企業側が発信したい情報とユーザーが求める情報のギャップ

スマートな企業イメージを伝えたい企業と、疑問や問題を解決したいユーザー

スタイリッシュなホームページではファンを獲得することは出来ません

スタイリッシュなホームページと言う経営者がとても多いです。企業側はテレビコマーシャルのような企業イメージを伝えるホームページを作りたいと思っている場合がとても多いのです。漠然として企業イメージのためのホームページでは、他社と差別化出来ません。企業イメージを伝えるホームページだと、受け手側によってどのようにでも受け取れるので、確実なファンを作ることは出来ません。

企業側は、ホームページを企業イメージの向上と考えていることが多いように感じます。しかし、企業イメージを向上したいと考えるホームページには、ユーザーの疑問や課題を何も解決しません。

ユーザーの疑問や質問の解決にならないホームページは検索結果の上位に表示する必然性が無く、実際に上位には表示されないのです。

疑問を解決したいと思ってるユーザーとのギャップ

これに対して、ユーザーは疑問や質問に対する回答を求めて検索します。この検索行動に対して、漠然とした企業イメージだけを掲載したホームページが検索結果に表示されることはありません。ここに企業とユーザーのミスマッチが発生するのです。

企業側は漠然とした企業イメージを伝えることでファンを作りたいと考えていますが、漠然としたイメージでファンが出来る程、ユーザーは甘く無く、スタイリッシュで無くても、疑問や質問に回答してくれた企業に対して、プロとしての高い専門性を感じて、ファンになるのです。

このギャップは企業側が埋めないといけない問題です。企業側がホームページと言うツールを企業イメージのツールでは無く、ユーザーとのコミュニケーションツールだと認識しないと変わりません。

ユーザーに対して、企業が持っている知識を集約して、ホームページに記載して、さらに問い合わせがあった時にも、気軽に回答することでファンを地道に獲得しようとする意識が無ければ、ホームページを開設してもほとんど効果はありません。

コマーシャルとホームページは根本的に違います

コマーシャルは不特定多数に企業側から見せるもので、ユーザーが何を求めているのか分からずに表示するものです。さらにコマーシャルは放送時間や紙面の大きさによって金額が変わるので、限られた情報しか表示できないので、企業イメージを伝えるような内容のものが多いのです。

これに対して、ホームページは、ユーザーが解決したい疑問や問題を検索窓に入れて、課題を持ってホームページを訪れます。明確な解決したい問題があるユーザーに対して、漠然とした企業イメージを伝えるような内容しか記載されていなければ、訪れたユーザーはがっかりするはずです。

さらに、ホームページはサーバーの契約容量の範囲であれば、どれだけページ数を増やしても金額は変わりません。このように、根本的に対象にするユーザーも掲載にかかるコストも違う条件なのに、コマーシャルと同じような漠然とした企業イメージだけ伝えるスタイリッシュなホームページを作りたいと考えるのは、ホームページにユーザーが求めていることを理解していないからです。ユーザーファーストであれば、スタイリッシュなホームページにはなり得ないはずです。

テンプレートからのリンクでペナルティを受けた場合の対処法

さまざまなサイトのフッターやテンプレートに埋め込まれて広く配布されるリンクのペナルティへの対処法

外部リンクでペナルティを受けると甚大なダメージを受けるので、出来れば避けたいことですが、被リンクでペナルティを受けた場合の対処法について記載します。

今回記載するのは、関連企業同士をフッターやサイドバーからリンクしてペナルティを受けている場合の対処法です。

通常、不自然なリンクでペナルティを受けた場合には、当該リンクを否認して、否認したリンクをGooglebotがクロールするのを待つしかありません。しかし、Googlebotがリンクをクロールするのは、とても時間がかかり、なかなかクロールしてくれず、ひどい場合は1年以上ペナルティが解除されないケースもあります。

関連会社からのリンクの場合はSearch consoleからインデックス登録をリクエストする

関連会社のフッターやサイドバーからのリンクの場合、そのリンクを削除又はnofollowにして、Search consoleのURL検査からインデックス登録をリクエストします。リンクを削除又はnofollowにしているので、ページは変更してあるので、インデックス登録をリクエストは送信できます。

