コンテンツSEO!検索意図に対する回答の手順と効果を解説


コンテンツSEOについての「目次」

SEOに効果のある良質なコンテンツ

SEOで重要なことは、良質なコンテンツと自然発生リンクです

コンテンツSEOと言うことを言われてからかなりの時間が経過しましたが、Googleはユーザーの質問に対する明確な回答を掲載した良質なコンテンツを掲載しているページを上位に表示するように、常にアルゴリズムを改善しています。Googleを欺いたり、小手先のテクニックのような安易な方法で上位表示を目指すのでは無く、本当にユーザーにとって価値あるコンテンツを掲載して検索順位やアクセスの上昇を目指すものがコンテンツSEOです。

これまではブラックハットSEOで上位表示が出来た

ブラックハットSEO

これまで、SEO(検索エンジン最適化)は、キーワードを詰め込んでページのキーワードの出現比率を高めたり、IP分散したサーバーから外部リンクを送る手法のことでした。Googleのアルゴリズムの隙を突いて低品質なページでも検索順位を無理やり上げる行為が横行し、低品質なサイトがネット上に溢れるようになりました。そのため検索品質の低下を招き、SEOイコール検索エンジンを騙し、低品質なサイトを無理やり上位に表示するテクニックのように理解されるようになってしまいました。実際にGoogleの性能が今より劣っていた時代には、上記のような小手先の施策で上位に表示も出来ていたので、ユーザーのことは考えず、テクニックだけで検索順位を上げるサービスが主流になっていました。このようにブラックハットSEOの影響で、低品質なページが上位に表示されるような状況になり、SEO=低品質なページを無理やり上位に表示するものと多くの人が感じるようになってしまいました。

Googleがaiを導入する前までは、文章を理解できなかったので、ページに含めるキーワードの出現率やtitleやhタグへキーワードを記載したりするのが内部対策でした。

そして、昔は検索順位を上げる上で、何より効果があったのは、外部リンクを大量に設置することいっても過言ではありませんでした。この外部リンクの効果はとても大きく、外部リンクさえ設置されていれば、他にはタイトルにキーワードを含める以外は何もしなくても、低品質なページでもたやすく検索結果を上げることが可能で、このことがブラックハットSEOが広がるポイントで、これでWEBマーケティングが成立していました。

このような検索品質の低下はGoogleのビジネスモデルの崩壊につながる重大な事態なので、Googleも取り締まりを強化し、検索品質の向上に努めました。

SEOを行う上で、 「検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。」とウェブマスター向けガイドラインにも記載されているように、姑息な手段では無く、堂々と説明できる対策を行うことがSEOに取り組む基本姿勢だと思います。

外部リンクはSEOにとても大きな効果がありますが、効果があるのはあくまでも自然発生リンクです。使い方を間違えて、自作自演リンクや有料リンクなどを設置すると平均掲載順位が大きく下がり期待以下の成果しか生み出さないので、注意が必要です。

外部リンクが原因で検索順位が下がっている可能性が思い当たる場合は、Search consoleから最新のリンクをダウンロードして全てのリンクをチェックして、不自然なリンクを否認して、ペナルティを解消する必要があります。

RankBrain のaiでコンテンツを理解するようになった

ペンギンアップデート

しかし、ペンギンアップデートで不自然な外部リンクに対するペナルティが強化されるようになり、自動ペナルティで圏外に飛ばされるサイトが非常に多くなりました。2018年の1年間でも日本では、不自然リンクによるペナルティの件数は前年より増えているとの報告もありますが、外部リンクを販売するSEO業者は成果を上げることが出来なくなりました。さらに、Googleが RankBrain でaiを導入するようになって、Googleの機能が向上し、文章の内容を理解するようになると、ページに記載されているコンテンツを評価出来るようになって来たのです。

