こんなホームページ制作会社に依頼すると集客できません

LINEで送る
Pocket

ホームページ制作会社の良し悪しを見分ける方法

目  次

titleタグにはアクセスして欲しいキーワードが記載されていないと集客できません

ホームページ制作会社に依頼する時の判断基準として、デザインが優れているかは、大きな判断基準になると思いますが、せっかく作ったホームページで新規顧客の獲得が出来なければ制作費は全くのムダになります。

ホームページは相場より高額な制作費用をかけて作成すれば、集客ができるものではありません。ホームページの制作費用が高いか安いかは、制作会社の営業戦略によるものがほとんどで、WordPressなどのCMSで作成する場合は、既存のテーマを元に作るか、独自でテーマを作成するか、有料画像か無料画像か、フリーランスか、会社組織で運営しているか、ネット受注で完結しているか、営業マンが受注を獲得しているかなどの違いがほとんどで、制作にかける純粋な作成の工数にかかわる原価 (時間単価を同一とした場合) はほとんど変わりません。

このページでは集客できるホームページ制作会社を見分ける方法をお伝えします。

titleタグはそのページの一番重要な情報です。最近は重要度が少しずつ低下していますが、それでもtitleタグに記載されている文字はGoogleの検索でも最も重要視される文字です。titleタグに記載されている文字はブラウザのこの部分に表示されます。

title

ホームページ制作会社のトップページのtitleタグが会社名だけしか記載されていなければ、その制作会社はホームページにユーザーを集める方法を知らない制作会社です。titleタグに会社名しか記載されていなければ、Googleの検索結果には、企業名で検索した時にしか表示されず、アクセスがあるのは、すでにその制作会社を知っている人からしかありません。

その制作会社を知っている人は、名刺交換をしたか、その会社のご近所さんぐらいしかありません。そうなると、ホームページから新規顧客を集めることは出来ず、WEB上に存在しないのと同じことになり、新規顧客の獲得は営業に頼るしか他に方法は無くなります。

titleタグに会社名しか記載していない制作会社は、自社のWEBサイトを少しでも多くの人に見て欲しいとは思っていないのではないかと思ってしまいます。

このような制作会社のホームページ制作実績には、当然titleタグにユーザーが検索した時に表示して欲しいキーワードが記載されていません。

キーワードと言うのは、ユーザーが探している商品カテゴリやサービスです。ユーザーは、「こんな商品が欲しいんだけど、安く良い商品を販売しているところはどこかな?」とか「近くで、こんなサービスをしてくれるところは無いかな?」と思って検索します。このユーザーが探している商品やサービスをtitleに記載されていないと、勝負する土俵にも上がれないことになってしまいます。

titleを確認する方法

ソース

titleがどのように記載されているのかを確認するには、ホームページの画面上で右クリックすると、左の画像のような選択肢が表示されます。この中から「ページのソースを表示」を選択するとソースが表示されます。これで表示されたソースの上の方に<title></title>で囲まれている部分に記載されている文に、企業名しか記載されていなければ、そのホームページを制作した制作会社は企業のホームページを集客に寄与するようには制作していないと考えて良いと思います。

titleが「キーワード・コピー・企業名」又は「コピー・キーワード・企業名」となっていれば、少なくとも、キーワードで集客しようと思ってホームページを制作したと考えて良いと思います。このようなtitleを記載しているホームページ制作会社は、制作したホームページが企業の経営に少しでもプラスになるように考えて制作しているので、悪い業者では有りません。

これに対してtitleに企業名しか記載していないホームページ制作会社は、ホームページの制作の料金さえもらえればそれで良いと考えている制作会社で、納品したホームページが企業の業績に貢献しようがしまいが関係無いと考えているので、良い制作会社ではありません。

このようなホームページ制作会社は、集客手段は納品後の更新が重要だと言います。納品後の更新やページのリライトは確かに重要ですが、根本的に集客出来ないホームページを作っておいて、集客出来ない時には、納品先の企業が更新していないからだと逃げるためにこのようなことを言います。

タイトル

titleタグに会社名しか記載されていないとアクセスは集まりません

このホームページ制作会社に発注しても、新規顧客の獲得ができないので、ホームページ制作にかかった費用は全くの無駄になってしまいます。

そのようなWEB制作会社のホームページは、アクセスがあれば美しいホームページになっていて、ユーザーには良いイメージを持ってもらえるとは思いますが、その前のハードルを越すことが出来ないのです。

ホームページはSNSからの流入などもありますが、やはり検索エンジンからの流入が最大のものです。検索エンジンからの集客が出来なければ、最大の集客手段を放棄しているのと同じです。

ホームページ制作会社にはそれぞれ得意分野があるはずですが、titleタグに会社名しか記載していない制作会社は、デザイン系の制作会社が多いようです。印刷会社から派生した制作会社や、会社案内やパンフレットのデザインをしていた会社がWEB制作も行うようになったような会社はコアコンピタンスがデザイン力なので、デザインを最大の武器にしてホームページの制作をしますので、人間の感性に訴えることが最大の目的で、検索エンジンにヒットさせることはあまり考えていないようです。

