自作自演リンクを設置してはいけません

LINEで送る
Pocket

外部リンクはSEOの効果がありますが、自作自演リンクはダメです

長い間運営していれば、自然なリンクが付くものです

外部リンクの獲得は良質なコンテンツと同等のSEO対策の効果があります。ホームページを公開すると、ターゲットキーワードで上位に表示したいと言う気持ちになります。

検索で上位表示したければ、ユーザーにとって価値のある良質なコンテンツを社内で見つけ出してどんどん公開することが第一です。コンテンツの公開を続けていれば長い時間を掛けて被リンクが得られるようになります。

ホームページを公開してからGoogleがページを適正に評価して順位が定着するまで、数ヶ月かかります。検索順位が定着するまで、焦らずに待ちましょう。

WEBマスターであれば、誰でも検索順位を上げたいと思うものですが、だからと言って、自分でBlogを量産して、そこからリンクを張るようなことはしないようにしましょう。

自作自演のリンクであっても自然なリンクであれば大丈夫なのですが、テーマに一貫性があって、その内容から関連がある自然なリンクを多く設置することは不可能です。

一貫したテーマでBlogを運営するエネルギーがあるのなら、自社のサイトのコンテンツの充実に労力を注いだ方が有益です。

リンク

自作自演のサイトがGoogleから評価されるようなサイトにならない

Googleのウェブマスター向けガイドラインには

どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

と書かれています。自分が量産するBlogが独自性があり、魅力があるサイトになるには、かなりの専門的な知識が必要です。そんな専門的な知識で運営するサイトを複数運営するのは、ほぼ不可能です。

発リンクを目的に運営するBlogはほとんど中身の無いサイトになってしまいます。そのような中身の無いサイトからのリンクをGoogleは評価しません。そして、そんな中身の無いサイトからほとんど同じアンカーテキストでリンクされていれば、自作自演リンクであることはGoogleにすぐバレてしまいます。

こんなことに労力を使うくらいなら、良質なコンテンツの公開に最大限の労力を使うことです。自分でできる外部リンクとしては、はてなブックマークに自分が運営しているサイトをブックマークする程度です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です