こうなると、小手先のテクニックは通用しなくなり、ブラックハットSEO業者を利用すると、検索順位を上げることは勿論、サイトに大きなダメージを受けるようになりました。本当にユーザーにとって価値ある記事を掲載しているサイトが評価されるようになったので、良質なコンテンツを掲載することがSEOで重視されるようにになって来て、コンテンツSEOと言われるようになったのです。

検索窓に入れられるキーワードはユーザーの疑問や現在抱えている問題です。この疑問や問題に対する解答となる良質なコンテンツを掲載して、SEOの効果になるようにするのが、コンテンツSEOです。WEBマーケティングとしても質の高いコンテンツはとても重要なものになったのです。

キーワード

コンテンツを直訳すると「中身」ですが、Googleの言うコンテンツの定義自体は明確に定められていません。

コンテンツSEOを始める手順は、まずターゲットキーワードを活用して選定します。ターゲットキーワードを選定する場合は、キーワードプランナーで月間検索ボリュームを調査し、ある程度の検索されているキーワードを選びます。そして、常に狙ったキーワードで、ユーザーの検索意図を考えるようにしましょう。キーワードでユーザーが求めている回答は何かを考えることです。そして、ユーザーの質問の意味を理解し、求めている情報を把握して、質問に対する回答を出来る限り詳しく徹底的にこだわり解説したり、事例を含めて解説し発信することで、Googleからの評価が高まります。ユーザーに対して詳しく具体的な回答を掲載しようとすると、コンテンツの文字数は500文字程度では済まなくなります。Googleからある程度評価されるコンテンツにするためには2000文字以上は必要と言われています。文字数は多い方がSEO対策に有利になりやすく、上位表示の可能性は高くなります。数は力です。コンテンツは十分な文字数になるようにしましょう。

ユーザーは長文を読まないと考えている方もいますが、ユーザーにとって興味の無い情報であるコマーシャルはキャッチコピーのような短い言葉で、ユーザーに印象付ける必要があり、長文は拒否されますが、ユーザー自身が能動的に情報を求めて検索窓にキーワードを入れて、疑問や問題を解決したいと思っているユーザーは、疑問を解決できる、可能な限り詳しい情報を求めており、長文でも良質なコンテンツであれば最後まで読みます。ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツであれば長文でも十分に読まれると言う側面があります。

GoogleのSearch consoleヘルプの「検索エンジン用にサイトを最適化する」の中でも、わかりやすい説明を記載することや、完全な情報を提供することや、テキストを使用することなどが作り方のポイントです。

また、ターゲットキーワードと当時に使用される共起語をページに使用することも重要です。共起語検索ツールなどでリサーチすることが可能です。共起語ツールで解析された上位サイトで共通して使われているキーワードを、コンテンツに含めると効果的です。ただし、共起語を全て網羅すると過剰SEOと判断されて、順位が下がることがあるので、適正な量にとどめて共起語を使うようにしてライティングするようにしましょう。共起語と共に記載したら良いキーワードはサジェストキーワードです。サジェストキーワードはあるキーワードで検索すると、関連したキーワードが検索窓の下に表示されるキーワードです。このキーワードは、検索窓に入れたキーワードと共に絞り込み検索で使われるキーワードなので、含めることが出来るキーワードは含めるようにしましょう。

疑問

ユーザーの質問に対する回答は、それぞれの企業によって、強みが違うので、それぞれの企業によって違う回答になるはずです。自社で提供できるユーザーに対する回答を掲載することを強くおすすめします。

安易に上位に表示されている競合サイトを分析して、同様のコンテンツを記載しても、類似コンテンツや重複コンテンツは上位に表示されませんので、あくまでもオリジナルのコンテンツをユーザーに届けるようにしましょう。良質なコンテンツは社内にあります。競合他社との違いを明確に打ち出しましょう。

