SEO対策の決め手は質と量で他社を圧倒的に凌駕するコンテンツです

LINEで送る
Pocket

長文SEOは確実に効果があります

2018年の時点では、質、量ともに充実した長文SEOは確実に効果があります。ただ、ユーザーが極端な長文を求めいてるかは疑問もあります。今後Googleが長文をどう評価するかは分かりません。

ユーザーの疑問に対して詳しい説明を掲載することはユーザーファーストでとても重要なことです。10000文字もの長文が必然性があって作成されるものであれば良いですが、ユーザーのことよりもSEOの効果を考えてGoogleの評価を上げることを目的に作成されているとすれば、今後評価が下がる可能性はあります。

長文SEOもあくまでもGoogleでは無く、ユーザーに対して必要な情報を伝えることを最優先にして作成することが重要です。現在は、長文SEOの効果はありますが、1ページの長文よりもサイト全体として十分なコンテンツを掲載して、サイト全体として評価を高めるように考えることも必要だと思います。

商品カタログ程度のコンテンツで他社に勝つことはありえません

例えば、ここに地域のグルメガイドのフリーペーパーが2種類あったとします。どちらか一方だけ持ち帰って良いとしたら、あなたはどちらを持って帰りますか?

1、簡単な説明だけ記載された総ページ数10ページのグルメガイド。

2、とても詳細な情報まで記載されていて、実際の味や調理している様子やお店の雰囲気が十分伝わる総ページ数100ページのグルメガイド。

持って帰る時の重量の負担を考慮しないのであれば、ほぼ全ての人が2を選ぶと思います。そして、2のフリーペーパーが定期的に更新されて発刊されれば、利用するユーザーはどんどん増えて行くはずです。これはホームページでも同じことで、とても詳しい情報が多くのページに渡って記載されているホームページをユーザーもGoogleも評価します。

SEO対策で競合他社よりもターゲットキーワードで上位に表示したければ、競合他社よりもコンテンツの質も量も圧倒的に上回ることです

Googleはただページ数が多いだけでは評価をしませんが、良質なコンテンツが多いホームページは高く評価します。競合他社を圧倒的に凌駕できるコンテンツの質と量を確保するために、良質なコンテンツを継続して公開し続けることが重要です。

良質なコンテンツと言うのは、ユーザーが商品に対して漠然と感じている問題や不満に対する明快な回答を出来る限り具体的に詳細に記載することです。その情報は商品を取り扱っているプロでなければ分からないような深い情報で、一般の人が読むと驚くような情報です。

また、ユーザーが検索窓に入れるキーワードがどんな意図で、どんな解決策を求めているのかを考え、検索意図に合うコンテンツを十分な量の文字数で掲載することも重要です。

このような情報を多数公開するには、ホームページ制作会社に依頼した時点で十分な情報を掲載する事は出来ません。ホームページ納品後にWEB担当者がどんどん公開して行く必要があります。

圧倒的

社内にあるコンテンツを見つけ出す

コンテンツを継続して公開し続けるのはなかなか大変なことです。最初のうちは、何件かのコンテンツの公開は可能だと思いますが、しばらく公開を続けていると、コンテンツが枯渇してしまいます。

コンテンツを生み出し続ける方法としては、KJ法を利用して、ブレーンストーミングを行い、情報をグルーピングして、コンテンツを見つける方法があります。さらには、マンダラートを使って、正方形のマスを9つ作り、中心に「社内にあるユーザーが嬉しい情報」と書いて、周囲に回答を書き出して行く方法。さらにマインドマップを使ってコンテンツを見つけ出す方法などがあります。

他には、Google・adwordsのキーワードプランナーを使ってユーザーが検索しているキーワードの中から質問や問題点の解決策を求めているキーワードからコンテンツを作り出す方法などがあります。

コンテンツを公開し続けるのは大変なことですが、企業活動は全てユーザーに喜んでもらうための活動です。ユーザーファーストで行っている社内の活動はユーザーにとって嬉しい行為なので、社内で行っていることは全てコンテンツになるはずです。

ユーザーにとって価値ある情報を定期的に公開するのは、価値あるフリーペーパーを継続して発行するのと同じことです。価値ある情報を継続して公開し続けるとユーザーはホームページに定期的に訪問するようになります。

訪問する度に価値ある情報に触れると、そのホームページをかけがえのないホームページだと感じるようになります。その情報をとても貴重なものと感じて、ホームページを運営している会社に対して、プロとしての高い専門性を感じて信頼するようになります。

プロとしての高い専門性に信頼感を持つようになると、「この商品分野だったらこのプロが勧める商品なら間違いない!」と思うようになり、ファンになります。良質なコンテンツの公開を続ければ続けるほど、ファンが増えて底堅い売り上げを確保出来るようになるのです。

検索意図に合ったコンテンツを掲載する

検索意図とは、検索キーワードの背景にどんな情報を求めているのか、何を解決したいのか、どんな感情なのかと言うことです。Googleは検索意図を理解して、検索意図に合ったページを上位に表示するようにしています。

検索上位を獲得したければ、検索意図に合ったコンテンツを十分な量のテキストで掲載すると効果的です。

上位サイトで共通して使われている共起語を参考にコンテンツを作成する

共起語と言うのは、特定のキーワードと同時に使われる単語です。共起語を調べて共起語を含めたコンテンツを作成すると、検索意図を反映したページになります。

共起語ツールなどの無料ツールを使えば簡単に調べることが出来ます。一人で考えてコンテンツを作成するとどうしてもキーワードが偏ってしまい、無意識では共起語をバランス良く使うことが出来ません。

共起語ツールを使って検索意図に合ったページを制作しましょう。

SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は質と量で他社を圧倒的に凌駕するコンテンツです

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