結果が出ればモチベーションは高くなります

LINEで送る
Pocket

成功体験が多い人ほどモチベーションは高い

小さい成功を積み重ねることがモチベーションにつながります

結果を出している人ほどモチベーションは高いものです。逆に、なかなか成果を上げることが出来ない人はモチベーションが低いものです。

モチベーションと成果はニワトリと卵の関係と同じで、モチベーションが高いから成果を出せるのか、成果が出るからモチベーションが高くなるのかはどちらも、その通りです。

モチベーションが低い人でも、少し頑張れば確実に達成できる目標を設定して、成果を出したことを上司から褒められることを続けて行くと、次第にモチベーションは高くなります。この時に重要なことは、目標値の設定です。あまりにも簡単に達成できる目標を達成して、褒められても、達成した本人に達成感が無いと、自己承認が出来ません。

目標を達成したことを、上司からも褒められるけれど、自分でも自分を褒められる程度の目標を設定しないと、目標を達成したことを成果として、受け入れることが出来ないのです。なので、目標を設定する時には、上司からの押し付けではなく、WEB担当者と上司の合意の上で目標を設定するようにしましょう。

モチベーション

具体的で明確な目標を設定する

例えばホームページ制作会社からホームページが納品されて、しばらくした時のターゲットキーワードの検索順位が30位台だとします。ここで設定する目標は、いきなり10位以内ではなく、とりあえず20位台を目標にしましょう。「○月までに20位台を達成する」にします。

Googleに順位は日々変動しますので、25位を目標にしても、その日によって24位だったり、26位だったりしますので、20位台くらいの目標で良いでしょう。達成時期もGoogleのデータベースに格納されて評価が定まるまでの期間はまちまちなので、あまり厳格に設定しない方が良いと思います。

目標が決まって、WEB担当者も納得すれば、上位表示するためのSEO対策について情報収集するようになるでしょう。収集した情報を実施して効果が表れるようになると、WEB担当者も少し自信を持つようになります。自身を持つようになると言う事は、自己承認していると言う事なので、モチベーションも少し高まっています。

よほどビッグキーワードでなければ、30位台から20位台にするのはそんなに難しいことではありません。こうやって、20位台が達成できれば、次は10位台を目標にしたり、直帰率を改善する目標を設定したりして、確実に達成するようにして、自己承認を高めて行くと、モチベーションは常に高い状態を維持出来るようになります。

モチベーションの低下は自分の中でのみで起こっていることです ・勝敗の分からない試合をする人はいません ・人は1秒1秒確実に死に向かっています ・諦めなければ敗者ではありません ・ホームページ更新のモチベーションを維持する