隠しテキストで最も多いh1タグ


h1タグはデザイナーにとっては邪魔もの?

h1タグはSEOでも重要な大見出しで、ターゲットキーワードを記載して上位表示で重要な役目を果たすものですが、WEBデザイナーにとって、フォントサイズの大きいh1タグは、サイトデザインの上では邪魔な存在なのが理由かも知れませんが、ページの重要な見出しなので、隠すようなことはせず、正しく使う必要があります。

h1タグがヘッダーロゴのalt属性として使っていることもありますが、本来h1タグはページの大見出しなので、ヘッダーロゴにh1を記載してしまうと、全ページが同じh1になるので、本に例えると、ページをめくる毎に同じ大見出しが記載されているようなもので、とても不自然なことで、正しい使い方ではありません。

Googleの性能が低かった時代には、h1タグを隠して、タグ内にキーワードを盛り込んで上位表示に繋げていました。当時は、それなりに効果もあった方法ですが、今では、Googleが不正を見破るので、SEOの効果はありません。

webページの閲覧者とGooglebotに見せる内容が同じになるようにするのは、web制作の基本です。

これまで、何度かh1タグを隠しテキストにしているものがありました。Googlebotに見せるページの情報とユーザーに見せる内容が違うものは、Googleのガイドライン違反になり、スパム行為とみなされ、サイトの評価が下がり、ペナルティの対象になります。

h1の隠しテキストはCSSでブラウザの外に追いやられるか、display:noneで非表示にするか、背景色と同色にするか、画像の下に隠れるようにな手法でh1タグの設定をしています。

h1タグはそのまま表示するとフォントサイズが大きいので、デザイナーには嫌われるのかも知れませんが、フォントサイズを小さくすることは全く問題ありません。

ただ、h1やh2タグの隠しテキストは結果としては、悪質で無い限りそんなに強いペナルティは受けません。隠しテキストを修正すると、順位がアップしますが、不自然リンクのペナルティが解除される時のような劇的な改善はありません。

しかし、ランキングに悪影響があるのは間違いなく、正しく利用するにこしたことはありません。

hタグの隠しテキストはWEB制作会社の仕業です

hタグの隠しテキストは、WEB制作会社から納品された段階で隠されています。通常、納品された企業で隠しテキストにすることはまずありません。ホームページ制作会社のSEOの理解が低く、スパム行為だという認識が無く、検索エンジンのランキングや集客よりも、デザインを優先してしまうためです。h1タグの隠しテキストは内部対策では多いスパム行為です。

ホームページ制作会社に発注する時に、h1タグをページ毎にユニークな文字を表示するように伝えて、ガイドライン違反にならないようにしましょう。

納品時に制作会社からh1がページのどこに記載されているのか説明を受けチェックするのも良いでしょう。もしも、隠しテキストの問題があれば、適切に対応してもらい改善されたページを必ず確認しましょう。