得意なこと(強み)を公開する

LINEで送る
Pocket

得意なことは強みです

好きこそ物の上手なれ

企業として、得意なことはその企業にとっての強みです。ユーザーに自社の強みを明確に伝えることで、ユーザーとのマッチングも良好なものになります。得意じゃ無いことをコンテンツとして公開してしまうと、ユーザーはその分野も得意だと思って発注して来ます。不得意な分野は品質も悪いし、コストもかかる分野なので、そのような分野を受注することは避けた方が良いです。

得意な分野のコンテンツを出来るだけ詳しく掘り下げてコンテンツにすることで、ユーザーが商品選定で最も重要視する部分と、自社の得意な技術分野がマッチして、良好な取引が成立します。ユーザーが最もこだわっている部分と、自社の得意分野がマッチしていれば、ユーザーの満足度も高くなります。

得意分野を明確にしていないと誰からも問い合わせが来ます

得意分野を明確に公開していないと、得意、不得意関係なくいろんな分野の問い合わせが来ます。不得意な分野の問い合わせにも回答するには労力がかかり、コストが発生します。あまり受注したくない分野の問い合わせのために労力を使うことは、企業としては、無駄な作業になります。得意分野を明確にしていないと、受注にもつながらない多数の問い合わせに対応しないといけなくなり、無駄な対応に多大な労力を費やすことになります。

強み

企業として公開している情報が不足していれば不足しているほど、問い合わせは多くなります。

ホームページに得意分野についての詳しいコンテンツを公開しておくと、問い合わせの時点で、お客様が選別されていて、自社にとって受注したい案件だけの問い合わせになりますので、無駄なメール対応などの必要が無くなります。

得意なことを徹底して掘り下げてコンテンツを公開することにより、他社との差別化にもなり、自社の優位性をお客様に伝えることが出来るのです。

ホームページを公開しても、そこに投入できるリソースは限られているはずなので、無尽蔵に人材を投入することはできません。初期コストや安くできるインターネット通販でも、お客様からの問い合わせのメール対応に多くのリソースを投入しないといけなくなると、利益を圧迫することになります。

得意分野についてのコンテンツを徹底して掘り下げて公開すれば、問い合わせそのそのも少なくなり、あまり問い合わせが無くても受注に繋がります。ホームページを公開しても、出来る限り効率よく運営できるように、得意分野の情報を徹底して公開することがとても重要です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です