コンテンツの書き方として注意することは、あくまでもユーザーの疑問に回答することに最重点を置くことで、Googleから評価されることに意識を向けないことです。

自社独自のコンテンツを見つけ出すには、NHKの「チコちゃんに叱られる」がとても参考になります。チコちゃんの「何で?」を会社の中で行っていることに質問してみると、コンテンツのネタが見つかります。普段、当たり前に行っていることに「何で〇〇なの?」と質問してみると、業界では当たり前でも、ライバルが公開していないコンテンツや、自社独自の他社と差別化できるユーザーの不便を解決できることかも知れません。

このような視点で「何で〇〇なの?」と質問してみると、社内で行っている全てのことがコンテンツになりうるものかも知れません。社内で行っているコンテンツは専門用語には解説を含めて一般のユーザーにもわかるようにして、高い専門性や豊富な経験を記載しましょう。

コンテンツが見つかったら、h1やh2などの見出しタグにはキーワードを含めて設定することも重要です。

そして、ホームページ制作会社が制作した後に、サイト全体を良質なコンテンツに作り込むことで、サイト全体の価値が高まりSEOに有利に働くようになります。ユーザーがページを訪問しコンテンツを読み「これこそ求めていたコンテンツだ!」と思うような、ユーザーが興味を持つ質の高いコンテンツが書けるようになると、検索順位を上げる強い効果が出て来ます。

事実やデータを掲載することはまず最初にしなければいけないことです。事実とは、スペックや法律の条文などです。事実を掲載したら、次にユーザーが実際にどんな問題に直面しているのか想像します。

例えば、相続の問題で、代襲相続で検索しているユーザーは、代襲相続の相続人かも知れません。この人は、本来の相続人である親の兄弟が、代襲相続人である自分の権利を不当に低く評価するような主張をしてくるかもしれないと心配して検索しているかも知れません。また、本来の相続人の妻が、住み慣れた家を手放して、出て行かないといけないと感じて悩んでいるかも知れません。

このように、実際にユーザーが悩んでいるであろう問題に対する回答を記載することで、ユーザーの問題解決になったり、解決のヒントになり、回答を記載しているホームページの運営者に対して、高い専門性を確認できて、相談してみようと思うのです。

ユーザーファーストでコンテンツを追加して行けば、サイトテーマもどんどん強化されて、サイトテーマに関連した色んなキーワードで検索上位に表示出来るようになります。企業側が発信したい情報では無く、ユーザーが何を求めているのか、どんな疑問や問題があるのかを考え、常に公開しているコンテンツをチェックしていただくことが重要です。

会社概要やお問合せページを除く全てのページが良質なコンテンツにならなければ、1位とは言わなくても上位は獲得できないと言う気概で良質なコンテンツの掲載を続けて下さい。サイトにあるほとんどのページで多様なキーワードで良質なコンテンツを掲載して多様なキーワードで集客できるように戦略を持ってコンテンツマーケティングを行うようにして下さい。コンテンツの掲載を続けても順位が下がるような場合は、コンテンツの質が悪いと判断出来ます。

戦略的にコンテンツSEOを行うためには、自社で作れそうなコンテンツをブレーンストーミングで制限なく出して、そのキーワードをキーワードプランナーで調べて検索ボリュームを確認して、ホームページに記載すべきコンテンツの一覧を作って、検索ボリュームの少ないキーワードから順にコンテンツを作成して行くことです。

検索ボリュームの小さいコンテンツから順にコンテンツを作成するのは、検索ボリュームが小さい方が検索結果の上位に表示しやすく、コンテンツを記載した効果の確認が早く出来るので、初期の段階で小さな成功事例が出来ると、モチベーションを維持しながら、スピード感を持って次のコンテンツの作成に移って行けるからです。検索ボリュームの小さいキーワードからコンテンツSEOの実施を設計して行くと継続してコンテンツの作成が可能になると思います。

順位が下がる場合は、掲載しているコンテンツがユーザーの質問の回答になっているかを再度検討しましょう。ユーザーの検索意図に沿った回答を中心に書けば必ず評価されるはずです。ユーザーが検索キーワードを入れている時にはどんな気持ちなのかを推し量って、ユーザーの気持ちに応えるコンテンツを記載しましょう。

