被リンクの調査に有効な使えるチェックツールを紹介

2024年5月25日

SEO対策において、被リンクの調査は非常に重要な要素です。

被リンクは検索エンジンにとって、サイトの信頼性や権威を評価する一つの指標であり、質の高い被リンクを獲得することがランキング向上に繋がります。

しかし、どのサイトから被リンクを獲得しているかを把握し、その質を評価するのは容易ではありません。

そこで、被リンク調査に役立つツールを活用することが不可欠です。

今回の記事では、SEO対策において被リンクの調査に有効なチェックツールをご紹介し、それぞれのツールの特徴や使い方について詳しく解説していきます。

被リンクの調査の重要性

被リンクの調査は、SEO対策において非常に重要です。

被リンクとは、他のウェブサイトから自分のサイトへのリンクのことを指し、検索エンジンは被リンクを評価することでサイトの信頼性や権威を判断しています。

質の高い被リンクを多く持つサイトは、検索エンジンのランキングで上位に表示されやすくなるため、被リンクの調査と管理は欠かせません。

信頼性と権威の評価

検索エンジンは被リンクを、他のサイトからの「推薦」として捉えます。

信頼性の高いサイトからの被リンクは、あなたのサイトの信頼性や権威を高めます。

そのため、質の高い被リンクを獲得することが、検索エンジンに高く評価されるための鍵となります。

 SEOパフォーマンスの向上

被リンクの質と量は、検索エンジンのアルゴリズムに大きな影響を与えます。

多くの質の高い被リンクを持つことで、検索結果での順位が向上し、結果的にトラフィックの増加が期待できます。

被リンクの調査を行うことで、どのリンクがSEOパフォーマンスに貢献しているかを把握し、さらなる最適化を図ることができます。

スパムリンクの特定と除去

被リンクの中には、スパムリンクや低品質なリンクも含まれている場合があります。

これらのリンクは、検索エンジンからのペナルティを引き起こす可能性があるため、定期的に被リンクを監査し、問題のあるリンクを特定して除去することが重要です。

競合分析と戦略立案

被リンクの調査は、自社のサイトだけでなく、競合サイトの分析にも役立ちます。

競合他社がどのような被リンクを持っているかを調査することで、自社が見落としているリンク構築の機会を発見し、効果的なSEO戦略を立案することができます。

リンク構築活動の効果測定

被リンク調査は、リンク構築活動の効果を測定するためにも必要です。

新たに獲得したリンクがどれだけのトラフィックをもたらしているか、また、SEOパフォーマンスにどの程度寄与しているかを把握することで、今後のリンク構築活動をより効果的に進めることができます。

 

以上の理由から、被リンクの調査はSEO対策において欠かせない作業です。

適切なツールを活用して、定期的に被リンクの質と量をチェックし、サイトの信頼性と権威を高めていくことが、長期的なSEO成功の鍵となります。

有効なデータを獲得出来る被リンクチェックツール

外部リンクのチェックツールは数多くありますが、実際に有効なデータを取得できるツールは限られています。

多くのツールは期待外れの結果をもたらし、わずかな外部リンクしか表示されなかったり、全く機能しないこともあります。

被リンクチェックの目的は不自然なリンクの発見

被リンクをチェックする主な目的は、ランキングに悪影響を与える不自然なリンクを発見することです。

不自然なリンクの発見に役立たないツールを使っても意味がありません。

ここでは、有効なデータを提供してくれる信頼性の高いツールを紹介します。

MOZ – Spam Scoreで不自然なリンクを発見

MOZはSpam Scoreを表示してくれるため、不自然なリンクを見つけやすいツールです。

ここからは、使用手順をご説明します。

 

MOZ

https://moz.com/にアクセスして赤枠(Free SEO Tools)をクリックします。

MOZ

ドロップダウンルニューで表示される、Link Explorerをクリックします。

MOZ

ここで調べたいURLを入れて「Analyze」をクリックし、結果が表示されたら「Spam Score」をクリックします。

MOZ

その結果が上の画像のように表示されます。

表示されるリンクはSpam Scoreの高い順にリストされます。

Spam Scoreが高いページは、ほぼ間違いなくGoogleから低評価を受けるリンクです。

Spam Scoreの高いリンクでnofollowでないリンクは、迷わず否認しましょう。

無料で使える回数や表示されるURLの制限はありますが、自社サイトの被リンクのSpam Scoreをチェックする範囲であれば、無料版でも十分です。

Ahrefs – ドメイン単位で被リンクを表示

Ahrefsは、ドメイン単位で被リンクを表示してくれる強力なツールです。

ここからは、使用手順をご説明します。

ahrefs

https://ahrefs.com/にアクセスしてdmain or URLにURLを記載して、「Check Backlink」をクリックします。

ahrefs

被リンクの結果が表示されますが、特に注意が必要なリンクは、赤枠で囲っているようなリンク先ページとは関係の無いタイトルになっているページからのリンクです。

このリンク先のページを確認し、全く関係のないコンテンツからのリンクや、ジャンルが統一されていないリンク集からのリンクの場合は否認しましょう。

また、NOFOLLOWと記載されているリンクは、Googleのランキングの評価には影響しないため、無視しても問題ありません。

まとめ

以上、今回は被リンクの調査に有効な使えるチェックツールについてご説明しました。

被リンクの調査をすることで、競合分析やSEOパフォーマンスの向上につながります。

ぜひ活用してみてくださいね。

SEOならSEO専門のプロへお任せ

弊社はSEOの専門家として、全国の企業のサイトアクセスを大幅に改善してきました。

ユーザーの視点に立った情報掲載の支援を行っています。

また、サイトを上位表示させる方法や内部・外部対策に関するご相談に対して、豊富なノウハウを活かした対応を行っています。

SEO対策についてお悩みでしたら、お気軽にご連絡ください。

無料サイト診断

最後までご覧いただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.

清水 康次

過去にインターネット受注で100%稼動する縫製工場を経営しており、平成17年度に経済産業省「IT経営百選」で優秀賞を受賞、翌18年には、最優秀賞を受賞するまでになりましたが、その後縫製工場の経営を止め、飲食店のインターネット担当として勤務いたしました。平成28年11月より独立してSEO対策とWEBコンサルタントとして多くのサイトの検索流入やコンバージョンの改善実績があります。

Posted by 清水 康次