コンテンツのヒントを見つけ出す方法

LINEで送る
Pocket

人が求める21のコンテンツ

ユーザーがどんなコンテンツを求めているかのヒント

Type of Content
kanataさんの記事の一部転載です。

1. 人生は限りある(短い)ものだと再認識させてくれるようなコンテンツ

2. 夢を叶えることができると再認識させてくれるようなコンテンツ

3. より大きなことを信じられる力を与えてくれるようなコンテンツ

4. 自分が大切な存在であることを思い出させてくれるようなコンテンツ

1~4は、一度きりの人生を大切に、自分自身を大切に、夢を叶えようと前向きに生きて行くことを後押ししてくれるような前向きなコンテンツを望んでいます。

5. 忘れた、もしくは見過ごした「基本」を再認識させてくれるようなコンテンツ

6. 予想外の変化を含んだコンテンツ

7. 物語を語るようなコンテンツ

8. 私たちを1つの旅に連れていってくれるようなコンテンツ

9. 私たちに感動を与え、行動を促すようなコンテンツ

10. 私たちを笑わせてくれるようなコンテンツ

11. 私たちを泣かせるようなコンテンツ(喜びの涙、もしくは悲しみの涙)

12. 秘密を明かすようなコンテンツ

13. 私たちを驚かせるようなコンテンツ

12、13は企業のホームページで一番公開しやすいコンテンツだと思います。プロとしての高い専門性は、企業秘密であったり、ユーザーが知ると驚くようなコンテンツになるはずです。

14. あきらめないように自分の背中を押してくれるようなコンテンツ

自分自身を鼓舞し、前向きに生きて生きたい、成長したいと人間は常に思っています。一歩前に進む勇気を与えてくれるコンテンツを求めています。

15. 自分がオンリーワンの存在であることを再認識させてくれ、そのような生き方をすすめてくれるようなコンテンツ

世界に一つしかない、自分と言う存在の大切さはつい忘れがちですが、自分の存在価値の高さを認識できるととても前向きに生きて行くことが出来ます。人は自分自身の人生を前向きで価値あるものにしたいと思っています。

16. 先がある(もっとある)ことを再認識させてくれるようなコンテンツ

17. 自分が持っている仮説(証拠はないけど事実だと考えていること)を確証してくれるようなコンテンツ

18. 自分が持っている仮説(証拠はないけど事実だと考えていること)に異議を唱えるようなコンテンツ

19. 楽しみながら学べるようなコンテンツ

人間は、常に成長したいと思っています。なので、学びのあるコンテンツはとても有効です。

20. ダビデがゴリアテに勝つようなコンテンツ

補足:この2人は聖書に出てくる人物。ゴリアテは巨人。どう見ても考えてもゴリアテの方が強そうだけど、ダビデが戦いに勝つ。例えば中小企業がダビデで、大企業がゴリアテ。下町の家族経営のスーパーがダビデで、大手スーパーがゴリアテ。

21. ありふれた(見慣れた、聞き慣れた)ものだとしても、新しい(新鮮な)視点を与えてくれるようなコンテンツ

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です