長期間所持しているドメインを正しく運営していればSEOに有利です

LINEで送る
Pocket

長期間運営していれば自然発生リンクが得られます

通り一遍のコーポレートサイトでも運営期間が長いとSEO対策の効果はすぐに表れます

これは、ドメインパワーとかドメインエイジとか言われるようなことと同じことかも知れませんが、色んな企業のサイトのSEO対策を行っていると実感することです。

会社案内や商品カタログ程度の情報しか無いサイトで、特に良質なコンテンツがあるとは思えないサイトでも運営期間が長いと、SEO対策の効果はすぐに表れますが、新規に取得したドメインで同じようなSEO対策を行ってもなかなか上位には表示されないと言う事があります。

これは、企業のサイトとして運営していると、名刺にURLを記載したり、公的な機関への提出物にもURLを記載することが、自然発生リンクにつながり、運営期間が長いと蓄積されたリンクが多くなり、上位表示しやすい状態になっているのです。

長期間

中古ドメインを取得するのは、このリンクが付いているからです

SEOの効果を有効に利用するために、アフィリエイターなどが中古ドメインを取得する場合があります。これは、中古ドメインは張られているリンクが有効だからです。

一度張られたリンクは、そのドメインが廃止されてもリンクはそのまま残っていることが多いのです。そして、中古ドメインを復活させた瞬間から、そのドメインに張られたリンクが有効になり、SEOの効果が発揮されるのです。

企業の場合は中古ドメインを取得することはほとんど無いので、一度取得したドメインを簡単に変えずに長期間運用することです

どんな企業でも、最初にホームページを立ち上げる時は新規ドメインです。期待して立ち上げたホームページの反応が無いからと、更新を止めてしまう企業も多いですが、新規ドメインで立ち上げたサイトはどの企業も最初は反応が無いのです。

もしかしたら、諦めて放置した頃からドメインのパワーが高まってSEOの効果が出てきているかも知れません。

本来であれば、更新を諦めた頃に更新をすれば検索順位も上がり、注文につながったかも知れません。

巨額の投資をした実店舗であれば、諦めることはありませんが、ホームページの場合は、初期投資も少ないので、少し更新を続けて、反応が無いと諦めてしまうのだと思いますが、ホームページも重要な店舗の一つです。

少しの期間、更新をしても反応が無いからと簡単に諦めてしまわないようにして下さい。

長期間運営しているサイトで問題になるのは過去に登録したリンク集です

運営期間が長いサイトで問題があるのは、無料で登録できるYomi-searchなどに代表されるディレクトリ型の検索エンジンに登録していることです。

Yomi-searchは過去には有効なSEO手段だったのですが、自分で登録できることから、自作自演リンクと判断され、自動ペナルティの対象になったことです。昔は効果があったので、多数のYomi-searchに登録していて、それがペナルティの原因になっていることに気付かずに運営を続けている例が多いことです。

不自然リンクを調べる方法

不自然リンクを調べる方法は、Search consoleのリンク→外部リンクをエクスポート→最新のリンクでGoogleが捉えている外部リンクのリストが入手出来ます。外部リンクのリストから一つ一つリンクを調べ、雑多なリンク集やディレクトリ型の検索エンジン、本文とは全く関係の無いリンク、外国語のページからのリンクを否認します。

否認の方法はメモ帳に不自然リンクのURLを一行一行記載するか、ドメイン全体を否認する場合は、domain:example.comのように記載します。記載したファイルをSearch consoleのリンクの否認のページから送信します。リンクを否認した後に、否認を取り消したい場合は、否認ファイルに記載したURLやドメインを削除して送信し直せば、取り消し出来ます。

リンクの否認の効果が表れるまでには、Googlebotが否認したリンク元を巡回して、リンクを認識して、再評価することを全ての否認したページに対して行うのを待つしかありません。全てのページの巡回が完了しなくても、ペナルティは解除されますが、効果が表れるまでには、数ヶ月要します。

無料サイト診断