海外からの大量スパムリンクは無視される

LINEで送る
Pocket

意味の分からない大量のリンクが海外から浴びせかけられるが、Googleは適切に判断してくれます

Search consoleの「外部リンクをエクスポート」→「最新のリンク」に、これまで見たことの無いような大量のドメインから、大量のリンクが設置されることがあります。リンク元を見に行くと、ほとんどが404なのですが、中には生きているリンクも存在します。

あまりの大量のリンクなので、リンク否認も諦めて、ペナルティになるのか試してみることにしました。

始めてリンクを発見してから2ヶ月が経過しましたが、順位に悪影響はありません。

Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏が、不自然リンクとスパムリンクは異なると言及している記事があります。

この投稿からすると、自らの意志でランキングを操作する目的で設置したリンクでなければ、Googleは無効化する。と言うことです。

今回の、海外からのスパムリンクは無効化されているようです。これはとても有難いことで、このようなリンクの否認に労力を使っていると本来の仕事が出来なくなってしまうので、この方向へはどんどん進化して欲しいものです。

ミスで設置されたリンクも無効化された

もう一つは、私のミスで一時期設置されてしまったリンクです。サイトがモバイル対応していなかったため、別のサーバーで、トップレベルドメインのみ違うサイトを作り、検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェックを入れて、モバイルページのテストをしていました。

ところが何かのミスで、検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするのチェックが外れていたらしく、10日間だけ、Googleがインデックスしてしまいました。

内部リンクも移したトップレベルドメインの内部リンクにしてありましたが、元のドメインのSearch consoleの「外部リンクをエクスポート」→「最新のリンク」に1959件のリンクが表示されていました。すぐに、検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするのチェックを入れ直し、インデックスしないようにしましたが、最終的にリンクは10000件程度まで増えてしまいました。

当然、ランキングを操作する意図などありませんし、そもそも、元のサイトへのリンクは設置していませんが、どうやらGoogleはコピーコンテンツの内部リンクも元のドメインへのリンクと処理するようです。

現在は、サーバーから完全にデータを削除して、404が表示されるようになっています。

このリンクが原因でペナルティになるのではないかとかなり、心配しましたが、最初にリンクが検出された日から1ヶ月以上経過しましたが、順位の低下やアクセスの減少の兆候も無く、安定しています。

ミスで一時的に設置してしまったリンクやスパムリンクは無効化するまで、Googleは進歩したことを改めて実感しました。

不自然な外部リンクによるペナルティはかなり大きな打撃になり、解除までにかなり長い期間を要するので、外部リンクの判定の精度はさらに高くなってくれることを望みます。

一番問題なのは、自然なリンクであってもテンプレートからのリンクはペナルティになること

Googleのリンクプログラムで一番疑問に思うのは、さまざまなサイトのフッターやテンプレートに埋め込まれて広く配布されるリンク。がペナルティになることです。

これは、そのホームページの社長やWEB担当者が無料ブログなどを運営していて、そのサイドバーなどから、会社のホームページへリンクしてしまうことです。このようなリンクを設置する人は、何も悪意は無く、ランキングを操作しようとも思っていません。しかし、現実にはペナルティを受けてしまっているサイトがとても多いです。

また、動画を掲載する求人サイトで、動画の元がこの求人サイトにあるため、掲載企業からリンクを設置してもらえるメリットがあるのですが、企業側はテンプレートからのリンクがペナルティになるとは知らず、サイドバーやメインメニュー、フッターなどから、リンクが次々に張られて、リンクを否認しても否認しても追いつかないような状況になっています。

善意で設置された自然なリンクなのに、設置した人に、「リンクを削除して下さいとも言えず」、リンク否認をするのは、リンクを設置してくれた人を裏切るような、何とも言えないイヤな気分になねものです。

テンプレートからのリンクには、必然性が無いので、ユーザー本位で設置されたリンクでは無いとの判断なのかも知れませんが、スパムリンクを無効化できるのなら、善意で設置されたテンプレートからのリンクも無効化していただきたいです。

無料サイト診断