WEBデザインに偏ったテキストの少ししか書かれていないページはGoogleからもユーザーからも評価されないと理解しましょう。

コンテンツSEOはユーザーファーストの情報発信に徹すること

ユーザー

Googleは創業以来、ユーザーファーストに徹して来ました。これは検索順位を決定するアルゴリズムにも適用されていて、企業側の都合の良い情報を一方的に売り込むコマーシャルでは上位に表示出来なくなりました。

ユーザーの疑問や抱えている問題を解決できる情報を企業の持っている知識を全てつぎ込んで掲載することで、プロとしての高い専門性をユーザーに伝えることが出来、そのコンテンツを読んだユーザーはそのサイトのファンになってくれます。コンテンツを掲載することが、すぐに商品が売れるとは期待できず、すぐに売上げに繋がらないかも知れませんが、ファンになってくれたユーザーが増えると、長期的に売上げアップに繋がります。

ユーザーから評価されるコンテンツを掲載することが、Googleからも高く評価されることになりWEBマーケティングにも有利になります。ユーザーファーストはGoogleが一貫して行っていますが、私たちもユーザーファーストの視点を持ってサイトを改善することが確実に成果を出し、検索流入を増やすアクセスアップの基本でもありコツでもあります。

コンテンツSEOは、Googleのことを考えるよりも、ユーザーのことを考えることを優先して実施することが重要です。Googleから評価されるコンテンツを作ろうと考えると、過去のSEOのテクニックのような情報が頭をかすめ、キーワードの出現率など、余計なことを考えて不自然なコンテンツを作成してしまうことになりがちです。

ユーザーが求める情報は何なのか?ユーザーに喜んでもらえる情報が何なのかなど、ユーザーが知りたいを最優先に考慮してコンテンツを書くことが、結果的にSEOに繋がると言う視点に立つことが大切です。Googleを向いてページを作成するのでは無く、ユーザー向けのコンテンツの作成をしようとする意識が重要です。検索順位を上げるのは、テクニックでは無く、ユーザーファーストのコンテンツです

Googleき基本的には、テキストの内容を評価してランキングに反映しています。画像や動画の内容までは判断しませんが、ページに全く画像が無いと評価されなかったり、動画などのメディアを掲載すると評価が高まったりもします。いずれも、ユーザーに分かりやすく具体的に説明するための最善の方法を選んで掲載するようにしましょう。デザインやユーザビリティなども、あくまでユーザーの立場になって作成するようにしましょう。

コンテンツの作成で一つの成功事例が出来れば、同じような目線で、ユーザーの疑問に回答するコンテンツを作り続ける仕組みを確立して、検索順位を上げ、安定したアクセスをどんどん増やして行くことができるようになります。

企業が行っていることは全てコンテンツに出来る可能性があります。例えば、商品の仕分け作業の中に、主婦が行う家事の中の問題を解決できるヒントがあったりもします。企業の中で行っていることに目を向けて、コンテンツに出来ないか考えましょう。

すでに公開しているコンテンツにさらに情報を追加して、良質なコンテンツになるようリライトするのは、効果があります。リライトする際には、共起語も含めるようにしたり、上位のページが使用している単語を含めるようにして更新作業を行い、コンテンツの質を上げることを意識しながらコンテンツを作ると、よりSEO対策に効果的で、上位表示しやすくなり、検索流入を増加させることが出来、webマーケティングを成功に導くことが出来ます。

サイトにある全てのページをユーザーの質問や疑問にたいしての解決策として提案できるコンテンツになるように社内でユーザーに提示できるコンテンツを挙げ、サイトの改善のプランニングをして、リライトして下さい。

サーチ・コンソールのカバレッジの除外の中の「クロール済み-インデックス未登録」に大量のページが記載されていたら、Googlebotがクロールしたけれど、インデックスする価値が無いページが大量にあると言うことです。この状態を放置すると、サイト全体が低品質と判断されて、サイト全体のランキングが大きく下がりますので、注意が必要です。

