SEOはホームページ制作では当然です


SEOがされていなければ、ホームページは存在しないのと同じです

ユーザーに平易なキーワードで見つけてもらえなければ新規顧客の獲得は出来ません

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化と言い、ホームページを検索エンジンに適正に評価してもらい、適正な検索順位に表示するようにするものです。

ホームページ制作会社に依頼して、せっかく作ったホームページが検索エンジンに適正に評価されず、検索結果の上位に表示されないと、発注した会社のホームページはweb上に存在しないのと同じで、新規顧客の開拓は出来ないことになってしまい、ホームページを制作する目的は全く果たすことが出来なくなり、活用も出来なくなります。SEOはホームページ制作では当然の作業です。web制作の段階でしっかりと必要なSEOを行って、公開後も検索エンジンで上位表示出来る、アクセスアップのためのサポートや管理もされるのが理想ですが、実際には、制作会社にSEOのノウハウはあまり持っておらず、SEOのノウハウを蓄積するのも簡単なことでは無く、SEOに強い制作会社はあまりありませんので、相談にも適切な回答や提案は勿論、コンサルティングなど何も得られないまま、管理費用だけが発生するのが現状です。ホームページは納品後、ほとんど放置されているのが現状です。

SEOは、ホームページを背伸びさせて検索エンジンに評価させて不当に高い評価を得ようとするものではありません。ホームページに記載されているコンテンツを検索エンジンに正しく伝え、適正に評価してもらい、適正な順位に表示してもらうものです。

Googleがサイトを評価する大きな基準は自然発生リンクと良質なコンテンツです。外部リンクはあくまでもお客様のために記載したコンテンツを評価して、自然に張られるリンクであり、自作自演のリンクではありません。コンテンツもユーザー本位で、ユーザーの疑問や質問に回答するもので、検索エンジンに評価してもらうために行うことはありません。

ユーザーは能動的に情報を求めています

スタイリッシュなデザインにしたいと言われる経営者の方も多いですが、スタイリッシュなデザインにしたいと言うのは、企業側の自己満足で、ユーザーはスタイリッシュなデザインのホームページを見たい訳ではありません。スタイリッシュなホームページは広告の延長線上のもので、ユーザーに対して企業イメージを伝えてブランディングしようとするものです。これは、マスメディアがマーケティングの中心であった時代の考え方で、コマーシャルはコンテンツの合間に挿入されるもので、限られた時間やスペースの中で、キャッチーなコピーでユーザーに印象付けて、実際にその分野の商品やサービスを探した時に購入する商品の中に含めてもらおうとするものです。

しかし、インターネットでユーザーが能動的に情報を求めている時代では、ユーザーが求めている情報は、コマーシャルと正反対で、検索窓に解決したい問題や疑問を入れて積極的に情報を自ら探しているのです。このようなユーザーにスタイリッシュなホームページを見せてもユーザーは必要な情報が無いのですぐに離脱してしまいますので、ユーザーに好印象をもってもらおてと考える企業の目的には逆効果です。

ユーザーの疑問や質問に対する回答を記載すると、ユーザーはその解答を読むようになります。このユーザーに疑問や質問に対する回答がコンテンツです。このユーザーがもとめているコンテンツを記載することがSEOであり、おすすめすることです。

社内でコンテンツ作成を始めるために、コンテンツを見つけ出す方法は、NHKで放送されている「チコちゃんに叱られる」でチコちゃんが言う「何で〇〇するの?」を社内の色んな工程に質問すると、ユーザーの疑問や質問が見えて来ます。

この質問をするとコンテンツの初心者や経験が無い方でも、比較的簡単にコンテンツのヒントが見つけられます。この質問を繰り返して、コンテンツを見つけるようになると、コンテンツを見る目が養われてきて、コンテンツが見つけやすくなり、コンテンツの作り方も分かります。

ホームページ制作会社がSEOに強いのが理想です

ホームページ制作会社にサイトリニューアルを依頼した際に、ターゲットキーワードに対して不足しているコンテンツについてのアドバイスや、ユーザーが求めている回答についての提案があれば良いのですが、実際に制作されているサイトはキーワードの検索ボリュームの調査や検討もせずに、キーワード選定も十分に行われず、デザイン優先で、コンテンツと呼べるような情報はほとんど記載されないのが現状で、ひどい例では、タイトルにターゲットキーワードすら記載されていないこともあります。

デザインとコンテンツの機能を上手く整理して、システム的にバランスを取って選択して制作してくれるSEOの知識のある制作会社であれば良いと思います。これまで制作を依頼していたホームページ制作会社に比べてよりSEOに強い制作会社を選び依頼することが重要です。

尚、Googleは検索へのアクセスがモバイル経由が50%以上になっていることを理由に、モバイルファーストインデックスを採用しており、検索のランキングにはスマホサイトの情報を採用しています。

ブラックハットSEOは行いません

ブラックハットSEOとは、Googleのウェブマスター向けガイドラインに反し、アルゴリズムの穴を突いて、テクニックのみで検索順位を不正に引き上げるものです。テクニックに頼るSEOは労力も少なく、気軽にやってしまうことがあるので、注意が必要です。

SEO

プラックハットSEOの具体的な手法

1、有料リンク・自作自演リンク

業者が持っているIP分散した多くのサーバーからのリンクを購入して、被リンクを獲得する方法です。

Googleは「他のサイトから張られたリンクはそのページに対する人気投票とみなす」と言う考えがあります。よって、被リンクが多い程価値があるサイトと判断されることを悪用して、リンクを購入したり、自分で多くのサイトを運営して、リンクを張ったりする行為が横行しました。

