キーワード出現率は重要か?


昔は出現率で上位表示が出来た

Googleの性能が低い昔は、キーワードの出現率を5%程度にすると、検索結果の上位に表示出来た時代がありました。

キーワードが一定の比率以上記載されると、そのページがそのキーワードについて記載されているとGoogleに伝える効果があり、その基準が5%とされた時代がありました。

Goolgeは出現率を計算していない

しかし、ある時、Googleは「そもそもキーワードの出現率とはどんな計算式で算出されるのか」と発言したことがありました。

Googleはキーワードの出現率をランキングの決定要素としては利用していないと公式に認めたものと理解されました。

自然にコンテンツを作成すれば、キーワードは含まれる

特定のキーワードについて、コンテンツを記載すれば、自然にキーワードが含まれて、一定の出現率になります。検索順位を上げようとして、意図的に出現率を高めようとする必要はありません。キーワードを盛り込もうとして、不自然な文章になることの方が、ランキングに悪影響となり、逆効果です。

あくまでも、ユーザーに対して、キーワードに関するコンテンツを記載することが重要で、自然なコンテンツの記載に集中すれば、そのコンテンツをGoogleが正しく評価してくれると信じてコンテンツを記載することに集中すれば、自然と検索順位も高くなります。

自然に記載すれば、ターゲットキーワードは2%程度にはなります。キーワードが1%台以下になると、ターゲットキーワードできランクインしなくなると思います。自然に記載すれば最低限のキーワードの出現率にはなるはずですが、極端にキーワードの使用を控えるとキーワードで検索結果に表示されなくなるので、あくまでも自然に記載することが重要です。