「外部リンクを張ります」と言う業者に発注してはいけません

LINEで送る
Pocket

不自然な外部リンクはペナルティです

外部リンク設置は時代遅れです

外部リンクの設置はペンギンアップデートが行われる前までは効果があったSEO対策でしたが、ペンギンアップデートで不自然な外部リンク設置サイトは軒並み順位が下落しました。ペンギンアップデートが初めて実施されたのが、2012年4月ですので、すでに不自然な外部リンクの設置はとてもリスキーなものであることは業界では十分に認識されているはずです。

それにもかかわらず外部リンクを設置すると言うような業者は、Googleの動向を知らない業者で、全く時代遅れの施策をしている業者です。そのような業者に発注してしまうと、Googleからペナルティを食らい、検索経由のアクセスを期待出来なくなります。

より多くのユーザーに自社を知ってもらいたくて作成するホームページがペナルティでアクセスがほとんど無いホームページになってしまっては本末転倒です。

ペナルティ

Googleのウェブマスター向けガイドラインに反するようなWEB制作をするような業者に発注することは絶対に避けて下さい。

ウェブマスター向けガイドラインの基本方針は

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

ユーザーのことを第一に考えたWEBサイトの制作をすることを最優先にすることです。外部リンクはユーザーのことでは無く、Googleを騙そうとする行為で、とても厳しいペナルティが課せられます。最悪の場合、インデックス削除されると、社名で検索しても表示されなくなります。Googleはそのドメイン自体をデータベースから削除してしまいますので、回復にはかなりの労力と時間を要することになります。Googleを騙すようなことは絶対にしない業者を選ぶようにしましょう。業者の選定を間違えるとホームページ制作の目的が全く果たせなくなります。

「外部リンクを張ります」と言う会社を選ばないことが、良いWEB制作会社を選ぶ方法の一つです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