Googleで過去に上位にいたページがジリジリと下がり圏外になった


過去の栄光にしがみ付き、圏外に落ちるページ

Googleのアルゴリズムは昔とは大きく違っています

昔は、検索で上位にいて、検索エンジン経由の売り上げも多かったサイトが長い時間をかけて、ジリジリと順位を下げて、圏外まで落ちてしまうサイトは、過去に1位だったサイトなので、十分に1位の価値があると思い込んでいて、キーワードの検索意図とは合わないサイトになってしまっていることに気付かないことが多いです。

過去に1位だったサイトは、外部リンクもあり、十分に上位に表示出来る素地はありますが、コンテンツが全く合わなくなっているのです。しかし、過去の栄光があり、なかなかそのことを受け入れることが出来ず、コンテンツの大幅な書き換えを躊躇していることがあります。

昔は、titleにキーワード、h1にキーワード、アンカーテキストにキーワードで1位になれた時代もありましたが、今は、そんな単純なロジックで上位が取れる程簡単ではありません。Googleのアルゴリズムは大きく進化して、ページに記載されている内容もある程度理解するようになりました。上位に表示されているページがどんな情報を記載しているのかをしっかり分析して、キーワードが求めている、解決したい問題やユーザーの疑問の回答になるコンテンツを掲載するうにしましょう。

上位のページが共通して使っているキーワードを記載すること

キーワード

特定のキーワードで検索した時に、上位のページが共通して使っているキーワードを記載するようにしましょう。上位のサイトが使っているキーワードは共起語検索ツールなどで、調べることが出来ますが、このツールでも完璧では無いので、キーワード出現率ツールなども併用して、上位にページが共通して使用しているキーワードを調べましょう。キーワードを調べるのはかなりの手間がかかりますが、共通して使用しているキーワードを掲載すると、かなり高い確率で順位が上昇しますので、根気よく調べてページに反映しましょう。

調べて、共通して使用されているキーワードが分かったら、キーワードを含めたコンテンツを記載しましょう。不自然で明らかに無理にキーワードを入れたような文章にならないように気を付けて、ユーザーに対して説得力のあるコンテンツに仕上げましょう。

SEO無料サイト診断