titleが企業名しか記載されていない制作会社には発注してはいけません

LINEで送る
Pocket

titleタグは会社の看板です

titleタグには平易なキーワードが記載されていないといけません

titleタグはそのページの一番重要な情報です。titleタグに記載されている文字はGoogleの検索でも最も重要視される文字です。titleタグに記載されている文字はブラウザのこの部分に表示されます。

titleタグ

ホームページ制作会社のトップページのtitleタグが会社名だけしか記載されていなければ、その制作会社はホームページにユーザーを集める方法を知らない制作会社です。titleタグに会社名しか記載されていなければ、Googleの検索結果には、企業名で検索した時にしか表示されず、アクセスがあるのは、すでにその制作会社を知っている人からしかありません。

その制作会社を知っている人は、名刺交換をしたか、その会社のご近所さんぐらいしかありません。そうなると、ホームページから新規顧客を集めることは出来ず、新規顧客の獲得は営業に頼るしか他に方法は無くなります。

titleタグに会社名しか記載していない制作会社は、自社のホームページを少しでも多くの人に見て欲しいとは思っていないのではないかと思ってしまいます。

このような制作会社の制作事例は、当然titleタグにユーザーが検索した時に表示して欲しいキーワードが記載されていません。

タイトル

titleタグに会社名しか記載されていないとアクセスは集まりません

この制作会社に発注しても、新規顧客の獲得ができないので、ホームページ制作にかかった費用は全くの無駄になってしまいます。

そのような制作会社のホームページは、アクセスがあれば美しいホームページになっていて、ユーザーには良いイメージを持ってもらえるとは思いますが、その前のハードルを越すことが出来ないのです。

ホームページはSNSからの流入などもありますが、やはり検索エンジンからの流入が最大のものです。検索エンジンからの集客が出来なければ、最大の集客手段を放棄しているのと同じです。

制作会社にはそれぞれ得意分野があるはずですが、titleタグに会社名しか記載していない制作会社は、デザイン系の制作会社が多いようです。印刷会社から派生した制作会社や、会社案内やパンフレットのデザインをしていた会社がWEB制作も行うようになったような会社はコアコンピタンスがデザイン力なので、デザインを最大の武器にしてホームページの制作をしますので、人間の完成に訴えることが最大の目的で、検索エンジンにヒットさせることはあまり考えていないようです。

どれだけデザイン力があってもユーザーが訪れなければ、ホームページの目的は達成出来ません。titleタグに会社名しか記載していないWEB制作会社には発注しないようにしましょう。

titleタグにターゲットキーワードが記載されている会社に発注するのが、良いWEB制作会社の選び方です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