検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法

良いWEB制作会社はWEBで受注できるはずです

営業するのはWEBからの受注ができないからです

ECサイトはWEB上で受注を受けるものです。企業のホームページは、WEB上で完結しないといけません。WEB上で完結するホームページはホームページから受注がないと存在価値がありません。WEB上から受注できるホームページを作れる制作会社に発注することが一番重要なことですが、WEBからの受注ができるホームページを作ってくれるかどうかの判断は、そのWEB制作会社のホームページが検索順位の上位にいるかどうかを見れば分かります。ホームページ経由で受注を完結できる会社を選ぶのが、良いWEB制作会社の選び方です

検索キーワードは企業名などの固有名詞ではなく、「ホームページ制作 地域名」など、多くの人が検索するキーワードで上位にいる制作会社へホームページの制作を依頼すれば、自社にとって有効な顧客を集客できるホームページを制作してくれます。平易なキーワードで検索上位に表示出来るWEB制作会社はSEOを理解しているので、どの業種のホームページの制作依頼を受けても、検索の上位に表示させることが出来ます。

ホームページ制作の営業をしている制作会社はホームページ経由で受注が取れないから、営業しているので、ホームページ経由で受注が十分あれば、営業はしないはずです。営業してホームページ制作の案件を受注している企業は、受注した案件でも、検索エンジンからの流入を十分に獲得できない可能性が大きいです。

ホームページをターゲットキーワードで上表示出来ない制作会社に発注すると、その制作会社と同様にWEB経由の受注の不足分を足で営業して稼がないといけなくなります。

良いWEB制作会社

足で営業する制作会社は営業マンのコストも上乗せになります

WEB受注で稼動している制作会社の人件費はほとんどが制作費になりますが、営業マンがいる制作会社は営業マンの人件費も制作費に含まれます。ホームページを公開していながら、営業もすると言うのはとても効率の悪いことで、制作費をとても高いものにしてしまいます。WEB経由の受注のみで稼動しているホームページ制作会社は販売費及び一般管理費はWEBサイトを公開するサーバーの費用程度しかかかりませんが、営業マンがいるホームページ制作会社は、販売費及び一般管理費に営業マンの人件費や営業にかかる交通費なども加算されます。

WEB制作会社のホームページがターゲットキーワードで上位表示出来ていないと、請け負ったホームページでも上位表示出来ません。自社のホームページは自社で自由にページの追加が出来るのに、そのWEBサイトが上位表示出来ていないと、お客様のホームページの制限の中ではとても上位表示できません。

SEO会社が電話営業してくるのはもってのほか

さらに言うと、SEOの会社が電話営業して来ると言うのは、本末転倒です。SEOの会社であれば、当然ホームページが「SEO」で上位に表示されているはずで、電話で営業などする必要は無いはずです。

SEOは検索エンジン最適化で、ホームページを正しく検索エンジンに認識させて、適正な順位で表示させるものですが、それが出来ている会社であれば、受注はホームページから十分に入って来るはずです。それを電話で営業すると言う事は、SEOで上位に表示されていないからです。自社のホームページが検索上位に表示できない会社がSEOの営業をして、案件を獲得しても望むような成果は得られないでしょう。

SEO対策を行う会社から電話が掛ってきたら、SEOで検索してみて、その会社が何位に表示されているか確認しましょう。多分50位以内には表示されないでしょう。その会社がどんな施策をすると言っても、それが効果のある施策であれば、かなり上位に表示されているはずで、50位以内にも表示されない施策では、自社のホームページに適用しても同様に効果が出ません。

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

こんなホームページ制作会社に発注すると集客できません

ホームページ制作会社の良し悪しを見分ける方法

目  次

titleタグには平易なキーワードが記載されていないと集客できません

ホームページ制作会社に発注する時の判断基準として、デザインが優れているかは、大きな判断基準になると思いますが、せっかく作ったホームページで新規顧客の獲得が出来なければ制作費は全くのムダになります。

このページでは集客できるホームページ制作会社を見分ける方法をお伝えします。

titleタグはそのページの一番重要な情報です。titleタグに記載されている文字はGoogleの検索でも最も重要視される文字です。titleタグに記載されている文字はブラウザのこの部分に表示されます。

title

ホームページ制作会社のトップページのtitleタグが会社名だけしか記載されていなければ、その制作会社はホームページにユーザーを集める方法を知らない制作会社です。titleタグに会社名しか記載されていなければ、Googleの検索結果には、企業名で検索した時にしか表示されず、アクセスがあるのは、すでにその制作会社を知っている人からしかありません。

