キーワード選定はSEOで最も重要

2021年1月15日

アクセスを左右するキーワード選定

SEOを行う上でキーワード選定はとても重要で、適切なキーワード選定はSEOの内部対策の基本です。キーワードはアクセスを大きく左右する機能を持っていますので慎重に選定しましょう。キーワードを選定しても、全く検索されていないキーワードの場合、検索結果で1位になっても、全くユーザーは訪れず、SEOの効果は得られません。逆に、とても検索ボリュームの大きいビッグキーワードを選定してしまうと、特に新規ドメインでWEBサイトを開設した場合など、どれだけ充実したコンテンツを掲載しても、ドメインエイジと呼ばれる、ドメインを取得してからの年数や時間、長期間サイトを運営することで得られる、自然発生リンクが全く無いなどの不利な条件が重なって、全く検索結果に表示されないなど非常に大きな問題が発生します。

キーワードの選定は、その後のマーケティングに大きな影響を与えますので、慎重に有効なキーワードを選定しましょう。

キーワードの検索ボリュームを調べる

キーワード候補をいくつかリストアップしたら、検索が実際にされているかどうかを調査します。リストアップしたワードが実際に検索されているかどうかの情報が無いと、検索結果で1位になっても、アクセスが全く無いと言う事態にもなりかねません。

検索ボリュームを調べて有効なキーワードを選定することはSEO施策のポイントです。

検索ボリュームはGoogleが提供しているキーワードプランナーを使って調べます。Googleアカウントでキーワードプランナーにログインしたら、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」のキーワードを1行ずつ入れて「開始する」をクリックすると月間検索ボリュームが表示されます。検索ボリュームが表示されるキーワードは、検索ニーズのあるキーワードです。

ただ、キーワードプランナーの精度が最近は低くなっているようで、明らかに検索されているキーワードでも表示回数0になる場合がありますので、確実な数字ではありませんがキーワードプランナーを活用してユーザーが検索するキーワードを探りましょう。

キーワードプランナーである程度検索数のあるキーワードを分析し、選定します。

キーワードサジェストツールでは、キーワードプランナーでは検索数が0のキーワードでも検索数を表示してくれることがあります。キーワードサジェストツールを利用するのがおすすめの選択かも知れません。Googleサジェストツールは他にも色々ありますので、色々試して見ると良いでしょう。

最良のキーワードを選定して、そのキーワードをターゲットキーワードに設定して、ユーザーに的を絞ってコンテンツを作成するようにしましょう。

キーワードプランナーで検索数が0でも、サジェストキーワードで表示されていればある程度の検索数はありますので、少ないキーワードでとりあえず上位を目指すのであれば、そのキーワードを選びコンテンツを作成してみるのも良いでしょう。

キーワードの選定は、他社と差別化出来て、自社が競争優位のあるキーワードを選定して、競合他社に差を付けられるキーワードをまず選びましょう。

Google Search consoleの検索アナリティクスで検索数を調べる

キーワードプランナーで決定したキーワードをタイトルに記載して、キーワードに沿ったコンテンツを掲載して、ある程度運営を続けて見て、Search consoleの検索アナリティクスで平均掲載順位と表示回数を調べてみます。

キーワードプランナーで調べた表示回数と検索アナリティクスの数値に大きな開きが無ければ良いですが、大きな開きがあって、キーワードプランナーのデータよりも表示回数が大きく、検索順位も上位に表示されない場合は、複合キーワードなどにキーワードを変更して、スモールキーワードで検索上位を狙うようにしましょう。

Search consoleの検索アナリティクスの表示回数が単一キーワードで平均掲載順位が20位以下で表示回数千件以上の場合は、複合キーワードで10位以内を狙った方が上位に表示しやすいですし、ユーザーもキーワードを絞り込んでいるので、モチベーションも高いのでコンバージョンに繋がりやすくなります。複合キーワードでタイトルや記事をリライトしましょう。

複合キーワードで流入するユーザーはビッグキーワードで流入するユーザーよりも解決したい問題が明確で、お問合せなどのコンバージョンに繋がりやすいので、オススメです。

新規ドメインの場合はスモールキーワードを選定しましょう

新規ドメインの場合は、いきなりビッグキーワードを狙っても上位に表示されることはありません。ビッグキーワードはWEB上の競合も多く、運営歴も長く、すでに多くの自然発生リンクを獲得していて、良質なコンテンツを大量に蓄積していて、Googeから高く評価されているので、このようなサイトが圧倒的に有利で、新規にドメインを取得して公開したサイトでは太刀打ちできません。

