後ろめたいことの無い正々堂々としたSEO対策を行う

LINEで送る
Pocket

検索エンジンを欺くようなことは行わない

検索エンジンのためだけに行うようなことをしない

SEO対策で重要なことは、Googleに見つからなければ、どんなことでもして順位を上げようと言う考えを持たないことです。Googleを欺いて順位を上げようとすることは、Googleが悪質と判断した場合は最悪の場合データベースのインデックス削除される可能性もあります。

Googleのウェブマスー向けガイドラインには

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

と基本方針に書かれています。

つまり、Googleのことでは無く、ユーザーのことを最優先に考えてWEBサイトの作成を行うことです。Googleの順位を操作しようとして行う対策では無く、ユーザーにとって、最も良いと思うサイト運営と情報発信を行うことが最優先です。

Googleはユーザーファーストで一貫しています

Googleはユーザーが検索窓に行う質問に対する最も良いサイトを回答として返そうとしています。このGoogleの考え方に合わせて、自社のサイトもユーザーにとって最も価値のある情報を掲載することに徹することが重要です。

ユーザーのことを最優先に考えたサイト運営に徹していれば、Googleは評価してくれるはずです。

ただ、Googleも発展途上であり、Google自身も検索における最新の品質向上についてでフィードバックできるようになりました。このようにGoogleはユーザーにとってより良い検索結果を提供できるように日々改善を続けています。

情報を公開する側もユーザーにとってより良い情報を公開できるように日々努力を続けて行きたいものです。ユーザーにとって最も良い情報を公開し続けることが最良のSEOです。さらに、ユーザーが求める情報に辿り付きやすいようなリンクを設置する内部対策も重要です。テクニックに走るよりも、ユーザーのことを最優先にしたサイト運営が重要です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県/Find content ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