その制作会社を知っている人は、名刺交換をしたか、その会社のご近所さんぐらいしかありません。そうなると、ホームページから新規顧客を集めることは出来ず、新規顧客の獲得は営業に頼るしか他に方法は無くなります。

titleタグに会社名しか記載していない制作会社は、自社のホームページを少しでも多くの人に見て欲しいとは思っていないのではないかと思ってしまいます。

このような制作会社のホームページ制作事例は、当然titleタグにユーザーが検索した時に表示して欲しいキーワードが記載されていません。

キーワードと言うのは、ユーザーが探している商品カテゴリやサービスです。ユーザーは、「こんな商品が欲しいんだけど、安く良い商品を販売しているところはどこかな?」とか「近くで、こんなサービスをしてくれるところは無いかな?」と思って検索します。このユーザーが探している商品やサービスをtitleに記載されていないと、勝負する土俵にも上がれないことになってしまいます。

titleを確認する方法

ソース

titleがどのように記載されているのかを確認するには、ホームページの画面上で右クリックすると、左の画像のような選択肢が表示されます。この中から「ページのソースを表示」を選択するとソースが表示されます。これで表示されたソースの上のほうに<title></title>で囲まれている部分に記載されている文が、企業名しか記載されていなければ、そのホームページを制作した制作会社は企業のホームページを集客に寄与するようには制作していないと考えて良いと思います。

titleが「キーワード、コピー、企業名」となっていれば、少なくとも、キーワードで集客しようと思ってホームページを制作したと考えて良いと思います。このようなtitleを記載しているホームページ制作会社は、制作したホームページが企業の経営に少しでもプラスになるように考えて制作しているので、悪い業者では有りません。

これに対してtitleに企業名しか記載していない制作会社は、ホームページの制作の料金さえもらえればそれで良いと考えている制作会社で、納品したホームページが企業の業績に貢献しようがしまいが関係無いと考えているので、良い制作会社ではありません。

タイトル

titleタグに会社名しか記載されていないとアクセスは集まりません

この制作会社に発注しても、新規顧客の獲得ができないので、ホームページ制作にかかった費用は全くの無駄になってしまいます。

そのような制作会社のホームページは、アクセスがあれば美しいホームページになっていて、ユーザーには良いイメージを持ってもらえるとは思いますが、その前のハードルを越すことが出来ないのです。

ホームページはSNSからの流入などもありますが、やはり検索エンジンからの流入が最大のものです。検索エンジンからの集客が出来なければ、最大の集客手段を放棄しているのと同じです。

制作会社にはそれぞれ得意分野があるはずですが、titleタグに会社名しか記載していない制作会社は、デザイン系の制作会社が多いようです。印刷会社から派生した制作会社や、会社案内やパンフレットのデザインをしていた会社がWEB制作も行うようになったような会社はコアコンピタンスがデザイン力なので、デザインを最大の武器にしてホームページの制作をしますので、人間の感性に訴えることが最大の目的で、検索エンジンにヒットさせることはあまり考えていないようです。

どれだけデザイン力があってもユーザーが訪れなければ、ホームページの目的は達成出来ません。titleタグに会社名しか記載していないWEB制作会社には発注しないようにしましょう

titleタグにターゲットキーワードが記載されている会社に発注するのが、良いWEB制作会社の選び方です

ヘッダーロゴにh1タグを記載している制作会社は最新情報を知らない

ヘッダーロゴと言うのは、通常ホームページの左上に会社のロゴの画像が表示されて、その画像をクリックするとどのページからでもトップページへ移動できるリンクが挿入されているものです。

h1タグと言うのは、ページの大見出しです。ページの大見出しは、個別のページに記載されている内容を端的にユーザーに伝える表現をするべきです。このh1タグがヘッダーロゴに記載されていると、どのページも全て同じ大見出しになっていると言うことです。

本に例えると、ページをめくるとどのページも同じ表題が記載されているようなもので、とても不自然です。このようにヘッダーロゴにh1タグを記載することは文法上ありえないことです。しかし、このようにヘッダーロゴにh1タグを記載しているホームページ制作会社はとても多く、正しくh1タグを記載している制作会社を見つける方が難しいかも知れません。

ヘッダーロゴにh1タグが記載されている例

ヘッダーロゴh1

先ほど記載した「ページのソースを表示」でh1が記載されてる部分を探してください。これもわりと先頭の方に記載されています。h1と並んで<a href=”index.html”>や<a href=”/”>があって続いて<imgで始まる画像のソースがあれば、ヘッダーロゴにh1タグを記載していると分かります。さらにimgの中のalt=”企業名”になっていれば、新規顧客を獲得して、クライアントの業績に貢献しようと言う意志の全く無いホームページ制作会社です。

h1タグは先にも記載したようにページの大見出しなので、ページに記載されている内容を要約して記載されなければいけません。h1タグはtitleに次いでSEO上重要なタグです。ここが企業名になることは文法上有り得ません。

何故ヘッダーロゴにh1タグを記載するのか

ヘッダーロゴにh1を記載するのは、文法的に不自然だと記載しましたが、では何故このような不自然な記載をする制作会社が多いのでしょうか?

