プロとしての高い専門性を伝えてユーザーに信頼してもらう

LINEで送る
Pocket

プロだからこそ分かる情報でユーザーの信頼を勝ち取る

企業としての存在価値を極限まで伝える

ユーザーにとって、訪問したホームページが商品カタログと同程度の情報しか書かれていないと、ホームページが他社との差別化が出来ず、そのホームページから商品を購入する理由がありません。

そこにプロだからこそ分かる高い専門性が掲載されていると、ユーザーはその企業に対して信頼感を感じます。

リアルの営業であれば、営業マンがお客様といろんな話しをします。何気なく話した内容からもプロとしての高い専門性が滲み出たりします。

しかし、ホームページは、企業にどれだけ高い専門性があっても、ページにコンテンツとして記載しないと、絶対にユーザーに伝わりません。美しい画像で企業イメージを伝えるのでは無く、しっかりと文章で表現しないといけないのです。

ホームページをユーザーに読んでもらえれば、商談成立になる程の情報を記載しないと、ホームページは力を発揮しません。

企業として持っている価値を余すところ無く極限まで、表現してユーザーに伝える努力をしないと、生きたホームページにはなりません。実際に毎日仕事をしていると、企業の中で行っていることが特別のことでは無いと感じている場合もありますが、一つ一つの活動が普通のことかどうか自問自答してみて下さい。プロとしての高度なこだわりがたくさんあるはずです。

プロとしての高い専門性

カタログと同程度の情報では差別化出来ません

カタログと同程度の情報しか掲載されていないと、他の店舗との差別化が出来ません。ユーザーはどこで買っても同じだと感じてしまいます。こうなると、あとは価格やサービスだけの問題になりますので、際限なく価格競争が始まります。価格競争になってしまえば、資金力の無い中小企業は脱落してしまい、ホームページの存在価値は無くなってしまいます。

価格競争に巻き込まれないようにするためにも、プロとしての専門性を強くアピールするホームページを作りましょう。企業として持っている高い専門性が企業としての存在価値です。ユーザーに企業としての存在価値を伝えることは当然のことで、ユーザーに自社を選んでもらうためには、他社は出していない専門家としての誇り高い情報を公開して、ユーザーから信頼されるホームページにしましょう。プロとしての高い専門性は、良質なコンテンツとなり、Googleからも評価され、検索順位も上がって行く可能性があります。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