ホームページ制作後に改善すること

LINEで送る
Pocket

ホームページは公開してからの改善が勝負です

目  次

ホームページを解析できるツールはたくさんあります

Google・Analytics

Google・AnalyticsはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。Google・Analyticsでは、セッション数の推移や滞在時間÷ページ/セッションで1ページあたりの滞在時間が分かります。直帰率、コンバージョン率など、数値を把握して、改善項目を決めて改善に繋がるようにします。

滞在時間

滞在時間が極端に短いページや離脱率が極端に高いページは改善が必要なページです。

滞在時間が短いページは、ユーザーが期待しているコンテンツが無いと判断されて離脱している可能性が高いので、コンテンツそのものを見直す必要があります。

離脱率が高いページは、ページを読んで問題解決したか、他のサイトを再検索しているかです。ページの本文から関連したページへのリンクを設置しましょう。

Google・Search Console

Google・Search ConsoleはGoogleにインデックスされているページ数やキーワード毎の掲載順位、表示数、クリック数、CTRが分かります。その他、サイトへのリンク、外部リンクと内部リンクなどが分かります。掲載順位に対してCTRが極端に低い場合はtitleやdescriptionの改善が必要です。

ペナルティ

上記画像のように、メインキーワードで掲載順位が極端に乱高下していて、順位が上がった日に表示回数が減り、順位が下がった日に表示回数が増えるような不自然な動きをしている場合はペナルティが疑われます。ペナルティが発動される原因は、不自然な外部リンクや隠しテキスト、キーワードの乱用や大量の低品質なページの存在、大量の重複コンテンツなどがあります。また、掲載順位に予想外のキーワードが表示される場合があります。想定していなかったキーワードがアクセスにつながるようであれば、そのキーワードもSEOの対象にしましょう

アナリティクス

GRC

GRCは検索順位チェックツールです。Google、Yahoo!、Bingのキーワード毎の検索順位の推移を調べることが出来ます。さらに順位変動をグラフでも表示できるので、SEOの効果が一目瞭然です。SEOが上手く行っているのかどうかの判断基準になります。

UserHeat

UserHeatは、アクセスしたユーザーの動きを可視化するツールです。熟読エリアはページのどこまで、ユーザーが読んでくれているのか分かります。終了エリアでは、どこで何%が読んでいるのか数値で分かります。クリックでは、クリックされているポイントが分かります。例えば画像をクリックされているけれど、リンクが挿入されていないとすれば、リンクを挿入すると、離脱率を下げることができます。

その他のツール

この他にも、ヒートマップ付きアクセス解析Ptengineや、アクセスしたユーザーの属性が分かるJuicerなど、いろんな解析ツールがあります。

リアル店舗の場合、ユーザーの来店に結びついた媒体や店内の動線などのデータを得ることはとても難しく、ほとんど感に頼って改善をするしかありませんでした。しかし、ホームページはデータで実績を確認することが出来るので、どこが問題なのかを掴むのはとても簡単です。

ホームページを改善しようと言う意志さえあれば、ホームページはどんどん良くなって行きます。ホームページは実店舗に比べてデータがとたも多く得られます。データを元にPDCAの管理サイクルを回して行けば、ホームページは必ず良くなります。

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