インデックス登録をリクエストするとページは間違いなくクロールされますが、リンクをクロールするかどうかは分かりませんが、送信したページのうち30%程度はリンクもクロールするようです。

次に、リンクが残ったページのコンテンツをリライトして再度インデックス登録をリクエストします。

これを繰り返すことで、テンプレートからの大量のリンクを早くGoogleのデータベースから無くすことが出来ます。ただ、nofollowにした場合は、Search consoleの最新のリンクをダウンロードしても、リンクの日が新しくなるだけで、データは残り続けますが、リンクの日付が新しくなれば、nofollowとしてインデックスされるので、リンクを評価しなくなりますので、ペナルティがより早く解除されるのです。

Search consoleのURL削除はページの非表示なのでリンクは削除されません

Search consoleのURL削除はページを一時的に非表示にする機能なので、データがGoogleのデータベースから削除されるわけではありません。

なので、リンク元URLをURL削除で送信しても、リンクは削除されません。

市町村名だけが違っていて、内容が同じページは類似コンテンツです

営業範囲の市町村別のページを作っても内容が同じなら、検索結果に表示されなくなります

営業範囲の市町村で「サービス名 市町村名」で上位に表示したいと思って、市町村名だけを変えて、内容は同じページを複数作る方法は類似コンテンツになり、代表するウェブページ以外は、検索順位を下げられるか、圏外に飛ばされます。

類似コンテンツや重複コンテンツはパンダアッフプデートで検索品質を高めるたアルゴリズムで、問題となるページは、検索結果から除外されたり、順位が大きく落とされる対策が取られました。

そもそも、対象市町村が違っていると言う理由で、サービス内容が異なるビジネスなどありません。市町村名だけが、違って、内容が同じコンテンツを大量に作ることは、ランキングの操作やユーザーへの偽装を意図した行為とGoogleから判断される可能性が高いです。

Googleは重複コンテンツや類似コンテンツを検索結果に表示しないようにしていて、悪意があると判断された場合はペナルティを受けて、サイト全体のランキングに悪影響が出ることもあります。

市町村名だけ違うコピーコンテンツを作っても、検索結果に表示されないので、そのようなページは作らずに、会社の所在地を記載したページにコンテンツを集中させましょう。

会社の所在地が記載されていれば、ユーザーのデバイスの位置情報から、近い企業の情報は検索結果に表示されます。類似コンテンツで順位を下げられるよりも、位置情報で近いサービスとして表示された方が上位に表示されます。

重複コンテンツは、Search consoleのカバレッジの除外の中に表示されますが、類似コンテンツは表示されないので、分からないこともあります。

テリトリーを記載したい場合は、お客様の声に記載しましょう

営業範囲をサイト内に記載したい場合は、お客様の声のページに「〇〇市、△△様」として記載すれば、自然に営業範囲のユーザーの声が記載されるので、自然に営業範囲でGoogleの検索結果に表示されるようになります。

お客様の声で特定の市町村の言及が多い場合は、Googleが判断して、お客様の声のページでは無く、サービスの内容のページを表示してくれるようになります。

市町村名だけが違って、他の内容が同じページはユーザーのために作ったページでは無く、Googleの検索順位を有利にしたいと思って作られるページと認識されるので、このようなページをGoogleは絶対に評価しません。

類似コンテンツ判定ツール

類似ページの判定ツールは、http://sujiko.jp/に類似を疑うページのURLを入力してチェックします。

類似コンテンツの判定ツール

類似度が高いページはこのように判定されます。サイト内のページもサイト外のページも類似度の判定が可能です。類似しているページの存在を確認した時には、このツールでチェックしてみましょう。

タイトル類似度、本文類似度、HTML類似度をそれぞれ判定してくれます。

サイト内に類似ページがある場合は、どれか1つを残して削除しましょう。

サイト内に、市町村名が記載されたページが多くある場合は、類似コンテンツのチェックをしてみる必要があります。類似した記事が多くある場合は削除して、1ページにまとめましょう。

