サイト内の重複コンテンツを見分ける方法

LINEで送る
Pocket

低品質なサイトと判断される重複コンテンツ

同一サイト内に大量に重複コンテンツがあると、Googleから低品質なサイトと判断され、検索順位を下げられたり、最悪の場合圏外に飛ばされる可能性があります。

titleやdescriptionの重複はSearch consoleのHTMLの改善ページに表示されるので、Googleから指摘されているページのtitleやdescriptionは修正しましょう。

Search consoleでも分からないのは、ページ本文の重複です。

こうした重複コンテンツは悪意がなくても作成される場合があります。

こうした重複コンテンツは主にフッターに文章で記載されるケースが多くあります。フッターに記載されたテキストは全ページに共通して表示され、本文のテキストが少ないと、かなり高い確率で重複コンテンツになります。

ユーザーに同じ内容のページを見せることは、価値のあることではありません。出来る限りオリジナルなコンテンツを掲載することを心がけましょう。

Googleが重複コンテンツと判断しているか見極める方法

サイト内に大量に重複コンテンツがあるか見極める方法として、&filter=0のコマンドがあります。

トップページのtitleでまず検索します。

検索結果には、自分のドメインのページが数ページ表示されるはずです。これは、同じドメインのページを大量に検索結果に表示しないようにフィルターを掛けているからです。

このフィルターを外すのが&filter=0です。

検索結果のURLの最後に続けて&filter=0を記載して再度検索すると、同じドメインのページが大量に出てくれば重複や類似コンテンツが大量にある可能性があります。

この検索でも表示されるページが数ページしか無い場合は、大量の重複ページや類似ページは無いと考えて良いと思います。

また、自分で重複かどうか疑わしいと思っているページがあれば、site:URL キーワード でそのページが検索結果に表示さず、site:URL キーワード で検索した結果のURLの最後に&filter=0を追加して再度検索すると、そのページが表示されれば、重複ページとGoogleが判断していることになります。

重複とGoogleが判断しているページがある場合は、重複していると思われるテキストを削除し、オリジナルのコンテンツの追加をして、重複を回避するようにしましょう。

Saerch consoleで重複を表示してくれるようになりました

新しいSearch consoleのカバレッジで除外をクリックすると、「重複しています」と記載されて、重複しているページ数が表示されます。「重複しています」のメッセージをクリックすると、重複しているURLの一覧が表示されます。どれかURLをクリックして、右側に表示される「URLを検査」をクリックすると、どのページと重複しているのか表示されます。
システムの設定の問題で重複が発生していることが多いので、修正しましょう。

無料サイト診断