「今、ここ」に集中する

LINEで送る
Pocket

心は時間も場所も移動します

意識しないと「今、ここ」を保つのは難しい

心は意識していないと、色んな時間や場所に移動します。過去への後悔や未来への不安などで時間を移動したり、後悔や不安に合わせて場所も移動します。

仕事をしていても意識はいろんなところに移動しています。人と会話していても意識は別のところへ移動します。これは、仕事でしている作業や会話に使っている脳の処理量は本来の脳の処理能力を遥かに下回っているから余った処理能力が時間や場所を移動して色んなことを考えるのです。

しかし、過去をどれだけ悔やんでも過去を消す事は出来ません。未来をどれだけ不安に感じてもそれはまだ起こっていないことです。未来への不安は、その問題が実際に起きた時に経験する心理状態を何度も経験することになり、自分自身をどんどん萎縮させます。

不安によって萎縮すると手足がしびれ、呼吸が浅くなって不眠になったり、ひどい場合いは「うつ病」になることもあります。

意識が「今、ここ」に無い時は、ほとんど否定的なことを考えているもので、そのことで、体力やモチベーションをすり減らして行くのは、生産的ではありません。不安は人の行動を極端に狭くしてしまいます。

ネガティブな感情になっている時は意識が「今、ここ」にないことに気付きましょう。意識が「今、ここ」にないと気付いたら、呼吸に意識を向けましょう。息を吸っている自分、息を吐いている自分に意識を集中すると「今、ここ」に意識が戻ります。呼吸に集中すると、過去の公開や未来の不安は消えて行きます。

意識が未来へ移動しても、夢や希望を描くことはモチベーションに繋がりますが、夢や希望は具体的な計画に書き出さないと実現しません。具体的な計画を作る作業は意識は「今、ここ」にあるのです。また、あまりにも現実離れした夢ばかり見ていると「夢見る乙女」になってしまいます。「今、ここ」に意識を集中して、具体的で明確な目標を設定しましょう。

人生を楽しめるのは「今、ここ」しかありません。そして、「今、ここ」のありのままの自分の唯一無二の存在を愛することです。

今、ここ

「今、ここ」に意識がある状態が一番生産的です

常に、現状を改善するのは意識が「今、ここ」にある時だけです。「今、ここ」をワンパターンの行動から脱して、違う自分になることで、違う将来を作り出すことが出来ます。意識が「今、ここ」にある状態が最も生産的であり、今を楽しむことが大切です。

「今、ここ」で自分自身のワンパターンの選択にも気付くことが重要です。今の自分は、意識したかしないかは別にして、自分自身の選択の結果です。選択の中には、親や上司の圧力によって、その選択肢ししか無かったと思っているかもしれませんが、それは別の選択肢を選んだ時の相手の反応を恐れたからで、選択したのは自分自身なのです。

特に追い詰められた時の選択にはその人の選択パターンが強く出ます。同じ選択パターンを繰り返していれば、将来の自分も今のままです。将来を少しでも良いものにしたければ、今までの選択パターンを変えてみることが重要です。

ホームページの更新もワンパターンの選択に陥らないように気をつけましょう

ホームページの更新もWEB担当者のワンパターンの選択によって、成果が上がっていない可能性があります。

ホームページはデータに基づいて改善できますが、それでも改善策を実施するのはWEB担当者の選択です。あまり成果が上がっていないのであれば、改善策の選択をあえて変えてみるのも方法です。

人は、その人の志向や選択のパターンがあります。ホームページの更新でも改善しているつもりでも、ほとんど同じパターンを繰り返している可能性があります。いつも同じパターンを繰り返しているのに気付くのも「今、ここ」にいる自分です。

「今、ここ」の自分に気付いて、今、たくさんの選択肢があることに気付けば、ホームページの更新もいろんなことが出来ることに気付くはずです。

モチベーションの低下は自分の中でのみで起こっていることです ・勝敗の分からない試合をする人はいません ・人は1秒1秒確実に死に向かっています ・諦めなければ敗者ではありません ・ホームページ更新のモチベーションを維持する