市町村名の羅列は、キーワードの乱用です

市町村名別のページを作ると、類似コンテンツになるからと、1ページに営業範囲の市町村を記載したページを作成すると、キーワードの乱用になって、やはりペナルティを受けます。ページに営業範囲の市町村を記載するのも、「市町村名 サービス名」で検索結果の上位に表示したいからで、ユーザーのための記載ではありません。このような検索エンジンのために行う行為は、Googleから評価されません。

descriptionがページに2つある場合の対処法

descriptionが複数あるとGoogleはどれを採用して良いのか分からなくなります

WordPressでサイトを作成していると、1ページにdescriptionが2つ記載されていることがあります。descriptionは検索のランキングにはほとんど影響しませんが、descriptionは1ページに1つが基本なので、複数のdescriptionがあるのは良いことではありません。

descriptionが2つ記載されるのはプラグインの問題です

All in One SEO Packを利用している場合は、「All in One SEO」→「一般設定」→「ホームページ設定」でホーページのディスクリプションの記載をしないと、ページに2つのdescriptionが表示されてしまいます。

All in One SEO Pack

All in One SEO Packをインストールすれば、SEOの効果があると思っていらっしゃる方もいますが、インストール後に適正な設定をしないと、悪影響が出ることがありますので、正しく設定しましょう。

SEOプラグインの競合でもdescriptionが複数表示されます

All in One SEO PackとVK All in one Expansion Unitが競合していて、複数のdescriptionが出力されている事例がありました。All in One SEO PackもVK All in one Expansion Unitもメタディスクリプションを出力する機能があり、どちらのプラグインでも出力する設定にしてあると、descriptionが複数記載されます。

他にもdescriptionを出力する機能を持ったプラグインが多くあります。descriptionはどれか一つのプラグインのみで出力するか、SEOプラグインは使わず、各ページの抜粋に記載してdescriptionにするなどの対応をしましょう。

隠しテキストで最も多いh1タグ

h1タグはデザイナーにとっては邪魔もの?

h1タグはSEOでも重要な大見出しで、ターゲットキーワードを記載して上位表示で重要な役目を果たすものですが、WEBデザイナーにとって、フォントサイズの大きいh1タグは、サイトデザインの上では邪魔な存在なのが理由かも知れませんが、ページの重要な見出しなので、隠すようなことはせず、正しく使う必要があります。

h1タグがヘッダーロゴのalt属性として使っていることもありますが、本来h1タグはページの大見出しなので、ヘッダーロゴにh1を記載してしまうと、全ページが同じh1になるので、本に例えると、ページをめくる毎に同じ大見出しが記載されているようなもので、とても不自然なことで、正しい使い方ではありません。

Googleの性能が低かった時代には、h1タグを隠して、タグ内にキーワードを盛り込んで上位表示に繋げていました。当時は、それなりに効果もあった方法ですが、今では、Googleが不正を見破るので、SEOの効果はありません。

webページの閲覧者とGooglebotに見せる内容が同じになるようにするのは、web制作の基本です。

これまで、何度かh1タグを隠しテキストにしているものがありました。Googlebotに見せるページの情報とユーザーに見せる内容が違うものは、Googleのガイドライン違反になり、スパム行為とみなされ、サイトの評価が下がり、ペナルティの対象になります。

h1の隠しテキストはCSSでブラウザの外に追いやられるか、display:noneで非表示にするか、背景色と同色にするか、画像の下に隠れるようにな手法でh1タグの設定をしています。

h1タグはそのまま表示するとフォントサイズが大きいので、デザイナーには嫌われるのかも知れませんが、フォントサイズを小さくすることは全く問題ありません。

ただ、h1やh2タグの隠しテキストは結果としては、悪質で無い限りそんなに強いペナルティは受けません。隠しテキストを修正すると、順位がアップしますが、不自然リンクのペナルティが解除される時のような劇的な改善はありません。

しかし、ランキングに悪影響があるのは間違いなく、正しく利用するにこしたことはありません。

hタグの隠しテキストはWEB制作会社の仕業です

hタグの隠しテキストは、WEB制作会社から納品された段階で隠されています。通常、納品された企業で隠しテキストにすることはまずありません。ホームページ制作会社のSEOの理解が低く、スパム行為だという認識が無く、検索エンジンのランキングや集客よりも、デザインを優先してしまうためです。h1タグの隠しテキストは内部対策では多いスパム行為です。

