置されて2ヶ月が経過しても順調にアクセスが伸びています

いずれはGoogleにバレてペナルティを受けると思いますが、リンクの設置が始まってから約2ヶ月が経過しましたが、アクセス数は順調に上昇しています。

ターゲットキーワードの順位上昇はそんなに大きくは無いので、多様なキーワードでヒットするようになったものと思います。

Googleがリンクの評価をどんなプロセスで行うのか分かりませんが、現在のところブラックハットSEOは上手く機能しています。

Googleのリンクの評価にかかる時間が長いことがブラックハットSEOが無くならない理由でもあります。

このアクセスの推移を見ていると、やはりリンクのSEO効果が大きいことが分かります。このリンクが良質なリンクであれば、将来に渡って、安定したアクセスが約束されるので、とても良いことなのですが、質が悪いことは明らかなので、今後どのように推移して行くのか見て行きたいと思います。

これだけのSEO効果があるのであれば、やはり良質な外部リンクの獲得はとても大きなことだと言うことが良く分かります。自然発生リンクを獲得するのはかなり難しいことなので、このようなブラックハットSEOが横行するのですが、一時の効果のためにサイトを危険に晒して、将来に渡ってのアクセスを犠牲にすることは避けるべきだと思います。

問題の根源は、Googleが短期間でも、不自然なリンクによって検索順位を上げ、アクセスを増やしてしまうことです。リンクの評価をリンクを検出した当初から出来れば、このようなブラックハットSEOは根絶されると思うのですが、ある程度の期間、検索順位やアクセスが改善されることがブラックハットSEOが無くならない理由だと思います。

最終的にどんな結果になるのか、継続してアクセスの推移を見て行きたいと思います。不自然なリンクを大量に設置する施策が招く結果を継続してレポートしたいと思います。最終的にアクセスが激減すれば、ブラックハットSEOを依頼する意味は無いことになります。

不自然なリンク設置から3ヶ月が経過

不自然なリンクを設置して3ヶ月経過

不自然なリンクが設置され始めてから約3ヶ月が経過しましたが、まだアクセス数は伸びています。Googleはまだ不自然なリンクとは認識していないようです。アクセス数の増加が始まった時期と、Googleのコアアルゴリズムのアップデートの時期と一致するので、コンテンツの評価も変わったのかも知れませんが、まだアクセスが伸びているのは、今でもGoogleが認識する外部リンクが増加し続けているからです。

実際に設置されたリンクがどれだけあるのか分かりませんが、Googleが発見するまでタイムラグがあるので、2ヶ月前に設置されたリンクが最近Googleが認識したりしているので、増加しているリンクをGoogleが評価しているものと思います。

短期決戦のキーワードならブラックハットSEOもありかも

とにかく短期間で効果を出して、その後ドメインを捨てても良いのであれば、この結果を見ると、ブラックハットSEOも一定のメリットがあり活用するのもありだと思います。

短期間にアクセスを増やす効果は確実にあります。不自然なリンクを大量に設置しても短期間であれば、検索結果の上位に表示することは可能で、アクセスも増やすことが出来るので、ドメインを育てて長期間運営する意図が無いのであれば、不自然なリンクを大量に設置する行為はガイドライン違反で、不正なスパム行為でも、効果があるのは確かです。

不自然なリンクが設置されて3ヶ月経過してもまだアクセス数が増えていると言うことは、最低3ヶ月はリンクの本数だけでランキングの評価をしていると言うことです。リンクの質を評価するのはリンクを設置してからどれだけ経過すれば始まるのでしょうか。

不自然なリンク設置から4ヶ月半が経過、少しアクセスに陰りが

ブラックハットSEO、アクセスが減少しはじめる

不自然なリンクが設置されてから4ヶ月半が経過して、少しアクセスが減少傾向に転じ始めました。この後大きな下落に繋がるのか、それとも盛り返すのか、注目したいと思います。アクセスが減少に転じ始めたと言うことは、リンクの評価が始まって、Googleが不正なリンクだと判断し始めたものと思います。