競合他社のサイトの検索流入を分析する

2021年3月29日

サイトによって流入しているキーワードは違う

自社がメインキーワードにしているキーワードはキーワードプランナーなどを利用して検索ボリュームを調べて決定していると思いますが、ロングテールキーワードになると、様々なキーワードで検索流入があります。競合サイトの流入分析を行うツールや方法をご紹介します。

検索ボリュームの大きさは市場の規模を表す指標でもありますので、自分が戦う市場の規模と競合の数を把握して、あまりにも競合する企業が多い場合は、自社の強みが行かせて、競合の少ない市場を主戦場にするなどの戦略を練る必要があります。

競合他社が集客していて、自社が集客出来ていないキーワードで、商品やサービスを探しているキーワードは絶対にコンテンツを作成するべきです。

サジェストキーワードでユーザーが切迫しているキーワードでコンテンツを作成して、さらに競合他社が集客しているキーワードでもコンテンツの作成が出来ると、関連しているキーワードのほぼ全てで集客が可能になりとても有効なマーケティング戦略になります。

自社の商品やサービスに関連する全てのキーワードについてのコンテンツを作成することは、集客可能な見込み客に対して全ての情報を公開することで、WEBマーケティングを行う上ではとても重要なことです。

競合サイトの検索流入を調べるにはツールを利用する

競合サイトの流入キーワードを調査するにはSimilarWebを利用します。無料トライアルの期間が決まっていますので、調査は短期期間に集中して行う必要がありますが、得られたデータを元に、自社のSearch consoleの検索アナリティクスのデータと比較して、自社の流入キーワードで漏れているキーワードをリストアップして、コンテンツを作成します。

弊社でも競合他社のトラフィックレポートを作成いたします

弊社でも競合サイトのトラフィックレポートを作成いたします。競合他社1社のみ無料でレポートをご提供いたします。このデータで得られる情報で、競合他社が獲得しているキーワードが把握出来ると、集客の傾向が分かります。未対策のキーワードのコンテンツを作成すると、競合他社へ流れていた顧客の一部を自社へ呼び込むことが可能になり、マーケティングを有利に進めることが可能になります。「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」です。

トラフィックレポート

お問合せページからメッセージにトラフィックレポートを作成して欲しいURLを記載してお申し込み下さい。URLがディレクトリの場合は、ディレクトリ以下のレポートを作成いたします。URLがドメインの場合は、ドメイン全体のレポートを作成いたします。

作成したトラフィックレポートを活用して、競合サイトへ流れているユーザーを自社サイトへ招き入れることが出来れば、リードしている競合サイトとの差を縮める効果を期待出来ます。

Posted by koji shimizu