ホームページ制作会社に発注する時に、h1タグをページ毎にユニークな文字を表示するように伝えて、ガイドライン違反にならないようにしましょう。

納品時に制作会社からh1がページのどこに記載されているのか説明を受けチェックするのも良いでしょう。もしも、隠しテキストの問題があれば、適切に対応してもらい改善されたページを必ず確認しましょう。

営業範囲の市町村名の羅列はキーワードの乱用です

SEO目的で市町村名を羅列するのはキーワードの乱用です

富山県キーワード+市町村名で検索の上位に表示する目的で、営業範囲などと記載して、市町村名を羅列するのは、キーワードの乱用です。

通常、フッターやサイドバーなどに記載されて、全ページで表示されるようになっています。営業範囲は、都道府県名を記載すれば、通常は自分の住んでいる市町村が対象範囲かどうか分かります。このような市町村名で検索結果の上位に表示したい場合は、お客様の声などで、「〇〇市、△△様」と記載して、その後にお客様の声を記載すれば、市町村名でGoogleにヒットするようになります。

さらに、お客様の声は良質なコンテンツなので、サイトの価値を高める効果も期待出来ます。

さらに言うと、営業範囲の市町村名を記載しなくても、検索ユーザーのデバイスの位置情報から、近い企業のホームページの情報をカスタマイズして検索結果に表示されるので、ホームページの企業の所在地の情報が記載されていれば十分です。

このような市町村名の羅列は、不自然な外部リンク程、重大なペナルティにはならず、ペナルティに気付かないことも良くありますが、ランキングに悪影響があるのは間違い無いので、気を付けましょう。

商品のバリエーションをメニューにしても適切に処理されます

商品のバリエーションやカラー違いなどをメニューに記載すると、同じキーワードが連続して表示されます。しかし、このような一見キーワードの乱用に見えるようなキーワードの詰め込みは、Googleが適切に処理してくれるので、あまり気にする必要はありません。

商品のバリエーションやカラー違いなど、どうしても記載しないといけないナビゲーションはランキングを操作する目的でキーワードの乱用をしている訳では無いので、問題無いのです。

Googleが良く言うように、その施策は検索エンジンが無くても同じことをするかを自問してみれば、ペナルティを受けることは無いでしょう。

SEO無料サイト診断

軽い自動ペナルティで発生するヨーヨー現象

順位が乱高下するヨーヨー現象は軽い自動ペナルティで発生します

Googleのガイドラインに違反した場合、大幅な検索順位の下落や、ひどい場合には、検索順位が圏外に飛ばされたりします。

しかし、違反が軽微な場合には、検索順位が乱高下するヨーヨー現象が発生します。

不自然な外部リンクの否認が進んで30件程度まで減った段階で発生したヨーヨー現象

ヨーヨー現象

上のグラフはGRCの順位の推移です。当初300本程度の不自然リンクがあり、自動ペナルティを受けて、検索圏外になっていましたが、リンク否認を行って、否認が成立していないリンクが30本程度まで減った段階で、ランクインするようになりましたが、順位が不安定で乱高下するヨーヨー現象になっています。

ヨーヨー現象 Yahoo!

ヨーヨー現象はGoogleよりもYahoo!の方が強く発生するようです。上のグラフは、善意のリンクではありましたが、サイドバーからのリンクでリンクプログラムの「さまざまなサイトのフッターやテンプレートに埋め込まれて広く配布されるリンク。」に該当するリンクで軽いペナルティを受けていました。そのリンク否認が進んで、2019年9月の後半からヨーヨー現象が消えたと思いましたが、2019年10月に広告を購入して、「PageRank を転送するリンクの売買。」に該当するリンクが3本Googleに認識されて、2019年11月に再びヨーヨー現象が現れました。最新のリンクにその有料リンクが認識されてすぐに、契約を解除して2019年12月の後半には、1本だけリンクがGoogleのデータベースに残っている状態になって、ヨーヨー現象が再び収まりました。

ヨーヨー現象 Search console

GRCでは乱高下しているように見えますが、Search consoleでは、順位よりも、表示回数が乱高下します。表示回数が乱高下すると言うことは、検索結果に表示されたり、圏外に飛ばされたりしていると言うことです。Googleの検索結果に表示される時の順位は一定ですが、その順位に表示されたり圏外に飛ばされたりするので、表示回数が乱高下するのです。

