ホームページを制作する目的

LINEで送る
Pocket

ホームページを作成する目的を明確にする

誰にどんなベネフィットを与えるのか

知り合いの企業がホームページを開設しているから。などと言う理由でホームページを開設する人はほとんどいないと思いますが、ホームページを作成するにあたって、目的が明確で無い場合があります。

自分の会社のホームページの具体的なお客様はどんな人で、その人にどんなベネフィット(メリット)を与えるホームページを作成するのかがブレていると、最適なユーザーも集まりませんので、当然成果も上がりません。

ホームページを作ったけれど、全く効果が無いと言うのは、狙う的がぼやけているのです。狙う的がピンポイントに見えていないと、的の中心には当たりません。狙うはずの的の中心を外したホームページは、本来狙うユーザーを集めることが出来ませんし、集めたユーザーに対して、情報を十分に伝えることが出来ません。

目的

企業としては、売上げアップ、認知度向上だと思いますが、

ホームページを作成する企業の立場とすれば、売上げ向上、認知度向上だと思いますが、それを実現するには、ユーザーとの間にGoogleが存在しています。Googleが検索エンジンの90%以上を占めていますので、Googleと言って良いでしょう。

お客様に認知してもらうにも、売上げを上げるにも、まずは、ユーザーの間にいるGoogleに正しく認識してもらって、ユーザーにとって価値あるホームページであることを理解してもらうようにしないといけません。

Googleはユーザーファーストです

Googleは常にユーザーファーストです。検索結果には検索キーワードの回答として、ユーザーにとって最も良いと思われる検索結果から順番に表示します。

Googleと同様にホームページもユーザーファーストにするべきです。ユーザーにとって価値ある情報を提供する。そしてホームページの情報やお客様に購入いただく商品を通してベネフィットを提供することです。

ユーザーにとって価値の無いものは、淘汰されて市場から消えて行きます。ホームページも同様で、ユーザーにとって価値の無いホームページは誰からも見向いてもらえなくなるのです。

自社のホームページがユーザーに提供できる価値は何なのかを十分に考えてホームページの作成に取り掛かるようにして下さい。

物理的な目標も明確にする

ホームページは、商品やサービスを販売する。資料請求、サンプル請求してもらう。問い合わせを受ける。などの物理的な目標も設定できます。ホームページ開設後、半年、1年後などにどの程度の数値を達成するのかを目標として設定することも重要です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