設定した目標は公表しましょう

LINEで送る
Pocket

目標と実績をグラフにして貼り出す

目標を公表することで自分を追い込みましょう

目標を設定して、「よし、やろう!」と思っても、自分の心の中だけで決めた目標は、しばらく時間が経過すると、いつの間にか消えてしまい、目標とともにモチベーションも消えて無くなります。

設定した目標は目標値と達成時期をグラフにして社内に貼り出しましょう。目標値を貼り出すことで、社員全員が知ることになり、引き下がることが出来なくなります。目標を公開すると、必ず達成しないといけなくなり、モチベーションも維持しないといけなくなります。

モチベーションが続かない人は多いと思いますが、そもそも目標を設定しないとモチベーションは生まれません。まずは、目標を設定しましょう。ホームページの場合は、指標になるデータはたくさんあるので、売上げ目標の他に、売上げを達成する要素になる、アクセス数やコンバーション率、ターゲットキーワードの検索順位などを管理項目にします。

目標

頑張れば達成できる目標を設定する

目標値は低すぎると「頑張る程も無い」と感じてモチベーションが生まれません。また、目標が高すぎると、「どれだけ頑張っても無理」と感じて最初から諦めてしまいます。

自分自身が頑張れば達成出来ると思える、やり甲斐の領域の目標にすることが大切です。

最初は、やり甲斐の領域でも少し簡単な目標を設定して公開します。そして、公開したグラフに日々の達成状況を記載します。

実績を記載して行くと、同僚や上司からも「頑張ってるな!」とか「もう少し!」と声を掛けてもらえるようになります。その言葉がモチベーションを維持する大切な承認になります。なので、最初に高い目標を設定して、実績が乖離してしまうと、同僚や上司からの承認が得られなくなります。

頑張れば確実に達成できる目標を設定することがとても大切なのです。そして、確実に目標を達成して、同僚や上司から認めてもらい、承認を受けると自信に繋がります。

一つの目標を達成したら、次の目標を同様に公開します。このように目標を社内に宣言して、実績も日々記入することによって、多くの人から注目されながら、日々の仕事をしていると、どうしてもモチベーションを維持し続けないといけない状況になります。

こうやって、目標を達成し続けると社内の人たちから多くの承認を受けるようになり、それは次第に自己承認にななって行きます。自分で自分の価値を認めることが出来るようになれば、モチベーションを維持するのは比較的簡単になって行きます。

こうやって、目標と実績を公開することによって、多くの人から注目されるようにして、日々頑張っていることを多くの人に知ってもらうことによってモチベーションを維持することはとても効果的な方法です。

モチベーションの低下は自分の中でのみで起こっていることです ・勝敗の分からない試合をする人はいません ・人は1秒1秒確実に死に向かっています ・諦めなければ敗者ではありません ・ホームページ更新のモチベーションを維持する