それがGRCでは、検索結果に表示される時に順位チェックをしたり、圏外に飛んだ時に順位チェックをしたりするので、順位が乱高下しているように見えるのです。

ペナルティが重い時は圏外に飛ばされますが、解除が近付くとヨーヨー現象が表れます

検索ボリュームが少なく、競合も少ないキーワードの場合、ペナルティを受けていると言うことが分からない場合もありますが、検索ボリュームがある程度大きく、競合も多いキーワードの場合、ペナルティが重いと検索圏外に飛ばされますが、ペナルティに該当する要因が減って行くに従って、ヨーヨー現象が表れるようになり、さらにペナルティの要因が減ると、ペナルティ解除となって、順位も安定して上位に表示されるようになります。

SEO無料サイト診断

リンク否認の直後にペナルティが解除されることはありません

リンク否認してもGooglebotがリンクを辿らなければ否認は成立しません

不自然な外部リンクで自動ペナルティを受けた場合に、リンク否認ツールを使って、被リンクを無効化することは、ペナルティ解除にとても有効な手段です。

ただ、リンク否認を行っても、すぐにペナルティが解除されるわけではありません。

自動アルゴリズムによるリンクペナルティ解除には時間がかかるとGoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が回答しています。

リンクの状態が変化したことをGoogleに認識してもらうためには、リンク元ページのクロールがまず必要になります。
クロール頻度が低いページだと、リンクを削除・否認したとしてもそれを認識してもらうまでにそれこそ数ヶ月かかるかもしれません。
そのあとさらに、再インデックス・再処理のプロセスが必要になります。

と発言しているように、外部リンクによる自動ペナルティの解除には非常に長い時間を要するのです。リンク否認ファイルを送信すれば、全てのリンクの否認が成立する訳では無く、リンク元のページをクロールして、リンクを1本1本Googlebotが辿らないとリンク否認は成立しません。

また、ページはクロールされても、必ずしもリンクもクロールされるとは限りません。ページのクロールは比較的短期間で行われますが、リンクのクロールにはとても長い時間を要し、私の経験では、12ヶ月以上かかったケースもありました。

リンク否認がどこまで成立したのか確認する方法

リンク否認を行って、否認がどこまで成立したのか確認する方法は、リンク否認を行った日と、否認したURL又はドメインを記録しておいて、Search consoleの「リンク」→「外部リンクをエクスポート」→「最新のリンク」でリンクのリストをCSVかスプレッドシートを開きます。

ダウンロードしたファイルのリンク一覧から、リンク否認した日以降にクロールされたURLが否認されたURLです。

例えば、否認したドメインのURLが300本あって、否認した日以降にクロールされたURLが10本であれば、否認が成立したURLは10本です。Search consoleの「リンク」→「上位のリンク元サイト」のリンク数と最新のリンクの一覧とは数が合いませんので、否認が成立した数や否認が成立していないリンクの数は合いませんが、だいたいの傾向は分かります。

このように、Search consoleの外部リンクのデータが更新される度に、否認がどこまで成立したのか確認すれば、否認の進捗状況を確認することが出来ます。

外部リンクのデータはほぼ1週間に1回更新されますが、否認したリンクが巡回されることもあれば、全く巡回されないこともあります。

否認が成立しても、GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が言う、再インデックス・再処理のプロセスがどの程度の時間を要するのかは不明です。

リンク否認を行って、否認が1本1本成立しても、必ずしも、否認本数に比例してアクセスや順位の改善には繋がりません。不自然な被リンクが一定数以下になるまで、圏外のままか、一時的にランクインしても、しばらくするとまた圏外に飛ばされたりを繰り返したりします。

実際にペナルティが解除されるのは、サイトオーナーが諦めた頃になるのが普通です。それ程長期間ペナルティが続きます。

このように、不自然な外部リンクで一度ペナルティを受けてしまうと、ペナルティの解除にはとても長期間かかってしまうので、その間の損失はとても大きくなりますので、自分から不自然な外部リンクを設置するようなことはしないようにしましょう。

