コンテンツはサイトを運営している人が記載するのがベスト

2021年2月24日

サービスや商品を知らない人にコンテンツを書いてくれと言うのは無理な話し

SEOでとても重要なコンテンツですが、良質なコンテンツの掲載のために、必要な共起語などを伝えて、コンテンツのリライトを依頼すると、業者にコンテンツの作成を依頼する人もいます。

しかし、その企業のサービスや商品や他社と比べた強みなどを詳しく知らない人が、必要なキーワードを含めた文章を作ろうとすると、不自然なコンテンツが出来上がってしまうことがあります。

不自然なコンテンツは低品質と評価されます

SEO目的でキーワードを追加したコンテンツを作成したのに、結果的に不自然なコンテンツになってしまって、Googleから評価を落としてしまっては本末転倒です。コンテンツは自然な文章でなければいけません。

不自然な文脈のコンテンツはGoogleから低品質なコンテンツと評価されると、検索結果で大きく順位を落としてしまいます。

コンテンツは商品やサービスを熟知している人が記載すべき

コンテンツは自社の商品やサービスや技術について熟知した人が、記載するのが、最もユーザーに伝わるコンテンツになりますし、Googleからも評価されるコンテンツになります。

コンテンツをライターさんに依頼する場合は、自社の商品やサービスや技術などの特徴や強みについて十分な説明をした上で依頼しないと、一般的な情報しか記載することが出来ず、他社との差別化が出来ないオリジナリティの低いコンテンツになってしまいます。

オリジナリティの無いコンテンツを大量に掲載してもサイトの評価が高まることはありません。

どのサイトでも記載している一般的な内容を他者よりも遅れて公開すると、類似コンテンツになる恐れもあり、Googleから大きく評価を落とす可能性もあります。

オリジナリティの無い情報はインターネット上に存在する価値が無く、そのような情報を大量に公開することは、ゴミを大量に公開するのと同じです。

コンテンツはSEOの命です。自分自身で記載するようにしましょう

外部リンクでランキングの操作を行うことが難しくなっている今では、良質なコンテンツの掲載がSEOの命と言っても過言ではありません。その重要なコンテンツを商材に対する情報の無い他人に任せることは、重要な商談に仕事の内容を知らない他人に行かせるようなものです。

本当に販路としてインターネットが重要と考えているのなら、コンテンツの記載は自分自身で行うことをお勧めします。

Posted by koji shimizu