チコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と言われないWEBコンテンツは良質です


このページに記載されている「目次」

良質なWEBコンテンツはチコちゃんの「何で?」への回答

NHKの「チコちゃんに叱られる」はチコちゃんの素朴な疑問に回答者が回答して、正解じゃないとチコちゃんから「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と言われる、見ていても面白い人気番組です。

チコちゃんの素朴な質問がユーザーからの質問とすると、詳しく解説してくれる専門家の情報がWEBコンテンツです。

チコちゃんに叱られるの解説はその分野の研究をしている専門家であり、その分野の権威であるので、情報の信頼性も高いものです。GoogleはE-A-Tと言う基準があって、「専門性/権威性/信頼性」のあるWEBサイトを評価することを明示しています。

WEBコンテンツの質からすると、「チコちゃんに叱られる」のWEBコンテンツはとても良質です。同じように疑問に回答するクイズ番組は、専門家では無くても、知識のある人は知っている情報で、クイズ番組で高成績の人は、広く浅く知識を持っている人で、決して専門性や権威性の高い人ではありません。ですから、クイズ番組の回答は良質なWEBコンテンツではありません。

一問一答のクイズ番組は、結果だけは分かりますが、歴史や文化やそれが生まれた背景などは全く分かりません。クイズの回答では、深い納得を得ることは出来ません。

クイズの回答のような情報しか記載されていないホームページでは、その企業の専門性の高さを図り知ることは出来ないのです。FAQのページなどはまさに一問一答のページで、ユーザーの疑問への回答のページではありますが、決して良質なWEBコンテンツのページではありません。

Googleで検索するユーザーは生活の中で感じた疑問や質問や問題に対する回答を求めて検索します。つまり検索するユーザーはチコちゃんと想定します。

そして、ホームページに掲載する情報は、「チコちゃんに叱られる」で詳しく解説している情報のように、専門家としての高い専門性を感じさせることが出来る、信頼性の高い情報です。

この専門性が高く、信頼性も高く、WEBコンテンツを記載している人の権威も高ければ、検索結果の上位に表示されます。

ユーザーの質問に対して「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と言われるような回答しか出来ないとすると、その分野の専門家として失格です。そんな回答しか出来ない店主が勧める商品が本当に良い商品だとはとても思えません。

Googleの性能が高まるにつれて、WEBコンテンツの重要性は、これからさらに高まる傾向が続くと思います。

企業の中で行っていることに「何で?」と質問してみる

質問

「チコちゃんに叱られる」の中でも、チコちゃんに「何で?」と聞かれると、キョトンとする回答者が多いですが、チコちゃんの質問は普段考えたことも無いようなことに対する質問です。

企業の中で行っていることの中にも、普段は当たり前で、何の疑問も感じる事無く行っていることに疑問を持って見て下さい。

企業中で行っているいろんなことに対して「何で?」とか「何で〇〇するの?」と質問する方法を活用してみることで、今まで、毎日何の疑問も感じずに繰り返していたことが、ユーザーと同じ目線になって、WEBコンテンツになるネタが見つかります。企業内で行っていることに対して「何で?」と質問してみると、ユーザーに向けたWEBコンテンツになりうる情報はかなりあることに気付くはずです。

毎日、仕事で行っていることは、全て当たり前のことになってしまっていて、何の疑問も持たずに行っていますが、この全ての行動や工程やそこで使う工具や備品や専門用語についても「何で?」と質問してみると、あまりにも当たり前で、理由が分からないこともあるかも知れません。中には、企業としての強いこだわりがあって、他社と決定的に差別化できる要因となっていることかも知れません。

しかし、「何で?」の回答は、ユーザーの不満や問題を解決するために行っていることかも知れません。そのようなユーザーの不満や問題を解決する役立つ情報は全て良質なWEBコンテンツです。ユーザーは生活の中で感じる、疑問や質問の回答を求めて検索します。Google検索で上位に表示されるページはユーザーの疑問や質問に対して、出来る限り詳しい、内容の良い回答を徹底して掲載しているページが上位に表示され、訪問者もコンバージョンも増えます。

