過去のネットショップの運営経験を生かします

LINEで送る
Pocket

過去にインターネット専業のオリジナルTシャツの縫製工場を運営していました

最初はWEB制作会社に発注しました

1998年にオリジナルTシャツのホームページを業者に依頼して作成し、インターネット通販を開始しました。さすがにプロが作ったホームページは美しく、とても満足出来る仕上がりでした。

このページを素人が触ってデザインが崩れて行くのがイヤだったので、最初の1年間は一切更新しませんでした。その結果、初年度の一ヶ月平均売り上げは14,952円でした。

このままではダメだと考え、デザインが崩れて行くのは忍びないと思いながらも、情報を追加して行きました。情報を追加すればするほど、売上げが増えるようになりました。これは、ページが増えると、検索エンジンにヒットするキーワードが増えて、いろんなキーワードでユーザーが来店して頂けるようになったのと、マスコミでも良く取り上げていただいたので、外部リンクが増えたのと、ページが増えて、トップページへの内部リンクが強化されたことが原因だと思っています。

Tシャツを買うお客様が商品に関して一番不満に思うことは、洗濯すると衿が伸びてしまうことだと考え、ホームページには良いTシャツの見分け方など色んなコンテンツを掲載しました。このコンテンツを読んだお客様は、「この会社なら間違い無く良い商品が買えると思いました」と言っていただけることが多くなり、全国的にもかなり有名なサイトになりました。つまり、商品の見分け方を掲載することは、自社の商品の品質が良いと言う事を言わなくても、「見分け方で、悪いと言っている商品は販売しません」とお客様に伝えているようなものなのです。もしも、品質の見分け方を情報として発信出来れば、良質なコンテンツになります。

Googleの検索結果でも「オリジナルTシャツ」で検索すると5位以下に落ちることは無くなりました。そして、インターネット受注だけで稼動する全国でも唯一の縫製工場になったのです。平成17年度経済産業省の「IT経営百選」で優秀賞、18年度には最優秀賞を受賞いたしました。

ホームページは企業が持っている情報を公開すればするほどアクセスや注文が増えます。情報を公開するのが面倒だと思う方もいらっしゃると思いますが、WEB制作会社から出来上がったホームページは完成品ではありません。企業としての最低限の情報を掲載したプラットフォームでしかありません。

自社で更新できない企業様には、当社で更新も承りますが、出来れば自社で更新していただくのが良いと思います。なぜなら、企業が発信する情報は、実際にその情報に触れている人が書く方が生々しい情報になって、お客様にも伝わるからです。

過去の経験

縫製工場を止めてからはラーメン通販のサイトを運営しました

縫製工場を止めてから、サラリーマンとして勤めた会社でもインターネット通販を担当しまして、「富山ブラック」で3位、「ラーメン通販」で検索順位2位のサイトを運営していました。

WEB制作会社には、システム系、印刷系、デザイン系などいろいろありますが、ネットショップの運営経験の無い人がWEBサイトの制作をすると言う事は、野球の経験は無いけれど、筋トレの知識は有ると言う人が、野球チームの監督をするようなものです。どれだけ筋肉に詳しい専門家であっても、野球の経験の無い人が野球チームの監督をしてもチームを勝利に導くことは出来ません。

筋肉の知識をどれだけ持っていても、野球の経験が無ければ野球チームの監督は務まりません。これと同様にネットショップはネットショップの運営と成功体験のある人じゃないと売れるWEBサイトを作成することは出来ないのです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です