ヘッダーロゴにh1タグはなぜ悪いのか

LINEで送る
Pocket

ヘッダーロゴにh1を記載したがる制作会社

ヘッダーロゴにh1タグを記載して、alt属性にターゲットキーワードを記載する制作会社がどれだけ多いことか。ヘッダーロゴにh1タグを記載することがSEOに良いと思っているのか、h1タグを大きなフォントで記載することがデザイン上受け入れられないのか、私には真意は分かりませんが、ヘッダーロゴにh1タグを記載するメリットはほとんど無いと思います。

h1タグはページの大見出しで、ページを端的に説明する文章を記載するのが正しい使い方です。

これがヘッダーロゴに記載されてしまうと、サイトの全ページが同じh1タグになり、本に例えると、ページをめくってもめくっても同じ大見出しが記載されているようなもので、とても不自然なことです。

全てのページの大見出しが同じ本など有り得ません。それと同じようにホームページでも全てのページの大見出しが同じと言うことは有り得ないのです。これがヘッダーロゴのalt属性に記載すると、ユーザーには見えなくなるので、ユーザーは不自然に感じませんが、Googleに対してはとても不自然な情報を伝えることになります。h1タグを全ページ共通にしてしまうのは、ユーザーに対して伝える本当のメッセージを伝えないことであり、Googleに対してもページの重要なキーワードを含んだ文章を伝えないことになります。

h1タグは1ページ1ページ、記載されている内容を端的に表現した、独自の文章を記載することが当たり前で、h1タグの正しい使い方です。

ヘッダーロゴにh1タグを記載すると、通常は、トップページに記載すべきh1タグが全ページに適用されることになります。そうなると、会社概要やお問合せページにも、トップページと同じh1タグが記載されるので、ページの情報とは全く違うh1タグが表示されていることになります。

SEOを売りにしている制作会社でもこのようなサイトの作り方をしていることに驚くことがどれ程多いことか。

Googleは共通部分をほぼ無視する

Googleはグローバルナビやサイドバーに記載されているような全ページに共通する部分はほとんど無視しています。ヘッダーロゴも全ページ共通している部分なので、そこにh1タグを記載することは、h1の効果を著しく落としている可能性もあります。

h1タグはtitleタグに次ぐSEO上重要なタグなのに、その効果をほとんど無にするようなh1タグの使い方は間違いです。

h1タグをヘッダーロゴに持たせて全ページ共通にしてしまうことは、h1タグ本来の使い方では無いことはもちろん、SEO上もとてももったいない使い方と言えます。

h1タグはとても重要なタグなので、もっと1ページ1ページ丁寧な使い方をして欲しいものです。

h1タグの修正を拒否する制作会社も

h1タグをヘッダーロゴに持たせているサイトの場合、なぜダメなのかを説明して修正の依頼をします。説明を聞いてすんなり修正に応じていただける制作会社もありますが、中には修正を拒否する制作会社もあります。

h1タグの修正を拒否する制作会社は、ユーザーが望むようなアクセスやコンバージョンを実現することよりも、自分がデザインした作品を企業に売ることが目的な制作会社だと感じます。

ホームページの制作会社は、デザイナーさんが中心に制作されることが多いので、自分の作品として妥協したくない気持ちは分かりますが、納品した企業の目的もあるわけで、目的が達成出来ないホームページを自分の作品として納品することが目的になってしまっている制作会社は何か勘違いしていると強く感じます。

クライアントの企業が求めるゴールを達成出来ないホームページはある意味欠陥商品で、納品された企業にとっては、無駄な投資をさせられただけになります。

SEOの受注をする場合は、ある程度検索順位についてコミットします。ホームページ制作会社も納品先の企業に対してどんなメリットを提供するのかコミットして欲しいと思います。

無料サイト診断