コンテンツの効果は長期間維持できます

コンテンツ

リスティング広告などの集客を獲得するには、常にお金を払い続けないといけません。お金の支払を止めた途端に、集客はストップしてしまいます。リスティング広告での集客は、とても大きなコストがかかり、ビジネスには大きな負担になることを理解しておきましょう。また、小手先のブラックハットSEOは効果が一時的で、Googleに見破られると一旦上げることが出来た順位が圏外に飛ばされたりして、とてもリスクが高い対策ですが、コンテンツSEOは一度良質なコンテンツを掲載できれば、安定した検索順位を得ることが出来、長期間ユーザーを獲得することが可能になります。

コンテンツが評価されて検索順位が上がるまでには時間も必要ですし、労力もかなり要します。コンテンツは一度で良質なものにするのは難しく、段階を踏んでリライトを繰り返して、良質なコンテンツを作る必要があります。しかし、一度作ったコンテンツは広告の効果のように支払いを止めると無くなるものでは無く、掲載している限り効果は長く継続出来るので、質の高いコンテンツを作成することに注力することは、とても有効な集客対策になりWEBサイトが長期間、優良顧客を獲得してくれるメリットがあります。コンテンツSEOは長期的に見るとコストの安いSEO手法と言えます。良質なコンテンツを積み上げることで、長期間顧客の獲得を継続維持出来るコンテンツSEOをマーケティング手法としておすすめする理由です。

企業内のWEB担当者にも、良質なコンテンツが掲載できるように、情報を教えたり、コンテンツについて聞かれたら、一緒になって考えたり、また、十分にコンテンツを試行錯誤し、実践する時間を与えるように支援して下さい。

アルゴリズム

ただし、Googleのアルゴリズムは常に変化しており、ユーザーに対して、適切なページを上位に表示出来るように改善を続けています。Googleがランキングを決定するアルゴリズムの要素は200種類以上あると言われており、とても複雑です。アルゴリズムが変化していると言うことは、現在、上位に表示されているページも、長い期間運用を続けていると、少しずつ評価が変わって順位が落ちることがあるので注意が必要です。

この場合はGoogleが評価するコンテンツになるように、ユーザーにとって有益な情報を追記して、リライトする必要があります。リライトする時に、上位に表示されているページを参考にすることは良くあることですが、単純なコピーコンテンツを作成してしまうと、全く上位に表示されなくなります。上位に表示されているページとは、企業としての強みも違うはずなので、企業としての個性を前面に出した競合とは違う、充実したオリジナルのコンテンツを掲載するようにしましょう。

企業側が発信したい情報では無く、ユーザーが検索窓に入れているキーワードは質問や疑問です。この疑問や質問に対する回答をユーザーの立場に立ってコンテンツを記載する上で基礎となる重要なことです。企業側の都合よりも、ユーザーにとってメリットがある情報が重要です。

良質なコンテンツは長期的にファンを作りブランディングにも役立ちます。良質なコンテンツに納得したユーザーはサイトの名前を憶えてくれて、何度も訪れて多くのコンテンツに触れると、サイトを運営している人に対するリスペクトとなった最終的には、その信頼できるサイト運営者から商品やサービスを購入しようと思います。

良質なコンテンツは自然発生リンクを生みます

ユーザーが読んで、納得できるコンテンツを掲載すると、コンテンツを見たユーザーが自身のブログで紹介する形で、リンクを設置してくれることがあります。良質な自然発生リンクはページランクアルゴリズムとして、ページの評価を高めてくれます。

ただ、良質なコンテンツを掲載すれば、すぐにリンクが獲得できて、Googleからの評価が高まると言うほど簡単ではありません。むしろ、リンクの獲得はとても難しいもので、難しいから、ブラックハットSEO業者を利用する人がいるのです。自然発生リンクをもらうくらいまでコンテンツの質が高まれば、次第にリンクが増えて、サイトの評価は確固としたものとなります。