これは、想像の域を出ないのですが、多分Googleの性能が低い時代に、検索結果にトップページしか表示されないことがあり、トップページにSEOのパワーを集中するためにヘッダーロゴにh1タグを記載したのではないかと思います。

このようなGoogleの性能が低い時代に効果があった記載方法がGoogleの性能が向上した現在でも残ってしまっているのではないかと考えます。

しかし、現在ではGoogleの性能が向上して、下層のページでもユーザーの検索意図とマッチしたページを検索結果に返すようになったので、このようなヘッダーロゴにh1を記載する必要は無くなったのです。

まとめ

ホームページ制作会社を選定する時は、制作会社のトップペーシのtitleが企業名しか記載されていない、また制作事例で掲載されているホームページでもtitleに企業名しか記載されていない制作会社に発注してはいけません。

この制作会社にホームページを依頼しても新規顧客の獲得は全く不可能です。

さらにページの大見出しであるh1タグをページ毎に個別に記載せずに、ヘッダーロゴにh1タグを記載している制作会社も最新情報を知らないので、発注してはいけません。

そして、最悪なのは、titleが企業名で、ヘッダーロゴにh1タグを記載して、その画像のalt(代替テキスト)属性にも企業名が記載されていれば、まず、新規顧客の獲得は絶望的です。

制作会社の選定で迷っていらっしゃるような場合もお問い合わせいただければ、無料でアドバイスいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

「外部リンクを張ります」と言う業者に発注してはいけません

不自然な外部リンクはペナルティです

外部リンク設置は時代遅れです

外部リンクの設置はペンギンアップデートが行われる前までは効果があったSEO対策でしたが、ペンギンアップデートで不自然な外部リンク設置サイトは軒並み順位が下落しました。ペンギンアップデートが初めて実施されたのが、2012年4月ですので、すでに不自然な外部リンクの設置はとてもリスキーなものであることは業界では十分に認識されているはずです。

それにもかかわらず外部リンクを設置すると言うような業者は、Googleの動向を知らない業者で、全く時代遅れの施策をしている業者です。そのような業者に発注してしまうと、Googleからペナルティを食らい、検索経由のアクセスを期待出来なくなります。

より多くのユーザーに自社を知ってもらいたくて作成するホームページがペナルティでアクセスがほとんど無いホームページになってしまっては本末転倒です。

ペナルティ

Googleのウェブマスター向けガイドラインに反するようなWEB制作をするような業者に発注することは絶対に避けて下さい。

ウェブマスター向けガイドラインの基本方針は

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

ユーザーのことを第一に考えたWEBサイトの制作をすることを最優先にすることです。外部リンクはユーザーのことでは無く、Googleを騙そうとする行為で、とても厳しいペナルティが課せられます。最悪の場合、インデックス削除されると、社名で検索しても表示されなくなります。Googleはそのドメイン自体をデータベースから削除してしまいますので、回復にはかなりの労力と時間を要することになります。Googleを騙すようなことは絶対にしない業者を選ぶようにしましょう。業者の選定を間違えるとホームページ制作の目的が全く果たせなくなります。

「外部リンクを張ります」と言う会社を選ばないことが、良いWEB制作会社を選ぶ方法の一つです

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

制作実績をリンク集にしているWEB制作会社に発注してはいけません

制作したサイトへサイドバーやフッターからリンクするとペナルティです

サイドバーやフッターからリンクすると全てのアンカーテキストが同じになります

制作実績を制作会社のWEBサイトで公開することはあることです。しかし、多数の制作実績をサイドバーやフッターからリンクすると、制作会社のホームページすべてのページから同じアンカーテキストでリンクされることになります。

全てのアンカーテキストが同じと言う事は自然なリンクでは有り得ないことで、リンクを受けたサイトはペナルティの対象になってしまいます。

制作会社側はSEO対策の効果を期待してリンクを設置しているのだと思いますが、これは逆効果です

このようなリンクを設置するWEB制作会社はSEOを売りにしていても、SEOのことを理解していない会社です

このような施策は昔は効果がありましたが、ペンギンアップデート以降効果が無くなりました。このリンクを設置しているWEB制作会社は、最新のSEOを勉強していない会社です。

制作実績をリンク集にすると、コンテンツが無く発リンクばかりになります

制作実績をリンク集にすると、コンテンツがほとんど無く発リンクばかりのページになります。外部ドメインへの発リンクが一定の割合を越えると、価値の無いページと判断されます。価値の無いページからの発リンクも同様に価値の無いものです。ジャンルが関係なくリンクが張られているページは不自然なページです。

このようなリンクを設置されると、ページ本来の価値を落としてしまいます。Googleから悪質と判断されると、手動対策でデータベースから削除されてしまう可能性さえあります。

検索エンジンからの集客を期待して作成したホームページが公開早々にペナルティを受けてしまっては、制作会社に依頼した意味がありません。

リンク集を設置しているホームページ制作会社に発注してはいけません。ペナルティになる恐れがあることをしている会社に発注しないことが、良いWEB制作会社の選び方の一つの指標です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