富山県のホームページは格安制作会社で十分


無料テンプレートでも十分な集客が可能です

富山県のホームページ制作会社を選ぶ時に、デザインと価格が判断材料になると思いますが、「ホームページ制作 富山 格安」で上位に表示される費用の安い制作会社を利用しても全く問題は無いと思います。

サテライトサイトで検索すると1サイト数千円のプランで作成してくれる制作会社もあります。初回お試し1サイトWordPressで5ページで3,980円と言うサービスを提供しているところもあります。

色んな制作会社を比較して、安い料金で作れる制作会社に依頼して問題ありません。低価格なホームページなら気軽に制作依頼も出来ると思います。

格安なホームページ制作会社に依頼するとWordPressで制作する場合には、決まったテンプレートで作成されるのと、ページ数の制限がありますが、WordPressの無料テンプレートを使用してもSEOに不利と言うことはありません。実際このサイトも無料テンプレートで作成しています。0からテンプレートを作成したとしても、無料テンプレートよりもSEOに不利なものもありますので、無料テンプレートでもデザイン的に妥協できるのであれば、無料テンプレートで十分です。格安制作会社を依頼すると、直接面談しての打ち合わせは限られるかも知れません。しかし、SkypeやZOOMを利用して、リモートでの打ち合わせも可能だと思いますので、ある程度は割り切りましょう。

また、新たなドメインを取得してホームページを公開しても、Googleから評価されて検索結果に安定して表示されるのに最低でも3ヶ月。長い場合は1年かかります。最初に作成できるページ数が少なくても、公開してから、どんどんページを追加すれば良いので、この点でもSEOに不利と言うことはありません。

格安の制作会社でもアクセスアップのサポートをしてくれる会社もありますので、目標とするアクセスが実現するまで相談やサポートをしてもらいましょう。

無料テンプレート

ホームページは投資分を回収することが優先です

新規ドメインで新たなホームページを制作する場合は、どれだけアクセスがあり、どれだけの売上があるのか分かりません。初期投資を極力減らして、投資回収を出来るだけ早くするようにすることが重要です。富山県を営業範囲にしている場合は、特にマーケットが小さいので、ホームページを開設しても投資回収が難しい場合が多くあります。

投資回収が難しいかも知れないものに大きな投資をする必要はありません。

初期投資を出来るだけ少なくして損益分岐点を下げて、ホームページの事業が黒字化するのを出来るだけ早くすることが重要です。

その意味では、格安のホームページ制作会社のプランを利用するのはおすすめです。格安なプランなら、安心してホームページ制作を依頼できるはずです。

ページを追加してコンテンツを増やす

格安のホームページで制作して、投稿ページからどんどんコンテンツを追加して行き、厚みのある内容のホームページに育てながらアクセスと売上げを上げるようにして、ホームページ運営のノウハウを蓄積して行きます。

格安ホームページのページ数では十分なアクセスを稼ぐことはほぼ不可能です。格安なホームページで制作する場合は、ページの追加は必須です。

元々、ホームページは制作会社から納品された状態で完成では無く、その後の運用や更新で、詳細な情報をどんどん追加して強いサイトにして行くことが重要です。

アクセスや売上げが安定したら、ホームページにどれだけ投資可能か計算してリニューアルする

お客様からの一定数のアクセスと売上げが上がるようになった時点で、ホームページのリニューアルを計画します。

売上げの実績から、ホームページに投資可能な金額を計算して、その予算で制作可能な制作会社を再度探して、自分が理想と思うデザインのホームページにリニューアルすれば良いのです。これまで作ったコンテンツを新たなホームページへ移動させれば、これまでの売上げは確保出来はずです。

テンプレートが変わることで、多少の売上げの増減はあるかも知れませんが、ドメインが変わらなければ、それまでの評価は引き継がれますので、大きく売上げが落ちたりすることは通常ありません。

最初はデザインも妥協しないといけないかも知れませんが、全く売上げの読めないホームページに多額の投資をすることは、経営を危険に晒すだけなので、極力控えましょう。

ある程度実績が出来て、投資回収の計算が出来るようになったら、可能な投資額に合ったホームページにリニューアルすれば良いのです。

ホームページは一度制作して終わりではありません

ホームページは黎明期は、htmlタグを手打ちして作成していました。その後、ホームページ作成ソフトが出てきて、ビジュアルを見ながら修正が出来るようになります。その後、Movable TypeやWordPressなどのCMSが登場し、スマホの登場により、モバイル対応が求められるようになり、レスポンシブ対応のホームページが主流になりました。さらに暗号化の技術が普及してSSL化が進み、httpsと表示されるURLになりました。モバイルページの表示速度を向上するためにAMPの技術が登場したり、どんどん進化しています。

今、制作したホームページでも数年経過すると、時代に対応出来なくなる可能性もありますので、一度のホームページ制作に多額の金額を投入すると、投資回収が出来ないうちに、新技術に対応したホームページにリニューアルせざるを得なくなる可能性もあります。

なので、ホームページは数年に一度はリニューアルしないといけないもものと考えて、投資回収の期間は短めに設定して、制作を依頼することが良い方法だと考えます。