良質なコンテンツを長期間、継続的に掲載を続けていれば、少しずつですが、ユーザーから注目されて、自然発生リンクを得られるようになります。最初は少なくても、自然発生リンクが得られるとGoogleからしっかりとした評価をもらえるので、上位表示が容易になります。

コンテンツSEOについてのまとめ

Googleの性能が向上する以前は、量産した低品質な外部サイトから大量のリンクを設置することで、簡単に上位表示が可能な側面がありました。大量に外部リンクを受けるとサイト全てのページの価値が高まって、色んなキーワードで上位表示が可能でした。しかし、ペンギンアップデートで不自然な被リンクに次々にペナルティを課しました。それによってブラックハットSEO会社は壊滅的なダメージを受け、さらにGoogleが RankBrain の導入でaiを搭載したことで、文章を理解するようになり、ページに記載しているコンテンツが重視されるようになりました。コンテンツを記載せずにGoogleからの集客を期待するのは困難だといっても言い過ぎではありません。

ユーザーが検索窓に入れるキーワードは、ユーザーが抱えている疑問や質問です。Googleはその質問や疑問や課題に対して、ユーザーに役立つ詳しい回答を掲載しているページを上位に表示するようになりました。良質なコンテンツを掲載して、ユーザーの疑問に対応することで、検索順位を上げるのを目指すのがコンテンツSEOです。

ユーザーが検索窓に入れる疑問や質問は同じキーワードだから同じ質問とは限りません。一つのキーワードでも違う回答を探していることもあるので、一つのコンテンツで全てのユーザーが満足する回答になるとは限りません。ユーザーの疑問の色んな側面を考えて複数のコンテンツを用意しておくのが有効です。

ホームページは経営者の意向で、スタイリッシュなデザインのテキストの少ないものに、ついなりがちですが、経営者がホームページで企業イメージを高めたいと思っていることと、ユーザーがホームページに求めている事は根本的に違うのです。デザインだけでユーザーを満足さられると思っているとすれば、それは大きな間違いと言えるでしょう。

企業の自己満足では無く、ユーザーの疑問や問題を解決できる、ユーザーにとって価値あるコンテンツやユーザビリティも含めたwebデザインにしましょう。

1つのコンテンツで満足せず、良質なコンテンツの掲載を継続して行うことがSEOに有効です。ブログなどで、幅広いキーワードで多くの種類のコンテンツを増やすことを定期的に継続し、サイトの規模を段階的に大きくして、競合と比較して良質なコンテンツが大量に掲載されているサイトに育てることがサイト全体の評価を高め、検索順位を上げる可能性を高めることに有効です。Googleにインデックスされているコンテンツが多いサイトは、多様なキーワードでGoogleの検索結果にヒットし、予想もしないキーワードでの流入が期待できるメリットがあります。

これからコンテンツSEOを実行する場合は、事前にユーザーの疑問や質問などの悩みを深く理解して、専門用語もユーザーに分かりやすく記載して、適切な回答を具体的に詳しく掲載することで、企業側が理解できる内容では無く、ユーザーが分かる内容を掲載して、競合他社を圧倒的に超える質と量を記載して、ユーザーのニーズや期待に応えることを徹底して、良質なコンテンツを大量に抱えているサイトに育てて、長い期間検索上位を維持できて、コンバージョンも獲得できるサイトにして事業の重要な柱になるホームページを目指して下さい。

簡易的なコンテンツSEOツールもあります。

ezorisu-seo.jp

ko-hyo-ka.com

上記のツールなら無料で、コンテンツに含めるキーワードやページの現状を表示してくれるので、コンテンツSEOの参考にするのも良いでしょう。あくまでも簡易ツールなので、全ての条件を網羅している訳ではありませんが、初心者が、コンテンツSEOを始めて、あまり成果が上げることができないない場合は、このようなツールを使ってコンテンツを書いてみるのもひとつのやり方でしょう。

無料SEOサイト診断