現在も、被リンクは検索順位を決定する重要な要素となっていますが、リンクの購入や自作自演リンクに対してはペナルティが強化されており、とてもリスクの高い手法となっていて、ひどい場合はGoogleのデータベースから削除される場合もあります。リンクはそもそも価値の高いページをサイトを訪れたユーザーに案内するためのものです。質が低い程、リンク数が多い程ペナルティは重く、解除にも時間がかかります。

2、相互リンク集(リンクファーム)

自社のホームページを登録し、自社からもリンクを張るものです。自サイトの評価向上を狙って、以前は広く普及していました。また、自サイトのリンク集などとの相互リンクもリンクファームとなりペナルティの対象になることがあります。現在でもリンク集を設置しているサイトを見かけますが、一つのページに大量にリンクがあるページを作るのはとても危険です。

3、隠しテキスト

背景と同色にしてテキストを打ったり、フォントサイズを極小にして、ユーザーは読めない文章を検索エンジンに読ませるものです。以前は、キーワードの出現率を高めることがSEOに有利だった時代もあり、ユーザーに読んでもらう文章では、キーワードの出現率が高くならなかったので、隠しテキストをする人もいました。

これは、古典的な手法で、今このような対策をする人はいないと思いますし、Googleもガイドラインで禁止していますので、絶対に利用しないようにしましょう。

ペナルティを受けると致命的な対応を受けるので注意が必要です

これまで、多くのサイトのペナルティを解除して来て、感じることは、ペナルティの内容によっては、マーケティング上、大ダメージを受けることがあり、アクセスが限りなく0に近い状態に追い込まれることがあります。

ブラックハットSEOの施策は絶対に採用しないことです。ペナルティを受けてしまうと、何をやってもアクセス数を増やすことが出来ず、状況は全く改善されず、悩み続けることになります。

ペナルティが解除されない場合に、ドメインを変更を考えることもあると思いますが、ホームページの内容が同じで、ドメインだけ変更してもGoogleはペーナルティを避けるためのドメイン変更だと認識してしまうので、ドメインを変更する場合は、ホームページを最初から別の内容に作り直さないといけません。

ホワイトハットSEOのみ実施します

Googleからペナルティを受けるようなブラックハットSEOは行いません。実施することは、titleタグに適正にキーワードを含める。descriptionに適正にキーワードを含める。見出しタグにもキーワードを含める。本文にも適正にキーワードを含める。

SEOを行う上で重要なポイントはGoogleのウェブマスター向けガイドラインに沿って対策することが基礎になります。Yahoo!もGoogleのデータベースを利用していますので、Google対策が成功すれば、Yahoo!でも上位に表示されます。

ブラックハットSEO業者のような外部リンクを設置するサービスは行っておりません。全く外部リンクが無い時には、はてなブックマークのようなペナルティにならない最低限のリンクを設置することはあります。

内部リンクを適正に設置し、重要なページをGoogleに知らせます。外部リンクがSEOに大きな効果がありますが、外部リンクほどではありませんが、内部リンクもSEOに効果があります。xmlサイトマップを検索エンジンに送信して、ページを収集してもらうようにします。パンくずリストを設置し、予期せず重複コンテンツが作られることがありますので、その場合は、重複を解消するようにサイトの設定をします。SEOはtitleとhタグと内部リンクとコンテンツしかありません

ホームページ制作会社やSEO業者を選ぶ場合は、ブラックハットSEOを行わない業者を選ぶことが、webマーケティングの観点からも重要です。

ユーザーの疑問への回答であるコンテンツの掲載が重要です

企業の持っているコアコンピタンスや特徴、強みを理解して、競合企業と差別化できるコンテンツ作成のアドバイスを行いwebサイトの検索順位の上位表示を実現します。

コンテンツと言う考え方を初めて聞いた方にとっては、何から取り組んで良いのか分からないかも知れませんが、そのためのアドバイスを専門家に求めるのも良いでしょう。

ユーザーの質問に対する回答であるコンテンツは、ユーザーが知りたいと思っている情報を、企業が持っているノウハウの中から、ユーザーの質問や疑問に対する回答を可能な限り詳細で徹底した説明をわかりやすく具体的な情報として作り、提供することが基本で、ページで紹介したコンテンツがユーザーの検索意図に合っていて共感されたり、納得できる情報を記事として掲載出来ればGoogleからも評価され、検索結果の上位表示が実現してアクセスアップとして成果が表れます。また、コンテンツを読んだユーザーもプロとしての高い専門性に感心し、安心して発注や依頼が出来ると思います。事例などを含めて、ユーザーがファンになり、信頼が得られるコンテンツの掲載が大切です。

Googleはユーザーの検索キーワードと関連の高いコンテンツを掲載したページを重視して検索結果の上位に表示するように、常にアルゴリズムの改善に取り組んでいます。

しかし、コンテンツを掲載するには、かなりの労力が必要で、時間もかかります。ホームページ制作会社に依頼する時には、十分なコンテンツを用意しておく必要があります。社内にあるコンテンツを出し続け、ホームページのコンテンツを増やし、分厚いコンテンツを擁するようになるのは、難しいですが、他社を圧倒できるコンテンツを掲載できれば、広告などの費用をかけなくても自然に十分なアクセスを獲得できるように支援します。競合他社を分析し、データに基づいて競合以上のコンテンツを具体的に詳細に掲載できれば、検索順位も上位になります。

制作済みで運用中のホームページのSEO対策も実施します

無料サイト診断