SEO無料サイト診断

twipu.comからのリンクでペナルティ

twipu.comからのリンクは自作自演リンクです

twitter.comはtwitterの投稿を一覧にまとめて表示してくれますが、twitter.comからのリンクはnofollowになりますが、問題は、ツィートを集めているtwipu.comからのリンクはnofollowになりません。ツイートのほとんどが、自サイトへ向けてのリンクがある場合、ツイート元のディレクトリ毎のページからのリンクは1ページから大量の発リンクになってしまいます。さらに悪いことに、このリンクは自分で設置できるリンクの上、登録に審査が無いので、ガイドライン違反になってしまいます。

twipu.comを利用する場合は、WEBサイトへのリンクを設置しないか、リンクを設置する場合は、最初からリンク否認のリストにtwipu.comを含めておいて、利用するようにしましょう。

SNSからのリンクは基本的にnofollowになるので、大丈夫と思っている人も多いと思いますが、twipu.comだけは、危険なリンクです。

自分で設置できるリンクは基本的にペナルティです

リンクは自然発生が基本で、自分でコントロール出来るものではありません。自分で自由に設置できるリンクは全てペナルティの対象です。

Googleはページへ向けて張られたリンクをそのページへのに人気投票とみなして、SEOの加点としています。このリンクを自分で自由に設置出来てしまうと、Googleのページランクアルゴリズムが崩れてしまい、サイトの評価を適切に行うことが出来なくなり、良質なページを検索結果の上位に表示することが出来なくなってしまいます。

ページランクアルゴリズムは学術論文の重要性を測る指標としては、被引用数がよく使われる。重要な論文はたくさんの人によって引用されるので、被引用数が多くなると考えられる。同様に、注目に値する重要なウェブページはたくさんのページからリンクされると考えられる。

これが、Googleの重要なアルゴリズムの一つです。このリンクを自分で操作出来てしまうと、正しいランキングの評価が出来ないので、ペナルティを与えるのです。

なので、自分で自由に設置出来て、審査も無いリンクはランキングを不正に操作する質の低いリンクと判断され、ペナルティの対象になってしまいます。

リンクの設置は、とてもリスクのあるものなので、自分でリンクを設置する場合は、nofollowが付与されていて、リンクをランキングの評価に含めないようになっているか必ず確認しましょう。

SEO無料サイト診断

Googleで過去に上位にいたページがジリジリと下がり圏外になった

過去の栄光にしがみ付き、圏外に落ちるページ

Googleのアルゴリズムは昔とは大きく違っています

昔は、検索で上位にいて、検索エンジン経由の売り上げも多かったサイトが長い時間をかけて、ジリジリと順位を下げて、圏外まで落ちてしまうサイトは、過去に1位だったサイトなので、十分に1位の価値があると思い込んでいて、キーワードの検索意図とは合わないサイトになってしまっていることに気付かないことが多いです。

過去に1位だったサイトは、外部リンクもあり、十分に上位に表示出来る素地はありますが、コンテンツが全く合わなくなっているのです。しかし、過去の栄光があり、なかなかそのことを受け入れることが出来ず、コンテンツの大幅な書き換えを躊躇していることがあります。

昔は、titleにキーワード、h1にキーワード、アンカーテキストにキーワードで1位になれた時代もありましたが、今は、そんな単純なロジックで上位が取れる程簡単ではありません。Googleのアルゴリズムは大きく進化して、ページに記載されている内容もある程度理解するようになりました。上位に表示されているページがどんな情報を記載しているのかをしっかり分析して、キーワードが求めている、解決したい問題やユーザーの疑問の回答になるコンテンツを掲載するうにしましょう。

上位のページが共通して使っているキーワードを記載すること

キーワード

特定のキーワードで検索した時に、上位のページが共通して使っているキーワードを記載するようにしましょう。上位のサイトが使っているキーワードは共起語検索ツールなどで、調べることが出来ますが、このツールでも完璧では無いので、キーワード出現率ツールなども併用して、上位にページが共通して使用しているキーワードを調べましょう。キーワードを調べるのはかなりの手間がかかりますが、共通して使用しているキーワードを掲載すると、かなり高い確率で順位が上昇しますので、根気よく調べてページに反映しましょう。

調べて、共通して使用されているキーワードが分かったら、キーワードを含めたコンテンツを記載しましょう。不自然で明らかに無理にキーワードを入れたような文章にならないように気を付けて、ユーザーに対して説得力のあるコンテンツに仕上げましょう。

SEO無料サイト診断