ホームページはコンテンツ不足です

LINEで送る
Pocket

更新を続けられていればコンテンツが豊富にあるはずですが

コンテンツとはユーザーにとって嬉しい情報です

ホームページの基本になるのは商品カタログです。商品カタログは印刷できる紙の面積の関係で、元々が情報不足です。ほとんどのホームページは商品カタログと同等の情報しか掲載されていません。営業マンは商品カタログを持って得意先を訪問すると、補足説明としてセールストークをします。

このセールストークも含めてホームページに掲載しないと、ホームページで商談成立とはなりません。しかし、セールストークまでは掲載されておらず、ホームページは完結しません。さらに、セールストークはコンテンツでは無く、コマーシャルです。

ホームページの運営を続けていると、コマーシャルばかりが増えて行きます。商品は本来、お客様にとって嬉しいものであったり、問題を解決してくれるものであったりするはずですが、企業目線で情報発信すると、コマーシャルになってしまいます。

コンテンツ

ユーザーは企業から一方的に商品の良さを伝えるコマーシャルを拒否する傾向になっています。しかし、ユーザーの生活の中で感じる問題を解決できる方法などを検索していて、その回答を求めているのです。

企業目線でただひたすらに商品が良いと言い続けるコマーシャルでは無く、ユーザーの疑問や問題を解決できる情報の公開を続けることが出来れば、コンテンツがたくさん積み上がった、良質なサイトになります。

良質なWEBコンテンツを大量に持っているサイトはユーザーもファンになってくれますし、Googleもコンテンツを評価して検索順位を上位に表示してくれるようになります。

同じ情報を掲載するにも、企業目線では無く、ユーザー目線で情報を公開するようにして行けば、コンテンツがどんどん増えて行くはずです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です