良質な回答の元となる情報は、この「何で?」の中に隠れています。

例えば「何でこの形状なの?」とか「何でこの材料を使うの?」とか「何でこのやり方なの?」と質問してみると、行っていることの意味が分からないことや、回答出来ないこともあるかも知れません。現在のやり方や材料になる前にはどんな問題があって、現在に至るのか、また、新たに導入した設備で作り方が変わって飛躍的に品質が改善したなど、以前と現在のデータを分析した結果や事例などもあれば記載すると良いでしょう。もし可能であれば、以前のやり方と現在のやり方を比較できる資料や画像や動画などのメディアも掲載できるとさらに良いでしょう。さらに業界では当然な専門用語にも詳しい説明が必要でしょう。

このように社内で行っていることに、素朴に「何で?」の質問を活用してみると、さまざまなWEBコンテンツのネタが簡単に見つかります。

質問して見つかったWEBコンテンツのネタを元に社内で行っていることを紹介するページを積極的に制作すると、ユーザーの検索ニーズに合ったコンテンツを作成することが出来ます。

素朴な疑問に対する回答をWEBコンテンツとして記載する

この質問で見つかったWEBコンテンツのネタを、重要度の高い順に並べて、さらにすぐに回答を記載できるものと、調査が必要なものに分けて、重要度が高く、すぐに記載できる回答のWEBコンテンツを記載することから始めます。

重要度の高いものから低いものへと順にWEBコンテンツの記載を続けながら、すぐに回答出来なくて、重要度の高いものから調査を並行して行い、回答が分かれば、WEBコンテンツとして記載します。

WEBコンテンツとして記載する時には、「チコちゃんに叱られる」の解説のように、歴史や開発エピソードなどを含めて、可能な限り詳しく記載するようにしましょう。

「何で?」と質問することで、掲載するコンテンツは企業の発信したい情報では無く、ユーザーも理解しやすい、ユーザー視点の充実したwebコンテンツになります。「何で?」の質問に回答するコンテンツを掲載する運営を続けていると、顧客に対して、プロの高い専門性を伝える効果があり、疑問や質問に対する詳細な説明を求めているユーザーの悩みを解決する情報なので、提供するコンテンツは、受け取るユーザーにとっては嬉しい情報です。

チコちゃんの「何で?」を繰り返していれば、WEBコンテンツが枯渇することはありません

WEBコンテンツの記載がある程度出来たら、新たに、「何で?」の質問を続けて、現場を見て回るようにすると、新たな疑問が出て来るはずです。「何で?」を繰り返して行く仕組みを作り上げると、WEBコンテンツはどんどん深い情報を生み出すこととなり、分野も社内だけでは無く、納入業者にまで及ぶ可能性もあり枯渇することはありません。

いろんな角度からいろんな種類のコンテンツ持つようになると、多様なキーワードで検索結果に表示されるようになり、潜在顧客の獲得にもつながります。

このように、社内で取り扱う商品やサービスについて、「何で?」を繰り返し、コンテンツを作り続けることで、webコンテンツを増やし、商品やサービスに関する広く深いWEBコンテンツや記事を持ったサイトに育って行きます。永続して、コンテンツを増やすことを実践していれば、継続して訪問数を増加する効果が期待出来ます。Googleから評価されるのには時間がかかりますが、常に顧客視点で、ユーザーの疑問に対する回答を掲載していれば、いつかは評価されるので、諦めずに掲載を続けましょう。

専門性が高く、商品やサービスに関連するあらゆるWEBコンテンツを持っているサイトは、ユーザーからもGoogleからも信頼され、権威のあるサイトからリンクが張られるようにもなる可能性があり、権威性も高めることが出来、webマーケティングにも役立ちます。

WEBコンテンツには、ユーザーが検索するキーワードを含めましょう

「何で〇〇するの?」の質問が生まれるWEBコンテンツは、ユーザーが検索するキーワードへの回答になりますので、WEBコンテンツには、キーワードを含めた文章を作成するようにするのがポイントです。

ユーザー視点のWEBコンテンツには、自然にキーワードが含まれると思いますが、titleやh1タグにもキーワードを含めることが大切です。titleやh1タグにキーワードを使って記載することは、以前ほどは効果は無くなりましたが、それでも記載した方が、検索順位には有利で、SEOの基本でもあります。

キーワードを含めることで、キーワードで検索結果にヒットするようになりランキングにも良い影響があり、検索流入数が向上しユーザーを獲得できるようになり、コンテンツがマーケティングに貢献する役割を果たしてくれます。

