不自然な被リンクはペナルティになります

LINEで送る
Pocket

ペナルティになる被リンクとは

自作自演リンクはペナルティです

Googleのマット・カッツさんによると、「関連性が高く閲覧者が興味を持ちうるサイト同士で、片手で数えられる程度の自サイト同士のリンクであれば問題ないとのことですが、関連の無い自サイト同士をリンクし合うのは、ペナルティになります。」

関連性があって閲覧者が興味を持ちうるサイトと言うのは、コピーコンテンツでは無く、質の高いサイトでないといけないと言う事です。

関連性のある自サイトでも、グローバルナビやフッターからリンクすると、大量に同じアンカーテキストでリンクされるので、ペナルティになる可能性が高いです。自然に張られたリンクであれば、全く同じアンカーテキストで大量にリンクされることはありません。自サイトへリンクするのであれば、本文からリンクするようにしましょう。どうしてもグローバルナビやフッターからリンクする必要がある場合は、rel=”nofollow”を記述して、クローラーがリンクを辿らないようにしておきましょう。

人工的

リンク目的のページからのリンクはペナルティです

これは、以前にブラックハットSEO業者が盛んにやっていた手法です。IP分散したサーバーからほとんど内容のないページを作ってリンクを張るものです。これは、自然発生のリンク獲得のみ行っていれば、自然にIPは分散されてリンク元のページも本文のテキストからリンクされるので、リンク目的のページにはなりません。

リンク集のようなページからのリンクも問題になります。リンクを購入することは明確に禁止されていますが、有料リンクで無くても、無料登録できるYomi-Searchのようなリンク集エンジンは一つのサイトに登録すると、複数の同型サイトから大量のリンクが張られることになり、複数のYomi-Searchに登録するとペーナルティを受けることがあります。有料リンクの購入はスポーツで言えばドーピングのような行為です。検索順位を上げるために違法薬物を購入するようなものですので、絶対に行わないようにしましょう。

もしも、既に登録してしまっている場合は、Search Console→サイトへのリンク→最新のリンクをダウンロードで取り込んだ被リンク先の中から1件1件削除依頼するしかありません。実際に削除依頼する作業はかなり大変ですので、絶対に登録しないようにしましょう。

自然発生被リンクを獲得できる良質なコンテンツの公開が基本です

被リンクの獲得は、あくまでも良質なコンテンツを公開して自然にリンクしてもらえることが最良です。ユーザーにとって価値あるコンテンツの公開を継続して、ファンを作るようにすることがとても重要です。コンテテンツを読んだユーザーが友達にも読んで欲しいと思うような良質なコンテンツをどんどん公開できれば、自然にリンクは増えて行くはずですので、自作自演リンクやリンク目的のページへの登録などはする必要が無いはずです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です