良質なコンテンツが検索順位の判断基準になるのは理想的なことです

LINEで送る
Pocket

悪意のある業者はコンテンツを公開できません

コンテンツが検索順位の基準になるのは理想的です

良質なWEBコンテンツはユーザーにとって嬉しい情報です。ユーザーにとって嬉しい情報は、ユーザー本意で運営している善意に基づいた企業じゃないと公開できません。お客様に少しでも喜んでもらおうと言う気持ちがベースに無いと良質なWEBコンテンツを公開できないのです。

リアルの店舗で一見のお客様を相手にしているお店だったら、お客様に粗悪品を売りつけても、お客様が再来店されることは無いので、全く業績に悪影響はありませんでした。むしろ粗悪品を通常価格で売りつけるので、正直なお店よりも業績が良かったかも知れません。

悪意のあるお店はコンテンツを掲載できません

ユーザーにとって嬉しい情報や、プロとしての高い専門性は、自社のホームページを閲覧したユーザーの人生に良い影響を与えたいと思っているか、自社の商品をお買い上げいただいて、お客様に喜んで頂こうと思う気持ちが無いと掲載できません。

そのコンテンツは真実じゃないと、実際に商品をお買い上げいただいたお客様が、記載されているコンテンツと実際の商品が違うと、SNSで拡散さけてしまって、最悪の場合、炎上するかもしれません。

理想的

悪意のあるお店は、自分たちが行っている真実を公開するだけで炎上するかも知れません。

お客様に喜んで頂きたいと言う考えが根底にある企業が、企業としての姿勢を公開することが、コンテンツとなり、それが検索順位に影響することになることは、正直な経営をしている企業が検索で上位に表示され、悪意に満ちた企業はコンテンツを掲載できないので、検索結果に表示されなくなり、経営が継続出来なくなると言うのは、お客様第一で経営している企業にとっては理想的なことです。

Googleがコンテンツを検索順位の評価基準にすると言うのは、これまで、お客様第一で経営してきたけれども、お客様にはあまり伝わっていなかった企業にとっては、とても良いチャンスです。

ユーザーにとって嬉しい情報はどんどん公開しましょう

プロとしての高い専門性を公開して、ユーザーから信頼を得ることや、企業として、お客様に喜んでいただくために取り組んでいることなどは、積極的にコンテンツとして公開するようにしましょう。どれだけお客様のことを大切に思っていても、文章にして伝えないとお客様は分かりません。Googleも文章に書かれていないと、コンテンツを評価出来ないのです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です