良質なWEBコンテンツを掲載する

LINEで送る
Pocket

良質なWEBコンテンツ=SEOです

外部リンクを設置するSEOはブラックハットです

2012年に実施されたペンギンアップデートによって、外部リンクを設置するSEO対策は軒並み検索順位を下げられ、自然発生リンク以外の不自然なリンクは自動対策や手動対策などのペナルティの対象になってしまいました。

ペンギンアップデート以前は、外部リンクの設置が最大のSEO対策でした。いろんなSEO業者から「IP分散リンクを設置する」と言う電話やメールがたくさん来ましたが、現在ではそのような対策は全く効果が無く、むしろ検索順位を落とす結果になってしまいました。

外部リンクの獲得は良質なコンテンツを公開して自然に設置されるリンクを待つしかありません。自作自演リンクもコンテンツに関連性があり、自然なリンクが数本ある程度なら大丈夫ですが、関連があってもグローバルナビなどから大量にリンクを張るのは検索順位を落とす結果になります。

SEO対策として、外部リンクを操作することは「百害あって一利なし」なのです。

コンテンツ

今出来る最大のSEO対策は良質なコンテンツの公開です

不自然な外部リンクを設置することがペナルティになってしまうと、SEO対策として出来る事は限られてしまいます。

WEB制作側で出来る最大のSEO対策は、良質なコンテンツの公開と内部対策だけです。

コンテンツはユーザーにとって価値ある情報を公開することです。Googleは一貫してユーザーファーストを貫いています。ホームページを制作する側もGoogleと同様にユーザーにとって価値ある情報を掲載することに徹することです。

ユーザーが本当に求めているコンテンツ。自社が取り扱う商品カテゴリについてユーザーが感じている不満や問題についての解決策など、プロとしての専門性の高いコンテンツはユーザーから信頼されます。ユーザーが自ら求めている情報は、出来る限り詳しく説明する必要があります。

コマーシャルのように求めてもいないのに一方的に送りつけられる情報は、キャッチーなコピーでユーザーを惹き付ける必要がありますが、ユーザーが自ら求めている情報は、長文になっても、出来るだけ具体的な説明をすることがユーザーの求めていることに対して応えることになります。

ユーザーが感じている問題に対してより具体的で納得できる説明のあるコンテンツを掲載している会社のホームページをユーザーは信頼します。ユーザーが求めている情報に対して最大限の回答を掲載するようにしましょう。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