目標を明確にして改善し続ければ目標は必ず達成出来る

LINEで送る
Pocket

改善点は明確に示されるので、改善を続ければ目標は必ず達成出来ます

改善し続けるエネルギーさえあれば必ず目標は達成出来ます

明確な目標を設定して改善を続けている人は敗者ではありません。時には停滞することや後退することもあるとは思いますが、目標を諦めていないのであれば敗者ではありません。目標達成を諦めた人が敗者です。目標を見失っていなければ敗者ではありません。

ホームページの運営に関しては、キーワードの検索順位や表示回数、CTR、直帰率、ページビュー、滞在時間やヒートマップで離脱ポイントも分かります。なので、データに基づいて改善作業を続けていれば少しずつでも目標に近付いて行きます。

一日の進歩や改善は僅かでも、改善を続けてさえいれば、必ず目標は達成出来ます。

リアルの店舗の場合はデータが取りにくいので、いろいろ行う施策が改善しているのかどうかの判断もなかなか出来ませんが、ホームページの場合は、データでほとんどのことが分かりますので、行った施策が改善につながったのか、悪くなったのかもデータで判断出来ます。

重要なことは、改善を続けることです。改善を続けて少しでも効果が出てくればモチベーションにも繋がります。改善したことがモチベーションに繋がり、改善への意欲が高まり、改善がどんどん進むようになってさらにモチベーションが高まると言うサイクルになります。

リアルの世界で成功するのは難しいことですが、ホームページは諦めずに改善を続けていれば必ず状況は良くなり、少しずつ成功に近付きます。

成功

管理サイクルを回し続け諦めないこと

ホームページはデータが確実に取れるので、改善したことの検証を続けPDCAの管理サイクルを回し続けることです。途中で諦めて敗者にさえならなければ必ず勝者になれます。

ホームページの更新をホームページ制作会社に丸投げせずに、データを見ながら自社で更新していれば、必ず改善が積み重なります。

これだけ条件が整っているホームページの世界でも、諦める人がいるのが世の中です。

あなたが敗者にならないためには、自分自身を信じることです。短期間で成果が出ないことももちろんあります。しかし、小さい目標を設定して、確実に達成して、小さい成功体験をすることがとても重要です。

早いうちに小さい成功体験が無いと、モチベーションが無くなってしまい、改善を続けることが出来なくなります。SEOでも直帰率でも何でも良いので、頑張れば達成できる「やり甲斐の範囲」の目標を設定して、少し頑張れば達成出来ると自分で思える目標をまず設定することです。

その目標を確実に達成して、まず勢いを付けると、その先もモチベーションが維持し易くなります。諦めて止めてしまわない限り敗者ではありませんので、目標を見失っていなければ敗者ではありません。同じところで停滞しても、時には後退することもありますが、それでも諦めないことです。

あまりにも性急に成果を求めて過剰SEOにならないことは注意する必要があります。過剰SEOはGoogleからペナルティを受ける可能性があります。

小学生の頃に将来なりたい職業を書いた経験があると思いますが、その職業に就くことを諦めなかった人はその職業に就いています。

モチベーションの低下は自分の中でのみで起こっていることです ・勝敗の分からない試合をする人はいません ・人は1秒1秒確実に死に向かっています ・諦めなければ敗者ではありません ・ホームページ更新のモチベーションを維持する