ターゲットにしているユーザーに来店してもらう

LINEで送る
Pocket

集客したいお客様が検索するキーワードを明確にする

来店して欲しいお客様に来店してもらう

全く自社の商品に興味の無いお客様に来店してもらっても、売上げには繋がりません。商品に対して興味のある、コンバージョンに繋がりやすいユーザーに来店してもらうことで、売上げにも繋がりますし、店舗や商品の情報をSNSで拡散してくれる可能性も高まります。

来店して欲しいユーザーがどんなキーワードで検索しているのかを知ることは、コンテンツマーケティングの上でもとても重要です。自社とユーザーのマッチングをしてくれるのが検索エンジンです。検索エンジンがマッチングに利用しているのがキーワードで、キーワードの検索ニーズに近いページを検索上位から順に表示するようになっています。

つまり、ユーザーのキーワードの検索意図にあったページを作ることが出来れば検索上位に表示されるようになると言う事です。

ターゲットを明確にする

キーワードが分からない場合は制作会社に相談しましょう

ユーザーにどんなキーワードで検索してもらった時に来店してもらうようにしたいのかを明確に定めることはとても重要です。ユーザーが検索しているキーワードの検索数を調べる方法は、Google・Adwordsのキーワードプランナーで調べることが出来ます。プロが日常使っている言葉と、ユーザーが検索に使う言葉は違う場合もありますので、必ず確認するようにしましょう。また、検索ボリュームの大きい、ビッグキーワードは上位表示も難しいですし、上位表示できても、ユーザーの購入意志が低いことも多いので、あまり検索ボリュームが多いキーワードは選ばない方が良いと思います。

自社の商品に対して最も濃厚なユーザーに来店してもらうようにページを作ることが重要です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