ホームページ公開後に改善すること

LINEで送る
Pocket

ホームページは公開してからの改善が勝負です

ホームページを解析できるツールはたくさんあります

Google・Analytics

Google・AnalyticsはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。Google・Analyticsでは、セッション数の推移や滞在時間÷ページ/セッションで1ページあたりの滞在時間が分かります。直帰率、コンバージョン率など、数値を把握して、改善項目を決めて改善に繋がるようにします。

Google・Search Console

Google・Search ConsoleはGoogleにインデックスされているページ数やキーワード毎の掲載順位、表示数、クリック数、CTRが分かります。その他、サイトへのリンク、外部リンクと内部リンクなどが分かります。掲載順位に対してCTRが極端に低い場合はtitleやdescriptionの改善が必要です。また、掲載順位に予想外のキーワードが表示される場合があります。想定していなかったキーワードがアクセスにつながるようであれば、そのキーワードもSEOの対象にしましょう。

アナリティクス

GRC

GRCは検索順位チェックツールです。Google、Yahoo!、Bingのキーワード毎の検索順位の推移を調べることが出来ます。さらに順位変動をグラフでも表示できるので、SEOの効果が一目瞭然です。SEOが上手く行っているのかどうかの判断基準になります。

UserHeat

UserHeatは、アクセスしたユーザーの動きを可視化するツールです。熟読エリアはページのどこまで、ユーザーが読んでくれているのか分かります。終了エリアでは、どこで何%が読んでいるのか数値で分かります。クリックでは、クリックされているポイントが分かります。例えば画像をクリックされているけれど、リンクが挿入されていないとすれば、リンクを挿入すると、離脱率を下げることができます。

その他のツール

この他にも、ヒートマップ付きアクセス解析Ptengineや、アクセスしたユーザーの属性が分かるJuicerなど、いろんな解析ツールがあります。

リアル店舗の場合、ユーザーの来店に結びついた媒体や店内の動線などのデータを得ることはとても難しく、ほとんど感に頼って改善をするしかありませんでした。しかし、ホームページはデータで実績を確認することが出来るので、どこが問題なのかを掴むのはとても簡単です。

ホームページを改善しようと言う意志さえあれば、ホームページはどんどん良くなって行きます。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