良質なコンテンツの掲載が最強のSEOです


コンテンツの充実は最強のSEOです

コマーシャルからユーザーにとって価値ある情報への変化

2012年3月にGoogleは「コンテンツが充実していないのにSEOが上手なサイトと、SEOは出来ていないけれど、充実したコンテンツを持っているサイトの条件を平等にする」と発表しています。

これ以前には、IP分散の外部リンクの設置などのブラックハットSEOが隆盛を極めていましたが、ペンギンアップデートで自作自演リンクなどのブラックハットSEOが一掃されました。

これにより、SEOは充実した良質なコンテンツを掲載することに重点が置かれるようになって来ました。コンテンツとは直訳すると中身です。マスメディアに例えると、新聞記事はコンテンツです。広告欄はコマーシャルです。テレビ番組はコンテンツで、コマーシャルは文字通りコマーシャルです。こう考えると、ほとんどのECサイトはコマーシャルで埋め尽くされています。

コマーシャルはユーザーが望んでいなくても、一方的に表示されるもので、ただひたすらに商品が良いと訴え続けます。インターネット以前には、ユーザーが得られる情報が少なかったので、コマーシャルも貴重な情報源でしたが、インターネットが普及して、情報が溢れるようになり、ユーザーが自ら情報を求めて検索するようになると、一方的に送りつけられるコマーシャルを積極的に見なくなり、情報を自分自身で選別するようになって来ました。

コマーシャルは限られた掲載スペースや限られた放送時間でユーザーに商品の良さや企業イメージを伝える方法として、キャッチーなコピーが考えられるようになったり、スマートな企業イメージを伝える漠然とした内容が多くなりました。このコマーシャルの考え方がそのままホームページにも適用されて、ほとんどテキストの無い、画像ばかりのホームページが作られるようになったのです。多くの企業もユーザーは長文を読まないと決め込んでいます。

しかし、ユーザーは情報を求めて検索しているのです。ユーザーが求めて検索している回答はできるだけ詳しい情報が欲しいと考えているのです。

ターゲットはコマーシャルのような不特定多数では無く、明らかに疑問や問題があって、それを解決したいと思って検索して、サイトを訪れています。そのようなユーザーに対して、企業イメージを伝えるスタイリッシュなホームページを表示しても、ユーザーはすぐに検索ページに戻ってしまうでしょう。

コンテンツイズキング

最近では、「コンテンツイズキング」と言われるようになり、SEOにとってコンテンツが最も重要と考えるようになりました。これは、Googleは「重要なページからのリンクは価値が高いと考えられる」との考えでページのランキングの評価の基準にして来ましたが、本来Googleもユーザーも求めているのは、良質なコンテンツであって、良質なコンテンツと判断する材料として、外部リンクを活用していたのですが、最近では、Googleの性能が向上して、aiも導入するようになって、ページに記載されているコンテンツを理解するようになって来て、ページの良否を判断できるようになりました。

そうなると必然的に、低品質なリンクを張り巡らして、リスクの高いSEOをすよりも、良質なコンテンツの掲載に力を注いだ方が良いと言う考えに変化したものです。

良質なコンテンツには、テキストの情報は勿論、画像や動画も含まれます。

ユーザーが求めている情報は出来る限り詳しく知りたい

ユーザーは検索した質問に対する回答をできるだけ詳しく知りたいと考えているのに、未だにほとんど画像で埋め尽くされたホームページが当たり前のように公開され続けているのは全くのミスマッチです。

コンテンツとは、ユーザーの質問に対する回答で、ユーザーにとって価値があり、その文章を読むことで嬉しくなるような情報です。ユーザーに適切にコンテンツを理解してもらうために、ユーザーの質問に対する回答を考えるようにし、ユーザーが理解しやすくするために、動画や画像も適切に掲載しましょう。

以前のようにhtmlで作成されて、FTPでアップロードするホームページでは無く、WordPressのようなCMSで作成されたホームページは更新が簡単で、コンテンツの追加も簡単になりました。

すぐ商品を買いたいユーザーにはコマーシャルで良いのですが、今すぐに商品を買う訳ではないけれど、今使っている商品に対して漠然とした不満や問題を感じていて、解決方法を探しているユーザーが検索するキーワードに対する回答は、プロとしての高い専門性によって公開される情報です。そのような高い専門性から導き出されたコンテンツを読んだユーザーは、その情報によって、そのショップに対して信頼感を感じるようになります。

また、ユーザーに対して、丁寧な回答をしようと考えると、画像なども含んだコンテンツになるのは当然で、画像や動画を含んだコンテンツはGoogleから評価されます。

さらにコンテンツの公開を続けて行くと、次々と公開されるコンテンツを読んだユーザーはこの専門家が勧める商品なら間違い無いと言う強い信頼を寄せるようになり、そのコンテンツの魅力から、ショップのファンになってくれます。そして、このようなファンが次第に増えて固定客を獲得できるようになるのがポイントです。

良質なコンテンツがまとめて大量にあるサイトはユーザーからも好まれますし、検索エンジンからも高い評価を受け、多様なキーワードで上位に表示されるようになります。

コンテンツは専門性の高い情報なので、企業内のそれぞれの分野の専門家が実際に自分自身で、ユーザーの疑問や質問を考えるようにして、回答をユーザーの立場に立って、ユーザーにしっかり伝わる、役に立つ情報を可能な限り詳しく、徹底して掘り下げて記載するのが、最も良い方法です。

資産

コンテンツは資産として積みあがって行きます

リスティング広告は短期的な売上げ確保には有効ですが、広告費の支払いを停止すれば、アクセスも売上げも停止してしまいます。

しかし、コンテンツは一度公開すると、同様のキーワードで質問したユーザーがコンテンツを読んでファンになってくれます。そして、コンテンツは最初の制作コストを除けば掲載にはほとんどコストがかかりません。

なので、コンテンツを一度作ってしまえば、半永久的にアクセスやコンバージョンを生み出してくれます。

さらにコンテンツをどんどん掲載して行くと、一つ一つのコンテンツが稼ぎ出すアクセスは少なくてもねコンテンツが分厚く積もると大きなアクセスを生み出すようになります。

以前に作ったコンテンツの効果が失われることはありませんので、コンテンツの制作は常に+に作用します。

企業には必ずコンテンツがあります

リアルで企業経営を続けて来た企業は、これまで数々の不景気を乗り越えて来て、それでもお客様に選ばれる何かしらのコンテンツがあります。コンテンツが無い企業であれば、とっくに市場から退場しているはずで、ここまで生き残って来ている企業には必ずコンテンツがあります。

企業として、ここまで生き残って来た根源にあるプロとしての高い専門性は何かを考える必要があります。コアコンピタンスをユーザーに分かり易く説明する。しかもその情報はユーザー目線で発信するなど、いろんなコンテンツの公開の方法があります。企業内で実際に行われていることはほぼ全てがコンテンツになります。企業内で行っていることで、ユーザーに伝わる嬉しい情報は何かを考えて公開することが大切です。コンテンツについて考える時に、自社のコアコンピタンスがユーザーのどんな不満や問題を解決しているのかを考えることになり、企業としての他社との差別化要因や、今後も生き残るヒントや判断材料になると思います。

無料サイト診断