不自然リンクによるGoogleの自動ペナルティの確認と解除方法


掲載順位に対して表示回数が異常に少ない場合は自動ペナルティと判断して良いでしょう

Googleのペナルティの種類には検索アルゴリズムによって課せられる自動ペナルティとGoogleの社員の目視によって課せられる手動ペナルティがあります。

手動ペナルティの場合はSearch Consoleにメッセージが届きますので、WEBマスターはペナルティが課せられたことがすぐに分かりますが、自動ペナルティは何も通知が来ないので、Googleのウェブマスター向けガイドラインに照らし合わせて違反している行為が無いか判断するしかありません。指定された部分を修正したら、反省と二度としないことを記載して、再審査リクエストを行います。

Googleの自動ペナルティを見極める手段は無いと言われていますが、完全に圏外のままの場合は判断出来ませんが、私はSearch Consoleの検索アナリティクスでメインキーワードを選択した時に、掲載順位の割りに表示回数が低い場合や、平均掲載順位が下がって、表示回数が増え、平均掲載順位が上がって、表示回数が減る場合は自動ペナルティだと推測しています。

サイトを運営していて、ある日突然検索順位が大きく下がったり、検索エンジンからの流入が極端に落ちたりした場合は、ペナルティを疑って、対処方法を考える必要があるでしょう。ペナルティが発生するとある日突然、検索流入が大きく落ち込みます。

また、ページの記事を更新してURL検査でインデックス登録をリクエストを送信すると一時的に順位が上昇するけれど、しばらくすると順位が落ちて行く場合も自動ペナルティを受けている時独特の症状だと思っています。

さらにsite:yourdomain.comで検索した時にトップページが1位に表示されない場合もペナルティであると判断出来ます。

自動ペナルティを受ける要因はGoogleが公式に公開しているウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反している価値の低いページや隠しテキストなどの悪意のある偽装工作も含まれます。このような偽装や隠しテキストが判明した場合には速やかな対処が必要です。

Googleのペンギンアップデート以降、不自然リンクの取り締まりは一層厳しくなりました。

また、意図しなくても、善意で張られたリンクがリンクプログラムに違反するリンクの場合があります。これは、リンク元のサイドバーやフッターなどからリンクが設置されるケースです。無料ブログのテンプレートなどから送られるリンクが該当します。このリンクは設置する側にも検索エンジンを欺こうなどと言う意識は無く、全く善意のリンクなのですが、これがペナルティを誘発していることも良くあります。

リンクによる評価はGoogleのランキングの根幹をなすものなので、不自然なリンクでランキングの操作をしようとする試みに対しては非常に強いペナルティが課されます。外部リンクはGoogleのランキングの評価に大きく影響しますので、不正に対しては強いペナルティが課されます。内部リンクでもペナルティはありますが、外部リンク程強いものではありません。

検索アナリティクス

このグラフの赤い線が表示回数です。平均掲載順位が23.9位なのですが、左側の赤い線が下にある部分の表示回数は1日1回~2回程度です。右端で赤い線が跳ね上がっているのは、ペナルティ解除の兆候だと考えて良いと思います。この状態から不安定な動きが続いて、次第に安定してペナルティが解除されます。

掲載順位が上昇して、表示回数が減る場合も自動ペナルティと判断できます

掲載順位が上がれば、表示回数も増えるのが自然ですが、下記の画像のように、掲載順位が上がっても、表示回数が減り、掲載順位が下がって、表示回数が増えるような不自然な変動が現れる場合も、自動ペナルティが課せられていると判断出来ます。

自動ペナルティ

上記の画像の様に、5月中に一時的に表示回数が増えて、ペナルティが緩んだ感じですが、その後ペナルティが強化され、表示回数が大きく減り、さらに順位が落ちた日に表示回数が増える現象が分かります。この状態は自動ペナルティを受けているサイトの典型的な症状で、問題を多く抱えていると判断出来ます。

不自然なリンクが減っても、掲載順位が落ちたり、表示回数が減ったりなどの変化があるのもペナルティを受けている時には特徴的な動きです。

掲載順位が上がって、表示回数が減り、掲載順位が下がって、表示回数が増えると言うのは、正常なサイトでは起こらないことなので、ペナルティの判断の参考にして下さい。

自動ペナルティの場合のリンク否認ツールはリンク削除せずに否認ファイルを送信しても大丈夫です

手動ペナルティの場合は、質の低いリンクの削除作業を最大限に行って、どうしても削除出来なかったリンクについてリンク否認ツールを使用することになっていますが、不自然リンクが原因による自動ペナルティの場合は、リンク否認ファイルの内容をいちいちGoogleの社員が確認出来ないので、否認ファイルはそのまま処理されますので、否認ファイルを送信する方法で、自動ペナルティを解除の対応が可能です。自動ペナルティの場合は、不自然なリンクの削除を出来る限り行う必要はありません。

サイトに向けて張られている外部リンクを調べる方法は、サーチコンソールの「リンク」→「外部リンクをエクスポート」→「最新のリンク」からCSVかスプレッドシートかを選べば、Googleが把握している外部リンクの一覧の情報をダウンロード出来ます。取得したファイル内に記載されているURLを1件1件調査してペナルティを受けるような不自然なリンク元をリストアップします。

リンクの否認はテキストエディタに否認したいリンク元URLを1行ごとに記載して、ファイル名は何でも良いので、リンク否認ページから送信します。ドメイン毎否認したい場合は、domain:否認したいドメインを記載します。

リンク否認は、294 件のドメインと 2294 件の URLを送信しています。不自然リンクに該当する件数が多いと、実際にリンク否認が全て反映するにはかなりの時間がかかります。

これは、リンク否認ファイルを送信した時点でリンクの否認が成立するわけではなく、Googlebotが対象のURLをクロールした時にnofollowのような処理をするためです。