また、ターゲットキーワードと共に共起語も記載するのが効果的です。共起語はメインキーワードを記載する時に同時に記載されることが多いキーワードです。共起語検索ツールで共起語の一覧を調べることが出来ます。

共起語を含めることで、ページに記載しているコンテンツがどんなキーワードでヒットさせたいのかGoogleに伝わりやすくなるメリットがあります。

WEBコンテンツは自然発生リンクが得られる可能性があります

良質なWEBコンテンツの追加を続けてコンテンツを大量に抱えているサイトに育つと、WEBコンテンツを読んだユーザーがその情報の高い専門性や信頼性に納得したり感動したりして自身が運営しているブログなどから外部リンクを設置してくれるかもしれません。

自然発生リンクは、Googleのランキングの評価項目となっており、リンクを多く集めるサイトは多くの人から支持されているサイトと評価され、検索順位が上がり安定したアクセスを継続して獲得出来るサイトに育ちます。

良質なリンクを大量に獲得すると、多少の不自然なリンクを設置されても検索順位が大きく落ちたりすることが無く、安定したwebマーケティングが実現します。

WEBコンテンツは広告とは根本的に違います

ホームページに情報を記載する時に、短くキャッチーなテキストを記載して、それで満足している企業もあります。ホームページでは、キャンペーンなどのイベント告知がほとんどで、売り込みしか記載されていません。売り込みはコマーシャルで、WEBコンテンツとは根本的に違うものです。

コマーシャルは商品に興味の無い人に向けて発せられるもので、興味が無い人でも、印象が残るようなキャッチーなコピーでユーザーの興味を引くようにします。そして、このキャチコピーが頭の片隅に残っているユーザーが、商品の購入を検討した時に、そのキャッチコピーを思い出して、商品購入の候補に含まれるようにするものです。

コマーシャルの考えが頭にある経営者は、ホームページでも、ユーザーは長文を読まないと思っていて、キャッチーなコピーとスタイリッシュなデザインを求めてホームページを作ります。

これに対してWEBコンテンツは、ユーザー自身が疑問に思ったり解決したい問題があって、ユーザー自らが検索窓にキーワードを入れて能動的に情報を探すものです。

ユーザーが自ら探している情報は、丁寧な説明が必要で、長文でも有効です。Googleで検索して、上位に表示されていたページを見て、説明がとても簡潔に記載されていると「何だ、これだけか!」と思って、「何で、こんなページが上位にあるんだ?」と腹が立つことさえあります。

訪れたユーザーが反感を持つような説明不足なサイトにしないように、WEBコンテンツは詳細で丁寧で、十分な量を掲載しましょう。

まとめ

「チコちゃんに叱られる」でチコちゃんが言う「何で〇〇するの?」を社内のいろんな作業や材料や仕組みに対して質問してみて下さい。

この質問の答えはユーザーが検索窓に入れる質問や疑問の回答になります。ユーザーの疑問や質問に対する回答は良質なwebコンテンツとなり、検索利用者の流入を増やす効果があります。

ホームページを訪れるユーザーは美しいデザインが見たくてホームページを訪れるわけではありません。ユーザーは明確に解決したい問題や疑問があって、その解答が記載されているページを探して、ホームページを訪れます。

その解答には専門性の高い、明確で詳細な回答を求めています。回答を探しているユーザーは商品やサービスを求めているユーザーではない、潜在顧客です。しかし、サイトに記載されているwebコンテンツを読んだユーザーはサイトの高い専門性や情報の信頼性を感じて、サイトのファンになってくれて、いつかは、商品やサービスを購入してくれるでしょう。

「何で?」と質問すると、ユーザーの質問のヒントが見つかります。その解答を記載を続ける運用をしているページを読んだユーザーが自身で運営するブログなどからリンクを設置してくれたりすると、サイトの信頼性が高まり、さらにネット上の権威のあるサイトからリンクが設置されると、権威性も高まり、アクセスアップやコンバージョンのアップなどの成果の得られるサイトに成長します。

Googleの性能が向上している現在では、インターネット事業の発展にはWEBコンテンツを含むサイト構築はすでに必須です。

SEO無料サイト診断