デザインは企業や商品を直感的に伝えるものです

LINEで送る
Pocket

ホームページは機能的でないといけません

ECサイトは無駄な装飾が多い必要はありません

WEBデザインは、企業や商品をより良く見せるもので、明確な目的やターゲットがいて、企業や商品の意図を伝えるものです。

コンテンツは主にテキストで作成されますが、テキストで伝えるコンテンツを補完するものがデザインです。ユーザーに伝えたい情報をより分かり易く、さらにイメージとしての情報も伝えます。また、同じ分類の情報をまとめたり、タイトルや見出しを付けて、ユーザーが目的の情報にたどり着きやすいようにすることもデザインです。

簡潔

しかし、デザインを見せることがECサイトの目的になってしまうと、一番重要な企業や商品の情報を伝える前にユーザーが帰って行ってしまうかも知れません。今でもたまに見かけるサイトで、サイトにアクセスするとFlashの動画を強制的に見せられるサイトと言うのは、Flashの動画を見せることに満足しているのであって、本来の目的を見失っています。

Flashの動画を強制的に見せるのは、企業側の自己満足でしかありません。ユーザーは目的があってサイトを訪れているので、その目的に辿り着くのを妨害するようなFlashの動画にはストレスを感じてしまいます。

このようにデザインはユーザーが目的の情報に到達する助けになる必要があり、無駄な装飾によって、ユーザーの行動を妨害してしまうようでは、デザイン本来の目的を果たしていないことになります。

せっかく作るホームページですから、美しいホームページにするのは良いことですが、過剰なデザインでユーザーの行動を邪魔してしまわないように注意しましょう。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です