コマーシャルを上位表示するのは難しい

LINEで送る
Pocket

Googleは良質なコンテンツを評価すると宣言しています

コマーシャルはコンテンツでは無いので評価されません

ホームページを運営する企業側とすれば、企業が扱う商品を上位表示させたいと考えるでしょう。しかし、商品そのものを売り込むページはコンテンツでは無くコマーシャルです。

コマーシャルページはGoogleが評価しないので、SEO施策を行ってもなかなか上位に表示させることは出来ません。WEB担当者はコマーシャルよりもコンテンツを公開することにより、SEOをより簡単にすることが出来ます。

ただ、企業はこれまで、商品を売り込むコマーシャルしか考えて来なかったので、コンテンツを公開することにとまどいを感じることもあるでしょう。

コンテンツとはユーザーにとって嬉しい情報で、検索窓へ入れる質問に対する回答です。企業は商品を売ることを考えていますが、その商品をお買い上げいただければ、必ずユーザーに喜んでもらえる商品であると自信を持っているからです。

つまり、企業で行っている活動は全てユーザーに喜んでもらうための活動のはずで、コマーシャルも視点を変えてユーザー目線で公開するとコンテンツになる可能性があります。

コンテンツ

企業目線からユーザー目線に変える

これまでは「商品を売り込む」と言う言葉があったように、pushで、ユーザーが望んでもいない情報を無理やり見せることが主流でしたが、ユーザーにとって価値ある情報を公開して、コンテンツを読んでもらったユーザーに企業や商品のファンになってもらうのは、pullです。

ひたすら商品を押し込むコマーシャルはネット上の有益な情報では無いとGoogleは判断しています。これ以上コマーシャルが氾濫するようになり、検索結果の上位をコマーシャルが埋め尽くすようになると、検索エンジンの利用者が減ってしまい、Googleのビジネスモデルが崩壊してしまう可能性もあり、コンテンツ重視を打ち出したのです。

ユーザーが求めている情報を公開して、コンテンツを読んだユーザーが嬉しいと思える情報が多くなると、検索で上位に表示するのが簡単になります。

コマーシャルをひたすら公開し続けて、SEOを難しくするよりも、良質なコンテンツを多数公開して、Googleからの評価を高めるとSEOは比較的簡単に出来るようになります。

これまでのコマーシャル中心の情報公開から考えを転換する必要はありますが、企業の中にはユーザーにとって価値があり、知ると嬉しい情報がたくさんあるはずです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