どれだけデザイン力があってもユーザーが訪れなければ、ホームページの目的は達成出来ません。titleタグに会社名しか記載していないWEB制作会社には発注しないようにしましょう

titleタグにターゲットキーワードが記載されている会社に発注するのが、良いWEB制作会社の選び方です

ヘッダーロゴにh1タグを記載しているホームページ制作会社は最新情報を知らない

ヘッダーロゴと言うのは、通常ホームページの左上に会社のロゴの画像が表示されて、その画像をクリックするとどのページからでもトップページへ移動できるリンクが挿入されているものです。

h1タグと言うのは、ページの大見出しです。ページの大見出しは、個別のページに記載されている内容を端的にユーザーに伝える表現をするべきです。このh1タグがヘッダーロゴに記載されていると、どのページも全て同じ大見出しになっていると言うことです。

本に例えると、ページをめくるとどのページも同じ大見出しが記載されているようなもので、とても不自然です。このようにヘッダーロゴにh1タグを記載することは文法上ありえないことです。しかし、このようにヘッダーロゴにh1タグを記載しているホームページ制作会社はとても多く、富山県のホームページ制作会社でも、正しくh1タグを記載しているホームページ制作会社を見つける方が難しいかも知れません。

ヘッダーロゴにh1タグが記載されている例

ヘッダーロゴh1

先ほど記載した「ページのソースを表示」でh1が記載されてる部分を探してください。これもわりと先頭の方に記載されています。h1と並んで<a href=”index.html”>や<a href=”/”>があって続いて<imgで始まる画像のソースがあれば、ヘッダーロゴにh1タグを記載していると分かります。さらにimgの中のalt=”企業名”になっていれば、新規顧客を獲得して、クライアントの業績に貢献しようと言う意志の全く無いホームページ制作会社です。

h1タグは先にも記載したようにページの大見出しなので、ページに記載されている内容を要約して記載されなければいけません。h1タグはtitleに次いでSEO上重要なタグです。ここが企業名になることは文法上有り得ませんし、全ページの大見出しが企業名などは絶対にあってはならないことです。

何故ヘッダーロゴにh1タグを記載するのか

ヘッダーロゴにh1を記載するのは、文法的に不自然だと記載しましたが、では何故このような不自然な記載をするホームページ制作会社が多いのでしょうか?

これは、想像の域を出ないのですが、多分Googleの性能が低い時代に、検索結果にトップページしか表示されな時代があり、トップページにSEOのパワーを集中するためにヘッダーロゴにh1タグを記載したのではないかと思います。

このようなGoogleの性能が低い時代に効果があった記載方法をGoogleの性能が向上した現在でも残ってしまっているのではないかと考えます。

しかし、現在ではGoogleの性能が向上して、下層のページでもユーザーの検索意図とマッチしたページを検索結果に返すようになったので、このようなヘッダーロゴにh1を記載する必要は無くなったのです。

テキストが少なく、ほぼ画像で作成されている

Googleはホームページに記載てれているテキストを読んで、文章の意味を理解して、ユーザーの検索意図に最も合っているページから順に検索結果に表示します。

画像で埋め尽くされていて、テキストがほとんど無く、ユーザーの疑問の回答になるコンテンツが無ければ、検索結果にはほぼ表示されません。

GoogleのSearch consoleのヘルプ、「検索エンジン用にサイトを最適化する」の中に、

完全な情報を提供する: 必要事項をすべて記載してください。Google では、ページ内容を推測することはできません。

と記載されています。ユーザーが想像を巡らさないといけないような情報しか記載されていないホームページでは不十分なのです。情報を発信する側は、その商品やサービスのプロなので、専門用語を使っても理解出来ますし、簡潔な説明でも、頭の中でいろんな情報を関連付けることが出来るので、自社のホームページを読んでも違和感を感じません。

しかし、素人が読んでも内容が十分理解出来るホームページを公開している企業は意外と少なく、そのようなホームページを制作している制作会社のホームページも情報が十分ではありません。

ホームページ制作会社のホームページを読んで、疑問や質問したいことが多く出て来る制作会社に発注すると、十分なコンテンツが掲載されないホームページになってしまいます。

営業範囲をテンプレートに記載している制作会社はキーワードの乱用を知らない

サイドバーやフッターに営業範囲の市町村名を列挙しているホームページ制作会社はGoogleのウェブマスター向けガイドラインを知らないホームページ制作会社です。サイドバーやフッターに営業範囲の市町村名を列挙することは、キーワードの乱用として、ランキングに悪影響がある可能性があるとGoogleが公開しています。ガイドライン違反を行うとGoogleからペナルティを受け、検索順位が大きく下落するか、検索結果に表示されたり、圏外に飛ばされたりして、順位がとても不安定になります。 検索エンジンのシェアの90%以上を占めるGoogleが禁止していることを知らずにホームページを制作する業者にホームページを依頼するのはとても危険です。

まとめ

おすすめ出来ない制作会社の事例をご紹介しましたが、いかがでしたたでしょうか?

ホームページ制作会社を選定する時は、制作会社のトップペーシのtitleが企業名しか記載されていない、また制作事例で掲載されているホームページでもtitleに企業名しか記載されていない制作会社に発注してはいけません。

この制作会社にホームページを依頼しても新規顧客の獲得は全く不可能です。

さらにページの大見出しであるh1タグをページ毎に個別に記載せずに、ヘッダーロゴにh1タグを記載している制作会社も最新情報を知らないので、発注してはいけません。

そして、最悪なのは、titleが企業名で、ヘッダーロゴにh1タグを記載して、その画像のalt(代替テキスト)属性にも企業名が記載されていれば、まず、新規顧客の獲得は絶望的です。

制作会社の選定で迷っていらっしゃるような場合もお問い合わせいただければ、無料でアドバイスいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

無料サイト診断