不自然リンクを削除してもGooglebotの巡回にはかなりの時間を要します

不自然リンクを削除したり、リンク否認を行っても、Googlebotが巡回してインデックスから削除されたりnofollowのような処理をされないと自動ペナルティは解除されません。

そして、不自然リンクの件数が数千件など大量にある場合は、ペナルティの解除に数ヶ月(1年近く)待つ必要があると理解しましょう。

例えば、自分が運営しているサイトのサイドバーなどから設置したリンクでペナルティを受けた場合、リンク元のURL削除を行って、ページを全てGoogleのデータベースから削除しても、リンクは残り続けます。URLの削除を行っても、ページだけが削除され、そのページからのリンクは1つ1つGoogebotが巡回して、リンクが存在しないことを確認されないと、ペナルティが解除されないので、不自然リンクによるペナルティを解除する時期を早める特効薬のようなものは存在せず、リンクの否認を行って、辛抱強く待ちましょう。

ただ自分が運営しているサイトのテンプレートからのリンクでペナルティを受けている場合は、リンクを削除するかnofollowを付与して、Search consoleのURL検査からインデックス登録をリクエストを送信すれば、早くリンクがクロールされますので、ペナルティの解除は早まります。

2019年の時点でも不自然リンクを設置するSEO業者がいます

あるキーワードで20位前後にいたサイトが1ヵ月後に70位まで順位が低下したので、サイト所有者に確認したところSEO業者に依頼したとのことだったので、詳しい施策について確認したところ「20件程度外部リンクを設置した」とのことだったのですが、Search consoleのサイトへのリンクを確認すると、livedoorblogから3000件ものリンクが張られていました。すぐにリンクを全て削除してもらいましたが、削除してから2ヶ月経過した時点でサイトへのリンクは、その無料blogからのリンクがまだ830件残っていて、リンクが3000件から830件に減ったにもかかわらず、検索順位は約1ヶ月半経過した時点で圏外に落ちてしまいました。その後3ヶ月経過した時点で不自然リンクは601件残っていて、検索順位は20位台まで回復して来ました。

圏外に落ちた時点でも不自然リンクを設置した業者は「自動ペナルティの証拠は無い」と言い張りましたが、被リンクの設置と順位の下落のタイミングなどを考えると自動ペナルティと考えるのが自然な判断です。

そもそも不自然発リンクのあるサイトは低品質なサイトであることが多く、そのサイトにリンクが張られていることはほとんどありません。さらにリンクの設置以外の更新はされないので、Googlebotも頻繁にクロールしないものと思われます。

ペナルティの解除を早めるための対策として、不自然発リンクのあったサイトへGooglebotの巡回を促進するために、放置してあったドメインから不自然発リンクのあるサイトへリンクを設置しました。

不自然リンクは削除済みだけどGooglebotが巡回していないページ。Googlebotの巡回を促進するためにnofollowは付与していません。

今後不自然リンクがSearch consoleのサイトへのリンクが減って行くのか調べてみたいと思います。

ただ、このページに設置しているリンクはユーザーのためのリンクではなく、SEO目的で、Googlebotに巡回して欲しいからなので、ページの評価を落とす可能性はあります。

リンクを設置して、半月経過した時点で、740件までリンクが減り、検索順位も圏外まで落ちていたのが、40位台まで回復して来た状況です。

リンクと言うのは、そのページのコンテンツを読んで、その内容に共感したり、十分な納得が得られた場合に、自分で運営しているブログの本文から、リンク先ページを紹介するために設置するのが自然なリンクで、自作自演やSEO業者が設置すると言うのは、不自然なリンクです。

80件程度の不自然リンクを否認しているがペナルティで順位の上下を繰り返す

80件程度の不自然リンクの事例でペナルティは深刻なものではありませんが、一定のサイクルで順位の上下を繰り返しているサイトもあります。この現象は「ヨーヨー現象」と言われるものです。リンク否認から1ヶ月程度経過しましたが、Googlebotが巡回したページは僅かに8ページでペナルティの解除にはやはりまだまだ時間がかかりそうです。

この間に共起語を含めたコンテンツの充実を行いました。さらにブログでサイトテーマに合った内容の投稿を増やしてもらいました。

不自然リンクが45件程度まで減った時点で、ヨーヨー現象は解消して、少しずつ順位が上昇するようになって来ました。

不自然リンクが34件になった時点で順位をチェックすると5位以内に表示され安定するようになりました。リンク否認を行って、否認がどんどん成立して行けば、不自然リンクの影響が少なくなり、検索結果は自然に改善され上位表示が可能になります。

過去に、SEO業者に依頼して外部リンクを設置したとか、自分でアクセスアップを狙ってYomi-search等に登録した人は、当該リンクの削除が優先ですが、自分で削除出来ない場合は、出来るだけ早くリンク否認を行うことが重要です。

また、SEO業者から外部リンクを設置するサービスのSEOの提案の電話営業があったた場合は、きっぱりと利用をお断りされることをおすすめします。不自然なが外部リンクを設置することは、検索エンジンを欺いて上位に表示しようとする行為で、スポーツ選手のドーピングと同じで、スパム行為であって、検索エンジン最適化ではありません。高い確率でGoogleに見破られトラフィックが大きく減少するのは確実です。現在でも外部リンクを設置するSEO業者はいるので、営業電話があったら適切に対応しましょう。

Googleのランキングを操作するようなリンクの設置よりも、ユーザーにとって価値あるコンテンツの提供に重点を置いた運用を行うことが重要です。

ユーザーが検索窓に入れる質問や疑問に対する回答を可能な限り詳細に説明したコンテンツの掲載に注力することが、最も有効なSEO対策です。

GRCのデータ