新規ドメインでいきなりビッグキーワードで上位表示を目指すことはとても難易度が高く、対策を行っても行っても効果が表れないので、モチベーションが維持出来なくなってしまいます。最初から難しいキーワードで対策するのは止めましょう。

新規ドメインは、運営期間が長くなってドメインエイジがある程度経過して、自然発生リンクもある程度付くまでは、複合キーワードのようなスモールキーワードやロングテールキーワードを狙って確実に上位に表示されるようにして、スモールキーワードで自然発生リンクを獲得するような運営をしましょう。スモールキーワードで上位に表示されればモチベーションも上がりますし、その後のサイト運営にも役立つことになります。

スモールキーワードは競合も少なく、上位表示される可能性が高く、コンテンツも比較的作り易いので、少ないアクセスでも獲得して、少しずつサイトを育てて、アクセスを増やすようにしましょう。

ロングテールキーワードの中には、問題に直面していて切迫しているキーワードがあります。このようなキーワードで上位に表示されると、かなり高い確率でコンバージョンに繋がります。問題に直面しているユーザーの立場になってみて、どんな解決策を提示することが、このユーザーに向けて最良なのかを十分に検討してコンテンツを記載して下さい。

サジェストキーワードの中で、ユーザーのモチベーションの高いキーワードを発見出来れば、検索流入を確保出来ればコンバーションに繋がり易くなります。

スモールキーワードで上位に表示されて自然発生リンクを獲得するようになると、ドメインの力が付いてくるので、次第に検索ボリュームの大きいキーワードでも上位表示が可能になって来て、アクセスも多いサイトになります。

ロングテールキーワードはユーザーの色んなキーワードを組み合わせて、求める情報を掲載しているサイトを探す行動を繰り返します。そして、探している情報を見つけるととても嬉しいものです。

探している情報が掲載されているホームページはブックマークされることもあり、コンバージョンに繋がる可能性も高いので、ロングテールキーワードに対する回答を多く持っているサイトはWEBマーケティングにも強いサイトになります。

キーワードはタイトルタグに記載する

検索結果に表示したいキーワードはタイトルタグに記載する必要があります。タイトルタグにキーワードを記載することは、検索エンジンにこのページが何について記載されているのかを知らせる効果があります。

最近は、タイトルタグにキーワードが記載されていなくても、ページに記載されている内容から判断して検索結果に表示されることもありますが、それでもタイトルタグにキーワードを記載することは今でも重要です。

キーワードはh1タグにも記載する

キーワードはタイトルタグと同様にh1タグにも記載します。h1タグはページの大見出しなので、ページに記載されている内容を簡潔にまとめて記載するので、普通に記載すればキーワードがも盛り込まれるはずです。

本文のコンテンツにもキーワードを記載する

ページ本文に記載するコンテンツはユーザーがキーワードを入れて検索する時にどんな疑問や問題を持っていて、どんな回答を期待しているのかを考えてコンテンツを記載します。

コンテンツに記載されるキーワードの比率は最低でも1.5%以上になるように作成しましょう。

本文に記載するコンテンツは、ユーザーが検索でどんな回答を求めているのかと言う、検索意図を考えて、ユーザーに対して丁寧な説明を紹介するようにしましょう。

キーワードの出現率を調べるツールは

などのキーワード出現率チェックツールで調べるこどが出来ます。

キーワード選定はサイト運営の成功を左右する

キーワードの選定によって検索結果の上位表示の難易度が変わりますし、キーワードによってアクセス数も変化します。ネット初心者はキーワード選定にあまり時間を費やさずに簡単にキーワードを決めているかも知れませんが、キーワード選定は慎重に行うべきです。

キーワード選定によって成果は大きく変わりますので、注意してキーワードを選定しましょう。

検索ボリュームの極端に少ないキーワードでは簡単に上位に上げることが可能ですが、全くアクセスが無いことになります。逆にとても検索ボリュームの大きいキーワードを選んでしまうと、上位表示される可能性がとても低い状態に陥ります。

検索窓に入力されるキーワードはユーザーの質問

ユーザーは疑問や質問がある時に、検索窓にキーワードを入れて、検索サービスを利用して、ユーザー自身が感じる疑問や質問の回答を探します。

キーワードに込められたユーザーの疑問や質問に考えを巡らせ、ユーザーが求めている回答を掲載して制作するようにしましょう。