隠しテキストによるペナルティ

LINEで送る
Pocket

WordPressの基本的な設定を変更しない

WordPressは元々SEOに有利なCMSだと言われていますが、制作会社の中には、WordPressの基本的な設定を大きく変更して、H1タグをfont-size:0px;やdisplay: none;などで表示しないように設定する制作会社もあります。
H1タグが大きなfont sizeで表示されるどデザイン上不都合なのだと思いますが、それならsizeを少し小さくすれば良いので、見えなくすることは有り得ません。

H1タグに限らず、ユーザーと検索エンジンに見せる内容が違う場合はペナルティの対象になります。
隠しテキストと隠しリンク

さらにH1タグを全ページ同じものにするような設定にするような不自然なカスタマイズをする業者もあります。H1タグが全ページ同じと言うのは、本の目次の項目が全て同じと言うとても不自然な状態です。少し考えれば理解できることだと思うのですが、このような設定をする制作会社があるのはとても残念です。

さらにひどい例では、投稿のtitleが全て同じでトップページのtitleが割り当てられていることもありました。これは本の目次の章が前部同じになっている状態で、どうしてわざわざ手間を掛けてこんな変な設定に変更するのか理解出来ません。

このサイトを作った制作会社のホームページにはSEOもすると記載してありましたが、SEOには無知としか思えません。

WordPressでホームページの制作を依頼する場合は、デザインのカスタマイズは行っても、titleやh1タグなどの基本的な設定の変更を行わないようにしてもらうようにしましょう。

無料サイト診断